• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アパートの賃借人が破産した場合にはどうなりますか

私は大家(賃貸人:甲)です。 私所有のアパートに住んでいる賃借人(乙)が自己破産しました。 その場合について教えてください。 1)私(甲)が賃借人(乙)から預かっている敷金(賃料の2ヶ月分)はそのまま預かれるのでしょうか。 2)過去の滞納(2ヶ月)があります。そのもらっていない家賃(2ヶ月分)の請求はできますか。 3)今後の家賃は貰えますか。 4)賃貸借契約を解除して退去してもらうことはできますか。 以上教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3071
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • minpo85
  • ベストアンサー率64% (165/256)

 賃借人が破産した場合の賃貸借契約の取扱については、賃貸人が破産した場合と違い、破産法上特別の規定は存在しないことから、双務契約に関する一般的規定が適用されることになる(破産法53条、54条)。  すなわち、賃貸借契約について、破産管財人が契約を解除するか否かについて選択権を有しており、賃貸人である質問者さんは、破産管財人に対して相当の期間を定め、契約の解除をするか否か確答すべき旨を催告することができる(破産法53条2項)。  破産管財人が契約を解除した場合、賃貸人は損害賠償請求を破産債権者として行使することができる。破産手続き開始前に発生している未払い賃料に関する債権も破産債権(破産法2条5項)となる。他方、破産手続開始後、賃貸借契約終了までの間に生じた賃料債権は財団債権(破産法148条1項8号、2条7項)となり、賃貸借契約終了後、目的物(建物)返還までの賃料相当額も財団債権となる(破産法148条1項5号)。  破産管財人が履行を選択した場合、すなわち賃貸借契約の継続を選択した場合、破産手続開始前の賃料債権は破産債権となり、破産手続開始後の賃料債権は財団債権となる。  簡単に用語を補足しておくと、破産債権とは破産手続の配当により弁済を受ける債権であり、他に一般債権者が多数いる場合には、破産者の財産が少なければそれだけ受けられる弁済が少なくなるものである。  それに対して財団債権は、配当という破産手続によらないで優先的に弁済を受けられる債権である。  以上のことを前提に質問に答えるならば (1)については、破産管財人が賃貸借契約を継続する場合には、当然そのまま預かることができます。破産管財人が解除を選択した場合、敷金は未払い賃料に当然に充当され、残額があればこれを返還しなければなりません。 (2)については、過去の滞納分については、破産債権となり、破産手続の中で弁済を受けるのが原則です。もっとも、今回は敷金がありますので、破産法上の相殺権(破産法67条1項、2項)をすることで、事実上優先弁済を受けることになります。 (3)について、破産管財人が賃貸借契約を継続する場合には、財団債権として、随時弁済を受けることができます。よってその場合、家賃は貰えます。 (4)賃貸人である質問者さんの側から賃貸借契約を解除することは、破産者に債務不履行ないし契約の特則等解除理由があり、かつ信頼関係が破壊されている場合、つまりは一般的に賃貸借契約の解除ができる場合にはできますが、破産したことの一事をもって、質問者さん側から解除することはできません。  解除するかどうか破産管財人に聞いてみましょう。 破産法 (定義) 第二条   5  この法律において「破産債権」とは、破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権(第九十七条各号に掲げる債権を含む。)であって、財団債権に該当しないものをいう。 7  この法律において「財団債権」とは、破産手続によらないで破産財団から随時弁済を受けることができる債権をいう。 (双務契約) 第五十三条  双務契約について破産者及びその相手方が破産手続開始の時において共にまだその履行を完了していないときは、破産管財人は、契約の解除をし、又は破産者の債務を履行して相手方の債務の履行を請求することができる。 2  前項の場合には、相手方は、破産管財人に対し、相当の期間を定め、その期間内に契約の解除をするか、又は債務の履行を請求するかを確答すべき旨を催告することができる。この場合において、破産管財人がその期間内に確答をしないときは、契約の解除をしたものとみなす。 3  前項の規定は、相手方又は破産管財人が民法第六百三十一条 前段の規定により解約の申入れをすることができる場合又は同法第六百四十二条第一項 前段の規定により契約の解除をすることができる場合について準用する。 第五十四条  前条第一項又は第二項の規定により契約の解除があった場合には、相手方は、損害の賠償について破産債権者としてその権利を行使することができる。 2  前項に規定する場合において、相手方は、破産者の受けた反対給付が破産財団中に現存するときは、その返還を請求することができ、現存しないときは、その価額について財団債権者としてその権利を行使することができる。 (相殺権) 第六十七条  破産債権者は、破産手続開始の時において破産者に対して債務を負担するときは、破産手続によらないで、相殺をすることができる。 2  破産債権者の有する債権が破産手続開始の時において期限付若しくは解除条件付であるとき、又は第百三条第二項第一号に掲げるものであるときでも、破産債権者が前項の規定により相殺をすることを妨げない。破産債権者の負担する債務が期限付若しくは条件付であるとき、又は将来の請求権に関するものであるときも、同様とする。 (財団債権となる請求権) 第百四十八条  次に掲げる請求権は、財団債権とする。 一  破産債権者の共同の利益のためにする裁判上の費用の請求権 二  破産財団の管理、換価及び配当に関する費用の請求権 三  破産手続開始前の原因に基づいて生じた租税等の請求権(第九十七条第五号に掲げる請求権を除く。)であって、破産手続開始当時、まだ納期限の到来していないもの又は納期限から一年(その期間中に包括的禁止命令が発せられたことにより国税滞納処分をすることができない期間がある場合には、当該期間を除く。)を経過していないもの 四  破産財団に関し破産管財人がした行為によって生じた請求権 五  事務管理又は不当利得により破産手続開始後に破産財団に対して生じた請求権 六  委任の終了又は代理権の消滅の後、急迫の事情があるためにした行為によって破産手続開始後に破産財団に対して生じた請求権 七  第五十三条第一項の規定により破産管財人が債務の履行をする場合において相手方が有する請求権 八  破産手続の開始によって双務契約の解約の申入れ(第五十三条第一項又は第二項の規定による賃貸借契約の解除を含む。)があった場合において破産手続開始後その契約の終了に至るまでの間に生じた請求権

