• ベストアンサー
  • 困ってます

銀行のバランスシートと信用創造

経済について、少しですが、勉強している者です。 銀行側の、バランスシート上で、信用創造がどのように処理されているのか、自分で考えても、 よくわからないので、教えていただきたいです。簿記3級は持っています。 最初に現金を、預金として預かると、 (借方) (貸方)  現金  借入金 となると思います。 自行の管理している顧客の口座に記帳されている残高は、みな「借入金」と見なせると考えます。 貸し付けをして、借り手である会社Aの(自行の)口座に入金すると、 (借方)      (貸方)  A社への貸付金 A社からの借入金  A社が現金を引き出した場合、(確認のため、入れただけのステップです) (借方)       (貸方)  A社からの借入金 現金 という処理になるかと思います。 あるいはまた、A社が借り入れたお金をB社への支払いとして使った場合、 そしてB社の口座が、同じ銀行にあれば、記帳の上で、金額がA社からB社へ動いたため、 (借方)       (貸方)  A社からの借入金 B社からの借入金 となるかと思います。 さて、ここでA社へ貸していたお金が、銀行へ返済された場合、どうなるのでしょうか? 現金で返済してきたら、 (借方)       (貸方)  現金        A社への貸付金   でしょうか? 他の銀行にあるA社の口座から、この銀行に送金されたら、 (借方)       (貸方)  他の銀行への貸付金  A社への貸付金 として処理し、あとで他の銀行とこの銀行との間で、差額を決済するというようなことになるかと。 根本的に間違っているかもしれず、身近に聞ける人がいないので、教えてください。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数940
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

銀行の場合 最初に現金を、預金として預かると、 (借方) (貸方)  現金  借入金 ではなく 現金  預金 となります。 (預金勘定が資産ではなく負債になり一般の企業での預金勘定に相当するものは「預け金」) >社が現金を引き出した場合、(確認のため、入れただけのステップです) >(借方)       (貸方)  >A社からの借入金 現金 預金         現金 >他の銀行にあるA社の口座から、この銀行に送金されたら、 >(借方)       (貸方)  >他の銀行への貸付金  A社への貸付金 預け金        預金 通常は日銀にある当座預金間で決済します。 決済が遅れても「他の銀行への貸付金」にはなりませんね。 貸借と未収、未払いの区別が付きませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

早速のご回答ありがとうございます。 「他の銀行への貸付金」の部分は、了解しました。ありがとうございます。 それからもともとの、私の疑問なのですが、 (質問の仕方が悪かったのですが) 貸しつけてから、それが返済されるときに、「預金」が消えずに残ってしまうので、変だなあというところだったのです。 しかし再度よく検討したら、わかりました。借りたお金を引き出すステップを考えていなかったので、変になっていたようです。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 民間銀行の信用創造機能について

     銀行員のかたが詳しく初歩的な銀行簿記かもしれません。 銀行に、(1)100万円の現金を持ち込み口座を開いた。銀行が(2)100万円を別のひとに貸付けた。以上の取引で銀行側の仕訳は次の理解でよいでしょうか。  (1)現金100万円 預金100万円  (2)貸付金100万円 預金100万円 この仕訳で正しいとすると、(2)の貸方 預金100万円がまさに銀行の信用創造機能を 表しているという理解で良いのでしょうか。 またこれが正しいとすれば、銀行のバランスシートで負債側の預金残高は、(1)で実際に預かったお金100万円と、(2)の信用創造機能で作られたいわば「架空」のお金100万円が混在しているということでしょうか。   

  • 信用創造がされる段階

    銀行の信用創造(預金創造)について、 日銀のからのキャッシュ(100とする)をX銀行が借りて、市場で貸し出す、→A社へ(100全額)・・・(1) A社→B社へ全額お金を貸す、返す、投資する、何か購入する、などして、  B社のX銀行の口座へ送金する(X社銀行でなくても、X銀行でもよい)(A社は現金を手元に置かない、以下同様)・・・(2) X銀行は、B社の預金口座の預金から、準備率分を日銀に預けて(たとえば10)、C社に貸す(90)・・(3) これを繰り返していくわけですが、 信用創造によって「預金」が増えると考えるのはどの段階でしょうか? (1)は、市中銀行に現金が存在する分を貸し出しているだけなのですが、この段階で想像されたと考えるのでしょうか。キャッシュ100に対して、預金100と。マネーサプライ200. そうしたら(3)の段階でも同様に90の預金が創造されたと考えられます。 しかしまた(1)は、Aの口座には入りましたが、Aは一旦、現金を引き出すかもしれず、そうしたら、市中に出回っている分、マネーサプライは100と、減ることになると思います。 貨幣乗数の式で出てくる、預金とは、とにかく銀行口座の通帳にプラスで表示される分、すべてなのでしょうか。(それがその口座をもっている銀行から借りたものであれ、預入した残高であれ。) しかしところで、そもそもm、企業が銀行からお金を借りて、その銀行の口座に入っている際には、それはプラスで表示されているのでしょうか。当座借越の口座のように、マイナスで表示されているものなのでしょうか。 とりとめがありませんが、多少なりとも、部分的にもお答えいただけるとありがたいです。

