• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

田んぼの下の土質。

以前より、田んぼの場所に自動車修理工場を建設したいと質問させて頂きました。田んぼは地盤が弱いので、水分が無くなるまで放置するようなご意見を頂きました。疑問なのですが、【田んぼ】と言うものは、表層は泥や柔らかい土ですが、その下はかえって水も通さないような粘土層や岩盤、砂利が固まったようなものでなければ、水分は保持出来ないのでは?上層(50cm程度)の泥を取り除けば、かえって普通の地盤より、強いのではないか?と思うのですが、どうなんでしょうか?まぁ一概には言えないのでしょうが?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数667
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ks5518
  • ベストアンサー率27% (469/1677)

見えないところを考えていても仕方ないので、 先ずは、地盤調査を行いましょう。 場所的には、弱いと思いますよ。 おそらく粘土層の堆積が、10数m続いている と思います。周辺地域では、地盤補強工事の 改良率は多いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。一度調べてみます。市役所でわかれば良いのですが。また、その場所の隣の土地は民家が長らく建っています。前方、県道、裏は市道、右に民家の三角に近い土地なんですが。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#232424
noname#232424

水田の水持ちを表す数値に「減水深」があります。水を張ったあと,蒸発や漏水のために1日に何ミリメートル水面が下がるかという数値です。 水田もけっこう漏水しているわけであり,「かえって水も通さないような粘土層や岩盤、砂利が固まったようなものでなければ、水分は保持出来ない」と簡単にはいえません。砂礫質なら漏水は多いです。沖積低地で軟弱粘土層が地下10メートル以上もある水田もあります。農業基盤整備事業でおおがかりに整地して,機械化に対応した水田も多いです。よそから客土して漏水をふせぐこともあります。 掘って調べなければわからない,ということじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 水田 改良

    先日、水田の畦の雑草を刈り取っていました。水は張っていませんので、一部田んぼ内から作業をせざるを得ない場所があり、入ったのですが、【ぬかるむ】と言うのか、足が【ズブズブ】と下に入ってしまい、抜け出すのに苦労しました。何年か後には、自動車修理工場を建設したいと思っています。田んぼと言うものは、表層は水を入れれば、泥状ですが、その泥状の下は、結構固い土等で形成されているものでしょうか?それとも、どこまで掘っても泥は泥なのでしょうか?こういった場合(泥は泥)、畦も持たないと思うのですが?やはり、四方と下部は極めて固く、簡単には水を通さない構造のような気がします。このような場合ですと、表層の泥だけ取り除き、砂利を敷き、固めれば良いと考えるのは、甘い考えでしょうか?

  • 田んぼの造成方法について。

    土地の造成について教えてください。 現在田んぼですが、秋に宅地造成予定の1区画に予約をいれてあります。 普通、田んぼの粘土質の土を漉き取り、山土をいれて転圧されると思っていたのですが造成業者にきくと、漉き取らずにそのまま土を入れるとのこと。 性能表示付きの家を建てる時は地盤改良は必ずしなければならないので、漉き取らないとのこと。依頼する建築業者にきくと地盤改良は必須だが「やはり漉き取ってある方が理想です」とのこと。 この地域は扇状地で地盤の状態はいいらしいです。地盤改良は表層改良を前提にしていますが、もし杭をうつような改良ではどうなのでしょうか。 また漉き取らないで、建築される面積だけ地盤改良して問題ないというならそれでもいいのでしょうが、庭木など植える場合、水はけなどはどうなのでしょうか。 念のため、田んぼが終わり、造成前の地盤調査の了解をもらいました。そして予約してある土地部分を漉き取り、土盛りをする場合の見積もりを出してもらいました。(25万円くらい) ちなみに田んぼは道路から30-50センチくらいの深さです。 私は、まったく問題ないようであれが漉き取り費用を浮かしたいと考えていますが、必要ならば費用がかかっても仕方がないと思っています。 素人でいろんな事が心配になっています。参考になるご意見お待ちしています。

  • 扇状地の田んぼの地盤は?

    宅地のための土地を探しています。 もと田んぼの地盤は弱く、なるべく避けたほうが懸命だと思いますが、なかなかもと田んぼ以外の土地が見つかりません。 そんな中で希望の場所で不動産を通して田んぼを売ってもいいよという地主さんがいらしゃいます。 その田んぼは道路からの高さは50センチくらいです。それから表土を取り除くことになると思います。 この地域は扇状地で下は砂利でとても固いそうです。しかし砂利の深さはわかりませんが。 それでもやはり田んぼは危険でしょうか。もし購入となれば、どんな地盤改良が考えられますか。 週明けに返事をしなければいけないのでご存知の方、教えてください。

  • 田んぼの床を固める薬剤?

    以前、所有の田んぼに、自動車修理工場(たいしたモノではありません。主は営業)を建設しようと思い、水田になってますので、地盤改良について質問させて頂きました。先日の事ですが、実は今年の春先、田植えの前ですが、田んぼの稲を植えてもらう方が来て、【昨年、えらく深い箇所があり、トラクターを使用した際、動かなくなったので、地盤を改良したい】との申し出があり、こちらは、機械も無く、任せておりますので、その方の指示通り、田んぼの【床】というものを、工事しました。かなり金額になったようでしたが、仕方無いと思っておりました。先日、水入れと草刈りを兼ねて、母親と田んぼに行った際、隣の農家の方が、床を固める薬剤のようなものがあり、簡単に床が出来上がるとの事でした。母親と喋っておられましたので、薬剤?の名前は聞いておりませんが、仮にそのようなものがあるなら、工場の基礎とまでは言いませんが、多少マシなのでは無いのでしょうか?それともハナっから用途違い、強度がまったく違うものでしょうか?

