解決済み

会計

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7515876
  • 閲覧数113
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 83% (76/91)

会社設立後、追加的な資金調達の必要性から20×1年4月1日(決算日3月31日、会計期間1年)に新株を発行した。これに際し、株式募集広告費200000円と証券会社への取扱手数料100000円を小切手を振り出して支払った。なおこれらの諸費用は繰延資産の償却額はいくらか?※償却額は容認される最長期間で計算すること。
わかる方回答お願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 56% (2185/3855)

新株発行費の処理は
 ・一括償却
 ・旧商法に従い3年以内の定額法償却
よって、支持された期間は『3年』

新株発行費に計上できるのは、新株発行に伴う諸コスト
 ・株主募集広告
 ・株券印刷費
 ・金融機関の取扱手数料
 ・登記費用など
よって、広告費200,000円+取扱手数料100,000円=300,000円

以上のことから、1会計期間における償却額は
 300,000円÷3年=100,000円

だとおもうのですが・・・
 
お礼コメント
djgtmwtgp

お礼率 83% (76/91)

回答ありがとうございました。
参考になりました。
投稿日時 - 2012-06-06 14:56:25

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (164/817)

簡単に割り出せるものでは全くありません。
税理士の指導を仰がれる必要が必須条件です。
お礼コメント
djgtmwtgp

お礼率 83% (76/91)

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-06-06 14:56:45
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