-PR-
解決済み

自動車保険の事故の損保会社の対応について

  • 困ってます
  • 質問No.7517781
  • 閲覧数2481
  • ありがとう数8
  • 気になる数1
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 86% (123/142)

私はほとんど事故に遭ったことがなかったので、損保会社の対応について、何が普通かが分かりません。
疑問に思うことがあったので、よければ、回答願います。

☆前提
伴侶は、軽自動車を所有し、保険に入っています。
代理店を通しての契約です。

☆事故の様子
私は、伴侶を助手席に乗せて、その車を運転していました。
信号のない十字交差点を直進していました。私の方は優先道路です。
交差している道は、狭くて、交差点の手前に一時停止の線があります。
左方向からの車(3ナンバーの普通車)が一時停止で止まっているのが見えました。
私の車は交差点を横切りました。
と思ったら、左後ろに引っ掛けられました。

要するに、私の車が完全に通過する前に、普通車が交差点に突入したのです。

相手が100%悪いと思いました。
相手の女性(後での警察の調べでは、68歳位)は平謝りしていました。
車をそのままでは、他の車の通行の妨げになるので、その女性にバックしてもらったのですが、車体の感覚が掴めていないようで、左後ろに寄せることがなかなか出来なくて、何回も切り返しをしていました。
ご主人の車だそうで、大きい車体を持て余しているような気がしました。
結局、うまく出来なかったので、通行する車には事情を説明して、バックして迂回してもらいながら、その女性や警察や保険会社と、これからどうしたらよいか話し合い、近くの交番に行くことになりました。

で、警察に報告し、あとは保険会社同士でということで解散となりました。
その女性は、自分に非があると思っているようでした。

私は、相手の車の損傷状況も確認しています。
伴侶の軽自動車は、左後ろをかすったような傷がついていますが、相手の普通車には、バンパーの前の左部分に横長く傷が入っていました。
修理代は、向こうの方がかかるだろうと思いました。(実際、そうでした。)

☆損保会社の対応
その後、双方の損保会社と話をしました。
こちら側は損保ジャパン、相手は三井住友海上です。

そこで、疑問です。

(1)
損保ジャパンの女性オペレーターは、事故受付を電話だけですまそうとしました。
損傷の状況を見ないと分からないでしょうし、どこの交差点というのも説明しにくい、言葉では事故の様子が説明しにくい、と言って初めて、それではと言って、翌日、男性社員を家まで寄越すことになりました。
何も言わなければ、そのまま指定の修理工場行きでしょう。

どこも、電話だけですまそうとするものなんですか?

(2)
損保ジャパンの代理店の人に連絡しても、あとは損保ジャパンに任せるから、とのこと。
全然来ないんです。丸投げです。
契約の時だけの代理店かと思いました。
それじゃあ、代理店の意味がないと思います。
私が過去、他の代理店経由で入っていたときは、その代理店は、ぶつけられたら、すぐに飛んできてくれましたし、一緒に相手の自宅に行って事故の分析・交渉をしてくれたりもして、そういうのが代理店だと思っていました。

今の代理店は、契約だけの代理店なんでしょうか?
それでは、ネット契約の方が安くて良いように思います。
何のための代理店なんでしょう?

(3)
損保ジャパンの男性社員(20代?)が来たので、私は、テッシュペーパーの箱2つを細工して、どのようにぶつかったか、説明しました。
双方の傷の状況から推測して、相手の車の特徴にも関係するので、そのようなものを作って会って話をしないと分からないと思ったのです。
そのこと自体は理解してくれたようで、帰りにその交差点を確認すると言って、帰りました。
その時は、伴侶の車は通勤に使っているので、家にはなく、車の確認はしていません。

ただ、その時もそうですし、その後の電話でも、こういう交差点での事故は、80:20に決まっていると、判例を持ち出して、損保会社同士ではそれが常識で、覆せないというのを何回も言っていました。

それが嫌なら、裁判を自分でするしかなく、そうなると、もし何らかの過失分が出ても、損保ジャパンは払えないとのこと。
裁判で100:0にするしかなく、今回そうなる可能性もあるとのこと。
ただ、裁判は時間を強制的に取られるので、お勧めしないとのこと。

判例で80:20に決まっていたら、損保会社同士ではそれにしたがうしかないのでしょうか?
事故の状況により、比率は変わってくると思うのですが?