  • 信用創造について質問です。

    信用創造について質問です。 ウィキペディア(http://bit.ly/9RP4K9)によると信用創造とは ---------------------------------------------------------- A銀行は、X社から預金1000円を預かる。 A銀行は、1000円のうち900円をY社に貸し出す。 Y社は、Z社に対して、900円の支払いをする。 Z社は、900円をB銀行に預ける。 この結果、預金の総額は1900円となる。もともと1000円しかなかった貨幣が1900円になったのは、上記2.の結果として、Y社が900円の債務を負い返済を約束することで900円分の信用貨幣が発生したことになるからである。この900円の信用貨幣(預金)は返済によって消滅するまでは通貨(支払手段)としても機能する。このことはマネーサプライ(現金+預金)の増加を意味する。 さらに、この後B銀行が貸出を行うことで、この仕組みが順次繰り返され、貨幣は増加していく。このように、貸出と預金を行う銀行業務により、経済に存在する貨幣は増加する。 ---------------------------------------------------------- といったもののようですが、ここで疑問なのが、利子の存在です。 もともと千円しかないものに利子を付けて貸し出すということは 確実に存在しないお金を払わせる約束をするということにならないのでしょうか。 もともと千円だった貨幣が五千円に増えたとして、五千円に仮に金利分20%を 上乗せしたとすれば、全ての貸し出しを解消した時にはもとの千円プラス千円が 必要になってしまいますが、そもそもそんなお金は存在していないように思うのですが…

  • 総勘定元帳について教えて下さい。

    預金口座や領収書を勘定元帳に転記します。その際、借方貸方に科目を記入します。 例えば、預金口座から100万円を現金(A)を引き出し,仕入れにしようした場合は、仕入科目に現金100万円と記帳されます。同じ現金(A)が、短期貸付金の科目に記帳されることはありますか?

  • 法人成りの債務引受について

    法人成りに伴い、個人事業時の借入金を引き継ぎました(債務引受)。 そこで疑問なのですが、会社設立時のその分の仕訳はどのようになるのでしょう?  (借方) (貸方)  ○○○/借入又は預金 過去の質問回答等見ていると、 借方は貸付金となるという回答が多いですが 負債額をそのまま会社に引継いで、 債務名義も会社名義になり 会社のお金より返済することになるわけなので それだとおかしいような気がするのですが・・・。 ちなみに、返済時の仕訳は  (借方)  (貸方)  借入又は預金/現金 でいいと思うので、貸付金はいつ消すことができるのかというのも疑問です。 貸付金にすると個人にそのうち返済していくということになりますよね。 借方は別な科目で立てるのではないのかな、と思うのですが、こういう状態の場合の仕訳にお詳しい方 教えてください! 宜しくお願い致します。

