• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

骨伝導ヘッドフォンをお持ちの方に質問です。

骨伝導ヘッドフォンをお持ちの方にいくつか質問させてください。 1) 周囲への「音漏れ」は、骨伝導ヘッドフォンをかけている本人の耳から出ているのでしょうか?本人の耳孔を塞ぐと「音漏れ」は減りますか? 2) 耳孔を塞いだとき、骨伝導ヘッドフォンをかけている本人に聞こえる音は大きくなりますか? 3) 人差し指を耳孔に突っ込んで耳栓した場合と、親指の腹で耳孔の入り口を塞いだ場合とで、骨伝導ヘッドフォンをかけている本人に聞こえる音に違いはありますでしょうか?親指の腹で耳孔の入り口を塞いだ場合の方が音が大きく、又低音側のボリウムが大きくなりませんでしょうか? 質問の意図は単なる興味ですが、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1812
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • HALTWO
  • ベストアンサー率51% (1642/3161)

所有はしていませんが、幾つか試してみて将来性に期待しています。・・・現時点では単純な多 Band Tone Controller (Graphic Equalizer) のみならず Enhancer や Delay Controller なども用いて個人個人の骨伝導特性に合わせて音色を変えられるようにするか、もっと研究を重ねて多くの人に「良い音」と感じられるような汎用 Pattern (型紙) を完成させて欲しいと感じましたので、購入までには至っていません。 (1) 耳からは出ていません。 人の顔 (頭) 全体が Speaker になります。 従って耳を塞いでも「音漏れ」は減りません。 (2) なりません。 ただし、耳孔から入ってくる外来音は減りますので、相対的に骨伝導 Headphne からの音が明瞭になります。 (3) 厳密には違いが生じます。 人差し指で耳穴を塞いだ時の顔全体 (人差し指内の指骨を含む) の振動 Mode と親指の腹で耳孔を塞いだ時の振動 Mode は異なりますので、僅かながらの違いは生じます。 耳孔を奥まで塞ぐか入り口だけを塞ぐかによる耳孔の Horn 効果の違いも生じるでしょうが、低音の音量変化とは殆んど無関係です。 しかし耳を塞ぐ (顔を圧迫する) 力加減や Headphone が頬に当たっている接触部分の状態を変えた方が大きく音が変わります。 (1) に記しましたが骨伝導とは頬骨から耳小骨に振動を伝達させることによって耳小骨最奥の鐙骨に繋がった蝸牛内の蝸牛神経に音を検知させる仕組みのものであり、耳小骨最初の槌骨に繋がった鼓膜を振動させているわけではありませんので、振動が耳孔から入ってきて鼓膜を振動させているわけではありません。 また、頬骨から耳小骨に至る骨 (皮膚は逆に音を減衰吸収してしまいます) 全体を振動させて初めてまともな音になるものですので、この振動を受けて鼓膜が震えて出す音、つまり耳孔から漏れだす音は殆んど音としての呈を成していません。 むしろ顔 (頭) 全体が一種の Speaker として音を発します。・・・その音量は音漏れなどと呼ぶにはあまりにも小さなものですが・・・。 骨伝導 Headphone と良く似た Speaker に PITA (下記参照 URL) という商品があります。・・・これを頬に押し付けたものが骨伝導 Headphone とも言えます(笑)。 これは何か固いもの (机など) に押し付けないことには音が鳴りません・・・空中に浮かせると殆んど音がしませんので、音漏れもありません。・・・押し付けるものの材質や形状によって音色が変わる、面白い玩具ですよ(笑)。

参考URL:
http://www.devicenet.co.jp/pita/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明を有難うございます。私は骨伝導ヘッドフォンの音を聴いたことが無いのですが、(3)の疑問を持ったのは、両耳に指で耳栓をして声を出したとき、親指の場合と人差し指の場合とで自分の声が全然違って聞こえるからです。特に違って聞こえるのは、約300Hz以下の低音成分です。耳孔を塞いた時の外耳道の長さを半波長とすれば塞いだ耳孔の共振周波数は親指の場合でも5kHz程度でしょうから、外耳道の共鳴とは関係無さそうに思います。自分の声の代わりに骨伝導ヘッドフォンでは似たようなことは起きませんでしょうか?また、このようなことが起きるのはどうしてでしょうか?

関連するQ&A

  • 骨伝導ヘッドフォンは、音漏れしますか?