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明をしていただき有り難うございました。 何回も読み直して、なんとか理解できました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

相殺は、 相手方の同意は不要です。 相手方に、通知が到着したときに相殺の効力が発生する。

参考URL:
http://www.ac-hasan.jp/advice/advice10/answer01.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

1,敷金は 未納家賃に充当できます。 ただし 乙の弁護人または裁判所に未納家賃請求と敷金を相殺する旨通知と合意が必要でしょう。 2、  (1)に同じ 3、今後の家賃は 請求権はありますが、おそらく家具調度を競売にかけて 税金未納分に充てられると思うので、   住み続けることは事実上は無理です。 たとえば 家賃60万の高級マンションに住み続けながら自己破産できるかどうかとい   う問題があります。   賃借人乙の収入が月に200万あれば 60万の家賃のマンションに住み続けてもいろいろな経費を払い続けられるので自己破産は 免れたでしょうけれども、根っこの収入が途絶えたのですから 当然 安いアパートに住みかえるなり、親戚宅に居候してでも  過去の債務を 支払わなければならないのが 常識なのです。  4、 当然 契約解除、退去です。  おそらく 夜逃げ状態で 光熱費滞納、サラ金が押し寄せて近隣住民に迷惑をかけている状況も考えられます。  ただし  きちんと管財人にすべてを任せる律儀な自己破産者もいるとは思います。 温情を与えるなら、 安い共同アパートを大家さんの手持ちの中から紹介するとか、仕事を紹介するとか、 田舎に帰らせるとか、 ハローワークに連れて行って 地味な仕事を探させるとか、自分の不動産屋さんで働かせてあげてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • harun1
  • ベストアンサー率60% (927/1535)

