• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

候補者ごとの地域ごとの得票数を調べるには

人口10万人規模の市なんですが、 市議会議員選挙での候補者ごとの、地域ごとの得票数を調べる方法ってありますか? 例えばA候補の、B市**町1丁目の得票数とか。 市役所の選挙管理委員会で問い合わせとか、できますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数118
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

詳しいことはその市の選挙管理委員会事務局で確認する必要がありますが、人口10万人規模の市であれば開票所は1か所で、ここにすべての投票箱を集めて全市の投票用紙を一緒に開票する方式を採っているのではないかと考えられます。その場合「候補者ごとの、地域ごとの得票数」などのデータはそもそも存在しませんので、誰にもわかりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなりました。 選挙について、知らないことがあるんですね。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

開票作業が1か所(市内全ての投票所から投票箱を集める) 方式では、不可能です。 一般的に、大都市しか、分散開票をしていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

10万人のまちでも投票所が10か所はあります。 開票もそこでするんだと思っていました。 本当にありがとうございました!

関連するQ&A

  • 比例候補者の市町村別得票数

    先日参議院の選挙がありましたが、比例候補者の市町村別の得票数はネットで公開されているのでしょうか? もし、されていなければ、どのような形で調べられるのでしょうか?

  • 得票数に小数点?

    先日の地方選挙結果が地方紙に掲載されていたのですが、各候補者の得票数に小数点があるのはどういうことなのでしょうか?ご存じの方いらしたら教えてください。

  • 自民党の得票数はなぜ3等分になるの?

    統一地方選挙の前半の選挙結果を眺めていると、自民党で3候補が立候補している地域で、ほぼ3等分の得票数でした。 ある程度、地域を分割しているのだろうけど、ほぼ3等分になるメカニズムを知りたいです。

  • 市議選で共産党と公明党は投票すべき候補者を党員に割り振るか

    共産党と公明党は非政令指定都市での市議会議員選挙で 党員選挙民に対する候補者指定での投票割り振りをしておりますか。

  • この選挙公約は許されるのか?

    こんにちは。 現在、地元で市議会議員選挙の真っ最中なのですが、とある候補者が、「当選した暁には、得票数×★★★円をポケットマネーから義援金として被災地へ寄付する。」との公約を選挙公報に掲載しています。 これは、公職選挙法等の法律に触れないのでしょうか? 倫理的な事はともかく、法律論としての是非を教えて頂ければ幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 選挙投票日に候補者の支援者からの電話はOK?

    先日、市議会議員選挙があったばかりで、私は期日前投票を致しました。投票日当日、共〇党の候補者の支援者からいきなり電話があり、 棄権行為防止の為電話したとおっしゃっておられましたが、明らかにわが党の候補者に投票してねという最後のお願いにしか聞こえませんでした。行政からのお願いで選挙には行きましょうとちゃんと念を押されています。投票日当日に特定の政党の候補者の支援者から、投票に行け(わが党の候補者に投票しろとは言ってない)という催促の電話を有権者にするのは公職選挙法に合致しているのでしょうか?勿論、その候補には入れませんでしたが、違和感を感じております。合法なのでしょうか?

  • 市議選なのですが、候補者にホームページ作成を依頼されたのですが、

    市議選なのですが、候補者にホームページ作成を依頼されたのですが、 ホームページを立ち上げてもよいのでしょうか?? 立ち上げる自体が違反でしょうか? 選挙管理委員会に問い合わせてもわかりません。 どなたかわかるかたいらっしゃいましたら教えてください。

  • 得票率について

    小選挙区制になってからというもの、<当選者の得票率>が、ず~っと気になってます。 一体この人、選挙民の何パーセントの支持を得たのだろう? そこで、質問ですが国会代議士(等)の、得票数や得票率が地区毎にわかるURLがありましたら、教えて下さい。 地方在住なのですが、地区の議員得票などもわかれば、ありがたいです。 ただ、選挙終了直後でないと難しいかなぁとは思います、が最近改めて疑問を感じましたのでお願いします。

  • 紛らわしい地域政党名の使用は違法ではないのか?

    選挙公報やチラシなどにある有名な地域政党(A党)の名称の一部を使った紛らわしい政党名(A'党)を標榜し、いかにもカリスマ的人気を誇るA党の代表者から支援を受けて、A党の候補者であるかのように装い、大量得票で当選した地方議会議員がいます。得票数から考えて、投票した有権者の大半はA党の候補者だと錯覚したと思われます。このような選挙活動は法に触れないのでしょうか? 当選者は、「私は、A'党の候補者とは名乗ったが、A党の候補者と名乗ったことは一度もない。錯覚した人がいたのなら、錯覚した方が悪い。」と開き直るのでしょうが、どうも納得が行きません。

  • 市議会選挙と経歴詐称について。

    市議会議員選挙に当選した人がパンフレットに「国会議員の第一公設秘書」と書いて いながら選挙管理委員会の経歴書にはその事を書いていませんでした。 これは経歴詐称になりますか? なるとしたら、罰則はどのくらい重いものなのでしょうか?