ギミックに圧倒される小説を教えてください

普段、小説はあまり読まないのですが、最近時間を持て余す状況が増え、本に触れる機会が増えたので質問です。 デジタルノベル...

rkd4050 さんからの 回答

  • 2012-04-10 20:05:14
  • 回答No.1
rkd4050 レベル11

ベストアンサー率 60% (112/184)

 私が"Ever17"をプレイして真っ先に思い出したのは、いとうせいこう『波の上の甲虫』でした。表面的なストーリーは全然違うのですが、あのゲームを小説化するなら、あの小説の技術を応用する必要があるだろうなあと。

 奥泉光『石の来歴』は冒頭が、特に小説をあまり読まない人にはやや重たいかもしれないですが、その辺を我慢して読めるなら、なかなか技の効いた作品です。芥川賞受賞作の中でも屈指の名作。これが読めるなら『葦と百合』や『ノヴァーリスの引用』などもおすすめ。

 有名すぎて大技の多くは読んでない人でも知っているアガサ・クリスティですが、『ゼロ時間へ』のトリックは意外と知られていないかと思います。殺人が起こって探偵が解決するという従来のパターンではなく、殺人が計画されたところから始まり、それが実行される「ゼロ時間」へ向かって作品が描かれるという、変わった描き方をしている作品です。でまあ、その変わった書き方にばかり注目が行くおかげで、トリックそのものは意外にネタバレされてないんですよね。

 あとは小説じゃないですが、映画の『フォロウィング』、『カンパニーマン』も、この手の作品が好きなら合うだろうと思います。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