(4)
警察で、相手の女性と、連絡先の交換をしたので、三井住友海上の女性オペレーターから電話がありました。
女性オペレーターも、80:20の連呼をして、その線で収めようとしていました。
相手の普通車は、見ていないそうです。
見なかったら事故の分析も出来ないだろうに、分析しないと比率も決められないだろうに、判例ばかりを振りかざす女性オペレーターに反感を覚えました。

女性オペレーターの対応は普通ですか?

(5)
損保ジャパンの男性社員は、電話で80:20の話をするばかりで、こっちの車を見たいとも言わない。
仕方がないので、時間を工夫して、支店まで伴侶の車を持って行って、見せました。
写真を撮っていました。

その時聞いたのですが、相手の車は見ていないと言うし、三井住友海上の担当者とも電話で話をするだけで、会っていないと言う。
それでは、双方の車の損傷具合から、どのようにぶつかったか推測出来ないし、推測できないと比率は決められないだろう、と言ったのですが、比率は判例で決まっているから、としか言わない。
事故の分析をしようともしない。
念のために書きますと、損保ジャパンの担当支店と、三井住友海上の担当支店は、1キロも離れていないです。
車で数分の距離です。
それなのに、担当者間で会って話をしようともせず、両方の車を見ないで、判例だけで片付けようとする態度に落胆しました。

そういう態度は普通なのでしょうか?
事故の分析はしないのでしょうか?

こんな裁定のせいで、こっちにも非があるようにされて、次回の契約の等級を落とされて、次回から保険料が上がるのは納得できないです。
ちゃんと調べて欲しいです。

以上、よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 29% (491/1686)

ご災難でしたね。
お体は大丈夫でしょうか?

さて、回答です

1)基本的にどこの保険会社でも 「まずは電話で事故の受付」という対応が一般的です
事故受付の迅速化が主目的です
もちろん、電話では状況把握が困難であるとか 事故の被害額が高額になりそうな場合は、現車確認や当事者との面談も行います
そこに至るかどうかは最初の電話で判断するようです

2)代理店は基本的に「契約の締結権」しか持っていません
つまり「保険契約に関するプロ」ではありますが「事故処理」「示談」のプロではありません。
保険金額の決定、示談代行は保険会社でしかできません
もちろんそれなりの知識を持っているので、アドバイスや一般論的な見解をいう事は出来ます
しかし、「その事故」に対して具体的な保険金額の見込みや相手との交渉・示談を行う事は禁止されてるはずです

3)事故の状況による過失割合は過去の多くの判例(裁判所の判断)によって、状況別に類型化されています
実を言いますと、厳密には保険会社は示談を代行する権利を持っていません
「業務として他者の法律事務を取り扱う事」は弁護士にだけ認められています
保険会社の示談サービスも本来これに含まれ、違法ではないのか、という議論が以前からあります
過去の膨大な判例データーが根拠となっている類型化された過失割合を基準として用いる。という前提と
実務上すべての交通事故に弁護士を立てて示談を行うのは人員・時間的に合理的ではない点
保険会社がすでに自動車事故の示談に関して大きな実績を持っている、という事で特例的に容認されているのが実情です
つまり自動車保険業界としてはこのパターンに沿った過失割合で解決する事によって「示談サービス」が行える、という認識です
これにもし不服がある場合、示談代行を依頼せずに、自分で示談交渉に臨み、調停なり裁判なりを行うしかありません

4)これは上記と同じですね
思いやりやいたわりにかけていた事はあったのかもしれませんが、普通の対応です。
一つ付け加えると、電話で対応するスタッフは事故車を見ていない事が多いです
事故車の確認などは「アジャスター」と呼ばれるまた別の専門スタッフがおり、被害額の査定を行い、その結果を事故対応スタッフに報告しています

