• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

N個の1次元調和振動子の系の構造関数の変数変換

 N個の1次元調和振動子のハミルトニアンHは H=Σ〔i=1~N〕{p〔i〕^2/2m+m(ω^2)(q〔i〕^2)/2} の時、系の構造関数が次式の形に書き表されることを示そうと思っています。 Ω(E)=∫(d^N)q(d^N)pδ(E-H)    ={(2mE)^(N/2)/E}[2E/{m(ω)^2}]∫(d^2N)zδ{1-Σ〔i=1~2N〕(z〔i〕^2)} ですが、  変数変換:(i=1,・・・,N) z〔i〕=p〔i〕^2/{(2mE)^(1/2)}、 z〔i+1〕=q〔i〕/[{m(ω)^2/2mE}^(1/2)] を何処かで用いるとしか分かりません。  誠に恐縮ですがどなたか御回答を宜しく御願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数2
  • 閲覧数398
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

まず、ご質問の式を Ω(E)=∫(d^N)q(d^N)pδ(E-H)    ={(2mE)^(N/2)/E}(2E/mω^2)^(N/2)   ×∫(d^2N)zδ{1-Σ〔i=1~2N〕(z〔i〕^2)} z〔i〕=p〔i〕/(2mE)^(1/2)、 z〔i+N〕=q〔i〕/(2E/mω^2)^(1/2) と直す必要があると思います。すると Ω(E) ={(2mE)^(N/2)}(2E/mω^2)^(N/2)   ×∫(d^2N)zδ{E(1-Σ[i=1~2N]z〔i〕^2)} 次にaを定数としたとき  δ(az) = δ(z)/|a| という公式より Ω(E) ={(2mE)^(N/2)/E}(2E/mω^2)^(N/2)   ×∫(d^2N)zδ{1-Σ[i=1~2N]z〔i〕^2}

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答どうもありがとう御座いました。 無事解決致しました。

質問者からの補足

 御回答どうもありがとう御座います。回答を拝見させて頂いての質問がありますので、御覧になって下さい。 >ご質問の式を~と直す必要があると思います。  式を直す際に何故『z〔i+1〕』→『z〔i+N〕』とする必要があるのですか?  誠に恐縮ですが、御回答を宜しく御願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

z〔i〕=p〔i〕 … z〔i+1〕=q〔i〕… とすると例えばz[2]については z〔2〕=p〔2〕 … z〔2〕=q〔1〕… という二つの式があり、z[2]がどちらで定義されているのか分からなくなるからです。zの番号の付け方は必ずしも私が書いたものにする必要はありませんが、p, qとzは一対一に対応させる必要がああります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

御回答どうもありがとう御座いました。 無事解決致しました。

関連するQ&A

  • 構造関数の被積分関数の球対称性

     N個の1次元調和振動子のハミルトニアンHは H=Σ〔i=1~N〕{p〔i〕^2/2m+m(ω^2)(q〔i〕^2)/2} の時、被積分関数の球対称性から次式を示そうと思っています。  Ω(E)={(2π/ω)^N}{E^(N-1)/Γ(N)} ですが、等式 (d^2N)z={2π^(N)/Γ(N)}r^(2N-1)dr を何処かで用いるとしか分かりません。  誠に恐縮で御座いますが、どなたか御回答を宜しく御願い申し上げます。

  • 一次元調和振動子について

    一次元調和振動子の問題を演習して分からない問題がでてきたので質問させていただきます。 ハミルトニアンH=(-h^2/2m)d^2/dx^2+mw^2x^2/2・・・(1) Hψ=Eψのシュレディンガー方程式において (1)のハミルトニアンにポテンシャルV=αx,V=βx^2が加わったときの固有エネルギーをそれぞれ求め、このポテンシャルが加わったことで運動がどのように変化するか簡単に説明しなさい。ただしα、β>0とする。 演算子を使っていろいろ試行錯誤してみましたが、なかなか解答にたどり着けません、よろしくお願いいたします。

  • 1次元調和振動子の正準運動方程式について

    (1)ハミルトニアンHが、H=(p^2)/(2m)+mω(q^2)/2の時、正準運動方程式の一般解が以下のように書けることの示し方を具体的に教えて下さい。 q(t)=Asin(ωt+δ)、p(t)=Aωcos(ωt+δ) (2)1次元調和振動子に対してビリアルの定理が成立することを、(1)の古典解も基にして確かめる方法を教えて下さい。

