• ベストアンサー
  • 困ってます

フランス大学院留学

フランスの大学院へ国際関係論のDEA(博士課程へ入学を希望する学生が取得する免状)を取得するために留学をしたいのですが、以下の点について知りたいと思っています。 1.向こうの大学院の厳しさ(イギリスの大学院修士課程での留学経験はあるのですが、比較するともっと厳しいのかという点について) 2.基本的にDEAは1年制と聞いていますが、指導教授の許可を得れば2年かけることもできるとのことですが、本当ですか? 3. また将来的には博士課程への留学もしたいのですが、修了まで何年くらい必要ですか? ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

noname#6021

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1026
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • unos1201
  • ベストアンサー率51% (1110/2159)

学部が違うのと、博士号を取得しているかどうかにより扱いが違います。 現在、PHDを他の分野で取得しているのであれば、ポスドクで留学し、正式に博士課程に編入可能です。この場合は教授の裁量でその期間が決まり,まったく別分野だと3年から5年程度でしょう。 同じ分野で修士号を取得している場合、やはり3年から5年は研究にかかるので、それとその前段階の語学研修、編入試験でプラス1年から2年となります。 学士号だけなら、大学院に入学すると分野と成績により変わりますが4年から6年だと思います。 いずれにしても最短でその程度で、学位号の取得が厳しいのは現実に見てきました。比較的簡単な医学部でも延長2から4年は当たり前で、無給研究補助か、ポスドクを申請して、奨学金の補助を受けたりしながら頑張っている人が多いです。ただし、ポスドクは通常2年程度までです。 ここで学位取得できなければ授業料を追加して聴講生や研究生になり研究を続けることになります。あと、論文を英語で提出しますが、通常の会話は全てフランス語で行なわれ、英会話は嫌がられます。とは言っても、大概、ポスドクはアメリカに行く人が多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろとありがとうございました。長い期間が必要なのですね。よく覚えておきたいと思います。

関連するQ&A

  • 大学院留学について

    大学院の修士課程を卒業してから海外の大学院に入った方、もしくは知り合いがいる方に質問です。海外の大学院に行く方は修士課程から入学する方が多いと思いますが、日本で修士課程を修了してから留学する場合、どのようなことで苦労されましたか。

  • フランスの大学院(博士課程)について、

    こんにちは、フランス語を学ぶために、 日本で修士課程を修了し、フランスの大学院へ博士課程を取りにいく場合について、 いくつか質問させてください! (1)、小島大徳さんの著書で、「日本よりもアメリカの方が博士の学位を出されやすい」   ようなことが書かれていたのですが、   フランスは、日本に比べると博士の学位はもらいやすいのでしょうか??? (2)、フランスの大学院に、フランスの言語、文学、文化、音楽関係を研究できるところはあります    か???   調べるのが下手で、なかなか見つけられません… (3)、フランスの大学院の博士課程の学費は、博士課程修了最短で、   何年、日本円でいくらくらいかかりますか?   また、日本で博士課程を取るのと、どれくらい学費に差がありますか??? 難しい質問で申し訳ありません。 宜しくお願いします。

  • 大学院について

    大学院について 大学院には、修士課程と博士課程がありますよね。 修士課程と博士課程でどう違うんですか。 教えてください。

  • 大学院の修士課程、博士課程について教えてください

    大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年ですよね?一般的に修士課程のみで卒業する方がおおいのですか?もちろん修士を終了しないと博士課程にはすすめませんよね?修士課程を修了してさらに勉強したい人は博士課程へ進むという考え方でよいのでしょうか?博士課程にすすむのには試験はあるのですか?

  • フランス留学について教えて下さい。

    私は大学院博士課程1年のhiroUと申します。 修士のときにフランスでインターンシップを経験させて頂いたことがきっかけで、将来はフランスで研究者としての経験を積みたいなと考えるようになりました。そして先日、大学の就職相談室にて色々と相談にのって頂いた結果、「就職」ではなく「留学」に方向転換しました(相談員の方の話では、就労ビザは厳しいが修学ビザは取りやすいらしいです)。 という経緯から、フランス留学を目指して色々と調べ始めました。しかし、フランス留学について得られる情報は、そのほとんどが語学留学についてで情報が不足しがちです。また、留学にあたり一番の問題点となる金銭面では、奨学金に関して調べたのですが、支給期間が短くて適切なものを現在も模索中です。 ・フランス留学までのプロセスに関するアドバイス。例えば、個人で準備するのと、eduFranceが紹介しているような留学プログラムに参加する場合のメリットやデメリット。今は特にn+1 programというフランス留学支援プログラムに興味があります。 ・奨学金に関する情報。今は修士に相当する課程に入学し、博士に相当する免状を取得するまで日本に戻らない決心でいます。つまり、約5年間をフランスで過ごすことに成るのですが、それだけ長期を保証してくれる奨学金が見当たりません。例えば、有名なフランス政府給費生で支給期間は1年でした。 以上の点を中心に、皆様にアドバイス頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

