• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

低気圧と体調

  • 質問No.7398534
  • 閲覧数11591
  • ありがとう数33
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 90% (4488/4968)

私の母は低気圧が近づくと体調が悪くなるといいます。頭が痛くなったり、肩がこったりするそうです。低気圧と体調の変化って科学的に裏付け取れてるものなのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 61% (1658/2703)

自然の産物であるからこそわたしたちは温度や湿度あるいは気圧など自然の変化に同調しながら生きています。普通に健康ならばこういう自然の変化に適応できるのですが、日頃から病気や体調の悪さを内在していたり、そこまでいかなくても血流の悪さや冷えがあるような一部の人は自然の変化で自律神経を大きく揺すぶられてしまうことがあります。自律神経は特に気圧の変化には敏感で低気圧になると体調の悪さが際立ってきます。例えば日頃から頭痛や肩こり、神経痛、リュウマチなど痛みを抱えてる人にとっては低気圧は不快で辛い症状を呼び込んでしまいます。
低気圧というのは大気中の酸素濃度が薄い状態ですのでわたしたちが吸う酸素も減ります。体はこれを瞬時に察知して自律神経のレベルに影響を与えます。
酸素がたくさんある高気圧ですと酸素ストレスで交感神経が緊張して体は興奮して元気になります。例えば秋から冬にかけては高気圧が優勢になりますが、元気が出て運動やスポーツのシーズンですね。
酸素が薄くなるとどうでしょう。ゆったりとリラックスしてきますが、逆に副交感神経が優位に働くようになるからです。雨や台風で低気圧が接近してきたり、冬から春、夏にかけて低気圧が優勢になってくると痛みが出たり体がだるくなってくるのはそのためです。副交感神経が優位になるとリンパ球が増えますが、血管拡張、血流増加作用があり発痛物質でもあるプロスタグランジンの分泌などが盛んになって痛みが増幅してきます。
ただし、自律神経が敏感に反応するのは低気圧接近の一時的なものでしばらくして体が慣れてくれば反応は次第におさまります。

頭痛や肩こりはもともと血流障害があることを示しています。日頃から肥満や過食を避けお風呂などで体を温めたり、スポーツや運動で体を動かして血流を良くしながら体を鍛えておくことが大事です。そうすると時間がかかりますが気圧の変化に適応できる自律神経のレベルになっていきます。しっかりとメリハリの効いた生き方がのぞまれます。
お礼コメント
ladybaby

お礼率 90% (4488/4968)

なるほど、非常に考えさせられるご回答でした。感謝致します。
投稿日時:2012/04/03 15:14

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 56% (3419/6040)

 血管などの老化が原因かと思われます。

 老眼というのがありますよねぇ。

 老化により、目のレンズを厚くしたり薄くしたり筋肉が動かなくなるためおこります。

 同様に、血管も老化によって硬くなります(糖化コレステロール?が管の内部に入り込むせいだったかな)

 内部の血圧と外部の気圧でちょうどバランスが取れています(ふつうの気分でいる)。

 血管が柔らかいと多少の気圧の変化は吸収できるのですが、老化で硬くなると対応ができなくなります。

 周囲が低圧になるのに、血管内の血圧調整がうまくいかないと、血管内の圧力が相対的に高くなります。

 機能的には「高血圧」状態になり、極端にいうと深海魚が浅海へ出てきた時にウキブクロが口から飛び出してしまうような状態になりますので、頭がボーとなっているものと思われます。

 頭だけではなく、各部分(特に古傷など、断裂がある場所)に影響が出るものと思われます。

 と書くと、高気圧が来た時はどうなるんだ、という話になります。なると思います。

 どんなに早く潜水しても異状は出ませんが、深いところから急速に上がると・・・ 水圧が急速に下がると「潜水病」になります。ヘタをすると死にます。

 全身に水圧がかからない半身浴が勧められているように、「周囲の圧力が高くなっても全然問題ない」とは言いませんが、全身浴をしても、異状は感じません。

 人体に、感じられるほどの異常がでる(典型的なのは血管の破裂)のは、周囲の気圧が下がる時なんですね。

 ですから、高気圧が来た時も血圧は変わっているはずなのですが、異状は感じないのでしょう。


 ちなみに、先日みたNHK「試してガッテン」によると、ストレッチで体を柔らかくすると、血管も柔らかくなるそうです。

 上記の、「糖化コレステロール」云々はその時出てきた言葉だと記憶しています。

 ストレッチはご老人の「低気圧」対策にも役立つはずですね。
お礼コメント
ladybaby

お礼率 90% (4488/4968)

回答者様の知識の深さが滲み出るお答えでした。非常に勉強になります。ストレッチ奨めてみます(^∀^)ノ
投稿日時:2012/04/03 08:26
  • 回答No.2

ベストアンサー率 18% (42/230)

科学的根拠があるのかわからないので、回答にはならないかもしれませんが、気圧が低くなると体調崩される方は結構多いですよ。
私は介護職ですが、そういった年配の方は結構いらっしゃいます。
ただ、そういう方は大抵の場合、持病のある方が多い気がします。
低気圧の接近中がいけないらしいですね。来てしまえば大丈夫らしいです。過ぎ去る時も平気。
不思議ですね。
お礼コメント
ladybaby

お礼率 90% (4488/4968)

ありがとうございました。お蔭様でめちゃくちゃ勉強になりました。

やはり低気圧に敏感な方はいらっしゃっるのですね!うちの母も接近中がキツイと言ってます☆
投稿日時:2012/04/02 22:15
  • 回答No.1
各人の体質などにもよりますが、
低気圧の通過時では、質問文のような症状が出やすいと言われておるのが現実です。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