• 締切済み
  • 困ってます

被害者に被害感情がない場合の犯罪

男性が女性に対してわいせつ行為をして わいせつ行為をした数日後にこの男女が メールなどで仲良くやりとりをしていれば 女性はこのわいせつ行為に対して 被害者感情がない証拠になりますが この場合、男性を強制わいせつ罪に問えないと思いますが 法的に説明するとなぜ強制わいせつに問えないのでしょうか? それとも被害者感情がなくても強制わいせつになりますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数258
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

 犯罪には親告罪と非親告罪とがあります。  例えば、窃盗ならば、財布をすられたとして、被害届けを出せば犯罪が成立しますが、被害者が「どこかに落とした」と錯覚して被害届けを出さなければ犯罪として成立しません。  同じように、放蕩息子が親の金を家から持ち出しても、親がそれを承知していて被害届けを出さなければ、犯罪は成立しません。  このように、成立に被害届けが必須な犯罪を、親告罪と呼びます。  逆に、殺人のように被害届けがなくても成立する犯罪があります。  殺人では、被害届けを出すべき被害者はすでに死んでおり、被害届けを出せない、ということもありますが、「人を殺すこと」のみが成立の要件になっているのが理由です。  強制わいせつの場合は親告罪ですから、被害者が「自らの意に反して」わいせつな行為をされた、ということが要件であり、それを明らかにするために被害届けが必須です。  自らの意に反していない、双方合意の上でのわいせつな行為は、男女間の自由ですから、犯罪でもなんでもありません。  普通の男女間、夫婦間でも行われています。  被害届けが必要でないのは、被害者が心身喪失状態であったとか、強制わいせつの結果人を死傷させた場合などです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問の意味が伝わっていないようです。 親告罪とかそういうことを言っているのではなくて わいせつ行為について同意があるのかないのか よくわからない場合でわいせつ行為のあと 仲良くやり取りしたメールという証拠がある場合 女性が突然強制わいせつだったと主張してきたら 男はどういう反論すればよいのかという質問です。 ようするに被害感情が女になかったという証拠があるときに あとになって女が被害を受けたと主張してきた場合です。 被害感情がないと強制わいせつにならないのか? それとも被害感情がなくても理論上強制わいせつに該当するのか? どちらでしょうか?という質問です。

関連するQ&A

  • 被害者に被害感情がない場合の犯罪

    男性が女性に対してわいせつ行為をして わいせつ行為をした数日後にこの男女が メールなどで仲良くやりとりをしていれば 女性はこのわいせつ行為に対して 被害者感情がない証拠になりますが・・・ 行為の時点で女に被害感情がない場合で 後から女が強制わいせつだと主張してきた場合 理論上男性の行為が強制わいせつだといえるか? それとも理論上男性の行為は強制わいせつだといえないか? どちらでしょうか?

  • 被害感情がない場合の犯罪の立証について

    性行為の時点で女にわいせつ被害の感情がない場合で 後から女が強制わいせつだと主張してきた場合 理論上男性の行為が強制わいせつだといえるか? それとも理論上男性の行為は強制わいせつだといえないか? どちらでしょうか?法的根拠も教えてください。

  • 13歳以上の被害者 強制わいせつ罪になりますか?

    強制わいせつ罪  ・13歳未満の男女に対し,暴行・脅迫はなくてもわいせつな行為をした者  ・13歳以上の男女に対し,暴行・脅迫を用いてわいせつな行為をした者 ですが・・・ 13歳以上の被害者が恐怖で体が動かず声も出せ無かった場合で(同意はしていません)加害者が暴行・脅迫がなくてもわいせつな行為をした場合は強制わいせつ罪になりますか?   