  • 大学院留学後の進路

    こんにちは。 私は日本の大学を去年卒業して、今はイギリスの大学院(MA)に通っています。専攻は文学と文化研究で、特にゴシック文学・文化に興味があります。 今年の9月に大学院を卒業するのですが、その後の進路について教えていただけないでしょうか。 希望としては日本に帰って大学院博士課程に進み大学教員を目指したいと思っています。 しかし何校か調べてみたところ第二外国語が受験条件になっていました。これは博士課程に入るには絶対に必要な条件なのでしょうか。 加えて今から日本の教授の推薦を頂くのは難しいと思うのですが、それも必要事項にはいっている様なのです。 やっぱり大学院留学後の日本での博士課程進学は難しいのでしょうか?もう一度日本の大学院に修士課程として入るべきですか? それに大学教員になるのは今は非常に狭き門のようですね・・・。 進路自体考え直したほうがいいのか悩んでいます。 よろしくお願いいたします。

  • フランスにヨーロッパ共通の新しい制度 ≪ LMD3-5-8 システム≫が導入されたのはいつですか?

    フランスにヨーロッパ共通の新しい制度 ≪ LMD3-5-8 システム≫が導入されたのはいつですか? またこの制度が導入されたことにより、例えばイギリスで修士号を取得した者が直接博士課程へ応募できるようになったのでしょうか?(これまではDEAなどの取得が必要でしたが) 以上ご存知の方がいらしたら、教えてください。よろしくお願いします。

  • 海外で博士課程に進むには?

    以前イギリスの大学院修士課程について質問させていただきました。 日本の大学院で修士を取得後、イギリスの大学で博士課程に進むことは難しいのでしょうか?  聞く話によると、日本から海外の大学院の博士課程に進むことは難しいと聞きましたが実際のところはどうなのでしょうか。 どなたかご助言お願い致します。

  • 大学院進学について

    大学院進学を考えてるものです。あまりに無知でお聞きしたい事があるのですが 修士課程と博士後期課程があるのはわかるのですが、 よくわかりません。修士というのは2年間で取得できるものなのでしょうか? あと企業で就職活動する際に大学院に行ったこと欠点になりうる場合もあるのでしょうか?

  • 修士号と博士号を取得する国について

    現在、大学の一年生です。 修士課程、そしてできれば博士課程まで進学したいと考えています。 その後に想定するキャリアとしては、大学教員等を考えています。 ここで相談したいのは、修士号と博士号を取得する国に関してです。 捻出できるお金はせいぜい2500万円程度だと思います。 留学する国としてはアメリカを考えているのですが、修士課程のお金もすごく高いと聞いています。そして、アメリカの博士課程は3年以上かかることがざらにあると聞いています(←これに関しては確かじゃないのですが本当でしょうか?) さらには、大学教員になるつもりなら、博士号をどこで取得したかが重要だとも聞いています。 一体、私はどのようにするべきなのでしょうか? お金の節約のために、修士まで日本の大学にいて、博士でアメリカの一流大学院に行くべきなのでしょうか?(もし、そうなら、どのような試験を受けるのでしょうか?修士課程ならGRE等でしょうが、博士課程となると全く知らないのです) それとも、修士課程はどこかアメリカの大学の大学院へいって、その後、東京大学(の博士課程のほとんどの生徒は奨学金を受けて、実質授業料は無料らしいです)に行くべきでしょうか? それとも、イギリスやフランスに行くべきでしょうか? (余談ですが、私は英語以外きちんとしゃべれません) 私はどうするのがいいと思いますか?どうか、皆様の力を貸してください。アカデミックな世界に詳しい人からの回答があるとうれしいです。