締切済み

鉄道の駅ホーム笠石

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7339115
  • 閲覧数2281
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

鉄道の駅ホームには、笠石と呼ばれる箇所があります。列車に乗り入れするホーム端部にあるのですが、この笠石とは何のためにあるのでしょうか。何故打ちっぱなしのコンクリートでは駄目なのでしょうか。

自分は仕事でこの笠石を修繕しているのですが、存在意義が全くわかりません。鉄道の建築限界(専門用語ですいません)を支障しない為だけなら、ホーム端は別に型枠組んで打ちっぱなしでも問題ないと思うのですが。
自分はまだ土木1年生なので分かりやすいご回答をお待ちしております。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 44% (3956/8946)

打ちっ放しだと補修時に大がかりになったり、コンクリートを盛って補うだけだと強度不足になったりします。

ホームを構成する部材としては、限界内に入る部分で、車輌との接触等も考えられ、笠石(現在はほとんどPCですが)別部材としておけば、その際に迅速容易に交換できるようになっているのでしょう。
最近のものは滑り止めがついたり、点字ブロック嵌め込み溝が最初から彫られているものもあります。こういうのを打ちっぱなしでやると交換とか補修が大変でしょう。
お礼コメント
devil_4th

お礼率 100% (1/1)

納得です。最初から補修することを考えてのことなんですねV(^-^)V
ありがとうございました!
投稿日時 - 2012-03-03 07:31:51
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