解決済み

国の教育ローン受けたいが借金あり。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7411889
  • 閲覧数29992
  • ありがとう数20
  • 気になる数1
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 67% (290/427)

高校生の息子がいます。
国からの教育ローンを受けたいです。
visaに借金があります。
プロミス等の金融機関にも借金をした場合、教育ローンが降りない可能性が高くなりますか?
参考にさせてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 66% (2/3)

他に借金があるからローン審査が通りにくくなるわけではありません。むしろ借金があっても、毎月きちんと返済しているのであれば、そのぶん信用が増すことになり、お金は借りやすくなります。

ただし、安定した収入があり、借り入れを希望する額に対して充分な返済能力があることが前提です。教育ローンの審査が特別厳しいというわけではありません。強いていえば、世情を反映して、今はどんな借り入れでも審査は厳しいです。

なお、もしも生活が苦しくて消費者金融に頼っているのであれば、高い金利のせいでさらに家計が圧迫され、ますます悪循環に陥ります。たとえ返済義務のある奨学金であったとしても、消費者金融よりは金利が低いですから、お子さんの学費は奨学金で賄い、生活面では我慢できることは我慢して、できる限り余計な借金はしないようにしましょう。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 66% (6/9)

私の娘が高校へ進学する時、同じく私にも数社に借金がありました。
国の教育ローンと言うのでしょうか、奨学金制度を利用しようとして役場に行きましたが、やはり審査が厳しく借金がある場合でなくとも保証人が必須となりました。私は借金があるという事で説明だけ聞いて帰ってきました。
しかし、奨学金制度は「貸付」だけではありません!『給付』という奨学金制度を利用する事も出来るのです。給付はお金を一切返済しなくても良いのです。
だいたい募集条件は学校で1人で、校長推薦となるケースですが、成績が超優秀でなくとも、給付の奨学金の募集者が他に誰もいなければ希望がかなうパターンもあり得るわけです。私の娘は去年、年額24万円の給付の奨学金制度の審査がとおり3年間受ける事が出来るようになりました。
地方により奨学金を提供している事業所が違うかもしれません。ネットで「給付の奨学金制度」などとあなた様の地方に提供している事業所を探しまくって、奨学金制度が活動する8月~10月くらいのチャンスの時期までに可能性のある事を諦めずにやってみて下さい。
それから消費者金融業者の借り入れは何年くらい前から借り入れしていますか?今のあなた様の残額によっては10年くらい前から取引があるようなら過払い金請求して、今ある数社の借金がゼロになるか、もしくはプラスに変わるかもしれませんよ。そしたら、普通に「教育ローン」も何の問題もなく審査が通ると思います。
子供の為に一生懸命になっているあなた様なら、必ず良き方法を見つけていけると思います。最後まで諦めずに可能性あるべき術を頑張ってやってみて下さい。 ただ、過払い金請求は請求して残が残る場合はブラックリストに載るので、それこそ銀行や教育ローンでの融資は借りれする事が出来なくなってしまいます。先走らず、しっかりと問い合わせや事前の十分な情報収集をして下さいね。
ちなみに、私の娘は財団法人「スズキ教育文化財団」からの給付を受けました。
心から娘と神様に感謝した事を一生忘れません。
  • 回答No.1

まず、プロミスは、金融機関とは言いません、消費者金融です。

すごく当然なことではありますが、他社などに借入残やクレジットカード利用(ショッピングを含む)債務があれば、教育ローン審査は、大変厳しい審査となることは当然のことに過ぎません。

更には、教育ローンの場合には、一般のローンよりもはるかに審査基準が厳しく、年収やクレジットなどの利用履歴などにおいても厳しい審査が確実に実施されております。
教育ローン申込人数が、ここ数年間で、倍増以上に急増している為の措置の一つです。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