    過去の質問を検索してみたのですが、ピッタリの回答がなかったので、 質問させていただきます。 私は元々ヘッドフォンで音楽を聴かないほうだったのですが、通勤時間が長いことと 音楽の習い事をしている関係で、iPodを愛用するようになりました。 心配事が、音漏れ、耳が疲れる、周りの音が聞こえづらい、などだったので、 骨伝導ヘッドフォンの存在を知り、買ってみました。 購入したのは、オーディオボーンアクア(AUDIO BONE AQUA)なのですが、 http://goldendance.co.jp/product/p_ab10.html 聴いてみると、いつもの音量では聴こえづらいので、音量をかなり上げました。 すると、どうも音漏れがしている様子です。骨伝導ヘッドフォンでは、音漏れは 普通なのでしょうか。 よろしくおねがいいたします。

  • 骨伝導のヘッドホンだと耳が悪くなりませんか?

    鼓膜を振動させずに音を聴く骨伝導のヘッドホンで耳が悪くなることはあるのでしょうか。 スピーカーからの音漏れで耳から聞こえてくるということは考えないとします。

  • 骨伝導のイヤホンを探しています。

    骨伝導のイヤホンを探しています。 マイクではなく、音を出す側が骨伝導のを、 音にはあまりこだわっていません。できれば耳かけで、カナル方でも良いですが、端子がジャック、3.5がよいです。2.5でも変換があれば・・・ 平型は無理です。片側だけのイヤホンでも良いです。 これで安いのでなにかないですか? または骨伝導のお勧めを教えてください。 安めで・・・

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • HALTWO
  • ベストアンサー率51% (1642/3161)

>ところでHALTWO様は以前此処でΔΣ型DACの質問をされた方だったのですね。 はい、その通りです(^_^)/。 その節は長年の疑問が一気に氷解する青天の霹靂を経験した回答をいただき、有難うございました! 「NC (Noise Canceler) Headphone で NC On の時」とはぴったりの形容ですね。 私も掌で耳を覆った時には耳孔に指を突っ込んで塞いだ時の音とは大分異なりますので、むしろ掌で覆った方が「これは NC On みたいなものだろうな」と思いました。 耳孔は解放されていても耳孔の外から入ってくる音は消去 (Shut Out) されているわけですものね。 「親指で塞ぐ」という変則的な塞ぎ方までは思いつきませんでしたが(笑)・・・。 PITA はたまたま近くの Hard Off に電源を入れて展示されてあったのを見つけて遊んでしまいました・・・後で調べて対して安くなっていなかったので、購入はしませんでしたが(笑)・・・。 頬に押し付けたら女子店員に「変な奴!」みたいなジト目で見られました(笑)。・・・さすがに高音質とは言えませんが、音は聞こえましたよ。 充電池と Bluetooth Transceiver を仕込んだ Neck Band (耳掛け Hook 付) 式の骨振動 Headphone で Switch 1 つで片側を Monaural 再生にすると共にもう一方を Microphone にして電話用 Headset にできる機能を持たせ、iPhone 用 Software や iTunes 用 Plug-In Software に Enhancer や Delay Controller なども含めた高機能な Tone Controller を持たせれば、安全で御機嫌な iPhone 用 Headphone になると期待しているのですが、なかなかそんな製品が出てこないですね(汗)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 私の試した中では、自分の声の低音成分の出方は親指の腹で耳孔入り口を密封した場合が最大です。先入観を抜きにして、自分の声の低音が強い順に、 親指の腹>カナル型イヤフォン>>手の平、密閉型ヘッドフォン>人差し指>何もしない、BOSE_NC です。 BOSEは所有しておりませんが、これを調べる為に同僚に会社へ持って来てもらい試しました。BOSEでNC=ONすると自分の声の低音の籠った感じが殆ど無くなります。BOSE以外のNCヘッドフォンは試したことが無いのですが、恐らくBOSEとは違う結果になる、と予想しています。他社のものが外の音を拾っているのに対して、ホームページを見る限りどうやらBOSEは耳とヘッドフォンの作る空間の音を拾っているようだからです。ピタッとスピーカが届けばいろいろ試せるのでもう少し理解が進むだろうと期待しています。 骨伝導ヘッドセットはとても良い考えだと思いましたので調べてみたらヘッドセットやマイクに骨伝導を使うのはむしろヘッドフォンよりも多いくらいなんですね。Jawboneのヘッドセットなど、とても洗練されている印象を受けました。でもJawboneはモノラルです。私自身はスマホを使いませんが、ご提案のようにステレオとモノラルが切り替えできる方が便利だろうと思いました。

