• 締切
  • 暇なときにでも

老人に席を譲る必要があるのか

  • 質問No.7414375
  • 閲覧数8887
  • ありがとう数24
  • 気になる数1
  • 回答数25
  • コメント数0

お礼率 73% (500/676)

先日、夜11時ごろに仕事を終えて帰宅の途中に電車に乗っていました。
車内は混んではいませんが、空席はなく、パラパラと人が立っている状態です。

私が電車に乗り込むとたまたま、前に座っていた人が降りたので私は座ることができました。(優先座席ではありません)
仕事で疲れていたので、座った途端に寝てしまいましたが、5分後になぜかある駅に電車が着いたタイミングで目覚めてしまいました。
その駅で80歳くらいの老人が電車に乗り、立っている人を掻き分け、私の前に立ちました。
反射的に席を譲りましたが、全く釈然としませんでした。

後からよく考えると理由は以下の3点だと思います。

・私はもらえるかも分からない年金をこの老人のために納めている
・私は仕事に追われ、くたくたに疲れている(少なくともこの老人より疲れている)
・そもそも、老人というものはは電車で立っていられないくらい足腰が弱いのか
(どこに行くのかは知らないが、電車の時間はほんの一部ではないのか?それを耐えることのできない人間がなぜ出歩けるのか??)

しかも、この老人は座った瞬間に寝たのですが、私が電車を降りる瞬間に目覚めて本を読み始めました。寝たフリでした。

前振りが長くなりましたが、質問は
「老人というものは問答無用で大切に扱われる存在なのか」
ということです。
ご回答をお願いします。

回答 (全25件)

  • 回答No.25

ベストアンサー率 12% (111/909)

疲れている時に席を譲ったから、何とも腑に落ちない気持ちに
なったのでしょうね~。
これが、元気はつらつな時でしたら、そんな気持ちにはならないかと
思います。昔、私も貴方の様に反射的に譲ってしまい、寝たふりしとけば
良かった!と思った時がありました。

疲れている時には、寝たふりに限ります。
私は、貴方同様に何ともいたたまれない気持ちになり、以来、疲れている
時には寝ていました。

でも、基本、老人には席を譲りますよ。
そう躾けられて来たし、気になりますから。

でも、たまに「次、降りますからいいです」と言われた事あります。

その時に、次の駅で降りるとしても、若い人から席を譲って貰ったら
素直に座れる老人になろうと思いました。 

言って立ち上がった手前、又座るのも何だかな~と思うので(笑)
でも、今の老人は昔の老人と比べたら若い若い。
譲る必要無い位、元気な人も居ますからね。

ご自分の体を考えて譲って下さい。

貴方も人が良いですね~(笑)
  • 回答No.24

ベストアンサー率 30% (6/20)

老人は大切に扱われる存在なのかという事ですが人それぞれの考え方次第だと思います。
それに人はいつも決まった行動をするという事は無く、気まぐれに席を親切で譲る時もあれば気が向かないので無視する時もあると思います。

私自身は老人の見た目で親切にするかどうか決めてる所があると思われます、基本的には立ってるのが辛そうなお爺さんやお婆さんをみたら大変そうだなと席を譲りますが、邪魔だからどけと傲慢な事を言う爺さんは睨みつけて追い返した事があります、後で少し心が痛みましたが。

すいません、感じてる事を上手く説明できていない気がします、私が言いたいのは老人というものは問答無用で大切に扱われる存在なのかという問いに対して、machaelさん自身が決めれば良いと思うという事です。

仕事で疲れ果てている時に人に優しくする余裕は中々難しいかもしれませんが、人に対して労わり、優しくしてあげた善行はいつか自分に返ってきますよ、頑張ってください。
  • 回答No.23

ベストアンサー率 35% (843/2406)

反感を覚悟して。

そもそも あなたの「うたた寝」の夢の続きのお話でしょう?

目が覚めたら目の前に老人が立っている。
あなたにも少なからずも良心があり、思わず立ってしまった。
「どうぞ」
「ありがとう」・・・(これは記載が無いので 平然とその方は座ったのでしょうね)

しかし
「なんでやねん・・・」
と、瞑想し始めたあなたは収まりがつかなくなってきたのでしょう。
きっと、吊皮を握りしめて立ったあなたは、そのまま夢の続きを見ていました。
あなたの屁理屈の始まりの3っつの疑問。


なたの前に立った老人のために、あなたが疲れているのだったら席を譲らなければ良いだけです。
その隣の人が席を空けたかも判りません。

ま、唯一のカテゴリですので ここでやり取りをするのも結構ですが、
3っつの疑問について、私はすべてあなたが席を譲ったことから始まる夢の続きに過ぎないと思います。
あまりにも、くだらないことにこれだけの人たちを巻き込んだ質問には拍手を送りたいと思います。

