• 締切済み
  • 困ってます

重婚的内縁関係は違法ですか?

日本では、重婚が禁止されています。 例えば、 婚姻関係の夫Aと妻Bがいます。 夫Aの内縁の妻Zがいます。 夫Aと内縁の妻Zの間に生まれた子供Yがおり、 夫Aが子供Yを認知しました。 4人とも合意の上で、同居しています。 これは、違法・不法状態にあたりますか? ※内縁の妻Zは、婚姻のした場合の権利は一切主張しません。 また、この関係で何か制約みたいのを受けますか? 例えば、妻Bの配偶者控除が認められないとか、 相続権がなくなるとか。 通常の配偶者として認められている権利が制約されるか? 非嫡出子の認知された子供Yは、嫡出子の比べ何か違いがありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1605
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4

違法かどうかで上がってるのは重婚ではなく不貞行為に関するものかと思います。(つまり不倫) これも上がっていますように妻が納得していれば問題無しですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 不貞行為じたいは、違法ではないですよね? 離婚の理由になる行為の一つって事で。 なんというか、 法律上の権利とかを主張しなければ、 また、皆が合意していれば、 「事実上」の一夫多妻は違法・不法行為には、 ならないのですね。

関連するQ&A

  • 重婚的内縁関係について

    以下の関係が重婚的内縁関係に値するか教えてください。 ・内縁関係15年。愛人との間に未成年の子供一人有り。 ・15年の間、本妻より愛人宅にいる方が長いが、(本妻宅2割、愛人宅8割くらい)本妻と仲が悪いわけではない。旅行等も行ったりしていた。 ・愛人の親戚や近所の人には二人の内縁関係が夫婦であるように通っている。が公的な場(社内のパーティーなど)には本妻が出席しており、本妻方の親戚、当人の親戚、会社の関係者は愛人の存在を知らない。 ・15年間は二重生活をしていたが、最近、本妻に愛人の存在がバレ、現在は本妻に追い出され、愛人宅で生活している状況。 ・本妻方にも成年の子あり。 現在、愛人との子供は非嫡出子で愛人の籍にある状態、父親の認知はされている。 以上をもって、 これは重婚的内縁関係と言えるのでしょうか? その場合、本妻からの訴えに対して、愛人側が法的に保護されるものがありますか? 例えば、非嫡出子には認知をされているだけの権利は当然にあるとは思いますが、愛人に慰謝料請求しても重婚的内縁関係だからと不貞が認められないとか・・・ それと、余談ですが、 相続の際、非嫡出子は嫡出子の2分の1といいますが、認知をされた場合には嫡出子と同じ分だけ相続を受ける権利がでてくるのでしょうか? 認知に関わらず、非嫡出子に関しては相続が嫡出子の2分の1と思っているのですが、 認知されれば嫡出子と同様に扱われると言った弁護士がいました。 また、不貞の期間が長く、本妻とは不仲ではないが、過ごした時間が愛人の方が長い場合に離婚した時、 財産分与は一部愛人へも支払うことになるのでしょうか。

  • 子供は相続人になれるのか?

    正式に婚姻届を提出しない夫婦に非嫡出子の子供がいたとします。このときの親権者は単独親権である母親が親権者で戸籍も母親と同じところで子供は登録されると思います。 父親の相続財産は母親は受取人である相続人にはなれないと思います。(内縁関係できづいた共有の財産の場合は除く) では、子供の財産相続権はどうなるのでしょうか? 父親がその子を自分の子と認知すれば相続できるそうですが(父親が別の女性と法的に婚姻関係が成立している場合) 認知はふつう父親が戸籍上の届け出をすることによって行われるため、父母ともに何処にも法的に役所による婚姻関係が成立していない場合は単独親権の母親から戸籍を変える事は出来ない理由から非嫡出子を父の子供であると認知したくても戸籍登録が出来ない父親の非嫡出子は相続人にはなれないと言う理解で正しいでしょうか?もし、 かりに、相続が出来たとしたら、その相続財産は婚姻関係上にうまれた嫡出子の二分の一と減額されるようですが、 嫡出子がいない場合は(非嫡出子しかいない場合)どうなるのでしょうか?

  • 非嫡出子の父親はその非嫡出子の相続人になれるか?

    父親がなくなったときの相続について嫡出子と非嫡出子が同じ権利を持つことになりました。 この趣旨は、相続に関するかぎり嫡出子と非嫡出子を同等の兄弟として扱う、ということに あると思います。 そこで質問ですが、自分の財産を持つ非嫡出子が子供なしのまま亡くなったとき、その父親は 非嫡出子の財産の一部について相続権があるのでしょうか? さらに、その父親がすでに亡く なっているとき、父親の嫡出子は非嫡出子の財産の一部について相続権があるのでしょうか?

