• ベストアンサー
  • 困ってます

頭皮改善ついて

  • 質問No.742619
  • 閲覧数132
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 75% (3/4)

以前育毛剤(ロゲイン)を使用していて使用中に頭皮に異常があらわれ使用を中止しました。その後も頭皮が固くなったようになり、その後抜け毛が増えました。とりあえず頭皮の改善をしたいのですが、アドバイスをお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 23% (38/164)

 私(女性)も頭皮の悩みがあり 脂性・フケ・抜け毛など何年も悩んでいましたが、最近 「オルビス」のクリーニングシャンプーを使ってから毛穴の詰まりが無くなったせいか余分な脂も出なくなり髪がサラサラしています。
フケは角質がはがれたせいか、最初大きいのが出ましたが落ち着くとそれもなくなり良好です。
それと平行して手づくりのアロエエキスを寝る前に付けると2ヶ月ほどで、髪質・ボリュームが違ってきます。勿論頭皮をマッサージしますので柔らかくなります。
アロエエキスの作り方
 アロエ200グラムを3センチ位にカットし3・4日、日陰干しし500ミリリットルの焼酎(35ど)につけ込みます(2週間) 霧吹きに移し替えて頭皮にマッサージ!
お礼コメント
fjmh

お礼率 75% (3/4)

早速の回答ありがとうございました。
シャンプーは一般の店で購入できるのでしょうか?
アロエについては一度試してみたいと思います。
投稿日時:2004/01/05 16:32

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 68% (2350/3407)

まず,ロゲインは育毛剤ではなく,「発毛剤」ですよぉ。
発売元が泣いちゃうぞぉ・・・

ロゲインを使用していたと言うことは,効果がある脱毛タイプだったと理解して,アドバイスをします。
ですから,もし違っていましたら,補足してください。

ロゲインの主成分であるミノキシジルは,最初,高血圧症の薬として開発が進められていました。
このことから,ロゲインは頭皮の毛細血管を拡張する働きがあるものだと考えています。
そこで,体外から拡張するのではなく,今度は体内から毛細血管を拡張するようにしますと,ロゲインを使用するほどではなくても,効果があると考えることが出来ると思います。

そこで,まず,強いものはもちろん,弱い精神的ストレスを受けてしまったら,そのストレスを出来る限り早い段階で解消するようにしてください。
精神的ストレスを受けてしまいますと,体内の血管が収縮してしまいます。
特に,毛細血管は,まったく血流がなくなってしまうこともあるくらいです。(もちろん,ストレスの度合いにもよりますけどね)
精神的ストレスを受けやすい社会と言われている昨今ですので,ストレスを受けないようにするのは至難の業です。
ですから,受けたら早急に解消する必要が出てくるのです。
少なくとも,その日のうちに解消してしまうことが重要になると考えています。
散歩(立ち止まってすぐに人と話が出来る程度の早足)やカラオケなどで解消するのが良いと思います。

もし,煙草を吸っているのでしたら,禁煙してください。
喫煙しますと,胃の異常とも言える運動をしてしまうことは,知る人ぞ知るですが,血管も収縮してしまうそうです。
もちろん,毛細血管もそうなります。
百害あって一利なしとは,私は言いません(集中力向上の効果があるそうです)が,髪の毛には良くないことは確かです。

アルコールは適量であれば,お勧めしたいと思います。
日本酒(14度)で1合程度,25度の焼酎でしたら100mlくらいまでです。
他のお酒の場合は,「2500÷アルコール度数」で適量を計算してください。
適量のアルコールでしたら,肝臓に負担をかけずに,血管を拡張する作用があるそうです。
ただし,適量を超えてしまう酒量でしたら,かえって飲まない方が良いです。
この場合は,肝臓を傷めてしまい,その修復に髪の毛にまわるはずだった栄養やエネルギーを消費されてしまうからです。

血管を拡張すると言うことは,血流にのって栄養を髪の毛まで届かせようと言うことになります。
ですから,食事も重要になると考えています。
細々したことを書きますと,誤解を生む可能性が高いですから,1番重要なこととして,「3日間でより完璧な栄養バランスニスね」ようにしてください。
つまり,各栄養に於いて3日間の平均摂取量が所要量(1日に摂取するべきだとされている摂取量)を越えていればOKだと言うことです。

