• 締切済み
  • すぐに回答を!

海外からのネットショップ

はじめまして。現在、海外(スペイン)から地元の化粧品の個人輸出を考えています。ネットショップは初めてで、不明な点がいくつかありますので、詳しく教えてください。 ちなみに、私は個人事業者で日本への個人向けの輸出を考えています。 1. 対象商品は化粧品や入浴剤などです。個人対象の場合(一種目24個以内)でも輸入者、輸出者に何らかの許可は必要でしょうか。また、成分、使用方法などの翻訳が義務つ゛けられていますか。 2. 関税について教えてください。化粧品の場合、輸入関税は輸入者にはかからないように聞きましたが、他に何か課税がありますか。 3. 発送時、INVOICEは必要でしょうか。 4. 海外からの場合、経済的で、使いやすい決算システムをいくつか教えてください。  アドバイス、ご指導よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数323
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

 まずJETROが先。

参考URL:
http://www.jetro.go.jp/indexj.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • 蛍光灯タイプのLEDの輸入関税

    台湾の台北にある台湾企業より、2feet, 4feetの二種類の長さの蛍光灯サイズのLED照明を各500本輸入する場合、関税は幾らかかり、誰(輸出者あるいは輸入者か)がどこで(台湾か日本か)支払うことになるのでしょうか。 関税に詳しい方、教えて頂ければ幸いです。

  • 関税の基本的な仕組みを教えてください。

    初歩的な質問です。 関税は、輸入者が政府に納入する間接税であることは、過去の質問からわかりました。 では、関税率が700%を超える日本のコメ輸入で、仮に輸入額が1キロ100円、関税率700%とした場合、輸入者は、輸出者に100円支払い、日本政府に700円支払い、消費者への販売価格は800円より高い、ということで宜しいでしょうか。

  • 輸出・インコタームズについて

    個人起業で日本から輸出を計画しています。コンテナで海上貨物になります。輸出条件(インコタームズ)についての質問です。何を基準にしてどの輸出条件が輸出者にとって最適か考えればいいのでしょうか?外国の企業に見積もりをする場合商品の代金に合わせて輸送料も見積もるのかのかどうか混乱しています。商品の見積もりに海上運賃を含める場合はCFRかCIFになりますか?すると輸出者リスクは輸入港までになり、輸出者にとっては不利なのでしょうか?輸入者としてはFOBが自分で輸送をアレンジできるので有利なのでしょうか?しかしリスクの負担は輸入者にかかるのでは??混乱してます。エキスパートの皆様ぜひアドバイスお願いします。

  • 海外からの化粧品販売は薬事法違反?

    薬事法に詳しい方、教えて下さい。 私は海外在住で、日本向けに現地の化粧品を売るネットショップをしています。 その化粧品は、日本でも売られています。 私のネットショップは、日本に拠点はありません。 前に、薬事法上問題が無いかを厚生労働省に確認したら、日本で化粧品を受け取るのが個人輸入者なら、個人輸入者向けに海外から化粧品を販売・輸出するのは問題ないとのことでした。 ところが先日、住んだことも無いある県の薬務課から、「海外からの販売でも薬事法違反。改善せよ。」との連絡が来ました。 厚生労働省とその県の言ってる事が違うので、困ってます。 以下について教えて下さい。 1.海外から日本に化粧品を販売・輸出するのは薬事法違反ですか? 2.「改善せよ。」というのは、具体的に何をすれば良いんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 輸入品の損害保険について教えて下さい!

    こんにちは。 会社で中国からある品物を輸入したところ(決済条件はCIF、ALLリスク適用の保険を使用)、 日本に到着してから輸入品の一部に破損が見つかりました。 恐らく輸送中の破損であると思われます。 輸出者から船上保険の書類が裏書して届いているので、 これを活用して損害請求を起こしたいと考えているのですが、 以下の点が気になるのでどなたか教えて下さい。 1)保険会社への損害連絡等は輸入者である私がするのか?  それとも輸出者がするでしょうか? 2)船上保険がおりた場合、保証金は輸出者か輸入者のどちらに支払われるのでしょうか? 3)手続きはどのような手順で行われますか?? すみませんが、よろしくお願いします!!

  • 輸出入の際のリスクについて

    貿易の本を読んでいきましたら、「FOB、C&F、CIFとも、輸出者から輸入者への危険の移転は、全て貨物が本船の舷側欄干を超えた時」とあります。しかし、実務の際では、具体的にどんな危険が発生されますか。 また、舷側欄干の手前までリスクが発生した時、若しくは舷側欄干超えた時に問題が発生した時に、輸出者と輸入者それぞれはどんな対処をしたら事が収まるのでしょうか。 初歩的な問題で申し訳ないですが、ご経験のある方はぜひよろしくお願いします。

  • LCの買取費用を輸入者が負担するスキーム

    輸出者です。LCにて輸入者から代金を回収しようと思っていますが、買取費用を輸入者に負担させるスキームでのやり取りを輸入者側とも了承していますが、そのようなLCはあるでしょうか? そういったものがなければ、あらかじめ買取費用を上乗せした金額でLCを開設してもらうしかないかと考えているのですが、ご教示願います。

  • 誰が責任を負うべきでしょうか?

    当座預金口座の開設および売買代金の入金を条件に、輸入者が信用状(L/C)を開設し、以後、無事、輸出者から商品を受け取ったという場面があるとします。 この場面において、発行銀行が、倒産等の理由で、買取銀行への支払不能に陥った場合(輸入者の当座預金口座も手をつけられない)、発行銀行の支払不能の責任を負うのは、輸入者/輸出者/買取銀行のどれになるのでしょうか?

  • 中国の輸入通関

     中国に商品を輸出した際に、当方の作成したPACKING LISTに不備がありました。  これが中国の税関で発見されてしまい、輸入者は当方の商品以外も含めて、以後の通関検査が厳しくなり、多大な損害を被っているという苦情を受けています。  なお、INVOICEは正しかったので、関税は正しく課されたようです。  確かに当方の間違いなのですが、輸入通関は輸入者が行うものであるからして、その申告書類に不備がないか事前にチェックしなかった、あるいは不備を見逃したことは輸入者の過失である。  と開き直って反論することは、貿易の常識からしていかがなものでしょうか?

  • 30万円を返してもらえますか

    うちの会社が国際貿易貨物を扱ってるNVOCCの会社ですが、この間、日本のある輸入会社に弊社のミスで、船荷証券なしに貨物を輸入者に渡してしまった、で、この輸入者は輸出者に30万の残金未払いまま貨物入手した後、その残金の払いは拒否した、やむ得なくうちの会社がその30万をとりあえず海外の関連会社に通じで、輸出者に支払いました、その同時に輸出者と海外の関連会社とうちの会社の間、契約書も作りました、要はもし、弊社がその30万が輸出者に支払いましたら、その債権は弊社に移ると言う契約です(ただし、その契約書は日本の輸入者、本件の被告に伝わってません)、それらに基づく不当利得返還請求を簡易裁判に起こしました、どころが、簡易裁判所は出張立証が不明瞭との理由に、弊社の請求を棄却されました。このようなケースでは上告しても勝目があるのでしょか、ぜひ教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします。