• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コープやイオンで売っている北海道産あたりめについて

コープやイオンで売っている北海道産あたりめについて、放射能に被曝しているのかお聞きしたいです。 まず、イカは放射性物質の移行率が低いというのは、本当でしょうか? 北海道産ということなんですが、北海道のどのあたりで、あたりめになるイカが獲られているのか、知っていれば教えて欲しいです。 北海産の、コープ 北海道産するめいか使用 北海あたりめ  などが被曝しているという情報はないでしょうか? 北海道産のイカは安全でしょうか? ストロンチウムを体内に入れると、30年ほども体内にこもっていると聞き、恐ろしいです。 でも、あたりめ食べたいです。 どうしたらいいんでしょうか? おねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1907
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • makocyan
  • ベストアンサー率39% (1039/2623)

 No.2です。カリウム(40)に関する追加です。  カリウム40は天然に存在する放射能として、内部被曝による線量が大きいものの一つと考えられる。内部被曝が重要で、10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.062ミリシーベルトである。体内に常に同じ量が存在するので、線量は計推定しやすい。生殖腺や他の柔組織に対する年間線量は0.18ミリシーベルト、骨に対しては0.14ミリシーベルトである。(原子力資料情報室より)  ということで、ストロンチウムであろうがカリウム(40)であろうが、体内にはいればそれなりに被曝するのは同じ、問題は摂取量と考えるのが一般的なようです。ちなみに、学習院大学の田崎教授は「カリウム40とセシウムの体内の挙動は似ており、同じベクレルならば人体に与える影響も近い」とおっしゃっています。  http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/CsInBody.html#3  で、くどいようですが北海道産のイカについては、現時点までにほとんどセシウムは検出されていませんし、全体の放射性物質の放出比率から考えてもストロンチウムの量はさらに少ないと予測されていますので、あたりめを食べる程度で心配されるようなことは無いんじゃないかと思います。恐ろしがるにしても、それはもっと他の食物あたりかと。  余談ですが、民間の検査機関では、NaIシンチレーション検出器を使っているところが多いので、現在のモニタリングデータから見られるような微量の放射能を正確に計測できるところは少ないと思います。公的機関等が精密測定に使っているのはGe半導体検出器が大半です。  それから「体内半減期と物理学的半減期」ではなくて、「生物学的半減期と物理学的半減期」っていったほうが正確じゃないですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「するめいか」で作れますか?????

    このレシピを作ろうと思っています。 サトイモとイカの煮物。 http://cookpad.com/recipe/488478 ここで使うイカは「するめいか」でOKでしょうか? スーパーで「北海道産するめいか(解凍)」が売っていたのですが、わからなかったので、買わずに帰ってきました。 他のイカが見当たらなかったのですが(あったかもしれません)、 するめいかがNGの場合、なんというイカを買えばいいのでしょう?

  • ガラパリは年間自然放射線が平均10ミリシーベルト

    あるそうですが、ここにずっと住んでいる住民は、ヨウ素、セシウム、ストロンチウムなどの「放射性物質」を取り込んで「体内被曝」しているのですか?それとも体内被曝はほとんどないのですか?

  • ヨウ素131とセシウム137について

    今、福島原発での放射能汚染について、体内被曝についてヨウ素とセシウムについてよく言われていますが、なぜこの2つの放射性同位元素が注目されているのでしょうか?たしかにヨウ素は体内の甲状腺に取り込まれること、セシウムは半減期が30年と長いことが理由の一つだと思いますが。 原子炉の中では、実際、ウラン235およびウラン238の核分裂が行われていることまではわかりました。ということは、核分裂によってできる核種がヨウ素とセシウムが多いので問題になっているのでしょうか?他にもプルトニウムとかストロンチウムとかよく聞きますけど・・・ あと問題となる核種は、全てどのような崩壊のしかたをするのかよくわかりません。分かる方お願いします。少し専門的でもかまいません。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

一番いいのは、実際にその食品の放射線量を測定することです。 関東圏ならベクミルというところが、持ち込みで測定してくれます。 あるいは自治体に測定を依頼するのもありかと思います。 結果が問題なければ安心して食べられますよね。 参考に、 ストロンチウムはカルシウムの構造が似ているため、骨に蓄積されますし、半減期が30年と長いので、大変危険です。 カリウムは代謝されて入れ替わるので、ストロンチウムと同じに考えることは無理があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • eextu9
  • ベストアンサー率9% (13/136)

