• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

BL小説で、これにハマったら大変!という作品

BL小説で、中毒性がある作品を教えてください。 BL小説で、木原音瀬さんという作家さんの作品をご紹介いただきました。 購入前に色々調べてみると、何と言うかBLの王道というか典型的BL作品というのではなく、 しかも、何だか中毒性というのでしょうか、 読んでしまった後、日常生活に戻るのが大変なような、そんな感想文をネットで何度か目にしました。 BLは小説もコミックもあんまり多く持っていなくて、 コミックで高永ひなこさんの作品を大体持っているくらい。 小説では、きたざわ尋子さんのだまされたいシリーズを全巻持っているのと、 御堂なな子さんの作品を数冊持っているくらい。 興味はあるのですが、仕事を持っていますので(主婦とか大学生とかではないので) 中毒してしまって、日常生活に差障りがあっては・・・と思い、 木原音瀬さんの小説は未読です。 ただ、アマゾンで購入した、FRAGILE という作品が、手元にあることはあります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1437
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hs1510
  • ベストアンサー率27% (443/1640)

こんにちは。 確かに木原音瀬さんの作品は嵌りますね。 吉原理恵子、秋月こお、ごとうしのぶ、英田サキ、いおかいつき、樹生かなめ、高岡ミズミ、水壬楓子、ふゆの仁子、沙野風結子、椎崎夕、和泉桂、久能千明、岩本薫、佐々木禎子、かわい有美子、 花郎藤子、華藤えれな、夜光花、義月粧子、中原一也、愁堂れな、橘紅緒等々限が無いのでこの辺で・・・。 中でもお勧めは、 吉原理恵子「子供の領分」シリーズ、「くされ縁の法則」シリーズ、「間の楔」シリーズ、「二重螺旋」シリーズは前2シリーズは学園物、後2シリーズは、ドロドロと言うか濃い系で全く様相が違って面白いです。 秋月こお「富士見二丁目交響楽団」シリーズ ごとうしのぶ「タクミくん」シリーズ 英田サキ「エス」シリーズ、「DEADLOCk」シリーズ 高岡ミズミ「VIP」シリーズ 水壬楓子「最凶の恋人」シリーズ、「コルセーア」シリーズ、「ムーンリット」シリーズ、「エスコート」シリーズ 久能千明「青の軌跡」シリーズ、「七瀬瑞貴・箕輪夏彦」シリーズ、「グレイ・ゾーン」シリーズ 佐々木禎子「ドロップアウト」シリーズ、「ドロップアウト」シリーズ 花郎藤子「黒羽と鵙目」シリーズ ふゆの仁子「龍」シリーズ、「獅子」シリーズ 中原一也「極道スーツ」シリーズ、「斑目・坂下」シリーズ 樹生かなめ「龍・Dr.」シリーズ どれか一つでも気に入って頂けたらと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たくさんご紹介いただき、どうもありがとうございました! 未読ですので、読んでみたいと思います。

関連するQ&A

  • BLコミック、この作品にハマったら大変という作品

    BLコミックで、中毒性がある作品を教えてください。 BL小説で、木原音瀬さんという作家さんの作品をご紹介いただきました。 購入前に色々調べてみると、何と言うかBLの王道というか典型的BL作品というのではなく、 しかも、何だか中毒性というのでしょうか、 読んでしまった後、日常生活に戻るのが大変なような、そんな感想文をネットで何度か目にしました。 BLは小説もコミックもあんまり多く持っていなくて、 コミックで高永ひなこさんの作品を大体持っているくらい。 小説では、きたざわ尋子さんのだまされたいシリーズを全巻持っているのと、 御堂なな子さんの作品を数冊持っているくらい。 興味はあるのですが、仕事を持っていますので(主婦とか大学生とかではないので) 中毒してしまって、日常生活に差障りがあっては・・・と思い、 木原音瀬さんの小説は未読です。 ただ、アマゾンで購入した、FRAGILE という作品が、手元にあることはあります。

  • BL小説でおじさま受け…

    あけましておめでとうございます。 少し前に木原音瀬さんの「NOW HERE」というBL小説を読み、 おじさま受けにハマってしまいました。 それからおじさま受けを探しているのですが、本屋さんでもあまり見かけません。 おじさま受けの小説orコミックを知っている方は教えてください。 「オッサン受け」というよりは40代、50代くらいの落ち着いた「おじさま」が受け、というものを探しています。 本当に全然見かけなくて困っています; よろしくお願いします!