  • 個人事業主 事業口座を素通りした金の出し入れの記帳

    個人事業主 事業口座を素通りした金の出し入れの記帳を教えて! お世話になります。 個人事業主の簿記記帳で質問があります。 まず、個人事業主において、「仕事で使う金が個人事業主個人の財布から出て行った場合は以下のように記帳します。 まず、 例)105円のボールペンを事業用の現金で買った場合 借方 貸方 文房具 105  現金 105 次に上記の支出が、事業主個人の現金で立て替えた場合はこうなるはずです。 借方 貸方 文房具 105 事業主貸 105 上記の事業主貸について、事業用の現金を事業主の財布に返して解消する場合はこうなるはずです。 借方 貸方 事業主貸 105 現金 105 合ってますよね・・・? --- さて、ここに個人事業主本人名義のA銀行の口座があります。 事業用にメインに使っているものの、時々以下のような金の動きがあったとします。 そういう場合はどう記帳するのでしょうか? パターン1 事業に必要な金10000円を、まず事業主個人が立て替えて自分の財布からA銀行普通預金口座に預け入れ、その口座から事業上の仕入れ先に仕入れ代金を支払った場合の記帳。 以下で合っているでしょうか? 借方 貸方 A銀行普通預金 10000 事業主貸 10000 仕入れ代金 10000 A銀行普通預金 10000 振込手数料 105 A銀行普通預金 105 さらに、この立て替え分を現金で解消するなら・・・ 事業主貸 10000 現金 10000 A銀行普通預金口座から事業主本人に支払って解消するなら・・・ 事業主貸 10000 A銀行普通預金 10000 多分、あっていると思いますが・・・ --- パターン2 事業とは全く関係のない事業主個人の金30000円をA銀行の口座に振り込み、事業とは全く関係のない支払先に支払った場合。 (なぜこんなことをするかというと、直接現金を振り込むよりもこの口座を使ったほうが振込手数料が安くなる、とか、金の出入りの記録を通帳に残しておきたい、とか、いろいろ理由があってこの口座を通したい場合、などです。) 借方 貸方 A銀行普通預金 30000  事業主貸 30000 事業主貸 30000    A銀行普通預金 30000 振込手数料 105    A銀行普通預金 105 A銀行普通預金 105   事業主借 105 これによってこの30000円はA銀行普通預金を「素通り」したことになります・・・よね? とにかく、この金は事業とは一切関係のない、事業主の個人の金なので、 期末に1円たりとも残高に残っていてはなりません。 残っていてもいいのは振込手数料のみであり、それは事業主借(事業主が個人事業から借りた)として、であります。 もしこの振込手数料の事業主借を事業主がポケットマネーで事業に返済するならば以下の記帳を付け加えるべきでしょう。 借方 貸方 現金 105 事業主借 105 あるいは 借方 貸方 A銀行普通預金 105 事業主借 105 これであっているでしょうか? ただし、こういう金の動きが多くなると、 通常の事業主貸(事業用の金を事業主本人が一時的に立て替えた場合)と こういう特殊な「事業主の個人的資金が事業用の口座を素通りした場合」との区別がつかなくなります。 こういう場合は何か別の勘定科目を使うのでしょうか? -- 簿記に詳しい方、お願いします。

  • 取引の仕分けについて

    簿記というか財務について調べています。 今日から独学で始めましたが、いきなりつまずいています。 よろしければ、教えて下さい。 現金100万円を借り入れた場合。 借方 現金 1,000,000 貸方 借入金 1,000,000 で良いのでしょうか? 現金が増えるので借方は、問題ないと思うのですが 貸方の方が自信ありません。 つまらない事ですいませんが、よろしくお願いします。

  • インターネット銀行に振込手数料が返金されたときの仕訳

    自宅マンションの一室で個人事業をやっています。経理は初心者です。 昨日、プライベートの銀行口座から、事業で使っているインターネット銀行に5万円を振り込みました。 仕訳は、 (借方)普通預金○○銀行 50,000 (貸方):事業主借 50,000 (借方)支払手数料 105     (貸方):事業主借 105 になると思います。 しかし、インターネット銀行の場合は、実店舗のある某銀行の口座に振り込むと、インターネット銀行の口座に入金される仕組みになっています。そして後日、振り込んだときの振込手数料が返金されます。(インターネット銀行の口座に入金されます。) まだ返金されていませんが、いずれ返金されます。 その場合の仕訳は、利息がついたときと同様に、 (借方)普通預金○○銀行 105 (貸方)事業主借 105 で良いのでしょうか? 支払手数料として一度経費にしたものを、また利息と同様の処理をして良いのか分かりません。 経理初心者で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

  • 貸付金と借入金

    1、  当店は千葉商店に50000を小切手を降り出して貸付、同額の約束手形を受け取った 答え   借方       金額          貸方     金額    手形貸付金   50000          現金    50000 違っていたら、修正お願いいたします。 2、当店は約束手形を振り出して品川商店から30000を借入、利息1000を差し引かれた手取り額を同店振出しの小切手で受け取った 答え   借方      金額          貸方       金額  現金      30000         手形借入金   29000                       支払利息      1000 このこたえが違っていたら、修正お願いいたします。

  • アパート収入の帳簿のつけ方

    アパートの収入があります。昨年は青色申告(10万)でしましたが、今年は青色(65万)でしたいと思います。このアパートは委託管理会社におねがいしてるので、家賃収入から、借入金、管理費等差し引いて、差額が振り込まれます。この場合、仕訳帳は、借方 諸口(借入金)(管理費)(普通預金)・貸方 (家賃)でいいですか?それとも借方(現金)・貸方(家賃):借方 諸口(借入金)(管理費)(普通預金)・貸方(現金)これだと現金の元帳ができますよね。現金は直接手にはしないんですけど。現金出納帳もつけないといけないんでしょうか?