質問者からの補足

ピタッとスピーカが届きましたので、耳の近くで骨伝導の音が一番大きく綺麗に聞こえる場所にピタッとスピーカを押し当てて実験してみました。結果は自分の声の場合と同じ傾向で、やはり親指の腹で外耳道入り口を塞いだ場合が音量最大となりました。が、このようにするとなんとも酷い音になります。 耳孔を解放しておけばピタッとスピーカはそこそこ聴ける音で鳴ってくれますが、親指の腹で外耳道入り口を塞ぐと数百Hz以下くらいの中音域が異様に強調され、kHz以上は逆に抑圧されて、たいへん聞き苦しい音になります。親指の代わりにカナル型イヤホンで耳栓をした状態でピタッとスピーカを押し当てた場合もほぼ同じ結果でした。

  • 回答No.2
  • HALTWO
  • ベストアンサー率51% (1642/3161)

A No.1 HALTWO です。 >両耳に指で耳栓をして声を出したとき、親指の場合と人差し指の場合とで自分の声が違って・・・特に約300Hz以下の低音成分です。 自分の声は御質問者さんが推測されている通り、骨振動で伝わりますが、骨振動 Headphone のような頬骨の外からの振動ではなく、喉から鼻腔を通じて頬骨の内側から内耳に伝達される波動が主体となります。 このため口を開いて発声している時に鼻を摘まんで鼻孔を閉じると音が大きく変わり、耳に入った水を出す際に鼻を摘まんで息を詰めることによって内耳に圧力をかけるように、鼻腔響鳴は耳孔響鳴と密接な関係があります。 耳孔は管の一方から入射した音波が他方より放射されて外界の Microhpone などで検波できる Horn (拡声管) ではなく、管の一方から入射した音波が他方に設置された Microphone で検波される Duct/Tube (伝声管) に近く、共振による増幅効果は殆んど無きに等しいので、管長と波長からの共振計算は殆んど意味がありません。 その計算が成り立つとすれば 5kHz 以下の音は周波数が低下するにつれて大きく減衰し、蝸牛神経や脳の聴覚回路には Phono Disc の RIAA (Recording Industry Association of America) 補正 Curve のような大きな Equalization 機能がなければならないことになります。 蝸牛神経の Equalization 機能をどう計測するのかは判らないものの、脳の補正回路であれば事故などで脳の聴覚野に障害を負った人達の聴覚 Pattern 分析から Equalization Pattern を指摘できる筈ですし、蝸牛神経の Equalization 機能も某かの資料が得られるだろうと思うのですが、どちらの資料も見聞きしたことがありません。 しかし耳孔を親指の腹で塞いだ場合は管全体が骨振動を受けている状態で一方を親指で塞ぎ、もう一方を Microhpone で検波する状態になりますので、耳孔響鳴が大きくなり、鼻腔響鳴も増幅されて内耳への音圧も高まります。 耳に人差し指を突っ込んで塞いだ場合は耳孔響鳴を抑制しますので鼻腔響鳴も減少します。 頬骨の外側から振動を伝達する骨振動 Headphone の音波は鼻腔響鳴も耳孔響鳴も主体的なものではありませんので、多少の差異は生じるものの自分の声を Source とした実験ほどの大きな差異は生じません。 ただし、差異を感じられないほど小さな差異というものでもなく、骨振動 Headphone を頬に押し付けたり、位置をずらして接触域の状態を変えた時の変化と同様の変化は生じます。 実際、私は人差し指を耳孔に突っ込んでみるということは行なってみて「外界音は減ったけれども骨振動 Headphone の音はしっかりと聞こえるな」と感じたことは覚えています。 しかし、親指の腹で耳孔を塞ぐという実験は行ったことがなく、掌で耳を塞いだ時と骨振動 Headphone を頬骨に押し付けたり、位置をずらしたりした時の印象が同系列の変化として記憶に残っているだけですので、機会があれば親指の腹で耳孔を塞ぐというのも注意深く行なってみたいものです。・・・推測では上述のように低音増幅にはならないだろうと思いますが、主体ではないとは言え耳孔響鳴と鼻腔響鳴を増幅するのですから音色はかなり変わるのではないかと思います。・・・音量も多少は大きくなるのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答を有難うございました。親指で外耳道入り口を塞いだ時の自分の声の低音成分は、BOSEのノイズキャンセルヘッドフォンをかけた状態で声を出した時にNC=ONで消える自分の声の低音成分とも共通している感じがします(BOSEの場合キャンセルマイクはイヤカップ内側にあるようです)。これらの例を考えると、少なくとも耳を塞いだ時の自分の声の低音成分は、親指で閉じた外耳道の閉空間の圧力変化に起因していて、顔(頭蓋?)→外耳道壁振動→外耳道空間の圧力振動→鼓膜の経路でやって来ている気がします。先ほど、教えて頂いた「ピタッとスピーカ」を注文しました。もちろん、実験が目的です。届くのが楽しみです。 ところでHALTWO様は以前此処でΔΣ型DACの質問をされた方だったのですね。その節は失礼いたしました。私は物理、科学の質問板がメインなのですが、此処やMacの質問板でも時々質問や回答をさせて頂いています。今後とも宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 骨伝導のヘッドホンについて

