• ベストアンサー
  • 困ってます

「剰余金」と「余剰金」の違い

  • 質問No.7375717
  • 閲覧数19894
  • ありがとう数22
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (135/135)

簿記2級の勉強をしているのですが
「剰余金」と「余剰金」と言う言葉が出てきます。
どちらも同じ意味ですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 64% (133/205)

こんにちは

会計では、余剰金という言葉は使用しません。

余剰金とは、予算と対比して余っている金額のような場合に使用する言葉です。
逆に不足している場合には、欠損金といいます。


会計で使用するのは剰余金という言葉です。
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
剰余金とは、資本取引によって発生した資本剰余金(資本準備金等)と、損益取引によって
増殖した、内部留保している自己資本で、利益剰余金(各種積立金、繰越利益剰余金等)
のことを言います。

純資産の部に表示され、調達源泉を意味します。
"余っている"訳ではありません。

紛らわしい言葉ですが、会計にでてくる剰余金とは明らかに意味が異なりますので、
注意しましょう。

ご参考まで
お礼コメント
gtrfhyuj666

お礼率 100% (135/135)

余剰金は使わないのですね。ありがとうございました。
投稿日時:2012/03/24 12:46
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