>1)私(甲)が賃借人(乙)から預かっている敷金(賃料の2ヶ月分)はそのまま預かれるのでしょうか。 東京地裁の判例では敷金返還請求権は破産しても処分する必要がないとされています。 要は、破産しても賃貸借契約を解除して明け渡しをする必要がないので敷金はそのままです。 >2)過去の滞納(2ヶ月)があります。そのもらっていない家賃(2ヶ月分)の請求はできますか。 賃借人が滞納家賃を破産債務として届け出ていて免責許可の決定を受ければ、滞納している家賃も免責されます。滞納している家賃を請求しても支払う必要はないと言われればそれまでです。破産債権として届け出てなければ請求できます >3)今後の家賃は貰えますか。 今後の家賃は免責されていないのでもらえます。(賃借人が払えるなら) >4)賃貸借契約を解除して退去してもらうことはできますか。 賃貸借契約書に「賃料未払いは賃貸借契約を解除する」旨の条項があると思います。その場合には賃貸借契約を解除できます。家賃を滞納していれば、解約と立ち退きを求めることは普通のことですが、裁判所の決定を経ず自力で追い出しをする事はできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ★こんな特約有効ですか?(賃貸借契約)★

    家の賃貸借契約について。以下の家主が決めた特約は法的に有効ですか? よろしくお願いします。 ・乙(賃借人)が家賃の滞納をし、甲(賃貸人)からの督促や納付期限を  守らなかった場合、甲は直ちに本賃貸借契約を解除し、鍵の付け替え、  残留物の搬出をする。その場合の乙(賃借人)への事前連絡、同意は  必要ないものとし、この措置にかかった費用は全額乙の負担とする。

  • 賃借人の破産

    店舗を貸しているのですが、賃借人が破産手続きに入ったようで、債務者代理人弁護士から債権額の申出書なるものが届きました。 実は、この賃借人だいぶ前から賃料を滞納しており、昨年訴訟を提起し、和解が成立したのです。 それまでの未払い賃料の分割払いと、その後の賃料の支払について取り決めたのですが、和解後もほんのわずかの支払しかしていなくて、結果、未払い分が期限の利益喪失条項の額を上回っていたので、賃貸借契約契約を解除し、明渡しの強制執行をしようと考えていた矢先のことでした。 債権額について債務者代理人弁護士に直ぐにでも申し出ようと考えていますが、こうなってしまった場合、今すぐ賃貸借契約を一方的に解除してしまったほうがいいのか、債務者代理人弁護士に事情を話してすすめたらいいのか、よく分かりません。

  • 建物明け渡しと賃借人

    甲は、乙に対する3000万円の貸金返還請求権につき債務名義を有していた。甲の申立てによって、乙所有の建物(本件建物)につき、競売の決定がなされ、差押登記がついた(H20.10.1)。 競売手続きによってXが買受人となり、Xは、本件建物を占有するYに対して建物の明け渡しを求めて訴えを提起した。 しかし、本件建物は、H18.9.1に、Aを賃借人とする賃貸借契約が締結されており、(甲を賃貸人とする)、その賃借権の適法な譲受人であるBが、Yに賃借権を譲り渡し、H22.11.1に乙の承諾を得たという事実があった。 Yになしうる主張、及びその当否を述べよ。 模範解答を教えてください。 よろしくお願いします

  • 賃貸契約内容の解釈について

    賃貸マンションの賃貸借契約書について。 「敷金もしくは保証金」という項目に 「本契約が終了し、乙(賃借人)が本物件を完全に明渡し、かつ甲(賃貸人)に対する一切の債務を完済した日(乙の原状回復に要する日数を含む)より特別な場合を除き1ヶ月以内に甲の定める方法で敷金もしくは保証金を乙に返却する」 とあります。 これに従って、仲介である不動産が敷金清算をして、賃貸人である大家が、賃借人である私に敷金を返金してきました。 しかし、敷金返金後に、大家がこの清算に納得できないから、賃借人が負担すべき修繕費を負担しろと言っています。 でも、すでに敷金を返却してきたと言う事は、大家は納得の上でと解釈され、大家の言い分は無効となるのでしょうか?

