• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

スピーカーのウレタンエッジ交換

ウレタンエッジの交換をどの程度になったときに交換されていますか。ウィルソンシステム6を購入してから10年経過しました。見た目にも、触ってみてもまだエッジは大丈夫のようなのですが、システム6のエンクロージャーの前面には”ディフラクションパッド”というウレタンが張ってあり、それがそろそろ劣化し始めています。という訳で、ディフラクションパッドの交換とともウレタンエッジも交換したほうがよいか悩んでいます。また、セーム皮などに交換すれば寿命が長いとも言われていますが、如何なものでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1973
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

はじめまして♪ スピーカー工作が子供の頃から好きで、今でも趣味の一つ。 私も、エッジ張り替えとか経験していますが、失敗も有りますので、最終的にアキラメが出来るユニットしか自分では行いません。 セーム皮エッジのユニットは、我が家にも先代から引き継いだ物が有ります。まだモノラルで真空管アンプと電磁石で動くユニット。おそらく50年以上昔の物でしょう。今も飾りになっていますが、エッジはパリンパリンに固く成っていますので、保存状態次第なのでは無いかと思います。 ウレタンエッジは5年から15年と言うそうですので、そろそろ時期でしょう。 http://www.auduo-1.com/newgoods/W-X/Wilson-Audio/system6/System6.html あれ??? ウレタンエッジでしたっけ?  ダイナ?スキャン? このウーファーユニットってたしかゴムエッジだったような、、、 (かなり曖昧なので、間違っている可能性もあります。違っていたらゴメンナサイ。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報を有難うございます。iBook-2001さんの回答にはいつも感心して拝見しています。セーム皮がバリンバリンになるリスクがあることが分かりました。交換の際には業者にお願いするつもりです。なお、System6のウーファーエッジはウレタンなんです。その後のSystem7からはゴムエッジです。エッジ自体にまだ不具合は見られないのですが、エンクロジャーに貼ってあるウレタンが怪しくなったので、いっその事エッジもついでに交換するか悩んでいたわけです。交換するにしても、オリジナル通りのウレタンの方がよさそうですね。http://blog.goo.ne.jp/audiospacecore/e/4fab8c1fdc312560bb52264a08241539

関連するQ&A

  • スピーカーの修理・エッジ張替えについて

    JBLの38cmウーファー2235Hを使った自作の3wayシステムを15年程使ってきましたが、とうとうウレタンエッジが劣化してきました。 以前、パイオニアの36cmウファー(S-955III)をセーム皮で張替えたことはあるのですが、すでに2235Hの単体販売はされていないので、失敗するわけにもいかず、今回はプロにお願いしようかと思っています。 そこで、大型ウファーのエッジ張替えを専門店に依頼して成功した体験を持っておられる方がいましたら、依頼された専門店を紹介いただきたいのです。 ネットでいくつか候補が見つかってはいますが、ユーザーサイドの成功例を参考にしたいと思い質問しました。 尚、今回はセーム皮等耐久性のあるものにしたいと思っています。 (パイオニアでは音が悪くなるといったことはありませんでしたので。)

  • スピーカーのエッジ交換・素材選びについて

    INFINITY Reference ONE のエッジが劣化したのでエッジ交換を検討しています。 http://audio-heritage.jp/INFINITY/speaker/referenceone.html オリジナルはウレタンエッジなのですが、やはり交換はオリジナルと同じウレタン素材を選ぶべきでしょうか? 純正パーツではありませんがウレタンエッジなら2個で5000円程度で購入出来るみたいです。 なるべく安く済ませたいので自分で交換してみようかと悩んでいます。 スピーカーは今後何年使用するか分かりませんが5~10年使用する可能性もあります。 そう考えるとウレタンの場合、再びエッジ劣化の発生リスクがあります。 クロスエッジなどは耐久性に優れていると聞きましたが、音質などの変化はどの様な変化が予測されますでしょうか? ※ INFINITY Reference ONEのオリジナルの音質に強くこだわっている訳ではありません。 何社ものスピーカーを聴き比べて購入したのではなく、衝動買いみたいな感じで買い求めました。 CD再生のみで使用します。ジャンルはロック・ジャズ・フュージョンをメインに、特にギターを良い音で聴きたいと思っています。最近はクラシックも少々・・といった使い方です。

  • JBLスピーカーの選択

    1981年に購入したJBL4301BWXが、二回目のウレタンエッジ破断に なりました。前回はハーマンの純正コーン紙交換で¥50,000/2本 でしたが、今は価格改定されて、¥80.000/2本です。時代も移り ましたので、4312MIIあたりに替えようかどうしようかと悩んで います。ウレタンの寿命は予測できませんので、クロスエッジの 4312MIIの方が良いかなとも考えています。4312MIIは試聴して 結構現代的だなと感じました。4301B以上のサイズは、収納は できませんので、率直なご意見をいただきたいです。 音源は、CDでアンプはPMA1500で、主に1950年代からのJazzです。 1)コーン紙張替 2)4312MII代替 3)それ以外のJazz向きスピーカーがあれば、が選択肢です。