5)3の回答に記載したとおりで、保険会社は事故の累計パターンを確定すればそれにしたがって示談を進めます
というより、そこを基準にしているから示談代行が行えるのです
また、ご説明の事故状況であれば、さほどおかしな過失割合ではないと思います
保険会社に9:1ぐらいまで何とか頑張って交渉しろ、くらいは言えるとは思いますけれど
もし10:0を主張するのであれば、保険は使わない、という事ですから示談サービスも受けられません
そもそも車が動いている状況では、0過失となるケースは極めてまれです

とまあ、保険会社がやっている事には、いろいろ理由・事情があるわけです
しかし、もうちょっと納得のできる説明の仕方や、巧い人当り、ってものがあるだろう。 という感想はいつも感じますよね。
お礼コメント
myself2you

お礼率 86% (123/142)

なるほど、対応としては、そういうものですか。

>そもそも車が動いている状況では、0過失となるケースは極めてまれです

今回の場合、私にどういう非があるでしょうか?
避けられないと思うのですが・・・。
避ける手段は、100%相手側にあると思うので・・・。

また、今度からどうしたらよいのでしょうか?
優先道路を走っていて、左右に一時停止している車を見つけたら、私の方が停止して、先に行くよう手で合図をすれば良いのでしょうか?
そんなことしてたら、後続車があった場合、私は追突されますよね。

どうも納得できない点です。
非があるというのなら、次回からどうしたらよいか教えてほしいものです。
と、保険会社にも言ったんですけど、答えられませんでしたね。

9:1ぐらいまで何とか頑張って交渉しろ、と言ってみます。

アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2012-06-06 17:51:25
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 20% (177/867)

(1)~(5)に関しては(2)を除いて大体そんなもんでしょうね。

(2)に関してですが、ちゃんと動いてくれる代理店さんを通じて加入し直した方がいいかもしれませんね。ちなみにこの事故の場合、確かに基本20:80なんですが、相手の運転者の状況を聞く限りでは、そこからの修正要素を指摘して割合を動かすことが出来る可能性があります。

相手がちゃんと前を見ていなかった(重過失の可能性アリ)車の後部に接触している(事故予見不可)で20%修正して0:100にできる可能性がわずかですがあります。

ただこの場合、ゼロ主張をすることになりますので加入保険会社は動いてくれません。そういうときに契約者のフォローをしたり、弁護士特約使用の提案をしたりするのが代理店の仕事ですので、ご加入の代理店さんはぜんぜんだめですね(まあ大概の代理店はそんなもんかもしれませんが)。

保険会社の対応に納得がいかなくて、なおかつゼロ主張をするならば、上記のお話をして弁護士費用の特約を使用という方向で検討してみてください。
お礼コメント
myself2you

お礼率 86% (123/142)

弁護士費用の特約の使用も検討したのですが、伴侶の契約なので、伴侶が早く収束したい意向を示したので、保険会社のいう判例通りを受け入れることにしました。
まことに不本意ですが・・・。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-06-12 00:17:27


  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 25% (53/209)

人身扱いではないんですよね?物損扱いですね?
これは警察に連絡した時に身体に異常があるから人身事故だ。と言わないとそうなりませんのでご注意を。(勿論、異常が無ければ物損ですが)

1,そういうものです。過去の判例から過失割合を規則化し保険業を簡素化しています。
人身事故全でもない事故を100%調査していたら保険料が莫大な額になります。
その都度状況に沿った内容を言い合っているとそれはもはや法律行為になり、弁護士でもない保険屋がそうすると非弁行為扱いになり、それが違法になります。
なので、裁判を行なってくださいと言う答えになるのです。

2,代理店は人によるとしかいいようがないですが、やはり人身事故でないなら動かないかと思います。
単純に物損たまけなら事故の規模がちいさいので。(大きい小さいは関係ないと思うとおもいますが、そういうもんなんです)