誰でも座席に座りたいときは「人の良さそうな人」の前に立ちます。
そして選ばれたあなたは、100%の確率で譲ってしまった。

それで良いではありませんか・・・

年金が・・・ 疲れが・・・ 足腰が・・・
その話はは是非撤回して下さい、遠い将来にこのことを思い出す時に初めて判ることです。

現実に 70歳前の私もそんな時代が確かにあったと記憶しています。
でも、夢の続きをそのように解釈したことは一度もなかったです。
今日は良いことをした。
「笠地蔵」のお話を持ち出すのも変ですが、気持ちを切り替えればいいだけのことです。
http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/9a/a3/kirigakiri/folder/501679/img_501679_28244468_1%3F1263303930&imgrefurl=http://blogs.yahoo.co.jp/kirigakiri/28244468.html&h=463&w=640&sz=148&tbnid=zVtqQ2WCAN7DRM:&tbnh=90&tbnw=124&prev=/search%3Fq%3D%25E5%2582%2598%25E5%259C%25B0%25E8%2594%25B5%26tbm%3Disch%26tbo%3Du&zoom=1&q=%E5%82%98%E5%9C%B0%E8%94%B5&docid=pLMGPMUDkMD2TM&hl=ja&sa=X&ei=zH6PT93ODY-viQefp7SeBA&ved=0CEUQ9QEwAw&dur=10790


それでもなお 釈然としないのでしたら、
思い切って腕組みしてお尻をずらして脚を組んで座ってください。
誰もあなたには近づきません。
ただ、怖いお兄ちゃんが目にとめて声をかけて来ることはあるでしょうが・・・。
お礼コメント
machael

お礼率 73% (500/676)

回答をいただけたことには感謝いたしますが、私の質問に対する回答になっていますでしょうか。
何度読み返してみても、理解ができません。
ただ、一つ分かることは私の質問に対して腹を立てていることくらいでしょうか。

指摘はそれが正しければ正しいほど、相手を苛立たせると言います。
それが理由でしょうか。

この場は「質問」に対して「回答」を行う場です。
もし質問の意図が分からないのであれば、回答しなければいいだけの話です。
投稿日時:2012/04/20 01:11
  • 回答No.22

ベストアンサー率 27% (50/185)

>老人というものは問答無用で大切に扱われる存在なのか
そういうことになっています。白羽の矢がたったのが運の尽きです。
周囲の人も「私でなくてよかった」と思ったかもしれません。
老人が質問者さまの前に来たのは、入り口から近い席なのか、譲ってくれそうに見えたのかは、わかりません。

>私は仕事に追われ、くたくたに疲れている(少なくともこの老人より疲れている)
釈然としない理由は主にこれと思われます。年金と足腰は、これに付随して強化要因でしょう。
老人は質問者さまを知らない、質問者さまも老人を知らない。互いに相手を知りません。
ですから真相はわかりません。

今後、同様の目に遭わないためには自衛しましょう。
折畳椅子を持参し、座席を確保する。これなら譲ることは必要ありません。
折畳の杖も「足が悪い」のアピールになります。

譲る際には、ため息と、近くでしゃがみ込まないまでも、つり革にぶら下がって「疲れている」を表現。
老人の後悔を誘いましょう。これは期待薄ですが・・・

ちなみに私は席を譲ったことはありません。
こういうのが嫌なので、空席が少々あっても座りません。
お礼コメント
machael

お礼率 73% (500/676)

回答ありがとうございます。
投稿日時:2012/04/20 00:42
  • 回答No.21
まだ閉めておられないようでしたので、失礼します。

>「老人というものは問答無用で大切に扱われる存在なのか」
と、いうご質問ですが、ごめんなさい。
私自身は「いや。そうとは必ずしも?」という質問者様のお気持ちを感じました。
そう思いたくもなるような人に遭遇されたのですね。がっかりですね。

私は今、しゅうと、姑の介護中の女性です。
つくづくと思うのは、高齢者も昔は若者で、行動と思考のパターンは
なかなか変わらない、ということです。

うちのしゅうとなどは、若いころは柔道の黒帯で、高齢になっても誇り高い人。
質問者様のような仕事帰りの人に席を譲られそうになったら、
「お前が座れ。俺のことは気にするな」ぐらいのことは言いそうです^^;
これがうちのしゅうとめなら、相手の厚意を大切にする人で、
「ありがとう。どこまで帰るの?」みたいに、席を返すタイミングをみているような。

結局は人。
質問者様をがっかりさせた高齢の方は、あなたにお礼を言われましたか。
「人に親切にされたら、お礼は言いましょう」ですよね。
私の答えはご質問からは少しずれている答えかもしれません。
が、考えさせられる問いかけでした。
素敵なお年寄りを、一緒に目指しましょう^^
お礼コメント
machael

お礼率 73% (500/676)

回答ありがとうございます。
投稿日時:2012/04/20 00:41
  • 回答No.20

ベストアンサー率 18% (2122/11343)

>最近は老人に対して敬意を払う理由が見つからないのです。

老人は先に産まれてきており、先に死んでゆく。

特に「先に死んでゆく」という事ただ一点で敬意を払う理由になります。
それが道徳です。

体力の有無とか、経済力の有無など、表面的な条件に惑わされずに、誰が先に死ぬか、を基準に敬意を払えばだいたい道徳を外すことは有りません。
瀕死の若者が居れば、元気な老人よりも、この瀕死の若者に敬意を払うのが道徳です。
お礼コメント
machael