  • 地盤について。

    現在田んぼの土地に、自動車工場を建てたいのですが、地盤としてはどういった地盤が良く、どういった地盤は不向きなのでしょうか?粘土か赤土だと勝手に思っています。

  • 田んぼの土手改修工事

    当方の所有しています田んぼの横を県道が通る事になり、現在ほぼ完成です。その土地で【沿道サービス】で自動車の修理業と販売店をする予定です。問題は田んぼが基本的に、棚田?と呼ばれる段々畑のようなもので、隣に一軒家があるのですが、その家は当方の田んぼより、約2mほど低い位置にあります。現在、上が田んぼですので、土の畦道に土の土手になっています。緩やかな斜面です。工場建設に伴い、その土手をどうするかで悩んでいます。コンクリートで土手を強化するよりは、石垣積みが価格的にも手頃と聞きました。ただ、土手の強度がどれほどのものかもわかりませんし、ひょっとすると、現状のままで何ら問題無い気もします。このような事は、工場建設の際、行政から指摘はして貰えるのでしょうか?県や市役所から指摘が無ければ、問題は無いと理解したいのですが?

  • 庭のカバー。芝?砂利?それとも・・。

    庭をどうしようか悩んでいます。車一台強の大きさです。芝を植えようと思っていたのですがご近所さんで芝を植えている方が、刈るのが大変とか夏虫がすごいなど結構植えてからも大変そうで「やめたほうが良いよ・・。」といわれました。 庭の土が粘土のようなネチョッとした感じで靴底に泥が大量にくっつき玄関など泥だらけになってしまうので「土」の部分をなくしたいのです。砂利を敷こうかなとも思ったのですが隣の雑木林からかなり大量に枯葉が飛んできます。なのでしたが砂利だと掃くとき大変そうだしかなりの量の砂利が必要になり金額的にもなぁ・・と。 いい案があったら教えてください。 ちなみに手入れが簡単な芝とかってあります?また夏に小虫が発生した場合皆さんどうしてます?

  • 粘土質地盤の強度について ランマー転圧について

    粘土質地盤の強度について質問です。 家の新築を考えていますが地盤について不安があります。 木造瓦葺きの家を兵庫県の山中に近々建築する予定です。 もともとは宅地造成を20年ほど前に行い、そのまま放置され最近まで藪になっていたところです。 そこの地盤が粘土質地盤のようです。 浄化槽だけを先に埋めたのですがその土を触ってみたところ粘土質の土でした。 近所からは良質のしっかりとして固いまさつちが出たところもあります。 また敷地からは大きな石がごろごろ出てきており、地盤下には確実に岩盤があるとの事で、山肌を見れば確かに岩が良く見られます。 スコップで掘るには少し力が必要で、地耐力は 多少あると思われますが少し不安です。 基礎はベタ基礎でダブル配筋の耐圧版にしようかと考えています。 やはり地盤調査が必要でしょうか? また基礎を作る際に、砕石をランマーにて転圧すると地盤がつぶれるとも本に書いてありましたが本当でしょうか? この場合は割栗石や砕石は不必要で砂を撒きステコンクリートを打ったほうがいいと書いてありました。 しかし不安があります。 アドバイスをよろしく小願いします。

  • 田んぼ土と畝立て機(溝俊器)

    以前、ホンダの耕耘機に取り付ける畝立てで質問させていただきました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5631019.html 耕耘機の溝俊器を買おうと検討している旨の質問でした。 まだ購入には至っていないのですが、あれから農家の方にお会いして、溝俊器の話をしたところ、こんなことを言われました。 「あんたのところの土は元々田んぼ土で、泥みたいになってるんだから、畝立て使うほうが大変なんじゃないか」 その後、あんたみたいな小さな土地でこんなでかい耕耘機は必要ないとか、もらいものの耕耘機なんかすぐつぶれるぞ、なんて非常識なことを言われたのですが、まあそれはそれとして、その方の言っていた畝立てを使うほうが大変だというフレーズが引っかかっています。 確かにかなり水はけの悪い粘土質の土(雨の後などは、スコップで20cmほど掘ると、水がしみ出てきます)ですが、だからといって畝を作るとき、手作業より溝俊器を使う方が大変になってしまうということがあり得るのでしょうか。 現状でもかなり高畝にしていますので、その労力がいくらかでも軽減できればと思っていたのですが。 その場でその方に聞けばよかったのでしょうが、こちらも頭に血がのぼっていましたので、聞く機会を逸してしまいました。 ご存知の方おられましたら、ぜひご助言ください。よろしくお願いします。

  • ヒメシャラを砂利が近くにある土に植えても大丈夫?

    家の庭に高さ2mぐらいのヒメシャラを植える予定です。 庭は家の南側にあり朝から夕方までよく日が当たります。 この庭には当初アスファルトをひくつもりだったので、厚さ30cmぐらい砂利が入っています。ヒメシャラを植えるところに直径1m深さ50cmほどの穴を掘り(砂利をどけて)、土を入れようと考えています。 知人が言うには木の根に砂利がふれていると、夏場は砂利が熱を持つため枯れてしまうかもしれないということでした。 そこで質問ですが、木の根が砂利にふれていると熱で木が枯れるようなことがあるのでしょうか? また、直径1mほど土にすれば、根が砂利にふれることはないのでしょうか? ちなみに、砂利の下は粘土質の土です。 また、居住地は北海道の南部(函館)です。 よろしくお願いいたします。