  • こんな同性愛、BL小説を読みたいです。

    こんにちは。 これが初めての質問です。 BL漫画は数十冊持っているのですが、小説はつい最近手をつけ始めたばかりです。 手始めに木原音瀬さんの『月に笑う』を読んでみたのですが、これが結構切なくて泣けました。 文章も美しく展開も良かった。 初めてだから印象深かったというのもありますが。 今は、次に何を読もうかな・・・と考えているのですが、 ・若め(学生~20歳前半)のカップル ・無さそうでありそうな話(月に笑うみたいな) ・互いにある程度の葛藤がある ・濡れ場より物語性重視 ・泣ける(最重要!) これらの条件をある程度満たす作品があれば、教えて頂きたいです。 特に僕自身が同性愛者なので、互いの感情を上手く掘り下げたものを読みたいです。 また、BL小説のみならず、同性愛をテーマにした作品でこんなのがあれば、教えて頂きたいです。 よろしくお願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#156347

松岡 なつき FLESH & BLOOD がおススメ。 現在18巻までと外伝1巻出ています。 時代考証やキャラ設定もしっかりしていてBLの枠にとどまらない名作。 長いですが、文庫だから読みやすくて一巻読んだら続きが気になって一気に読んじゃう。絵も美麗。 ただ、エロはほぼなし。もどかしくて切ない純愛が好きならおススメです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご紹介どうもありがとうございました! 読んでみたいと思います。

関連するQ&A

  • こんな私の傾向に合うおすすめのBLマンガ・小説を教えてください。

    こんな私の傾向に合うおすすめのBLマンガ・小説を教えてください。 好きなBL小説・作家 ・榎田尤利(魚住くんシリーズ、交渉人シリーズ) ・木原音瀬(COLDシリーズ、箱の中、檻の外) ・一穂ミチ(オールトの雲、おとぎ話のゆくえ、雪よ林檎の香のごとく) ・英田サキ(デコイ) ・朝丘戻。(わすれな人。、猫のためいき) ・神奈木智(その指だけが知っているシリーズ) 好きなBLマンガ・作家 ・高永ひなこ(恋する暴君、君が恋に溺れる) ・橘紅緒(セブンデイズ) ・水城せとな(窮鼠はチーズの夢を見る、俎上の鯉は二度跳ねる) ・門地かおり(生徒会長に忠告) ・崎谷はるひ(あの日の君を抱きしめたなら) ・小田切ほたる(裏切りは僕の名前を知っている、透明少年) ・高賀ゆん(LOVELESS) 上記に挙げた作家さんの()の中の作品は大好きです。 しかし、同じ作者でも ・中村明日美子「ダブルミンツ」→COLDシリーズは大好きでもこれはトラウマ… ・木原音瀬「美しいひと」→あんまり好みではなかった、基本的には甘々が好き…? ・英田サキ「ライク・ファーザー・ライク・ア・サン」→好みでない ・高永ひなこ「不器用なサイレント」 等々は苦手です。ほかにも、南かずかさん、砂原糖子さん、鈴木ツタさん、櫻井しゅしゅしゅさん、等々はあまり私の好みではありませんでした。 内容がある、良い・私好みならエッチの有無、濃薄、絵柄などにはこだわりません。 しかし傾向として主人公至上主義で受けがちやほやされているのが好きなようです…。 NARUTOのカカシ先生とナルトのような父性愛的感じもいいなぁ…。 こんな私におすすめの本がありましたら、どうかお教えください。 大御所さんからマイナー、なんでもかまいません。ですができればその方のどの本がおすすめなのかも教えてほしいです。また、私が上記で好きだと挙げた作家さんの他のどの作品がおすすめとかあったら教えてください。崎谷さん、木原さん、神奈木智さんなどは結構な作品数があるので、どれに手を出していいのか分かりません。 同じような質問はかなりあるのですが、それでも良い、時間があるよ、という方はどうかご回答お願いします。

  • 木原音瀬オススメ作品は…?

