「こんにちわ」では駄目?

昭和61年の現代仮名遣いでは、格助詞の「は」は「は」と書くとなっています。 その中に、「こんにちは」が例としてあがってい...

asuncion さんからの 回答

  • 2012/04/06 17:36
  • 回答No.3
asuncion

ベストアンサー率 31% (1620/5104)

>「こんにちは」で一語の挨拶語(感動詞)として完結だとする

そもそもこの仮定が正しいかどうか、疑問があります。

>「今日」は「きょう」が普通で「こんにち」とは読みません。

確かに今はそうかもしれませんが、「こんにち」という読み方が全くない、というわけではないです。
「こんにちは」という書き方は、(おそらく以前は)「こんにちはよいお日柄で」とか
「こんにちはお元気ですか」なんていう言い方をしていたときの名残であろうと思います。

まあ、日本語(に限らず多くの言語)は時代とともに揺れ動いていますので、
何年か先には「こんにちわ」という書き方が一般的になるかもしれませんし、ならないかもしれません。
お礼コメント
oakbow4490

お礼率 100% (68/68)

ご回答ありがとうございます。
まあ、「こんにちわ」から「チース」になってしまえば、こんな違和感も感じませんが・・・
投稿日時:2012/04/06 18:05
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 歴史的仮名遣いの発音についての疑問です。 日本語・現代文・国語

    歴史的仮名遣いの発音についての疑問です。 同仮名遣いでは、例えば、今日(きょう)は「けふ」と表記し、蝶々は「てふてふ」と表記します。 そして、現代のわれわれはそれを読むとき、それぞれ「きょう」「ちょうちょう」と発音します。 学校でもそう教えられました。 では、当時の人々はどう読んでいたのでしょうか。 まさか、われわれ同様、「きょう」「ちょうちょう」とは読んでいなかったと思います。 それよりも「けふ」「てふてふ」に近い発音ではなかったかと想像されます。 かりにそうだとしたら、学校でも、社会でも、歴史的仮名遣いの読み方は、 現代仮名遣いの表記に直して発音するのではなく、 表記通りに発音するように改められるべきではないでしょうか。...

  • 文語体と歴史的仮名遣い 日本語・現代文・国語

    口語体と文語体の具体的違いが分かるようでいて分かりません。 現代仮名遣いと歴史的仮名遣いも同じです。 それと文語体と歴史的仮名遣いは、何がどうのように違うのですか。 また、古語とは古文のことなのですか。 ご存じの方にはおかしな質問でしょうが簡素なご説明くださいませんか。 できることならば文語体と歴史的仮名遣いを学習するための入門的な学習書を何冊か勧めてはいただけません。 学生時代に挫折した森鴎外や夏目漱石を原書のまま読書しようかと思っているので。 感覚で何となく読める日本語力からそろそろ卒業したいです。...

  • 歴史的仮名遣いと現代仮名遣いの違い 日本語・現代文・国語

    歴史的仮名遣いと現代仮名遣いの違いって何ですか? 言葉の古い?と新しい?の違い? どんなことを言うのか例をあげて教えてください。...

  • 「~ものそ」の仮名遣いは?万葉歌を現代仮名遣いに 日本語・現代文・国語

    夏の野の 繁みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものそ  大伴坂上郎女(万葉集 8‐1500) 「~ものそ」の「そ」は、現代仮名遣いでも「そ」で良いのでしょうか? 上記の万葉集の和歌で、現代仮名遣いと表記が違う場合は、現代仮名遣いに書き換えて下さい。 よろしくお願いいたします。...

  • 歴史的仮名遣いを現代仮名遣いにするときに 日本語・現代文・国語

    現代仮名遣いについて 中学生の国語の問題集からです。 歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに書きかえる問題なのですが、 「昔、恵心僧都、一日、庭前に草を食する鹿を、人をして 打ち追はしむ。」 の「打ち追はしむ」の部分は、「うちおわしむ」が正解になっております。 この場合、「うちおわしん」は不正解になるのでしょうか。 お願いします。...

ページ先頭へ