>>ストロンチウムを体内に入れると、30年ほども体内にこもっていると聞き、恐ろしいです。 >別にセシウムだって30年たったら半分(物理的半減期では)になるってだけで、ゼロになるわけじゃないですよ。ちなみにスルメはカリウムの含有量が多いので、放射性カリウム(カリウム40)はしっかり含まれているはずです。ちなみにカリウム40の物理的半減期は12.5億年ですので、ストロンチウムの30年どこの騒ぎじゃないですね。 体内半減期と物理的半減期をごっちゃにした、知性的には課題のある回答も出てきましたね♪♪♪ 知性的に課題があるようにわざと振舞っているのでしたら、かなり悪質な性格の持ち主と断言できます♪♪♪ でも、私の見立では天然ですね^^♪♪♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • makocyan
  • ベストアンサー率39% (1039/2623)

 スルメっていってもいくつか種類がありますが、まずは一番一般的なスルメイカを原料としたものとしてお返事します。 >イカは放射性物質の移行率が低いというのは、本当でしょうか?  結果的に高い放射能は検出されていないので、移行率が高くないのは本当のところだと思います。 >北海道のどのあたりで、あたりめになるイカが獲られているのか  北海道でスルメイカっていうと、道東ものが多いと思います。コープだろうがイオンだろうが、北海道産と謳ってあるのであれば多分そのあたりのものが多いかと。  さて、この間の測定データからすると、北海道産の水産物で問題になるような放射能はほとんど計測されていないです。 (北海道庁のデータ)http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/ske/ek/sakanamnt.htm  官公庁のデータなんぞ信じられるかって方もいますが、現在までに北海道庁に限らず日本中の研究機関や民間会社がとんでもない量のモニタリングをおこなっていまして、どこで計測した数値も似たようなものになっています。仮に嘘をついたって誰かが測りゃ一発でばれるので、そんなリスクを犯すところはまずないかと。  またこのデータはヨウ素とセシウムだけですけれども、ストロンチウムは今回の事故による放出量が両者と比べて格段に少ないので、リスク評価はとりあえずヨウ素とセシウムを測ればOKといわれています。確か昨年横浜あたりでの計測結果が報告されたと思いますが、過去の核実験の影響と判別できないレベル、ということだったはずです。  確かにいくつかの民間団体ではストロンチウム他の核種の脅威を声高に主張しているところはありますが、世の多くの研究機関や学者や医者はそうは考えていないようですし、また仮に問題にしたところで、ストロンチウムあたりは測るのがものすごく難しいので、結果的にリスク評価には役にたたないと思います。時間をかけて今回の事故をじっくり検証するためには必要かと思いますけれど。 >北海道産のイカは安全でしょうか?  公式に危険といわれるようなデータは確認されていませんが、あなたが安心できるかどうかはまた別の話です。中には放射能「ゼロ」を求める方もいらっしゃいますので。よりゼロに近いものを求めたいのであれば、北海道産じゃなくて安売りのスルメにされては。たいてい南半球のアルゼンチンマツイカあたりが原料ですよ。   >ストロンチウムを体内に入れると、30年ほども体内にこもっていると聞き、恐ろしいです。  別にセシウムだって30年たったら半分(物理的半減期では)になるってだけで、ゼロになるわけじゃないですよ。ちなみにスルメはカリウムの含有量が多いので、放射性カリウム(カリウム40)はしっかり含まれているはずです。ちなみにカリウム40の物理的半減期は12.5億年ですので、ストロンチウムの30年どこの騒ぎじゃないですね。  問題は摂取量かと私は思うのですけれど。日常の食事でどれくらい放射性物質を採り入れてるか、実際に調査した結果の記事。  http://tokyo.coopnet.or.jp/magazine/pdf/201203/p11.pdf  で、もっと大規模に行われた同様の調査の結果。  http://jccu.coop/info/pressrelease/2012/03/post-1113.html  こういうのを読むと、どのあたりに気をつければいいのか見えてきそうな気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • eextu9
  • ベストアンサー率9% (13/136)