    祖母の耳の聞こえがかなり悪くなってきました。 少し前までは一人でよくテレビを見ていたのですが、最近は大音量でもなかなか聞こえないらしく、あまり見なくなってしまいました。 補聴器の購入を勧めてはいるのですが、どうも近所の人の話などで良い噂がないらしく、高価なこともあってかなり抵抗があるようでなかなか首を縦にふってくれません。 そこでせめてテレビくらい見られたら…と思い、骨伝導のヘッドフォンをプレゼントしようかと考えています。 家電量販店で1万円くらいの骨伝導のヘッドフォンを見つけたのですが、老人性難聴などという言葉はパッケージのどこにも書かれてありませんでした。 純粋に音楽を高音質で楽しむための商品のようです。 このようなものでも骨伝導なら聞こえるようになるのでしょうか? それとも老人性難聴専用のものでないとダメなのでしょうか? カテゴリーをどこにしようか迷ったのですが、教えていただければ幸いです。

  • 骨伝導で聞こえる枕、もうないのでしょうか?

    昔、寝たきりの祖母にプレゼントした、東芝の「音枕」という製品があります。 TVなど離れた場所の音をマイクで集めワイヤレスで骨伝導スピーカー内蔵の枕に送るもので、 TVのボリュームを上げなくても聞こえると、耳の悪い祖母にたいそう喜ばれました。 残念ながら祖母は亡くなり、「音枕」は、やはり耳の遠い叔父が愛用しています。 祖母の介護をしていた母も、このところめっきり耳が遠くなり、 「あの便利な枕が欲しい」と言い出したのですが、ネットで検索したところ、 当該製品はすでに製造中止で、入手できそうにありません。 普通のスピーカー内蔵の枕や、骨伝導のヘッドフォンなどは見つかるのですが、 ●TVからある程度離れても使えて(つまり無線) ●音量を上げなくても聞こえて(つまり骨伝導) ●寝ながら使える(つまり枕) という母の条件を満たそうと思うと、あの「音枕」しかないのです…。 仕事柄、夜中まで起きていなければならないことが多く、 (海関係の仕事をしています) 「仕事が終わってTVを見ながらウトウトするのが最高の幸せ」 という母の言葉に、なんとか応えてあげたいのですが。 似たような製品をご存知の方、あるいは 「こんな方法もあるよ」と提案いただける方、 なにとぞよろしくお願いいたします。

  • 骨伝導とノイズキャンセリング

    こんにちは。 通勤にイヤホンで音楽をたまに聴いています。なぜたまにかというと10分くらいで耳が疲れて具合が悪くなるからです。それに地下鉄に乗っていると、かなり音量をあげないと聴こえません。それだと聴覚がおかしくなるんじゃないかと心配で使用を控えてしまいます。 そこで調べてみると、ノイズキャンセリングというものを知りました。せっかく購入するならBOSEのQuietComfortにしようかなと思いました。ただ金額的に踏ん切りがつかずにいたところ、骨伝導イヤホンを知り、調べてみると、日常の音も聞こえつつ、音楽も楽しめ、耳が疲れにくいとありました。金額的には2万円くらいとBOSEよりお安いです。 ただこのどちらがいいのか分かりませんのでアドバイスいただけないでしょうか? 使用目的としては通勤の音楽鑑賞及び語学学習 使用場所は、地下鉄(東京メトロ)。たまに自宅。 耳が疲れない、音量を大きくしなくても聴こえる、音漏れしない、という観点からの比較についても教えてほしいです。 骨伝導が他の生活音も聞こえつつ、音楽も楽しめる、ということであれば、電車のアナウンスも聞こえて乗り過ごすことがなくてちょうどいいかなと思うのですが、骨伝導って体に悪くは無いのでしょうか?骨を通して脳に悪い刺激が及ぶとかないんでしょうか?考え過ぎ? 宜しくお願い致します。