  • 回答No.1
  • n_kamyi
  • ベストアンサー率26% (1824/6765)

強制わいせつ罪は親告罪と言って、被害者が告訴しないと刑法上の罪にならないからです。 同様のケースとしては、著作権の侵害や名誉毀損などがあります。 いずれも被害者が告訴しないと刑法上の罪になりません。(一部例外規定はあります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問の意味が伝わっていないようです。 親告罪とかそういうことを言っているのではなくて わいせつ行為について同意があるのかないのか よくわからない場合でわいせつ行為のあと 仲良くやり取りしたメールという証拠がある場合 女性が突然強制わいせつだったと主張してきたら 男はどういう反論すればよいのかという質問です。 ようするに被害感情が女になかったという証拠があるときに あとになって女が被害を受けたと主張してきた場合です。 被害感情がないと強制わいせつにならないのか? それとも被害感情がなくても理論上強制わいせつに該当するのか? どちらでしょうか?という質問です。

関連するQ&A

  • 私は犯罪者ですが被害者に脅されています

    恥ずかしながら私は金に困り、一番信用していてくれた友人Aの家から1000万盗みました。 しかし、盗んでから3ヶ月後友人Aから、お前が捕まるのは時間の問題だ、 悪い事は言わないから金を返せ、そしたら被害届は取り下げる。 とのことでしたので、私は経営者で1500万ほどの貯蓄があり、さきん叔父がなくなり親にそれなりの保険金が入っただろからその金で軌道に乗った会社の資金に当てればいいと思い、私は盗んだ事を認め1000万と別に100万上乗せし、謝罪をしお金を振り込みました。 ここからが悪夢というか自業自得の始まりでした。 返してくれればそれでいいとやさしく言っていた友人が急変し、お前が被害者の気持ちになって当然だろと言われ本当は3000万もらって今回の件はチャラだ、しかしない金を言っても無理だから、2000万、だからあと900万どうにかしろ、借りるなりなんなり、お前の立場なら900すぐ集めれる、 断るなら、逮捕して被害額1000万を今度は法にのっとって請求して親兄弟にまでとことん請求してやる。 と言えわれています。 やり取りはすべて携帯のメールなんですが、『盗んだ金を返してくれれば逮捕状は取り下げる、それ以上にお金を請求する事はないと』というメールでの証拠があるのですが逮捕状が取り下げられていない今の現状で私はこのメールを証拠に「金は払った、約束どおり逮捕状を取り下げてくれ、メールは証拠ななるんだからお前恐喝罪で逮捕させるぞ』なんていって今の私を法律は守ってくれるのでしょうか? 相手の行為は被害者だから逮捕状を盾に何をしてもいいのでしょうか? 皆様に知恵をお聞かせ願える立場では無い事は無い事は十分わかっていますが、 こんな私にどうぞお知恵をお貸しください。