もう一つ重要なのは,食事時刻を出来る限り統一することです。
例えば,(たぶん,1番バラつきがあると思われる)夕食でしたら,ほとんどが19時頃なら18時30分~19時30分の間に食事を開始するように努めてください。
あまりにもバラバラな食事時刻ですと,体がいつ食品を消化吸収して良いのか,その準備が出来なくなってしまうそうです。
こうなりますと,せっかく努力して栄養バランスの良い食事を毎回摂っていたとしても,消化吸収の準備が出来ていないために,必要な量を体内に摂取出来なくなってしまうのだそうです。
ですから,食事時刻は出来るだけ統一する必要があるわけです。
まぁ,1週間に1度程度なら,それからはずれても良いと思いますが・・・

もう一つ大切だと考えているのが,睡眠です。
睡眠は,生活活動によって傷んだり弱ったりした部分を修復し,髪の毛や爪など恒常的に成長している部分を成長するためには,大変重要なポイントとなります。
問題は,髪の毛の修復と成長が1番後回しになってしまっていると言うことです。
と言っても,これは,fjmhさんだけのことではなく,誰の体でもそうなのですし,また,その順番を意識して換えることは不可能です。
そのため,充分な睡眠が不可欠となるのです。
と言っても,時間だけが長ければ良いと言う話ではないので,注意してください。
やはり,食事時刻と同じで,毎日違う時刻に布団に入っていますと,体の修復や成長の準備が充分整わなくなってしまいます。

睡眠で1番重要なポイントは,実は,起床時刻です。
生活のリズムの起点となるポイントなのです。
ですから,まず,起床時刻を出来るだけ統一する必要があります。
その上で,起床時刻の6時間半前,8時間前,9時間半前のいずれかに就寝するようにしてください。(ただし,短時間睡眠に慣れてしまっている人の場合は,起床時刻の4時間前に就寝するようにしてください)

以上が,ロゲインの役割の代替としてのアドバイスです。
最後に,これとは別のアドバイスをさせていただきます。

シャンプー方法に注意してください。
私は,基本的にシャンプー剤は何でも構わないと考えています。
良く,これこれというシャンプーが良いですとか,石鹸シャンプーにしてみては?とか,そのようなアドバイスを見受けますが,確かにそれらのシャンプー剤は,一般的なシャンプー剤と比べて良いものでしょうが,シャンプー方法を間違ってしまいますと,みなさんのアドバイスが意味を失ってしまうことが良くあると考えています。
で,そうなってしまう原因が何か,実は,シャンプー剤のすすぎを間違ってしまうことが原因となるのです。
シャンプー剤に限らず,石鹸もそうですが,汚れなどを洗浄する成分「界面活性剤」が,必ず含まれています。
もちろん,この成分は汚れを洗浄する重要なものですので,シャンプー剤から排除することは出来ません。
しかし,この成分が頭皮に残っている状態を長く続けてしまいますと,まず,頭皮に炎症を起こし,それでもその状態が続いてしまいますと,今度は,脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症になってしまうことがあるようです。(「あります」とはっきり言いたいですが,医師ではありませんので,このような記述にしています)
このようなことにならないためには,頭皮のみで2~3分間を目安として,シャンプー剤をすすぐようにしてください。
なお,髪の毛が長い場合は,髪の毛のすすぎ時間をさらに加える必要があります。

あと,シャンプー方法そのものとして,参考URLの回答No.4の方法を試してみてください。
一応,余分な皮脂の除去と頭皮マッサージの効果があると思われるシャンプー方法です。(手前味噌で申し訳ないですが・・・)
お礼コメント
fjmh

お礼率 75% (3/4)

詳しい内容ありがとうございました。
投稿日時:2004/01/13 22:26
  • 回答No.2

ベストアンサー率 23% (38/164)

シャンプーのページを載せてみました。ネットで購入できます。1番最初のシャンプーの時は、ちょっとキシム感じがするかもしれませんが、その後のリンスの浸透が良いので2回目からは、キシミ感が無くなると思います。長年の毛穴の汚れが落ちる感じで良いですよ その後の育毛剤の浸透も良くなると思います。どんな良い物を使ってもまずは汚れを落としてからでないと入っていかないと思います。一度おためしあれ~
お礼コメント
fjmh

お礼率 75% (3/4)

ありがとうございました。
一度試してみます。
投稿日時:2004/01/13 22:30
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