  • スピーカーウレタンエッジの張替え

    DIATONE 2S-305D を愛用しております。ウーハーユニット(30cmコーン型ウーファーPW-125)のウレタンエッジがボロボロになったので除去し、そのまま聞いております。 最近、低音が出にくくなった(スピーカーに原因があると特定出来ていませんが)と感じます。 専門家にエッジ交換をお願いしようかと思うのですが、当ユニットはコーン紙とフレームをウレタンエッジで支えている構造ではないようです。ウレタンエッジはコーン紙の蛇腹部分に単に貼り付けている状態でした。厳密にはダンピングなどに影響するとは思うのですが、コーン紙を支えている訳ではないので、その影響は少ないのでは?修理する必要はないのではと思います。詳しい方、アドバイスお願いします。

  • スピーカーは古くなると必ずエッジ交換が必要になる?

    最近、オーディオの修理屋さんにカセットデッキの修理に行ったところ、雑談で他のお客さんのスピーカーのことにふれました。 これは修理品なのか聞いてみたところ、スピーカーのエッジ交換を施したということでした。 修理屋さんいわく、スピーカーはみんな古くなるとエッジが傷んで交換が必要になるということでした。 はじめてエッジ交換という言葉を知り、そのときはへぇ~と聞いていたのですが、後から自分のスピーカーは大丈夫なのか不安になってきました。 年代もののバブルコンポ、パナソニックSC-CH700(http://panasonic.jp/support/product/audio/SC-CH700.html)というものを2台、どちらも18年間使っているのですが、今のところエッジと思われる部分に目立った傷みや音質の劣化というのはないようなのです。 全ての古くなったスピーカーにエッジ交換というものが必要というわけではないのでしょうか? また、最近オンキョーのD-412EX(http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/intec/275series/d412ex/index.htm)というスピーカーを手に入れたのですが、これもいずれはエッジ交換が必要になるのでしょうか? それともSC-CH700のスピーカーのように案外必要なかったりもするものなのでしょうか?

  • タイヤの寿命?

    タイヤの寿命のことで、教えてください。 時間経過で劣化するのは、当たり前ですが・・ 1 ヒビ割れは、ちょっとでもあれば、全くダメなんでしょうか? 2 例えば、3万キロとか、明確な目安は? 3 チューブタイヤの場合は、チューブ交換さえすれば、外見にヒビがあってもOKですか? 4 チューブレスの場合は、ヒビが見えると、そこから空気が抜けていくのでしょうか? 命が乗っているので、交換するのはヤブサカではないのですが、実際のところはどうなんでしょう?

  • スピーカーユニットのDCR

    昔JBLの1インチドライバユニット2425Hを新品購入した際、事情があって16Ωに変更するため納品前に当時の代理店サンスイにダイヤフラムの交換を依頼しました その後4ウェイシステムで使用していましたが結局いつまでたってもコントロールがうまくできずマルチアンプで駆動することでそこそこ納得できるまとまりを得ました システム変更でお蔵入りしていたそのユニットを再び利用できそうな機会があったため、インピーダンス確認のためマルチメーターで直流抵抗を確認したところ、片側11.6Ω、もう一方がなんと5.4Ωでした もちろん直流抵抗でインピーダンスを測定しているわけではないのですが、16Ωユニットだと概ね12オーム前後と認識していたので驚いています 考えられる理由として元々サンスイで間違えていたか、経年で劣化?したか、あるいはそれでも正常な値でいいのか(DCRとインピーダンスは関連付ける必要がないとか)おたずねします また見た目でダイヤヤフラムのIMP(HorJ)タイプを見分ける方法はありますか?

  • SPのエッジ。なぜウレタンを使うのか?

    5年も使えば間違いなく寿命がつきる「ウレタン」。なぜ、SPエッジに「ウレタン」がいまだに使われているのでしょうか?10年後には、間違いなく「ボロボロ」です。なぜ、多くのSPのエッジにウレタンを使うのでしょうか?

  • スピーカーエッジについて

    スピーカーをジャンク品で買ったのですが、ウーハーのエッジとコーン紙が剥がれてるだけでちゃんと音はでています。自分で直そうと思ってるのですが、どのようなボンドで直したらいいのか教えて頂きたいのですが、よろしくお願いします。

  • スピーカーのエッジ。

    最近、BOSEの901IVを購入しました。 気になるのは「ウレタンエッジ」っということです。 私、今まで中古のスピーカーでウレタンエッジがダメなものを購入したり、 20代後半~30代初めにかけて使用してS3100も5年くらいでエッジがダメになりました。 それいらい、どうもウレタンエッジが好きではありません。 昔のJBLの小型スピーカーはウレタンエッジがたくさんありますが、 今のJBLはウレタンエッジは見かけないように思います。 今は日本製品でもユニットでもウレタンエッジって少数派だと思うのです。 布製は音が悪いっと言う人もいます。 私が良くいくオーディオショップに来るお客さんで、 ユニットを新品の段階でもセーム皮に替えている人がいます。 その人がいうには「セーム皮は低音がでる」っというのです。 ウレタンエッジのメリットってなにかあるのでしょうか。 そしてエッジで音がそんなに変わるものなのでしょうか。

専門家に質問してみよう