-PR-
解決済み

(相続)特別受益とは何ですか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7433459
  • 閲覧数592
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

相続税のうち、生前の贈与にあたるものとして、預貯金や土地などが対象となり、相続開始3年前までのものは生前贈与として相続税(贈与税)の計算に含めると聞きました。

が、仕送りは贈与とはみなされないと本で読みました。
仕送りは、学生などだけではなく、家庭を持っているが毎月赤字になっている分を援助してもらっている場合にも、当てはまり、贈与とはみなされないのでしょうか?

また、それとは別に、「特別受益」という言葉を聞きました。
こちらは、相続の時、被相続人の財産として計算されるけれど、遺言書で「生前に贈与した○○については特別受益の持ち戻しを免除する」と書かれていれば、被相続人の財産にはならず、生前贈与にもあたらないとのことでした。

特別受益とは何でしょうか?
仕送りと特別受益との違いは何でしょうか?
また、本当に、仕送りは贈与とはみなされないのでしょうか?
そして、特別受益は遺言書に上記の記載があれば、相続税などの計算対象にならないのでしょうか?

ご存じの方、ぜひ教えていただきたく、お願いいたします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 48% (448/922)

ご質問の仕送りは、学生で一人暮らしをしているような子どもに対して、親が資金援助することですね。
こういった場合は扶養義務者である親からの生活費ないし教育費に充てられるものとして贈与税は掛かりません(相続法21の3(1)二)。

一方、子どもが家庭を持って毎月赤字だからこれを親が金銭援助するということになると、親に扶養義務が無いだけに贈与税賦課対象になるわけです。

なお、学生の子どもへの資金援助であっても、通常必要以上の部分や車や奢侈品購入に充てているような場合は贈与税対象となります。

次に、特別受益ですが、
これは特定の相続人だけが、被相続人の生前に特別の金銭的援助を受たり、生活を営むための土地・建物の贈与を受けていた場合、これを無視して遺産分割をすれば、当然他の相続人にとって不公平な結果となるので、これを是正するため、遺贈のすべてと、生前贈与のうち、遺産額計算上「持ち戻し」の対象とするべきと認定された部分です。
相続人間の実質的公平を図るための仕組ですね。

おおむね、(1)婚姻、養子縁組のための贈与は持参金、嫁入り道具、結納金、支度金などは問題なく、挙式費用も通常程度のものは特別利益に含まれないとされます。
(2)生計の資本としての贈与は、子が別所帯を持つ際の不動産分与や営業資金の贈与、生活の基礎として必要な部分の贈与も同様とされます。ただし、あくまでも生計の基礎に限られ、遊興のための借金返済とか、特別に可愛がられて多く貰った小使いなどというのは含まれないとするのが通常です。

この持ち戻しの例を設例で考えます。

 被相続人甲には,配偶者乙及び子A・Bの3人の相続人があり,甲の相続開始時1億円の遺産があった。
乙に対しては3,000万円相当の遺贈がされており,Aに対しては同人が独立開業する資金として甲の生前に2,000万円の贈与がなされていた。
この場合,これら遺贈・贈与を考慮すると各人の具体的相続分はどのようになるのであろうか。

答は、
 Aに対する生前贈与は,特別受益になるので甲の遺産に持ち戻して計算することとなり,甲の遺産総額は1億2,000万円となる。
法定相続分で計算すると,持戻し後の乙の法定相続分は6,000万円,A,Bは各々3,000万円となる。
相続に当たって,乙は遺贈で取得した3,000万円を特別受益として控除した残りの3,000万円を取得する。Aは,持戻し後の法定相続分3,000万円より特別受益と認められた2,000万円を控除した1,000万円を取得し,Bは特別受益がないため,持戻し後の法定相続分である3,000万円を相続により取得することとなる、となります。

 なお,特別受益について被相続人の持戻し免除の意思表示があれば,民法はそれに従います(民法903(3))が、
相続税法は強行法規ですから、被相続人等の意思に関わらず,適用されますので、持ち戻し免除の遺言があっても課税されることになります。
補足コメント
noname#196010

わかりやすいご説明を、ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまって、すみません。

追加でもう一つ、質問させて下さい。
子供がすでに家計を持ち、毎月赤字になっているという件ですが、その背景に、子供が障害を持っているために、医師に働くことを禁止されており、さらに医師に、家事育児もなるべくしないようにと指示を受けているために、保育園やベビーシッターを頼らざるを得なくなっているために赤字になっているという場合、法律上では贈与にあたるとしても、何か特例のようなもので、課税を減額または免除になるように申告できるといったことはあるでしょうか?

お手数ですが、よろしくお願いたします。
投稿日時 - 2012-04-23 09:38:34
お礼コメント
noname#196010

詳しいご説明を、ありがとうございました。
とてもわかりやすかったです。

また機会がありましたら、いろいろと教えて下さい。
よろしくお願いたします。
投稿日時 - 2012-04-26 12:22:22
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