3,1参照

4,どこの保険会社も同じなので1とおなじです。

5,これも1とおなじですね。

つまりは、保険を加入する段階で既に支払い規則がきまっているのです。
保険としての考え方ならばエンジンを停止していない以上責任ははっせいしてしまいますので。
仮に金額に不服があるのならば、相手の「保険会社」ではなく「事故を起こした本人」に貴方の過失割合の2割を「あの事故のしかたで自分が払うのはおかしい。人として貴方が払うべきだ」と民事請求してみてはどうでしょうか?
払うかどうかは別問題ですが。
お礼コメント
myself2you

お礼率 86% (123/142)

物損扱いです。
衝突のショックはありましたが、今のところ、むち打ち等の症状は出ていません。

1から5までを通してですが、そういうものなんですね。
知りませんでした。
代理店も損保会社も、もう少し親身に調査してくれるものだと思っていました。
これなら、ネット契約で十分ですね。

民事請求ですか。
考えてみます。
相手方本人と直接話がしたいと言っても、損保会社に止められているのですが、損保会社同士は判例通りで処理してもらって、2割分を本人に直接請求という手もあるんですね。

丁寧な説明、ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-06-06 16:17:07
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 17% (1578/9188)

(1)どこも、電話だけですまそうとするものなんですか?

もちろんそうです。それがプロのプロたる所以です。
電話で十分なんです。
「現地がどうこう」というのは、当事者の自己満足だけなんです。

(2)損保ジャパンの代理店は丸投げです。

専業代理店は、それで通常の流れです。

>過去、他の代理店経由で入っていたときは、その代理店は、ぶつけられたら、すぐに飛んできてくれました

修理工場だったのでは?
販売店が代理店の場合は、ちゃんとした対応をしてくれます。
専業代理店は車に素人なので、何も出来ません。

(3)こういう交差点での事故は、80:20に決まっていると、判例を持ち出して、損保会社同士ではそれが常識で、覆せないというのを何回も言っていました。

全くその通りです。
というよりも、質問者さん側の過失が2割というのは、はっきり言って低いです。

>それが嫌なら、裁判を自分でするしかなく、そうなると、もし何らかの過失分が出ても、損保ジャパン>は払えないとのこと。

もちろんそうです。しかし裁判は100%負けます。

>判例で80:20に決まっていたら、損保会社同士ではそれにしたがうしかないのでしょうか?

いいえ、下側に亜子とも自由ですし、原則、ご契約者様のご意向を優先します。
但し、そうすれば示談は永久に出来ません。
結果、質問者さん側は
相手から、たったの1円も貰えません。

>事故の状況により、比率は変わってくると思うのですが?

もちろん、今回は3:7か4:6辺りが妥当です。

(4)女性オペレーターも、80:20の連呼をして、その線で収めようとしていました。

相手はかなり譲歩しています。
早期解決を最優先しているようです。

>見なかったら事故の分析も出来ないだろうに

見なくても出来ます。
関係ないですよ。

>反感を覚えました。

示談しなければ良いだけの事です。
1円も貰えないだけの事ですから
「お金の問題ではない!」と言う場合は
何処までも自分の思い込みで、事故の論理を主張する権利があります。

>女性オペレーターの対応は普通ですか?

普通です。

(5)損保ジャパンの男性社員は、電話で80:20の話をするばかりで、こっちの車を見たいとも言わない。

当然です。
全く見ても意味がないからです。

>仕方がないので、時間を工夫して、支店まで伴侶の車を持って行って、見せました。
>写真を撮っていました。

全く無駄な事ですが
写真を撮るポーズくらいはとっておかないと
質問者さんが逆上しかねないと破断しての事でしょう。


>その時聞いたのですが、相手の車は見ていないと言うし、三井住友海上の担当者とも電話で話をするだけで、会っていないと言う。

当然です、全く不要であり、時間の無駄です。

>それでは、双方の車の損傷具合から、どのようにぶつかったか推測出来ないし、

いいえ、出来ます。
特に、今回の場合は、双方の説明する事故状況に食い違いが無いですから
何も問題有りません。

>推測できないと比率は決められないだろう、

推測では比率を決める事は出来ません。
大切な事は「事実」だけですから、推測はいけません。

>そういう態度は普通なのでしょうか?