  • 賃借人の信用情報

    賃借人の信用情報  何時も回答いただきありがとうございます。DELL OPTIPLEX GX260 WindowsXPからです。  賃借人の信用情報、たとえば、  過去に賃借物を借りていて、何年間も、家賃を滞納しているとか、  賃借人の素性が悪く、賃貸人を脅したり、怖がらせたり、巧みにうそをついて、家賃滞納の逃げ口上を作ったり、  過去の家賃滞納、地代滞納で、強制執行を受けて転居を希望しているとか、  現在、家賃滞納で、裁判で訴えられているとか、  このような情報は、現在の賃貸人やこれから、入居を希望されている賃貸人には、重要な情報です。ブラックリスト。 ●Q01. 不動産業者だとこのような情報が、手に入りますが、知り合った賃貸人に情報を提供することは、問題ないでしょうか? ●Q02. あるいは、個人情報の関係で、控えるべきでしょうか?  たとえば、ヤフオク、個人間のインターネット、オークションでは、評価と言う信用情報が公開されていてこれに基づき、出品者を信用して、取引を開始します。 ●Q03. 賃借人についても同様な信用情報が、公開されることは、無いでしょうか?  信用情報から、取引の決断資料になります。  また、このように評価が公開されることによって、賃借人の姿勢を律して自分の信用を大切にしようと気をつけるようになります。  賃借希望者でも、賃貸人からすれば、悪い評価の方は、お断りとなるでしょう。  現在でも、クレジットカード決済を利用する賃貸物件は、カードのブラックリストと信用情報を洗い出して、賃借希望者の評価を定めています。  しかし、クレジットカードでの家賃の引き落としは、一般的でなく利用するには、制限が多いものです。多くの取引をしている不動産仲介業者で無いと利用できません。 ●Q04. もし、このような制度が無いのであれば、積極的に創設できるようにならないのでしょうか?  ブラックリストの発生を未然に防ぎ、問題の無い社会をつくる一つの手立てになるでしょう。  悪い評価が付けば、人生全て駄目かと言うとそうでもなく、賃貸人の判断に任されることになるから、失敗があっても、ずいぶん昔だから、許してあげましょうとなる場合もあるでしょう。常に、更正の機会は、与えられているのです。ハンディがあるのみと言うことになります。 ●Q05. いくら、悪事を働いても、まっとうの人と常に同じ評価と言うのは、むしろ、不平等では、無いでしょうか?  このような不動産賃貸の賃貸人と賃借人からなる評価協会のようなものを作り、この会員に加入した賃貸人の物件は、賃借人の評価をつけることに賃借人は、同意すると言う確約書を契約書に添付すれば、良いでしょう。  ヤフオクで、これが成功しているのは、出品者が、匿名だからです。賃借人が、賃貸人によって、悪い評価を付けられると名誉を傷付けられた、賃借人の将来に重大な悪影響を与えた。として訴訟になるでしょう。  賃借人と賃貸人の評価を公開するとしても名前は、匿名として、契約当事者のみで無いと閲覧できないようにするなどの配慮が、必要だと感じます。名前は、IDとして、定期的な変更が、必要でしょう。IDは、変更になっても、評価は、作成した当初から、追跡できることになります。  回答者のよりよい提案をお待ちします。  たとえひとつだけでも、よろしく教授方お願いします。  敬具

