• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ハイブリッドの駆動方式について

ハイブリッドの駆動について、トヨタ・ホンダ などは 1 モーターのみ 2 エンジンとモーターの両方 の2つの時がありますね。 超大型のダンプカーなどでは、エンジンで発電し、駆動はモーターのみで動かす、 というのがあるそうです。 乗用車にはこのような方法は使えないのでしょうか。 トヨタ方式より単純なシステムで、電気自動車に近く、割安なような気がします。 しかし、実用化されていないのでそれなりの理由があると思います。 ご存じの方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数730
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10
  • evian32
  • ベストアンサー率26% (171/642)

既に公道での試乗会を日本で実施したメーカーが有りますよ。 昨年11月だったかな? 箱根ターンパイクを貸し切ってアウディーが行っています。 車は「A1 e-tron」 フロントに75kwのモーターを積んで駆動し、発電用に小型のロータリーエンジンを搭載しています。 メーカーはHVとは呼ばずに「レンジエクステンダーEV」と呼んでいますが。 フル充電状態でのEV走行可能距離はシビアコンディションで50km以上 発電エンジン用の燃料は満タンでも12リッターしか入らない小さな燃料タンクながら、バッテリーを使い切ってからさらに200km以上の走行が可能との事です。 バッテリはLiIONでリーフの半分程度の容量のようです。 もう実用化は近そうですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 アウディー そうですか。楽しみですね。 日本のメーカーだともっとうれしかったかも。 レンジエクステンダーEV で検索するとあたりがありました。 スズキにはいいなと思います。

関連するQ&A

  • 露天掘り鉱山で使っている大型ダンプはなぜ電気自動車?

    露天掘り鉱山で使用している大型のダンプカー(タイヤの直径が3mはある)は、なぜ電気自動車でしょうか? このダンプは、電動モーターで駆動しますが、なぜかその電気は、搭載のディーゼル発電機で発電されます。 ディーゼルエンジンを直結すればいいのに、と思うのですが。 電動の理由を教えてください。

  • ハイブリッド(トヨタ・ホンダ)の違いについて

    以下の質問について、簡単に教えてください。 メカはあまり詳しくないので、専門用語はなるべく使わないで 買い替えの参考としたいので、分かりやすくお願いします。 (1)トヨタとホンダのハイブリッドの違い (2)ハイブリッドのメンテナンスのしやすさなど寿命(交換時期と概算費用)    ・トヨタとホンダとの比較 (3)同じ車種の場合、現時点でハイブリッドか?それともガソリンエンジンか? (4)皆さんなら買い替えの時、どちらを選びますか?    ・トヨタ?それともホンダ?    ・ハイブリッドか?それともガソリンエンジンか?    ・理由も併せて教えてください。 (5)日産の低燃費ガソリン車参入の理由とその背景    (電気自動車の取り組みはどうなるの?) 以上ですが、一部だけでも構いませんので、ご回答よろしくお願いします。

  • ターボ・スーチャ等ありますが電気駆動の物は無い?

    お世話になります。 自動車のエンジン能力向上のための装置として、ターボ、スーパーチャージャーなどありますが、どちらもエンジンの回転軸に機械的に頼ったシステムですよね? 自動車には元々バッテリーが積んであるのですから、駆動軸からのエネルギー供給による過給機では無く、バッテリー→モーター→タービンとなるような過給機もあるのでしょうか? あったとしても、エンジン出力→電気化→モーター→動力にする効率が悪すぎるのでしょうか? それならば大型バッテリーを積み、加速時のみ電力消費すればよいと思うのですが・・・。 実用化されていないところを見ると、回生ブレーキ発電システムのコストが高いのでしょうか? 質問内容が的を射ておらず申し訳ありません。

その他の回答 (9)

  • 回答No.9
  • AVC
  • ベストアンサー率26% (180/675)

私も常々思っていました。私なりに考えたのは”コストが高くなる”ためだと思います。  今のところ実用的な性能、コスト、重量、スペースなどからトヨタ車とホンダ車でモーターアシスト方式が違うとはいえ大きなバッテリーを介在せざるをえないのではないかと。 >一定の回転数を維持すればもっと効率が良くなりそうな気がします。  言われていますね。効率も上がりますがなにより排気ガスの環境対策がしやすいと聞いています。巡行(クルージング)では小さい出力で足りるのに加速のために大出力のエンジンを搭載はもったいないです。 セカンドカーの買換え時期なのでNo1さんご紹介の車が楽しみです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 ”コストが高くなる” 私も実現しないのはそのためだと思います。 少し前は「燃料電池」こそ・・・・。 と言われていましたが、ハイブリッド・電気自動車にとって替わられています。 将来的には燃料電池も再登場するかもしれませんが、コスト・技術革新が必要でしょうね。