普通です。

>事故の分析はしないのでしょうか?

分析済みですし、質問者さんに相当有利な条件を提示してきています。


>こっちにも非があるようにされて、

こっちにも相当の非がありますよ。


>信号のない十字交差点を直進していました。私の方は優先道路です。
>交差している道は、狭くて、交差点の手前に一時停止の線があります。
>左方向からの車(3ナンバーの普通車)が一時停止で止

左方に車がいるというのに
「俺が優先なんだ!!!」
と我が物顔で信号のない交差点を突っ切ったのですから
教習所の試験であれば、即その場で失格、不合格です。

相手車に対して注意を払わなかった質問者さん側に
相当の過失があります。
しかも
相手は左方です。
お礼コメント
myself2you

お礼率 86% (123/142)

>もちろんそうです。それがプロのプロたる所以です。
>電話で十分なんです。
>「現地がどうこう」というのは、当事者の自己満足だけなんです。

十分というのが良く分からないのですが、どういうことなのでしょうか?
現場を見ないと分からないことは多々あるのでは?
現場を見ることによって、比率が変わることもあるのでは?


>>過去、他の代理店経由で入っていたときは、その代理店は、ぶつけられたら、すぐに飛んできてくれました
>修理工場だったのでは?
>販売店が代理店の場合は、ちゃんとした対応をしてくれます。
>専業代理店は車に素人なので、何も出来ません。

当時かけつけてくれた代理店は、修理工場でも販売店でもありません。
専業代理店です。
トヨタ系のディーラーから独立して、興亜の代理店だけでやっていってました。
したがって、車に素人ということでもないです。
ただ、修理はここがお勧めということはあったので、その絡みもあったのかもしれませんが、私がそこで修理した覚えはないです。
損保会社が合併する前の話なので、古き良き時代だったのかもしれません。


>しかし裁判は100%負けます。

なぜ、そう言い切れるのでしょうか?
損保ジャパンの担当者は、勝つ可能性も十分にあると言っていましたが・・・。


>>事故の状況により、比率は変わってくると思うのですが?
>もちろん、今回は3:7か4:6辺りが妥当です。

そう思う根拠は何でしょうか?


>>見なかったら事故の分析も出来ないだろうに
>見なくても出来ます。
>関係ないですよ。

どうしてでしょうか?


>>(5)損保ジャパンの男性社員は、電話で80:20の話をするばかりで、こっちの車を見たいとも言わない。
>当然です。
>全く見ても意味がないからです。

どうしてでしょうか?


>>その時聞いたのですが、相手の車は見ていないと言うし、三井住友海上の担当者とも電話で話をするだけで、会っていないと言う。
>当然です、全く不要であり、時間の無駄です。

何故ですか?


>>それでは、双方の車の損傷具合から、どのようにぶつかったか推測出来ないし、
>いいえ、出来ます。
>特に、今回の場合は、双方の説明する事故状況に食い違いが無いですから
>何も問題有りません。

双方と言っても、相手の女性の見方はこっちには伝わっていないし、三井住友海上の担当者からも聞いていませんよ。
したがって、私も書いていないし、それで「双方の説明する事故状況に食い違いが無い」とどうして言えるのですか?


>>推測できないと比率は決められないだろう、
>推測では比率を決める事は出来ません。
>大切な事は「事実」だけですから、推測はいけません。

監視カメラで録画しているわけではないので、どうやって、事実までたどりつけるのか不思議です。
方法を教えてください。


>相手車に対して注意を払わなかった質問者さん側に
>相当の過失があります。

注意を払っていましたよ。
飛び出してくるなよ、と。
田んぼに挟まれた交差点で、見通しも良くて、お互いによく見える位置に居て、相手が一時停止線で止まっているのだから、前を用心して通り過ぎるしかないでしょう。
急いでいたのかどうか分かりませんが、完全に通過してしまう前に飛び出してきたのは、こちらとしては避けようがないことでしょう。



rgm79quelさんは、損保会社の人なのかどうか分かりませんが、ユーザー目線でないことは確かですよね。
今の世論と、東京電力くらいの意識の差があると思います。

私は、よく調べて、80:20の結論を出すのならまだよいのですが、安易に判例に頼って、ろくに調べもせずに結論を出そうとするのが、するべき努力を怠っているように見えます。