  • 賃借権の譲渡の効果?について教えてください。

    賃借権の譲渡の効果?について教えてください。 賃貸人Aと賃借人Bの間で締結された土地の賃貸借において、Bが所有していた賃借権の譲渡又は賃貸物の転貸を許す旨の定め「特約 譲渡、転貸ができる」がある賃借権が第3者Cに譲渡されていたことが、最近になってその事実を確認しました。もとの賃借人BがAに対してその事実を告げず、賃借人Bが第3者Cに転貸しているかのごとく、16年余にわたり第3者Cより受け取った賃料の一部のみを賃貸人Aに支払い続けています。この場合、当然にしてBを排除して賃貸人Aと第3者Cの関で賃貸借契約を結ぶことができるものなのか、又は現在のBを介在させた転貸のような関係が合法的に認められるものか、前者であれば、B又はCに対しどのようなアプローチをすれば良いのか教えてください

  • 賃借人の滞納家賃の実態

    賃借人の滞納家賃の実態  何時も、回答いただきありがとうございます。  当社は、不動産会社です。当社で、契約した賃借人(以下Aという)が、います。賃借人Aの信用がある。実績がある。Aは、有名である。という言葉に乗せられてつい、油断して賃貸借契約を締結してしまいました。  賃借人Aは、後で、分かったことですが、別の場所で、明け渡し訴訟を受けて、強制執行が、確定して強制執行されるのを逃げるために当方に契約に来たのでした。強制執行されるぎりぎりで、転居したのでした。  同居人(以下Bと言う)は、他にも、貸家を住居、倉庫、店舗などの用途で、借りていて、二年近くも家賃を滞納しています。古物などの自営業です。私は、同居人Bの貸家の賃貸人のことを聞きだして、賃貸人に、賃借人Bの実態を告知したのです。  賃貸人は、中年の女性で、実態を聞いて驚いたしだいです。賃貸人は、賃借人Bに、騙されていたのです。  賃貸人が、おとなしい女性なので、逆切れされると怖くてものが、言えません。このことをいいことにやりたい放題です。  金は、これから、稼ぐから、稼いだら、遅れた家賃を支払う。  転居先が無いから、転居先が決まるまで、しばらく待て。  100円商店街で、客が多く、これで、売り上げが、見込めるから、しばらく待て。  などと売り上げが無いのに、真っ赤な嘘を述べて、言い逃れ、電話をしても、電話にでない。今は、どこにいるのか分からないようにして、雲隠れをしています。  賃貸人は、賃借人Bの言葉を信じる以外にありません。  賃貸人は、当社から、実態を聞いて、話が、違うと驚きました。当社が、管理をして、協力しましょうかと言いましたが、賃貸人は、当社に他のつてがあると断りました。  賃貸人は、弁護士を使って、Bに、明け渡し訴訟をしました。二年近くも、家賃を払っていない。賃借人として、抗弁できるものがない。原告が、弁護士では、抵抗ができないので強制執行判決で、まもなく、明け渡しになりました。  賃借人Bは、やむなく、家財などの多くを廃棄、処分して、退去します。  同居人の二人AとBは、当社の貸家に住むことになります。  当社の貸家は、毎月、家賃が滞納しています。毎日、家賃請求の手紙が賃借人Aのポストに入ります。何度も、面会して、家賃を請求します。  支払いは、ほとんど、フラフラな状況です。二ヶ月弱家賃を滞納しています。  賃借人Aは、家賃が遅れて申し訳ありませんでした。なら良いのですが、高飛車で、大声で、当社の悪口をわめきます。毒舌婆(ばばあ)の評判です。  この一つの悪態は、  同居者Bの貸家の賃貸人に、実態を知らせて余計なことをするなと言うのです。  当社の思いとしては、当社は、誰に、何を離そうと自由である。すべて、事実である。言われる筋合いは、無い。口止め料をもらっていない。  賃借人Bの滞納情報は、賃貸人の情報ネットワークとして重要であると考えているのです。  賃借人Bとしては、賃貸人をこのままだまし続けて家賃を払わなくても、良かったものを実態を知られたので、化けの皮がはがれ、明渡訴訟をくらい、強制執行になってでていかなければ、ならなくなったと当社にクレームを言っているのです。  賃貸人としては、実態を知り、賃借人Bとの信頼関係を破壊され、賃借人を信用できなくなったので、明け渡し訴訟で、賃借人を退去させたのです。  これは、いじめを受けている仲間を知って、教師や学校や警察に告知することに似ています。告知することは、自由ですが、必ず、後で、誰が、知らせたのか、ちくったのかが、問題になり、 良くも、ちくりやがったな。 と矛先が、こちらに及びます。だから、いじめを見ても、誰もが、知らないふりをするのです。  賃貸人が、騙されていてもほっておけば、当方は、無難かも、知れませんが、賃貸人にとっては、被害が増すでしょう。  当社の考えは、正しいでしょうか?  あるいは、実態を賃貸人に告知するべきでなかったのでしょうか?  たとえ一つだけでもよろしく教授方よろしくお願いします。 敬具