お礼率 73% (500/676)

回答ありがとうございます。

>特に「先に死んでゆく」という事ただ一点で敬意を払う理由になります。
>それが道徳です。
大衆受けして、分かりやすいよい解釈だと思います。
ただし、道徳とは綺麗ごとではないと思います。
単なる多数決です。

従って、この質問にて多数決をとったのです。
母数の少なさ、偏りは避けられませんが、参考にはなります。
投稿日時:2012/04/15 23:13
  • 回答No.19
 年齢層を言うなら、働き手が少ない時代です・・・
 高齢者ばかりが蔓延る時代で、俺は偉いんではは通じない時代です・・・介護保険、年金も誰が支援しているかと言えば、若手です・・・
 席譲れは、昔の高度清朝時代の美談です、今高齢で実施70歳からが高齢者です・・・
 これからの高齢者は下半身を鍛えて、自立できない老人ではのけもの扱いはされます。
 妊婦に席譲れ、障害者に席譲れ、子連れに席譲れです、一高齢者様が偉そうな態度は通じない、私なら寝たふりで無視をするとおもいますよ・・・
 日本国内の人口分布の過半数の数の段階で、発言権利は無いも同然、貴重価値あるのは、支配%の数値が一割以下の話です・・・
 これだけ高齢者ばかりなら、その他大勢の域が高齢者です・・・
 100歳なら、席譲れますよ、それは生きていること事態が奇跡に近いからとおもいます・・・
 誰でも見る、高齢者ならその他大勢扱いですよ・・・
お礼コメント
machael

お礼率 73% (500/676)

回答ありがとうございます。

「…」が多いのは癖なのでしょうか。
老人が過半数を占めれば、老人を大切にするという概念も変わるということでしょうか。

私の解釈が正しければ、おっしゃることはよく理解できます。
投稿日時:2012/04/15 23:16
  • 回答No.18

ベストアンサー率 18% (2122/11343)

道徳などの社会規範と、法律などの権利義務をごっちゃにしちゃあいけないよ。

道徳では、老人=人生の残りが少ない人=先に死ぬ人、に対しては敬意を持って接することになっております。

一方の、権利義務では、電車に乗ってる人が全て平等でなければなりません。

貴方の質問はどちらですかいな?
お礼コメント
machael

お礼率 73% (500/676)

回答ありがとうございます。

>道徳などの社会規範と、法律などの権利義務をごっちゃにしちゃあいけないよ。
まずもって、法律や権利義務はこの場合何ら意味がないのは自明です。
ましてや、優先座席でもありません。

問題は道徳、社会規範のみです。

ただ、この道徳観念が微妙です。
道徳観念は時代と共に変わるため、今の皆様の考えをお伺いしました。
そもそも、最近は老人に対して敬意を払う理由が見つからないのです。
ただ、妊婦、子供を含めて、弱きを守る精神はまだどこかにありますけど。
どこかで、この老人よりよっぽどこの国、社会に貢献しているという気持ちがあるからかもしれません。
投稿日時:2012/04/15 21:17
  • 回答No.17

ベストアンサー率 31% (84/264)

>「老人というものは問答無用で大切に扱われる存在なのか」

いえいえ、問答無用ってことは有りません。
老人といってもいろいろいますから。

優先席は問答無用で老人優先なのはやむをえませんが、
優先席でないならば、「松葉杖をついた青年」「臨月まじかの妊婦」「足元おぼつかない老人」は仕方ないですが、それ以外はこっちの事情と突き合わせて判断していいです。

今回の場合、
あなたはたまたま目が覚めて、たまたま乗り込んでくる老人が目に入り、なぜかあなたの前に立った、のであなたは反射的に立ってしまった。

あなたには明確な譲る気持ちはなかったのに、はずみで譲った。
しかもその老人は寝たフリをした。
で、すごくしゃくに障った、のですね。

あなたの心の中に、「老人には譲らなければ」というプレッシャーがあったのが原因です。

自分の中に譲る基準を持ちましょう。
疲れていて眠い時は譲らない。
スーツを着て通勤しているらしい老人には譲らない。
夜遊びしている老人には譲らない。
酔っ払いには譲らない。
優先席以外は譲らない。

などなど。
基準を持っていると、「無意識に譲る」ということが少なくなり悔しい思いをすることが少なくなります。

それでもうっかり、反射的に立ってしまった時は、まだまだ修行がたりないなと自戒しましょう。
お礼コメント
machael

お礼率 73% (500/676)

回答ありがとうございます。
自分の中の基準をしっかり持つことが大事ですね。
投稿日時:2012/04/15 21:04
  • 回答No.16

ベストアンサー率 12% (15/119)

それはあくまで道徳なので人それぞれだと思います。
お礼コメント
machael

お礼率 73% (500/676)

回答ありがとうございます。
おっしゃる通りです。
投稿日時:2012/04/15 21:01
25件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