  • 回答No.8
  • ka2_abe
  • ベストアンサー率41% (1219/2923)

えっとね。 モーターの起電力=0からのトルクってものすごいんですよ。 内燃機関などは太刀打ちできません。 それこそクラッチやトルクコンバーターが要らないくらい。 内燃機関はある程度回転数を上げないと 馬力がでません。 トルクも同様です。 モーターは回転初期から最大トルクがでます。 また。 そのトルクを生み出すためのバッテリーは エンジンの発電によりいわば 「トルクをためておける」訳ですので、 大トルクの必要な車種には モーター駆動がベスト。 発電システムとしての内燃機関は 効率が低いとはいえませんが、 ポンピングロスや発熱などに 発生エネルギーの大部分が奪われますが 燃料による可搬性に優れているのが特徴。 で。自前で発電システムを積む普通自動車というのは 今のところ無理。 本当はバックトゥザフューチャーみたく 「生ゴミの高エネルギーを余すところ無く発電に使える」システムが出来れば 電動発電のみのHVが出来るのですけどね。 ある意味それが一番究極の発電方法です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 自前で発電システムを積む普通自動車というのは 今のところ無理。 そうですか、残念です。 しかし、どうしてエンジンで無理なんですか。 ガソリンエンジンの効率がせいぜい25パーセントぐらいでしたか? 一定の回転数を維持すればもっと効率が良くなりそうな気がします。 もちろん生ゴミでなくて、手っ取り早い、ガソリンや天然ガスなど身近で安価なものが普及しやすいと思います。

  • 回答No.7
noname#211632

ごめん、αでなくて、PHV。 PHVは基本あなたの言う方式で、最悪の場合はエンジンでの走行が可能らしい。 http://toyota.jp/priusphv/001_p_001/point/?rid=top1-1 でも、微妙に違うか!? その昔、当時の国鉄にあなたのいう方式のディーゼル機関車のDF50型というのがあったが、すでに全て廃車済。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84DF50%E5%BD%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 シンプルなので、昔からあるのですね。 少しうれしいです。

  • 回答No.6
  • Sasakik
  • ベストアンサー率33% (1467/4378)

単体で自動車を動かすだけのモーターと発電用エンジンの組み合わせはスペース効率的にもエネルギー効率的にも不利。 >超大型のダンプカーなどでは、エンジンで発電し、駆動はモーターのみで動かす、というのがあるそうです。 自動車も”超大型”になると「常識が通じない」というか、内燃機関では効率が悪すぎるため、エンジンで発電した電気でモーターを駆動するという”回りくどい”「シリーズ方式」のハイブリッドシステムが”大昔から”採用せざるを得ないのが実情とのこと(同様に、足回りも超重量級の車体を支えることが出来る金属バネが存在しないため、ダンパーのみのサスペンションになっています)。 >トヨタ方式より単純なシステムで、電気自動車に近く、割安なような気がします。 「気がする」じゃなくて、具体的な根拠を提示しないと説得力が・・・ ま、大手メーカーでも、エンジンとモーター並列の「パラレル方式」を「究極のハイブリッド」としているワケじゃなく、当然のように「シリーズ方式」のハイブリッドも研究も進めているハズで、「現在の技術ではパラレルが優位」というコトでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました 「気がする」じゃなくて、具体的な根拠を提示しないと説得力が・・・ そうですが、残念ながら私にはその知識がありません。 ただ、「コンピュータで細かくコントロールする」トヨタ方式は コンピュータソフトに依存しますね。だから、アメリカで起こったような感覚のずれが生じたのではないのでしょうか。ソフトは人間の感覚をデータ化したものなので。つまり、感覚は人によって少しずつ違うので、単純な方が違和感なく使えると思います。

  • 回答No.5
  • dogday
  • ベストアンサー率29% (2314/7952)

