• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

共同出願について

  • 質問No.7487556
  • 閲覧数400
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (74/80)

A社からの依頼で開発を進めているのですが、例えば発明者は私(一人)で、B社に勤めており業務中に開発を行いました。
B社に権利を譲る(職務発明)となると思いますが、A社からは開発の依頼を受け、要望を聞いただけで開発を進めたのですが、A社とB社の共同出願はできるのでしょうか?
現状としてはA社からは要望を言われただけ。
B社の了解のもと、A社との共同出願(両社で権利を持つ)は出来るのでしょうか?

出願は特許事務所に依頼するつもりですが、掛かる費用(原稿作成費、出願費用、審査費用、登録費用)に関してはA社とB社で全て折半という形で行うつもりです。
特許の管理については全てB社にて行うつもりです。

製造販売について、
B社で製造して、A社に販売するつもりで、B社の単独で販売の形は契約書にて不可となっております。

共同出願にあたり気をつけないといけない事がありましたら、教えていただきたいです。


過去に似たような質問がありましたらすみません。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 90% (157/173)

弁理士です。

発明者が誰であっても、共同出願は問題なく行うことができます。

共同出願の場合、A社・B社は、どちらも相手方の了承なく自己実施できるが、他人には実施許諾はできない、という規定になっています(つまり、この特許は、A社に対しては無力です)。
「自己実施」の概念には、A社が自分の手足のように使う業者を使う場合も含まれますので、必ずしもA社自身の実施が必須というわけではありません。

従って、今回の件では、もしもA社がB社への発注を止めて内製化することを決定しても、B社は、A社に対して何のアクションも取ることができません。
一方、B社は、A社以外には販売できないので、A社が発注を止めれば、B社は辛い立場に立ちます。

もしもB社が単独で何らかの権利を持っていれば、A社は、自社製造も、B社以外から購入も出来ませんので、B社は、A社に対して強い立場に立ちます。
お礼コメント
taikou11

お礼率 92% (74/80)

早々のご回答有難うございました。

A社とB社の共同出願は変えれないようなので、

「今回の件では、もしもA社がB社への発注を止めて内製化することを決定しても、B社は、A社に対して何のアクションも取ることができません。
一方、B社は、A社以外には販売できないので、A社が発注を止めれば、B社は辛い立場に立ちます。」
の可能性を考えますと。

取引契約書にて、A社はB社に対し本製品の製造を委託し、完成品をB社から買い取る
と言った内容を追記いたします。
細かく契約を結んだ方がよさそうですね。。

また、別途共同出願契約書の必要性がありそうですね。
投稿日時:2012/05/21 14:13
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