    cab vol.1に小冊子としてついてきた『リバーズエンド』でその文才に惚れ、是非とも木原さんの別の作品も読んでみたいと思ったのですが… 検索したところ沢山の作品、未完決(?)の作品があるようなのでどれから手を出せばいいのか分かりません! 木原音瀬さんの作品で、まず始めに読むならばこれ!という作品ありましたら教えて下さい。

  • お勧めのBL小説

    まだBLを読み始めて数ヶ月です。 今まではお話のある、わりと泣ける様な内容の作品 ばかり読んでいました。 (木原音瀬さん・わいゆみこさん・榎田尤利さん等) 今回はバカバカしいほど明るくてHな面白い作品を 教えて頂きたくて質問させて頂きました。 BLだからこそのシンデレラストーリーみたいな(笑) 自分で検索して興味があったのは ・花嫁を手に入れろシリーズ ・バイトは家政夫!? 等がおもしろそうかなと思ったのですが、まだ未読です。 Hは濃くっても大丈夫なので、皆さんのお薦め作品 を教えて下さい!

  • 心理描写が巧みなBL小説を探しています。

    BL小説、またはBL的要素のある一般小説で、文学的で主人公の心理描写(恋愛についての描写に限らず)が巧みなものを探しています。 恋愛が主軸のものの場合、主人公が最初から男性同士の関係に抵抗のないものはあまり好みではないので、同性を好きになることに散々苦悩したり葛藤したりするものが読みたいです。 今までBLレーベルから出ている小説をほとんど読んだことがなかったので、作家さんもよく知らず適当に買って、ほとんど「はずれ」てしまいました…。 BLレーベルのもので「当たり」だと思ったのは、 木原音瀬「美しいこと」 のみです。 ちなみにBL風一般小説で好きなのは 高村薫「李謳」 栗本薫「真夜中の切り裂きジャック」 三浦しをん「月魚」 などです。 それと、漫画ですが、水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」が素晴らしくよかったです。 一般の作家で好きなのは、太宰治、大江健三郎、高村薫、貴志祐介など…。 以上のような好みに当てはまるBL小説はありますでしょうか? 手前勝手で難しいお願いで本当にすみません; どうぞよろしくお願いいたします。

  • お勧めボーイズラブ小説を教えてください

    こんにちは。 もともとBL小説が好きなのですが最近は昔からのおなじみの小説家さんの作品しか読んでいません。 もっといろいろ読んでみたいのでぜひお勧めを教えてください。 ストーリーがしっかりしている、展開に必然性があるものが好みです。 学園物でも荒唐無稽なものでもファンタジーでもかわいいお話でもハードなものでもコメディでも、安易な設定、展開でなければOKです。 今までに読んだお気に入りの作家さんは 木原音瀬さん 榎田尤利さん 秋月こおさん 津守時生さん 柏枝真郷さん 桜木知沙子さん です。 長いシリーズもの、せつないもの歓迎です。18禁要素ももちろんかまいません。 とにかく、面白いBL小説、作家さんのご紹介をお願いします。

  • おすすめBL漫画

    私の傾向に合ったおすすめBL漫画があれば教えてください!orz コミック ★★ツボにハマった作品★★ ・恋する暴君(高永ひなこ) ・迷う男(鹿乃しうこ) ・彼氏グラマラス(わたなべあじあ) ・暴走カレシ(サキラ) ★★作品完成度の高さにハマった作品★★ ・どうしても触れたくない(ヨネダコウ) ・DOG STYLE(本仁戻) ・幻月楼奇譚(今市子) ★★ふつうに大好き★★ ・チャレンジャーズ(高永ひなこ)…昔懐かしい上手すぎるギャグテンポに夢中になった。 かなり厳選して挙げました。こちらの作家さん達が出されている他の作品は既読済です。 コミックスを買うほど好きになるのが一番上のカテゴリなのですが、 基本はがっつりエロ+綺麗なイラスト+受けが生意気、が好きなんだろうなと思うんです。。 情報が少ないかもしれませんが、思い当たる作品などありましたら教えてください!宜しく御願います!