現に、もし、相手の車が出っ張って停止していて、私が左寄りに通り過ぎて接触した場合、私の非の比率は重くなるはずです。
その場合の傷のつき方は、お互いに、今回と違うはずなのです。
その可能性はないのか、双方の言い分に嘘はないのか、調べるのが、損害調査のプロだと思うのですが・・・。

現場も見ず、車も見ず、双方の言い分を電話で聞くだけで話をまとめるのでは、保険金詐欺にすぐ引っかかってしまうような気がしますが。
双方がグルで、どこかの修理工場と組めば、保険金詐欺はカンタンなのかな。
それを見破るためにも、地道な調査が必要だと思います。

つまり、私が言いたいのは、裏を取れ、ということです。
証拠を積み上げていくのは、どこの世界にも必要なのでは。
投稿日時 - 2012-06-12 01:03:19
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 29% (491/1686)

たびたび失礼します

>また、今度からどうしたらよいのでしょうか?
>優先道路を走っていて、左右に一時停止している車を見つけたら・・・

相手の車が急に発進しない事、その車の陰からバイクや自転車などが飛び出してこない事を見極めて通行すればよいと思います

自動車の運転は、その場その場に対応した状況判断・見極めが出来ることが必要です
自分は安全運転をしているつもりだとか、交通法規を守って運転している、だけでは不十分なんですね
飛び出しを予測するとか、前を走る車の挙動を予測するくらいの事はすべきです
と言いますと「超能力者じゃあるまいし、無理だ」と言われます
しかし自動車運転免許証を受けてる以上、自動車の運転に関しては「達人」であるべきなのだと思います
「免許」なんですからねぇ・・・

もちろん、すべてのケースにおいてそれで事故が防げるわけではありません
実際にそこまでの能力のない人が運転しているという事も事実です
だから事故が発生するし、その事故に備えるために保険に加入するわけです
それでも、事故を起こさないための運転技術は身に付ける必要があると思います

それと参考までに
人身事故の場合の自賠責保険では、加害者側が特定の条件をクリアしない限り無過失責任を問われます
この場合の加害者というのは過失割合に関係なく、けがを負わせた側の事です
つまり双方がけがをした場合、両方とも加害者であり被害者です
この特定の条件というのは「自賠責の免責3条件」などと言われており、ちょっと検索するとすぐに出てくるのでお調べになる事をお勧めします
実際にはこれをクリアすることは容易ではなく、事実上人身事故の場合は自動車が運転されていた場合は過失0はあり得ない、と考えてよいでしょう。


なお今回、質問者様の事故において8:2の過失割合を提示している保険会社の判断はごく順当だと思いますよ
ただ後部への側突で、先方もあなたの言い分(事故状況)を認めているので、保険会社に「もう一声!」と言ってもいいようなスチュエーションだと思ったまでです
9:1まで主張できるはずだ。などと思われないよう、ご注意ください。
これでもし、先方の主張する事故状況があなたのそれと食い違っていたら、事態はもっともっと面倒なことになります
お礼コメント
myself2you

お礼率 86% (123/142)

なるほど。

なかなか厳しいものですね。

今回の交差点の場合、左側はずっと続く田んぼで、見通しがよくて、当然のようにお互いを認識していたと思うのですが、結局、相手の話が聞けずじまいなので、なぜ待ちきれなかったのか分かりません。

保険会社が間に入ることでこんなにややこしくなるのなら、警察に届け出た後で、相手とよく話をしておけば良かったと思います。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-06-12 00:11:53
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