心配なら食べない方がいいでしょう♪♪♪ 貴方の心配を取り除くには該当のあたりめの全量検査しかありませんが、ストロンチウムの検査はほとんど無視されているのが現状です♪♪♪ 人類史上最も惨い原子力発電所爆発事件がこの日本で発生したことを現実として受け入れましょうよ♪ 今までどおりの生活ができると思うのは無い物ねだりのお子ちゃまですよ^^♪♪♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 体内被曝について 東京

    体内被曝は体外被曝より危ないと言います。東京にも放射性物質が飛んでますが、ちりを体内に入れてしまって体内被曝したら危ないのではないでしょうか? TVとかで言ってるのは放射線の体外被曝の量で、その数値は大丈夫なのは分かりました。しかし体内被曝のことは言ってませんよね?体内被曝のことはTVとかの放射線量の値では分からないと思うのですがどうでしょうか?それとも、TVのシーベルトの量は体内被曝も考慮した量なのでしょうか?やはり風向きが東京に向かってるときは外出を控えるべき? 文献とかソースがあったらお願いします。

  • PET検診の装置で体内被曝は分かりますか?

     最近話題の放射性物質についての質問です。  放射性物質を体内に取り込むことによる体内被曝の危険が問題になっていますが、PET検診の装置で体内被曝の有無や、蓄積されている臓器を調べることは可能でしょうか?  PET検診でポジトロン核種として使われる18Fの放射するガンマ線が511keV、福島原発の事故で放出したと見られるヨウ素131の放射するガンマ線は606keVで、セシウム137は660keVだそうなので、PET検診の装置でも検出できそうですが・・・。例えば体内被曝の可能性のある人が、普段のPET検診で行うようなFDG薬剤の注射はせずに、それ以外の手順は普段のPET検診と同様に装置に入って測定を行えば、体内被曝の分布がわかったりはしないでしょうか?

  • 放射性物質を体から排出する食べ物はありますか?

    放射性物質が検出され、原発の事態が明らかになりながら、放射性物質については体内被曝をしていくと諦めた者です。 そこで質問です、放射性物質を体内から排出しやすい食品ありませんか? 育ちざかりの友人に赤ちゃんがいて、藁をもすがる勢いで質問しました。どうかお助けをぉo(^-^)o

  • 間違いがあれば指摘して下さい

    今までニュースで聞いたり見たりしていたけれど、実はよくわかっていなかった放射能についてです。 今回の福島の問題で、ただ原発は怖くて放射能は怖くて、それに当たってしまったら癌になる(放射能なりやすく)とばかり思っていました。 ただ怖がるだけでは意味がないと思い、自分なりにいろいろネットで検索してみて解釈した結果を書くので、間違いがあったら指摘して下さい。 放射能=放射線を出す能力 放射性物質=放射線を出す物質 放射線=人体に被害を及ぼすもの 福島原発の何度かの爆発によって、放射性物質が多量に飛び出して日本の上空に飛んだ その放射性物質が、よく聞くストロンチウムにセシウムにヨウ素 この放射性物質が放射線を発して、人体に危害を加える 福島から放射線物質が24時間毎日多量に飛び出しているわけではなく、爆発があった時に何回か飛び出した放射性物質が、日本の地上に毎落ちて、未だに放射線を発している 放射線を発する放射性物質がその場所からなくなれば放射線が出なくなるので、土の表面を取る除染という行為を行なっている 福島第一原発から24時間毎日出ているのは、原子炉近辺にある放射性物質が発する放射線であり、その放射線が東京や大阪に届いたりすることはない 放射性物質はホコリみたいにふわふわ飛んでいるわけではなく、ある程度重さがあるので、土壌に舞い落ちる 窓をしっかり閉めておけば、風に乗ってふわふわ家の中まで入ってきたりはしない 原発数十キロの範囲に特に放射性物質が多く降り落ちたので、そこから大量の放射線が発生している。そのため住人が避難しなければならなくなった 東京で放射性物質が見つかったとしても、原発周辺に比べたら量が少ないので、発する放射線量も少ないので、避難する必要がない だいたい、いろいろなサイトを読みあさって、こんな感じに理解したのですがあっているでしょうか。間違いがあったら指摘して下さい。そして、知識として足りないことがあれば、それも教えて下さい。 私は今日まで、福島原発からは四六時中セシウムやストロンチウムが飛び出していて、それが福島近辺に毎日降り注いでいるものだと思っていました。だから除染なんて無駄な行為をしてと、いつもテレビを見ながら思っていたのです。毎日放射性物質が飛んでこなければ、除染というのはある程度意味はあるんだと理解できました。 よろしくお願いします。