  • お勧めのBL小説を教えて下さい。

    作者の文章力がしっかりしている、文学的に読めて余韻が残るBL小説を教えて下さい。 ・性描写過多でない。 ・受けが女々しくない。 ・非現実的でない(出来るだけリアルなものがいいです)。 以上に当てはまる作品でお願いします。 作品では、 『B.L.T』『君のために泣こう』『流星の日々』『ラブプライムニュース』『君を殺した夜』『泣かせてみたい』『東京ナイトアウト』『琥珀色の誘惑』『DEADLOOK』『プリーズミスターポリスマン』『う・わ・さのラブフォーカース』 等がツボでした。 書き方としては川原つばささん、井村仁美さん、木原音瀬さん、竹内照菜さん、英田サキさんの文章が好きで、好んで読んでいます。

  • BL小説お勧め教えてください。

    なんか、BLなんだけど、うっすら切ない系が読みたくなって 探してみたんですが、見つからなかったので質問です。 【探している雰囲気のBL小説】 僕らはキスからはじめよう/池戸 裕子さん 箱の中or檻の外/木原 音瀬さん みたいな、しっとりシリアス系で知っているのがあれば、 お願いします。 希望としては・・・。 ・登場人物達が  男同士カップルへの抵抗や周囲の目を気にするリアル設定がある。 (最近のBLにはBLカップルである事が当たり前な世界設定が多いので、 そしてそれ系は見飽きたので) ・できれば高校生同士(できれば、なんでソレが外でもぜんぜんOK) です。

  • こんなBL漫画・小説を探してます

    BLという言葉が嫌いな方、分からない方はご遠慮下さい。 少しBLの趣向が変わっていてなかなかツボにはまる本が見つかりません。 下記のようなBL小説、漫画どちらでもいいので教えて下さい。 ■受けが受けっぽくなく男らしい ■できれば年下×年上 ■ストーリーがしっかりしている ■暗すぎない 受けがきちんと自立した存在であれば攻めのキャラのこだわりはありません。 以前に似たような質問がありましたが、既読のものばかりでした。 好きな作家さんは奥田七緒さん、三島一彦さん、夏目イサクさん、天禅桃子さん、街子マドカさん、山田ユギさん、高永ひなこさん、秀香穂里さん、高月まつりさんです。 我が侭ばかりの質問ですが、ぜひお願いします。

  • 泣けるボーイズラブ小説!

    以前にも似たような質問をさせていただきました。そこで教えていただいた小説を読んでいたら、泣けそうな小説があったんです。ですが、あと少しで泣けなかったんです。それから「泣ける小説」が読みたくなってきたので、オススメがありましたら教えて下さい。 泣けると一口に言っても人によって様々で、その日の気分によっても泣けたり泣けなかったりするとは思います。ふいをつかれると泣けるんでしょうかね? 意外と、こうしてオススメしてもらって「これは泣ける、泣ける…」なんて思いながら読むと泣けなかったりするんですよね。この現象も理解の上での質問です。 よろしくお願いします!! できれば、タイトルだけではなく、出版社と作者、あらすじも教えていただけると嬉しいです。 小説だけでなく、漫画もありましたら是非教えて下さい! 参考に。 最近、泣いた小説は木原音瀬さんの「檻の外」です。 箱の中から読んで、檻の外を読んだから泣けたのだと思います。読み終わって、数日経ちますけど未だに頭にストーリーが浮かんできて、思い出して幸せな気分に浸っています。 「ニューヨーク・ニューヨーク」も泣けたのですが、この2作品って何だか似てるな、と今となって思います。 色々、本当に色々なことがあって時間をかけて乗り越えて、本当に愛し合っているのがわかって、やっと幸せになったところで「よかったね、本当によかったね」と泣けるんです。 そして、幸せな日が続いて…待ち受ける死。彼らの一生を垣間見たようで、今度は「辛いよね、一人になっちゃうんだね」という気持ちになって泣けるんです。 今気づきましたけど、どちらの作品も「死」は親しい第三者の視線で書かれていました。これも泣ける原因になっているのでしょうか? これらの作品を読んでから、いかにも泣かせようとしている作品を読んだら逆に笑ってしまうんじゃないかと思っています…。作品にもよるでしょうけど…「好きな人には、既に好きな人がいて…色々(色々といっても数ヶ月で解決しちゃうこと)あって結局結ばれた」なんてあまい!!