解決済み

日中戦争で失われた遺物

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7404
  • 閲覧数95
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

日中戦争で中国の書物が道路の敷設
のために利用されたということを聞いたことがあるのですが、
どのくらいの書物が失われたかご存じの方はいないでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル3

ベストアンサー率 100% (1/1)

おそらくは日中戦争ではなくて、義和団事件ではないでしょうか。もしかしたら、日中戦争でも似たようなことがあったのかもしれませんが、義和団事件の時の事だと仮定して話を進めます。

今から1900年の義和団事件の最中、義和団と対決する八カ国連合軍が、泥濘の中、砲車を安定させるために『永楽大典』という本を道路に敷き詰めたと聞きます。

『永楽大典』は今からおよそ400年前に、明の永楽帝によって編纂が命じられた書物で、現代でいうところの百科辞典です。もともとは11095冊の本だったようですが、時代の経過とともに散逸し、1875年には5000冊にまでなっていたようです。そして先述の義和団事件の際、焼失掠奪等に遭い、今日世界に現存しているものは400冊に満たないそうです。日本でもいくつかの機関が所蔵していますが、このうち東洋文庫で所蔵するものを見る機会があったのですが、表紙に焦げ跡がついており、学芸員の話によれば、義和団事件の際に焼失を免れた跡だということでした。
お礼コメント
noname#2813


戦闘を実行しているような軍人にはそういった遺物の意味などわからないかも知れないですね。
よりによって貴重な資料を踏み台に使うとはいまでは全く信じられない行為という感じがしました。
貴重なご意見ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