  • 犯罪被害に対する被害者感情は無視しなきゃいけないの

    犯罪被害に対する被害者感情は無視しなきゃいけないの?重視してはいけないの? 特に死刑の問題が絡む場合死刑反対派の方が良く言いますが 被害者感情は関係ないや重視すべきではない等良く目にします。 が、私からしたら正直納得いかないのですが。 色んな犯罪があり大なり小なり犯罪被害者・遺族の感情はもっと重視すべきと 私は思うのですがいけない事なのでしょうかね?? もちろん万引きされた・・・犯人を死刑に!と言うのは無理にしても・・・・。 懲役刑なり罰金刑?なりある程度上限下限?あると思うのでその範囲内に おいて被害者感情はキチンと重視して考えて欲しいと思うのですが。 そして死刑が求刑されるクラスの犯罪でじゃぁ、身寄りない人殺した場合は 無罪か?と変な事言ってくる方もいますが無罪なわけないじゃん。 どの道犯罪起きた時点で警察?検察が罪を求刑するのでは?? 天涯孤独の人を殺したら被害者遺族の声等無しで罪の重さきめりゃいいと思うし 被害者遺族いるならその声をある程度重視して判決出して欲しいと私は思うのですが それってダメなのでしょうか? 同じ被害者遺族でも「犯人は許せない!死刑」と望む人もいれば 死刑反対派の皆様は「犯人は許せないが死刑は辞めて欲しい」と望むのでしょ? 不平等だとか言う意見も見られますが一体何が問題なのですか?? 極端ですが万引きしたとします。 A店で万引きした人は「お前がキチンと謝罪すれば許す」と許してもらえる。 B店で万引きした人は「いや、小額だろうと許せん。警察沙汰にしてやる」と 警察沙汰になってしまう人もいるわけですよね? 殺人と万引き比べるのも変ですが実際被害者・遺族の声って大事では?? 不平等だ!と言うなら最初からそういう犯罪犯さなきゃ良いのです。 万引きの例出しましたが交通事故例にとっても・・・ Aさん。余所見して歩道に乗り上げてしまった。(単なる物損事故) Bさん。余所見して歩道に乗り上げてしまった・・そこに人がいたせいで その人を死なせてしまい賠償問題&一生を棒にふってしまった。 同じ失敗してるのにも関わらずAさん、Bさんのその後は天と地ほど 違ってませんか?? 以前幼稚園児跳ねた(余所見して)ドライバーいましたがたまたま そこに園児がいなかったら単なる物損で終わってたのでは?? そういう点から見ても死刑になるような犯罪犯したなら被害者の感情一つで 死刑にされてもごちゃごちゃ言う権利無いのでは? それとも法律は被害者は守ってくれないのでしょうか? 耳かき事件見てそう思いました。

  • 死刑制度存続の理由としての被害者感情

    死刑制度存続の理由の一つに被害者感情が挙げられています。 しかし、被害者でも死刑にして欲しくないと考える人もいます。 死刑囚の最も多いオウム事件について見るならば、 遺族の高橋しずえさんも死刑執行よりは真相の解明を望んでいるようですし、 被害者である永岡弘行さんも死刑執行は望んでいないようです。 もちろん死刑執行を望む被害者がいるでしょう。 でも、被害者でない第三者が勝手に、被害者は死刑を望むに違いないと 決めつけて、被害者感情という理由を持ち出すのは、逆に被害者に失礼ではない かと思うのですが、いかがでしょうか。

  • 被害者から加害者へ示談書を送る。

    知人の件で相談します。 知人(女性)は被害者で、強制わいせつを受けました。 加害者はその行為を認めています。 行為を認めた際、被害者の上司が立ち会っています。 そこで、 被害者から加害者あてに、告訴しない代わりにと、慰謝料額を明記した示談書を送った場合、逆に脅迫罪になるのでしょうか。 慰謝料額は50万円。(その他項目あり) 受けた行為は、 あごを持たれ無理やりキスされた。 羽交い絞めにされ下半身をまさぐられ、太もも及び、キュロットスカート(職場の制服)の上から陰部を触られた。 逃げると、なら口でぬいてくれ、と言われた。 皆様の知識を伺わせてください。 よろしくお願い致します。

  • 被害者側の報復感情を適切に処理できないと

    被害者側の報復感情を適切に処理できないと、 国民の間に、司法や国に対する信頼が失われていくのではないか? 死刑制度については、被害者の報復を國が成り変わってやると言う側面があるような気がします。イスラム法で言う目には目をです。中世には、正当な報復は合法でした。日本でも江戸時代には敵討ちという殺人が合法だったのです。明治になって近代法治主義を取り入れたとき、いかなる理由があろうと個人的殺人は禁止せざるを得ませんでした。その代わり、加害者に対する報復は國が代行することで被害者感情とバランスをとったのです。いわば代行敵討ちです。この側面を無視して、人道上の理由だけで死刑をなくすのは、人間感情と相容れず、合理的とは言えません。必ずどこかで社会的歪みが生まれます。被害者側の報復感情を適切に処理できないと、 国民の間に、司法や国に対する信頼が失われていくのではないか、と懸念しています。それはボデーブローのように、時間をかけて 国民の規範意識を弱め、 徐々に社会を歪めていくのではないでしょうか。 皆さんは、どう思いますか?