  • セシウム牛を食べるとどうなるの? あとストロンチウ

    セシウム牛を食べると、内部被曝するそうですが、実際、そんな害があるのでしょうか? 20歳以上なら、そんなに気にする必要はないのでしょうか? それと、セシウムばかり報道されてますけど、ストロンチウム等、他の放射性物質は福島の牛や鶏や野菜に含まれていないのでしょうか? シーチキンなどをよく食べますが、大丈夫でしょうか?

  • 食品の放射能と測定方法

    放射線にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線などあるようです。 アルファ線は透過力が弱いので外部被曝は人体に悪影響は無いが、電離作用が強力なので放射性物質を体内に取り入れてしまった内部被曝は危険だそうです。 通常の事態であればアルファ線を発する放射性物質を吸い込んだり食べたりすることもなく、アルファ線自体も空気分子に衝突して消滅する(?)ので、簡易型の放射線計測器ではアルファ線を感知しないものも多いようです。 さてそこで、政府発表の放射線量というの三線(α線、β線、γ線)で計測しているのでしょうか、それとも二線(β線、γ線)で計測しているのでしょうか? 原子力事故の現場においては、二線の放射線量こそが最も重要だと思いますが、放射能汚染された食品を食べて引き起こされる内部被曝においてはα線量を無視できないのではないかと心配しています。 それとも、β線、γ線量の大きい食物を避けていれば、α線も避けることができるのでしょうか?

  • 日本で生活するにおいて[安全]

    水道水や食物などの放射能(放射性物質?)が安全値に戻るのはいつ頃になると思いますか?また第二次世界対戦後(広島と長崎の原爆の後)、日本の水道水や食物などの放射能(放射性物質?)が安全値になったのは、いつごろだったのですか?やはり原爆被害国の日本は他の国の人たちより被爆率は大きいのでしょうか?←放射能(放射性物質?)にさらされる率、体内被爆などの意味で。-----すみません。日本語ヘンかもしれません。10年日本に住んでいないので。。でも私は日本で生まれ育った日本人です!

  • 食品と被曝の関係について

    放射能汚染された食品というのは、放射性物質が付いた、もしくは含まれた食品だと思っているのですが、あっているでしょうか? 放射性物質が付着しておらず、含まれていない食品があったとして、その食品に、外部から放射線を浴びさせた場合、その食品は放射性物質のように自ら放射線を発する食品に変化してしまうのでしょうか? つまり、汚染されていない食品に、外部から大量の放射線を浴びるような環境に置かれていた場合は、安全であったはずの食品が、自ら放射線を発する、放射性物質と化するのでしょうか? 被曝しつづけた食品は、放射性物質と化するのかなぁと。 人間も、放射線を浴び続けていれば、放射性物質のように化する?と耳にしたことがあったので気になり質問させていただきました。 詳しい方教えてください。よろしくお願いします!

  • 微量でも放射能を吸い込む可能性

    福島から遠く離れた場所でも放射線量が増えたということは、微量でも放射能の粒が漂っているということですよね? だとすれば、運悪くその粒を吸い込んだら、体内被曝しませんか? 万が一吸い込んだとしても大丈夫な量なのですか?

  • トリチウムについて

    トリチウムが水に多少入っていると心配なのですが、トリチウムは放射性水素なので、蒸発すると放射能を帯びた、水蒸気になり、そこには放射性物質は全く残らないのでしょうか? それとも多少は残るのでしょうか? つまり食器を洗うなら食器洗い機で乾燥させるより手洗いで水が落ちるのを待つ方がベターなのでしょうか? またトリチウムは主にベータ線を出すそうですが、影響はストロンチウムと同じくらいなのでしょうか? 水蒸気になる場合それを吸うとベータ線による内部被ばくになるということでよろしいでしょうか?