  • アパートの電球取り換えが、いつの間にか賃借人負担になっていた

    アパートの電球取り換えが、いつの間にか賃借人負担になっていた 賃借人です。 何年もこの部屋に住んでいるのですが、数年前にオーナーチェンジと不動産会社の変更が行われました。 前の不動産会社の頃は、最後の1年くらいを除いて管理人が常駐していて、蛍光灯などの取り換えは管理人に言えばやってくれました。アパート内の倉庫みたいな部屋に、蛍光灯などがストックされていました。管理人がいなくなる際管理人は、離れたところに蛍光灯を取りに行くのは大変だろうと言って、全部屋の蛍光灯を取り換えて行きました。 先日不動産会社変更後初めて蛍光灯が切れたので不動産会社に現物(蛍光灯)を請求したのですが、契約上賃借人負担だと言って断られてしまいました。 確かに現在の契約書では、電球交換は賃借人負担になっています。不動産会社が変わる際、契約更新時に契約書が変わったせいだと思います。新契約を断れば部屋を出て行かなければならず、引越費用や敷金・礼金もかかるため契約更新を断ることは考えていなかったため、新しい契約書には十分目を通していなかったと思います。特に変更の説明はありませんでした。 さて、このような経緯なのですが、「(入居時にアパートの備品として付けられていた)電球交換は賃借人負担」という契約は、消費者契約法10条に触れないでしょうか?100近く部屋がありますので、賃貸人は「事業者」だと思います。 参考条文 消費者契約法 (消費者の利益を一方的に害する条項の無効) 第十条  民法 、商法 (明治三十二年法律第四十八号)その他の法律の公の秩序に関しない規定の適用による場合に比し、消費者の権利を制限し、又は消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって、民法第一条第二項 に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。 民法 (賃貸物の修繕等) 第606条 1.賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。 2.賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない。 (賃借人による費用の償還請求) 第608条 1.賃借人は、賃借物についてw:賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することができる。 2.賃借人が賃借物についてw:有益費を支出したときは、賃貸人は、賃貸借の終了の時に、第196条第二項の規定に従い、その償還をしなければならない。ただし、裁判所は、賃貸人の請求により、その償還について相当の期限を許与することができる。

  • 大家が契約更新拒絶した場合、賃借人の退去日通知は1ヶ月以内でも良い?

    転勤のため自宅に戻る必要があり、6ヶ月以上前に賃借人に賃貸借契約の更新拒絶を通知しました。このほど金銭的な折り合いもつき、退去の合意に至りました。ところが退去予定日が2週間後で、今月支払い済みの家賃も日割り計算で返還して欲しいと言われました。このような場合、賃借人は1ヶ月以上前の退去通知は不要で、家賃も日割りで返還しなければならないのでしょうか?

  • 借家から賃借人を追い出すには?

    借家の大家として、借家から賃借人を追い出したいときに 正当な事由になるのはどれでしょうか? どなたか教えてください、よろしくお願いします。 (1) 借家の敷地内を舗装するのにあれこれ注文や文句を   つけてくる賃借人にたいして『ここは俺の土地だ、   嫌なら出て行け』  (2) 人間的に嫌いだから。 (3) 家賃を何度も滞納する。 (4) 近隣とのトラブルが多い。