変換する度に、熱としてエネルギーロスが発生するからです。 ガソリンエンジンは、100年間試行錯誤して、個人の誰でも扱えるようにまで進化しているので、エネルギー効率は限界まできているのです。 その先にいくためにハイブリッドエンジンが考案されたわけですが、 試行錯誤しながらの新しい技術革新は、試行錯誤された結果の枯れた技術に敵わないのです。 だから技術革新のブレークスルーの移行期間としての両方混成でハイブリッド。 動力や電力消費ではどんどん進歩しているのですが、現代の技術力で蓄電池能力だけ進歩が遅れているのです。 モーターが高性能化するほど電力が必要で、バッテリー容量の巨大化が必要。 バッテリーが肥大化すると車重が重くなって燃費が悪くなり、それをカバーする出力が必要で、さらに重く大きくなる。 この問題が解決できないのです。 プリウスは同価格帯のエンジン自動車より室内が狭いですよね?スマートフォンがガラケーと同じ待受時間が維持できていない。 バッテリーに必要なレアメタル資源が自動車を賄えないという問題もあります。 超大型のダンプカーは、ダム工事現場だけで、公道を走る必要がなかったり、サイズや重量に制限がないから実現可能。 またユンボやフォークリフトなどは、荷物を持ち上げるテコの原理の重りとしてバッテリー重量を利用しています。 公道をガソリンカーと同じボディサイズで同性能を有し、普通自動車免許所持者が誰でも維持管理でき、価格でもガソリンカーと競争力のある性能になるには、しばらく試行錯誤して、ハイブリットカーの能力限界の先までの技術力の登場を待たなければ実現できません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。  変換する度に、熱としてエネルギーロスが発生するからです なるほど、わかりました。しかし、社会全体としてはよくわかりますが、個人としては 安い方がいいと思います。 どんなにすばらしいものでも、実用化のためにはそれなりの値段である必要があると思います。 ハイブリッドはやすくなったとはいえ、まだまだ高いですよ。燃費と車両価格、使用年数 同じ値段の車と比較しての大きさやゆとり などを考えると、お値打ちとは言えない値段ですね。 バッテリーの性能はよくわかります。ノーベル賞ものの発明か発見を期待します。

  • 回答No.4
noname#211632

プリウスαってこの方式じゃなかったっけ??

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 本当ですか。 知りませんでした。

  • 回答No.3

既にアメリカでシボレー・ボルトが市販車として売り出されています。 システムとしては単純ですが、電池容量が減りすぎたときにエンジンの発電容量だけでは不足するのがネックではないかと思います。 ちなみにこれは、レンジエクステンダー型のEVというそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました  電池容量が減りすぎたときに どんな時でしょうか? 充電できるまで待つ時間があればいいのですが。 ボルトに乗ってみたいですね。

  • 回答No.2
  • changu
  • ベストアンサー率22% (148/658)

一番の問題はシステムよりバッテリーの性能。 バッテリーが高性能になれば、どこのメーカーだって電気自動車作りますよ。 それが現時点で(安価に)出来ないから、ものすごいがんばって燃費のいいハイブリット車を作っているんです。 余談ですが、高性能のバッテリーが出来ちゃうと後進国がお手軽に電気自動車作ってしまうので、高い技術を持つガソリンエンジン作るメーカーは困ってしまう。なので、作れるけど作らない・・・と言う都市伝説まであります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 そうですね、第二のテレビになってしまいます。 でも、エンジン以外にも車の技術はあるのでは? よく登場するヨーロッパ者を崇拝する方たちは、 足回り、ボディー剛性、運転フィリング・・・・などエンジン以外の 性能が多いような気がします。

  • 回答No.1
  • XB9R
  • ベストアンサー率41% (752/1820)

エンジンで発電し、駆動はモーターのみで動かす、というのがあるそうです。 乗用車にはこのような方法は使えないのでしょうか。 まだ市販されていませんが スズキ スイフトで 試作登録され 試験運転されています 軽の660ccのエンジンで発電 モーターで走行です 2013年3月 発売予定です http://car-research.jp/suzuki/swift-ev-hybrid-2.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 性能や価格が楽しみです。

関連するQ&A

  • 電気自動車とハイブリッドについて

    電気自動車は現在のところ電池の価格も高いことからあまり普及していません それを補うように現在主流のハイブリッド車が生産されているようですが そこで質問ですが 現在発売されているハイブリッド車はエンジンにモーターを付属させるような形式が主流の様ですが、私にはこの方式にメーカーがこだわる理由が今一つ分かりません たとえば、電気自動車普及への一番のネックが電池であるのなら ハイブリッド車の方式の一つとして、発電機を回すだけのためのエンジンと云うのはどうなのでしょう? 近い将来より効率が良く安い電池が量産されるようになったら エンジンと燃料タンクのスペースを電池に置き換える設計をしてみるとか 単純に発電機を回すためだけのエンジンにすればより将来普及されるであろう 電気自動車に近い設計思想が採用できると思うのですが また、素人考えでは発電のためだけのエンジンのほうが常用回転域も狭くなるであろうから 効率よくガソリンの消費を抑えられるのではないだろうかと常々思っています 機械のことをろくに知らない素人なのでとんでもなく的外れな質問かも知れませんが この方面に詳しい方がおられるようなら是非ご回答いただければ幸いです

  • BMW(カブリオレ)のエコカーはいつでる?