  • 死刑制度反対してる方に対して、被害者の気持ちを・・・

    死刑制度反対してる方に対して、被害者の気持ちを考えろ 自分がされたらそれでも反対っていうんですか?と聞いている方にききます。 被害者感情で刑罰を決めたがるような意見をたびたび聞きますが 例えば イジメを苦に自殺した子がいた場合 イジメをした子は死刑なんですか? 被害者は自殺するくらい悩んで 親もイジメをした子を殺したいくらい恨みますが だからといってイジメを理由に死刑にするって考えてるんですか? そして同じイジメをしても何事もなくイジメられた子がすごしてたら やったことは同じならやっぱり被害者がかわいそうって言って死刑にしろって騒ぐんですか?

  • 死刑はどれほど被害者感情の救済に役立っているか?

    日本は大半の人が死刑賛成です。そして、大きな理由の一つに 被害者感情の救済があると思います。 ところで、日本では年間 約1000件の殺人事件が起きていますが、そのうち、加害者が死刑になるのは全体の1~2%にすぎません。だから、残りの98~99%は 死刑制度があることで 却って死刑にならない時に悔しさを感じるのではないかと思います。それに、加害者が死刑になる1~2%のケースでも、加害者が死刑になることによって ずっしり重い空虚感に苛まれるのではなかとも思います。 そこで質問です。死刑はどれほど被害者感情の救済に役立っていると思いますか?

  • DVは女性が被害者と想定してしまうのは問題では?

    しばらく前になるのですが、TVのチャンネルを回して何か面白いのがないかと探していた際、たまたま法律問題の番組をやっていて、途中から見たことからその話題の全詳細は分からなかったのですが、質問の答えとして次のような説明がありました。 「日本の裁判所(又は裁判)では、DV行為は、男性から女性に対するものという考えがあり、通常女性から男性へのDVは認めてもらえない」 確か、その理由の(一つ?)として、男性は防御することがからできるという考えらしいというような解説だったと思います。しかし、その時のTVのゲストたちは、唖然とした意外であるという反応をしていました。 DV行為による被害は、(離婚事件などの民事)裁判でも通常重要な点として扱われて、判決に影響すると思っていましたが、私は、加害者と被害者は、男性でも女性でも同じに扱われるはずと思っていたので、「それはないだろ?」と感じました。 しかし、ある時に離婚裁判で敗訴したという男性と話した際、彼は少なからぬ点で、裁判官は公正中立でなかったと思うと説明していました。その一つが、このDV行為で、彼の場合は、離婚すべき理由の代表的なポイントの一つとして妻からの徹底した無視無言というDV行為を掲げたそうですが、この点については、裁判官は、最初から理由にならないという反応で、その後もDVについての関心は全く示されなかったとのこと。それどころか、口頭尋問では、夫が主張しているDV被害については全く質問などしないのに、裁判官の方から妻の方へ、「夫から暴力など受けたことはありますか?」とそれまでに妻側から何も言っていない点なのに質問してきたそうです。そう聞かれれば、妻側は「殴られたことはないですが、xxxx」と多少の暴力的行為を受けたような説明をして、しかも思い出したように涙を流し始めたとのこと。裁判官はさらに注目するような聞き方をしてきたとのこと。本来なら「(裁判官の質問には)意義あり!」と言いたかったが、当然無駄であり言えばマイナスになるのは分かっていたので我慢したとのことでした。 一般的にも、DVに関しては、書籍類やマスコミでも、全部とは言いませんが、DVは男性から女性への行為で女性が被害者と想定をしています。つまりイメージでそうなってしまっているようです。女性を支援する立場をとっている女性弁護士などの著者がおおいこともあるのでしょう。しかし、確かどこかの本にも書いてありましたが、「男性が被害者の場合も3割程度はあるようだ。しかし、男性は女性に比べて、騒がないし、被害者として訴えることなどしないので、実態が隠されている」とのことで、私はこれが実状に近いと思います。また、「男性から女性へのDVは物理的な暴力行為が一般的なので目立つというのに対して、女性から男性へは無視無言など精神的な暴力行為が一般的で、外傷などつかないし、明確になりにくい。しかし、実際には、後者の方のダメージが大きい場合が多いはず。」と書かれている書籍も読んだことがあり、これにも全く同感しました。 上記は、私の質問に対する関連の説明ですが、お考えを教えていただきたいのは次の点です。 (1) TVで言っていた「通常裁判所では、DV行為とは男性から女性に対するものは重視するが、その逆は認めてもらうのは困難なのが実態である」というのは本当でしょうか? (2) 殴るなどの暴力によるDV行為と比較して、精神的なDV行為の方が、ダメージが大きく長期化する場合も多く、少なくとも前者をより重視するのは妥当でないと思いますが、その点どうでしょうか? (3) 上記2点の質問に関連して、例えば離婚裁判では、女性の主張の方が認められやすいと聞きましたがどうでしょうか?例えば、ある弁護士が書いた本に「離婚裁判では、女性はどうしても離婚したいと騒ぎ続ければ(強く言い続ければ?)理由が弱くても認められることがあるが、男性の場合はそうはいかない」というようなことがありました。 よろしくお願いします。