  • 調和振動子の波動関数。

    調和振動子の波動関数のグラフを教科書(ベムラパリの物理化学)に載っていた次式と値で書こうと思ったのですが、きれいに書けません。値が変なのですか?(mが大きいような…。) Ψv(ξ)=(β/π)^(1/4)*Hv(ξ)*EXP(-ξ^2/2)*(2^v*v!)^(-1) ξ=q*√β β=(2π/h)*√β*k (k:力の定数)    H0(ξ)=1 H1(ξ)=2ξ H2(ξ)=4ξ^2-2 m=10^(-20) k=5*10^5 dyn cm-1 が式です。

  • 一次元調和振動子の多段階励起問題です。

    一次元調和振動子の多段階励起問題です。 摂動がよくわかりません。 Ho = p^2 / 2m + m*w^2*x^2/2 H' = Ax* exp(-t/r) (t≧0) 0 (t≦0) (0) H'(t) のディラック表示H'「D」(t)をx、pを使ってあらわせ。 (1) H' の一次でP(0→1)を計算後、摂動が適応できる条件を検討せよ。(wr<1) (2) H'の最低次でP(0→2)を計算せよ (3) wr→0の極限でのP(0→n)を、H'の最低次で求めよ。 というう問題です。 まず最初に、(1)でPを出した後摂動を適応できるかどうかは2次以降の計算をしなくてもわかるのでしょうか? どなたかにヒントをいただきたいのですが、お願いいたします。

  • 【解析力学】1次元調和振動子のエネルギー

    以下の問題「解析力学」の試験で出ました。解き直しをしているのですが、導出過程と解答が分かりません。 お手数をおかけしますが、教えていただけないでしょうか。お願いします。 ********************************** 母関数 W(q,Q) = aq^2cot(bQ) によって正準変数q,pから新しい正準変数Q,Pに正準変換したとき、新しい正準運動量Pが1次元調和振動子のエネルギー(Hamiltonian) H = p^2/2m + mω^2q^2/2 となるように、パラメーターa,bの値を定めよ。また、正準変数Qの物理的意味を述べよ。

  • 相空間上の点の流れとその非圧縮性

     自由度f=1の系でH=Eが閉曲線になる場合に次式が成り立つことを示したいと思っています。 (1/τ)∫〔0~τ〕dtf(z)_〔H=E〕={1/∫〔0~L〕(dσ/|∇H|)}∫〔0~L〕(dσ/|∇H|)f(z)_〔H=E〕  運動の周期をτ、閉曲線の周の長さをL、H=E面の面積要素dσ={(dq)^2+(dp)^2}^2、∇H=(∂H/∂q,∂H/∂p)とおくのは分かりますが…。  誠に恐縮で御座いますが、どなたか御回答を宜しく御願い申し上げます。

  • 調和振動子の波動関数

    調和振動子のポテンシャル中にある相互作用していない2つの電子において量子数nのエネルギー固有状態を記述する波動関数ψn(x),スピン波動関数をφ^{±}とする。 I基底状態Etot=2*E1を記述する2電子波動関数を全てもとめよ II第一励起状態Etot=E1+E2を記述する2電子波動関数を全てもとめよ 上記の問題を考えているのですが,スレーター行列式に代入するとどちらも波動関数が0になって解が求まりません。 どのようにとけば2電子波動関数を求められますか?

  • 順列・数え上げ

    よろしくお願いします。 ここに下のような390個の文字があります。 (A,B,C,D,E,F,G,H,I,J,K,L,M がそれぞれ10個ずつ、 N,O,P,Q,R,S,T,U,V,W,X,Y,Z がそれぞれ20個ずつあります。) この390個の文字から235文字を選んで一列に並べる方法は全部で何通りありますか。 A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z N O P Q R S T U V W X Y Z 以下、私が考えたことを書きます。 この390個の文字から235個の文字を選ぶ組み合わせの総数は、 (Σ[k=0~10]x^k)^13*(Σ[k=0~20]x^k)^13 を展開したときのx^235の係数ですから、 23463540513956137996043929988 通りだということは分かります。 この23463540513956137996043929988 通りのそれぞれについて235個の文字 の順列(同種のものを含む順列)を数え上げれば答えは出ると思いますが、これは あまりにも大変な作業です。 何かよい知恵はないでしょうか。

  • 調和数列の項間の関係式の求め方

    調和数列 {h_n}を考えます。 (※調和数列:逆数 {1/(h_n)}が等差数列になる数列) 調和数列の項h_nとh_mとの関係式が、 h_n = h_m/(1+(n-m)d)となることを示したいのですが、 できずに困っております。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%BF%E5%92%8C%E6%95%B0%E5%88%97 h_n = h_1/(1+(n-1)d) , h_m = h_1/(1+(m-1)d) より、 h_n = h_m{1+(m-1)d)/(1+(n-1)d)}などとやってみたのですが・・・。 分かる方がいましたらよろしくお願い致します。