    BMW(カブリオレ)の省エネエンジン(ハイブリッド?)を 積んだ車はいつ頃でるのでしょうか? ハイブリッド、電気自動車の開発でいつも聞くのはトヨタ、ホンダ ばかりで、BMWがハイブリッドカーを開発しているという噂すら 聞きません。 BMWはエンジン開発でホンダと提携しているそうですが、そろそろ BMWからもハイブリッドカーがでるでしょうか?

  • ハイブリッドカーのモーター

    トヨタのプリウスなどハイブリッドカーが評判です。 ガソリンエンジンで発電し、バッテリーに貯め、電動機を回して自動車を駆動する。ガソリンエンジンによる直接の駆動もあるので、ハイブリッド。 と理解しております。 発電した電力は、直流/交流何ボルトですか。 モーターの駆動には何ボルトの直流/交流を使うのでしょう。周波数は? 電力の変換(発電から、モーターまで)はどのようにしてやりますか。 モーターの種類は何ですか。(誘導モーター、同期モーター、などなど) モーターの種類と関係しますが、回転数制御の方法は。 インターネットも覗き、トヨタ販売店にも聞いたのですが、満足な答えはいただけませんでした。 特に電動機/モーターの回転数制御法をご存じの方にお答えいただけたらと思います。

  • ハイブリッド+ディーゼルについて

    現在の市販可能なエコ車は主にハイブリッドvsディーゼルという形になっていますが… ふと思ったのですがクリーンディーゼルエンジンにハイブリッドを載せる技術は効率良くないのでしょうか? 確か商用車でディーゼルハイブリッド車があったと思いましたが、乗用車は無い(試作車はあると思いますが)のででしょうか? ハイブリッド搭載車はモーターで加速してエンジンでクルーズしますが、それなら尚更ガソリンよりディーゼルの方が適してると思うのですが相性とかが悪いのでしょうか? よろしくお願いします。

  • フィット ハイブリッド vs プリウス ハイブリッド

    フィット ハイブリッド vs プリウス ハイブリッド  どちらのハイブリッドが、いいと思いますか? ホンダ フィット ・徹底した軽量化、コンパクト化。1300cc http://www.honda.co.jp/Fit/hybrid/ トヨタ プリウス ・3ナンバー化(大型化)、重量(排気量)アップ。1500ccから1800ccへ。 http://toyota.jp/prius/

  • ‪トヨタ自動車とマツダが共同で電気自動車の新会社を

    ‪トヨタ自動車とマツダが共同で電気自動車の新会社を設立した理由は、トヨタはハイブリッドで行けると思ってたら、欧州が電気自動車1本に絞って来て焦ったから‬だ。 ハイブリッド車はエンジンが主体でバッテリーがサブだったが、電気自動車は真逆になってバッテリーがメインになって、エンジンがサブになるのでエンジンは小型で良くなるのだ。 トヨタはエンジンを小型で設計する技術を持っていない。そこで目を付けたのがマツダが持つロータリーエンジンということになる。 それか軽自動車のダイハツの3サイクルエンジンを電気自動車に搭載することになる。もう4サイクルエンジンは量を取るだけの無用な技術となる。 多分、トヨタはダイハツの軽自動車の3サイクルエンジンではなく、マツダのロータリーエンジンが欲しいようだ。 トヨタ自動車が培って来た4サイクルエンジンが電気自動車では全て役に立たない。 掃除機のダイソンが電気自動車市場に進出するが、ダイソンはモーターと制御技術を所有している。トヨタはシャーシと車体のノウハウしかない。 トヨタ自動車が10年間掛けた同じだけの投資をダイソンは今後10年間掛けて行うという。 要するにトヨタはシャーシと車体の大量生産生産は出来るけど電気モーターの制御は得意じゃなくて寧ろダイソンの方が少量生産なら今から開発を行えばトヨタと対等に戦える土俵にいるってこと。 しかも前例にテスラモーターズは少量生産ならトヨタと対等に戦える車を現実に作ってるのでトヨタはウカウカしてられない。 トヨタがサブエンジンにマツダのロータリーエンジンの小型エンジンの技術を欲しがってるのは間違いがないと思う。 マツダ‪はガソリンエンジンでも次世代エンジンの開発に成功しており、熱効率40%を実現するエンジンの特許を抑えているのでマツダの株は上がると思う。‬ ‪トヨタはマツダのロータリーエンジンを電気自動車に搭載することになって、マツダの株は今は2000円だけど2030年には3000以上にはなっていると思う。‬ ‪トヨタが車体とシャーシのみの供給会社になっていて、マツダが電気自動車のサブエンジンの供給会社になっているかも知れない。‬ ‪そしてPanasonicは自動車用バッテリーが中国の電気自動車用バッテリーに性能で負けてPanasonicの経営は傾いていると思う。‬ ‪日産自動車は世界中の電気自動車用のバッテリーを取り寄せて、同国のパナソニックのバッテリーは性能が良くなかったと言って採用を見送っている。‬ ‪マツダの株はいま買い時だと思う。‬