  • 回答No.3
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21832)

お互いに、全員が納得してそういう生活を しているのであれば、違法とか不法ってこと はありません。 道徳の問題に過ぎません。 好きにしたら、ということですね。 ただ、他の方が回答されているように 子供の相続分に違いがあるだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

違法状態では、ありますが それだけです よほどのことが無い限り社会的に糾弾されることもありません 認知した子は、相続に関しては実子養子の1/2の権利です、他のことはもっと低く扱われるかもしれませんし、高く扱われるかも知れません 質問の状況では、内縁ではありません 単なる 愛人です 内縁の妻に対する僅かな保護も愛人には適用されません 夫Aは妻Bで配偶者控除の適用は可能です、Bは配偶者としての権利を100%主張できます 愛人には何の権利もありません(認知された子の親権者としての権利だけ) 逆にBから訴えられる可能性は高いです 重婚が認められる国では Zにもそれなりの権利があります(デヴィ夫人に聞けば判ると思います)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 Zは、内縁の妻というより、愛人なのですね。 >違法状態では、ありますが それだけです どの法律に違反するのでしょうか? 愛人と夫婦が一緒に暮らすと「重婚」に当たるのですか? それであるならば、やはりZは「内縁の妻」となるのではないですか? >愛人には何の権利もありません(認知された子の親権者としての権利だけ) >逆にBから訴えられる可能性は高いです Zは、配偶者としての権利は一切主張しません。 またBも含め全員合意の上で同居生活してる場合です。

  • 回答No.1

>非嫡出子の認知された子供Yは、嫡出子の比べ何か違いがありますか 認知された非嫡出子は、相続権がありますが、法定相続分は嫡出子の半分となります(民法900-4) 妻    1/2 子(正妻の子)1/2×2/3=1/3 内縁の妻0 認知された子Y1/2×1/3=1/6 内縁とは法が認めていないことですから法律違反になりません。愛人が複数いても可 >妻Bの配偶者控除が認められないとか、相続権がなくなるとか そんなことはありません。(法で認められた権利)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 相続税について

    法定相続について教えてください。 認知されている非嫡出子がいる場合の法定相続分なのですが、 【被相続人に配偶者と嫡出子1人、非嫡出子1人がいる場合】  ・配偶者  1/2  ・嫡出子  1/3  ・非嫡出子 1/6 とありました。 配偶者の1/2はすぐにわかりましたが嫡出子1/3と非嫡出子1/6が今ひとつわかりません。 算数に弱い自分にもわかるように教えてください。

  • 親族法 親子の関係

    はじめまして、mi-tyan3と申します。よろしくお願いいたします。 私は今、民法(親族法)の勉強をしているのですが、どうもすっきりと理解できない部分があります。 そこでいくつかの質問をさせていただきます。 なお、みなさんに不快を与える表現等があるかもしれませんが、 そういうことについては意図的に書いているわけではありません。 もし、不快に思われる表現等がありましたらご指摘ください。 親族法の「第三章 親子 第一節 実子」の  ●嫡出推定  ●法律上の親子関係  ●認知 について疑問点があります。 具体的に言いますと、 ●嫡出推定について  民法772条には、   1項 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する   2項 婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。  と規定されていますが、  懐胎とは、どういう意味なのでしょうか?   (1)妊娠している状態(受精から出産まで)のことなのか、(2)受精した時点のことを意味するのか。   (1)ならば2項の存在意義がなくなるように思いました。    また、1項の「夫の子と推定する」というのは、  夫と子の間に法律上の親子関係(父子関係)が存在し、さらに嫡出子であることが推定されるという ことでよいのでしょうか?(父性推定+嫡出推定)  さらに、嫡出子と非嫡出子の定義は、  婚姻中に懐胎した子は嫡出子、そうでない子(婚姻中に懐胎していない子)は非嫡出子、ということでよろしいのでしょうか?  また、これを分類する理由というのは、相続分において、非嫡出子よりも嫡出子を優遇するためということでよいのでしょうか? ●法律上の親子関係について(※養親子関係を除いて考えるものとします)  母子関係は、分娩の事実によって当然に発生する。  父子関係については、772条の規定の要件を満たすことにによって、または、認知によって、という2つの場合のみにより発生するということでよいのでしょうか?  また、法律上の親子関係の発生によって、血族関係が生じる。  その結果、親権、相続権、扶養義務が発生するということでよいのでしょうか? ●認知について  実際の血縁関係がなければ認知することはできないのでしょうか?(他人の子を認知することができるかどうか)  また、母が子を認知できるのでしょうか?できるならば、どういう場合に認知するのでしょうか? 最後まで読んでいただいてありがとうございます。 たとえ一部分でも答えていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 元女性の子が非嫡出子とされたことについて

