-PR-
解決済み

芸能人と名誉毀損、プライバシーの侵害

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7505
  • 閲覧数1351
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

芸能人に対して名誉を棄損したり、
プライバシーを侵害するような記事や報道を良く
目にするのですが、
これは法的に違法ではないのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 これらの記事を報道する立場からは、刑法に次の規定があり、いわば水戸黄門の印籠の役割を果たしています。

 (公共の利害に関する場合の特例)
第二百三十条の二 前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。
2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。
3 前条第一項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

 つまり、公益に関わるときは、真実であれば罰しないとなっています。芸能人は公人だから公益であるというのが彼等の理屈です。判例にも、「私人の私生活上の行状であっても、その携わる社会的活動の性質及びこれを通じて社会に及ぼす影響力のいかんによっては、その社会的活動に対する批判ないし評価の一資料として、本条1項にいう公共利害に関する事実にあたる場合がある(最判昭56.4.16刑集35―3―84)」 というのもあります。
 現実には、違法のほうが圧倒的に多いのですが yosikun さんのいうような理由もありますし、芸能人のほうでも自分に都合のいい記事は、書くように仕向けますし、芸能記者とケンかをすれば、自分に不利になることは知っていますので、普通は泣き寝入りです。
お礼コメント
noname#2813


条文まで引用していただきありがとうございました。
泣き寝入りしている芸能人や、逆に利用している人もいるんですね。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 43% (235/542)

 名誉毀損やプライバシー侵害にあたるようなものがあるのは事実でしょう。

 名誉毀損については、名誉毀損罪として刑事告訴をする(刑法230条)または、不法行為に基づく損害賠償(民法710条)の請求をする、プライバシー侵害については、不法行為に基づく損害賠償の請求をすることが可能ではあります。

 それでも、裁判にはそれなりの費用と手間がかかるので、そのまま無視してしまうケースが多いのでは?また、訴えたりすると、より話題が盛りあがって、さらに実質的なダメージが大きくなる恐れもあるし・・・。

 でも、事実でないことを書いても、書いたもの勝ちみたいな状況は良くないとは思いますね。

 


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