  • 将来に迫る電気自動車時代への不安

    HVシステム(エンジン・電池併用)・iストップ機能搭載車・電気モータのみ搭載クルマ等々... いま、時代はエコカーブーム突入ですよね。 それも将来はどうも電気自動車(モーター駆動のみ)に集約されていく流れにあるように感じられます。でも僕としては、この電気自動車に一抹の不安を抱えています。 エンジン搭載車はエンジンの駆動を利用し電気を発生させバッテリに蓄電し、車内のさまざまな電気用品に電気を使用してますよね。つまりエンジンは発電機のような役割も担っているわけですが、その発電機が電気自動車には無い! 真夏の炎天下でも涼しく快適な車内、真冬の凍てつく極寒地でも暖かく快適な車内。そんな当たり前となった快適空間が電気自動車でも実現できるのだろうか、と。だって考えてみてくださいよ。家庭用のエアコンだって真夏・真冬にフル回転させたら、どれだけの電気を必要とするか。これをでっかい電池を積んで走行しながら併用したら、いったいどのくらい走れるのか。 僕はイヤですよ。電池の節約のために、昔のクルマみたいに夏は窓を開けて走行、冬は防寒具を着ながら走行なんて。 電気自動車の不安、誰か技術的見地で解消してください。お願いします。

  • 日産リーフはヤバイのでは? エコカー?

    なぜ、日産は電気自動車なんて売るんでしょうか? ずばり、ハイブリッドの特許関係で、どうしてもトヨタのマネが出来ないからじゃないんですか? しかも、おかしいと思うのはCO2排出ゼロとか、エコな宣伝して、実際は原子力じゃない発電方法で、さんざんCO2を出すもののエネルギー源にしてるのにクリーンだと言っているところ。 私は中国に住んでいますが、バイクは随分前から電動だし、バスも電動で走っています。 バッテリーに充電して、モーター回すだけなんだからこんな簡単な理論はないですよ。 こんなもん誰でも作れるでしょう。 今更「新しい時代の乗り物」なんておこがましいにもほどがあると思うんです。 ブレーキの制動エネルギーを電気に変えて貯めて使うとか、ちょっと考えただけでも自給自足で充電するハイブリッドのほうがエコだし、ハイテクですよね。 交差点でブレーキを踏むとエンジンが止まる軽自動車なんかも、エコですよね。 燃費30kmなんて世界中が驚きますよね。 こういうのが、技術の日本だと思うんです。 電気自動車に変えた途端にそういう努力がなくなるっていうか、「ハイブリッドの次は電気」みたいにウソの宣伝してるそんな姿勢がなんか嫌だなと感じてるのですが。

  • ロータリ-エンジンを発電器に

    残念ながらあまり未来のなさそうなマツダのロータリ-エンジンですが、発想をかえ ロータリ-エンジンを発電機器として 自家発電電気自動車を作ったら実用化されそうですか?

  • 軽自動車のハイブリッドや電気化について

    軽自動車は660cc迄と決まってますが、もしハイブリッド化した場合モーターと動力併用になるのですがその場合660ccエンジン+モーター出力となり軽自動車の枠は超えないのでしょうか。 それから100%電気モーター化した場合、ガソリンエンジン出力換算で何馬力までが軽自動車枠として認められているのでしょうか。