    性同一性障害で女性から男性に戸籍上の性別を変えた夫が、第三者の精子を使って妻との間に人工授精でもうけた子を法務省が「嫡出子」と認めなかったらしいです。 生物学的な父子関係がないのは明らかだからだそうですが…。 そもそも戸籍って遡って適用されるものなんでしょうか? 婚姻関係にある男女の子は嫡出子、という法律に従えば普通に嫡出子なんじゃないでしょうか。 戸籍が男であれば当然法律上も(?)男でしょうし。 医療機関によって子が作れないと診断された夫の子は非嫡出子とする、なんてことは書いてませんよね? 生物学的な父子関係がないのは明らかというのが理由ならば、子供が作れない普通の男性のAIDによってうまれた子も非嫡出子とするべきですし、それなら第三者の精子を使って生まれた子は全員非嫡出子と定めれば良いと思うんですが。 話は変わりますが、今時DNA鑑定とかいくらでもあるのに女性はすぐ再婚できないとかいうのも意味不明です。 長くなりましたが質問は、 ・婚姻関係にある男女の子を嫡出子として認めない法務省は法律違反をしていることにならないのでしょうか? ・なんで女性はすぐに再婚したらいけないのですか? の二点です。 よろしくお願いします。

  • 内縁関係の法的権利

    入籍する事が諸事情により難しく、籍はいれない事になりそうです。 フランスなどでは、婚姻関係でなくても妻と同じ権利を得る事が出来るそうですが… 紙社会の日本ではどうなのでしょうか? ・子供が産まれた場合の子供の権利 ・仕事中に亡くなると遺族年金が下りますが、内縁関係だとどうなりますか? ・離婚した場合、現在では年金分割になりますが、内縁関係はどうなのでしょうか? 籍を入れた場合といれない場合の差を具体的に、詳しく教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 結婚して二人目の子供は誰の子でも嫡出子?

    結婚後200日経過後に出産した子供は嫡出子、となるのですがこれは婚姻前後で200日経過後であれば夫の子であろうということですよね。嫡出子ということになればその婚姻関係にある夫に養育義務が生じるわけですよね? もしそのまま婚姻関係にありながら二人目の子供を妊娠し出産した場合は、事実は関係なく問答無用でその夫の嫡出子となり養育義務はその夫にあるわけですか?

  • 法定相続の計算方法について

    被相続人Aがいたとします。 配偶者Bには2/1 嫡出子には2/1 非嫡出子には嫡出子の2/1 そういうルールはわかるのですが。 計算方法がいまいちよくわかりませんのでご教授おねがいできませんか?? 例)被相続人A 配偶者B 嫡出子がCとD 非嫡出子がEとF Aの養子の子がY とした場合、とりあえず配偶者には2/1 嫡出子CとDが配偶者の2/1を分ける 非嫡出子EとFが嫡出子の2/1を分ける 養子は配偶者の2/1をそのままもらうであってますでしょうか? その時の、計算方法をおねがいします><。

  • 非嫡出子が死亡、子が存在するケースの相続

    非嫡出子が相続する場合、法定相続分は嫡出子の1/2とされていますが、 非嫡出子が既に死亡しており、その子供が存在する場合、 この子供には相続権があるのでしょうか? 有るとしたら相続分は同じ1/2なのでしょうか?

  • 嫡出子と非嫡出子の相続

    A男、B男、C子(妻)の三人兄弟です。 A男・B男は、非嫡出子です。C子は、嫡出子です。(男親が同じ) 両親・祖父母は、すでに他界しています。(親の相続は済み) A男は、配偶者のみです。 この状況でA男が亡くなった場合、配偶者三分の二。 残りを、B男、C子で相続する権利があると言う事でしょうか?(要は、嫡出子・非嫡出子で違いがあるかと言うことです) また、配偶者、B男、C子が相続放棄した場合は、B男、C子の子供に権利が移ると思いますが、この場合、子供も相続放棄した場合、そこで終わりになるのでしょうか?(A男は、+財産より、-財産が多い) よろしくお願いします。

  • 非嫡出子の相続について

    あくまでも例としてですが・・・ 妻子ある男性との間の子供は、父親の遺産を相続するには、 ・父親の認知が必要ですか? ・認知される=嫡出子ではないのですか? ・非嫡出子が嫡出子となるケース ・非嫡出子として相続する場合の条件は? 無知なので教えてください。よろしくお願いします。

  • 非嫡出子が複数いた場合の法定相続分について

    非嫡出子が複数いた場合の法定相続分について 法定相続分の割合(非嫡出子は嫡出子の1/2の解釈)について質問です。 Aさん(配偶者なし)の相続人が、嫡出子2人(B・C)、非嫡出子1人(D)の場合、 法定相続分はB・Cが各2/5、Dが1/5・・・というのはわかりました。 Aさん(配偶者なし)の相続人が、嫡出子2人(B・C)、非嫡出子2人(D・E)の場合の 法定相続分なんですが、 (1)「B・Cが各2/5、D・Eが各1/10」という意見と (2)「B・Cが各1/3、D・Eが各1/6」という意見にわかれたんです。 (1)は「非嫡出子全体は嫡出子1人の1/2」 (2)は「非嫡出子1人は嫡出子1人の1/2」という解釈です。 どちらが正しいのでしょうか? 色々検索しても非嫡出子が1人のケースしか見当たらないものですから・・・ よろしくお願いします。