  • 殺された被害者が帰ってこないのなら

    殺された被害者が帰ってこないのなら 殺した加害者も死刑にして帰ってこない状態にすべきです。 命の対価は同じ筈では。 無期懲役は、人道的な様に見えるが、あれは、加害者には人道的。 被害者の生命の軽視と加害者の生命の重視の偏向思考の最たるもの。 殺人事件を起こしてしまった、途端に加害者の人権と生命が取りざたされ、 犯行時の加害者の、狂気、野蛮、残忍性、非情さが 急にオブラートに包まれるのも考えもの。 また、法務大臣、裁判官も喩え職務でも、私達も殺人者になりたくないため、 なのか自分に対する詭弁の様な判決と刑の甘さと死刑の未執行の配慮に 何で??という疑問が脱ぎいきれないのも事実。 死刑廃止論者の、裁く側からの視点で、自分達も殺人者になりたくないという 中道性を欠いた情緒的、感情的判断があるのも事実。 加害者の拘束してからの檻の中での手厚い人情的な放置飼い。 これでは、殺された被害者の無念も晴らされない。 刑が確定しているのに、冤罪疑惑を持ち出され、未執行のまま何十年も 刑務所の中で生きている殺人者。その冤罪も弁護士の売名行為に利用され 弁護士も腕の見せ所とばかりに捏造証拠を羅列するのも事実。 檻の中の住人、無期囚と死刑囚、、彼等の心情をポッソリと漏らしたお言葉。 【ははは、これじゃ出れたら、またやってもいいね。】こんな奴ばかりじゃないけどね。 このな奴を、カロリー計算をし栄養のバランスを考え、のうのうと食事を与え生かしているのだよ。 みなさんは どう思いますか?

  • ドメスティックバイオレンスの被害者は、男性、女性どっちが多い?

    こんにちは、 私(男)は、彼女からのDVに一時期悩んだ時期があり、色々と調べた結果、アメリカではDVの被害者は男性、女性共に同数ほど存在するそうです。 特に、『女性にはどんな事があっても、暴力は振るってはいけない。』と教育されて育った場合、女性から暴力をふるわれても、ただ耐えるしかないそうです。 私も殴られても、殴り返せず困ったものでした。 日本では被害者は、男性、女性、どっちが多いのでしょうか? おしえて下さい、よろしくお願い致します。