  • 骨伝導イヤフォンを買おうかな思っていますが

    骨伝導イヤホンなるものが売られていますが、 どの程度の音が聞こえるのでしょうか? ジョギング時に使えば普通のイヤフォンのように 耳をふさがないので安全かと思いますし子供が 自転車に乗るときに使わせようかと思っていますが 買う前に経験のある方の感想を聞かせてください。

  • 耳、聴覚への骨伝導音の防ぎ方。

    耳、聴覚への骨伝導音を防ぎたいのですが、 何方かそのような方法をご存知の方はいらっしゃいませんか?。 音の遮断などの防ぎ方ではなく、 人体の骨の振動そのものを何とか防ぐような 方法をご存知の方が いらっしゃれば、お教えいただきたいです。 私としては、イヤーマフなど を使用して、耳の周りに圧力をかければ 骨伝導を防げるのではないかと 考えているのですが いかがでしょう?。 何方か 良いお知恵をお貸しください。 宜しくお願い致します。

  • 骨伝導スピーカーは市販されているのでしょうか?

    仕事柄、周りの音を聞きながら無線の会話も聞かなくてはなりません。 それで、耳の穴をふさがずに無線の会話は骨伝導で聞きたいのですが、普通の3.5Φのジャックに接続して使用できる骨伝導タイプのスピーカーって市販されているのでしょうか? あるいは部品として骨伝導スピーカーそのものが入手できれば、ピンプラグを接続して自作も可能かな? なんて考えているのですが、そういったことは可能なのでしょうか?

  • 耳を悪くする要因についての詳細 ※骨伝導と比較し

    最近増えてきた骨伝導イヤフォンなど。耳に優しいという宣伝記事もよくあると思います。 音が聴こえる仕組みは http://www.goldendance.co.jp/boneconduct/01.html を参考にしました。 そこで質問で、そもそも耳を悪くする要因についてですが、骨伝導が耳に優しいということは、通常の空気振動から鼓膜→蝸牛 の際の、【必要以上の量や時間、鼓膜を震わせること】が耳を悪くする要因ということなのでしょうか? 骨伝導の場合、骨から蝸牛に伝わる際に、『空気振動メインよりは鼓膜を震わせる割合が小さい』ということで、耳に優しいということなのでしょうか。 結局、蝸牛に振動を伝え聴く というゴールが同じな為、耳を悪くする要因はどこなのか知りたいです。 骨伝導イヤフォンの場合、外からの音も聴こえる為、危険性が減る、というのは間違いないのかと思うのですが、【耳に優しい】理由については、耳を悪くする要因がわからないと不明です。カテゴリは迷いましたが、内耳関連詳しくないとわからないと思いこのカテにしました。

  • 骨伝導ヘッドホーンについて

    私の母が今年95歳になります、テレビを見るとき映像はまだ良く見えるみたいなのですが、耳が遠く音が聞こえないみたいで、イヤホーン使っても良く聞こえない様子です 骨伝導のヘッドホーン有ると聞いたので出来れば購入したいと思いますが、実際耳が聞こえない状態でも、聞くこと出来るのでしょうか? ご存じの方いらっしゃいましたら教えて下さい、お願いいたします

  • 年寄りに骨伝導 効果あります?

    祖母が八十代で補聴器を次から次に変えているにも関わらず 全然人の言うことが聞こえません。 補聴器自体は非常に高価なので費用もバカになりません これ以上は、高価なのに聞こえない補聴器は買い換えるのは あまり意味が無いと思い 骨伝導なるシステムによる、音を聞く器具があると聞いています 耳が遠くなった年寄りにどれほどの効果があるのか教えていただけ ますでしょうか? 専門家の方、または年寄りに使わせて効果のあった方、無かった方 よろしくお願いします

  • 耳に悪影響の少ないヘッドフォン

    耳に悪影響の少ないヘッドフォン ヘッドフォン・イヤホンは耳に悪影響が出るので、長時間の使用を避けたほうが良いと思われるのですが、やはり電車通勤をする場合大きな娯楽として、携帯プレイヤーは欠かせないのではないでしょうか? 長時間の使用に適した、なるべく耳に悪影響が出にくいイヤホン・ヘッドホンってないのでしょうか? ちなみに骨伝導タイプが適しているかと考え、店頭で試してみたんですが、 「音が小さい」「音が漏れやすい」 という印象でした。 骨伝導タイプはこの程度のものなんでしょうか? 私が使ったモデルの品質が悪いものだっただけでしょうか?