• ベストアンサー
  • 困ってます

央端社という出版社の本ありますか?

央端社 という出版社が過去に存在していたようで、その出版社の「謎の絶滅犬種を追え」を手に入れたいと思っています。 しかしAMAZONはもちろん近隣古書店も無し。 ネット検索で引っ掛かるのはウィキペディアの参考文献ばかり。 その他の出版本では「アメリカ二重純血種の是非」「戦禍に散った忠犬たちのまなざし」「世界の愛犬」があるようです。 この出版社についてご存知の方はいますか? また、あなたの本棚に上記の本があれば奥付などを見て出版社の所在地などわかる情報をおしえてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数8758
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

興味があったので、暇つぶしに調べてみました。 (1)「央端社」について ・「国立国会図書館サーチ」で他の公共図書館蔵書を含めて検索しても該当なし ・「古本通販カタログ」サイトで主要な古書検索で該当なし http://iss.ndl.go.jp/ http://book.cata-log.com/old/ (2)「央端社」の出版物について ウィキペディアの参考文献としては以下のようなものがあるようです。 『謎の絶滅犬種を追え』高橋庄平著 1996年 『世界の愛犬』 『アメリカ二重純血種の是非』 『ブル・テリアの歴史』中嶋倫子著 『戦禍に散った忠犬たちのまなざし』 山元毅著 1999年 『珍犬種100選』1998年 『アメリカにおける新品種』 『犬食文化と7つ犬種』 田中沙耶著 1995年 以上について複数のオークション及びアマゾンを検索できるサイトで調べましたが該当はありませんでした。 http://auction.ritlweb.com/ (3)「央端社」の出版物の著者について 「央端社」の出版物の著者について「国立国会図書館サーチ」で調べましたが、該当するような「犬」に関する著書は他社の出版物・論文にもありませんでした。 ただし全然関係ない(医学等)論文などがヒットしました。 (4)ウィキペディアの参考文献について 参考文献としているウィキペディアの記事は特定の人物により書かれているようです。 その方は「央端社」の出版物を「近所の中古本屋で購入」したとしています。 これほど「珍しい」本が「「近所の中古本屋」でそろうと思いますか? なお参考文献の真実性に疑問を向けられた際に、本のISBN/ISSNナンバーや、出版社の正確な所在などを明らかにしていません。 http://www.jp.finansenaauto.info/link-%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E2%80%90%E4%BC%9A%E8%A9%B1:Kyube/%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%83%AD%E3%82%B003#.E5.A4.AE.E7.AB.AF.E7.A4.BE.E3.81.AA.E3.81.A9.E3.81.AE.E3.81.93.E3.81.A8.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。ウィキの投稿者まで付きとめることができるとは。 出版の関係者が持っていた出版物がまとめて古本屋に出るということもないのではと、希望的観測もしてみますが、存在するとしても宮城県・・さらに幻ですね。 ウィキの記事を読むとかなり具体的で面白いのでなんらかの資料はあったのではないかと思います。絶滅犬種なんて犬飼には最高に興味をひかれますが、いろいろ他の出版物を探しても無いんです。 いつか東北に行く機会があったら探しちゃうでしょうが、今回の回答で区切りになりました。

関連するQ&A

  • 本を探しています

    昔、「変形マージャン入門」という本を持っていたのですが、知人に貸したら失くされてしまいました。ローカルルールとかいろいろ載っていたのでよかったのですが、出版社すら覚えていません。 出版社名や著者名、あるいは、現在在庫のある書店・古書店等何でもよいから情報を持っている方教えてください。

  • 「参考文献」として載せる場合、出版社の許可は必要ですか?

    こんにちは。 いま、受験関係の本を書いています。本を書くのは初めてです。 そこで、ふたつほど質問させてください。 (1)巻末に「参考文献」として載せる場合、掲載には出版社の許可が必要ですか? つまり、 参考文献:『中学受験案内』(○○出版社) などと載せる場合を指します。 巻末に掲載してある本を見かけますよね。引用ではなく、あくまでも参考にした場合としてお考えいただければと思います。 (2)サイトを紹介する場合、サイト主催者の許可は必要ですか? つまり、「受験情報については次のサイトで詳しく知ることができます」といった紹介でURLを併せて載せる場合です。 ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 宜しくお願いたします。

  • 大昔の本を電子書籍自費出版したいが

    先日古書店でとても古い本を見つけました。いわゆる受験参考書で内容がとても良いので電子書籍による自費出版できないだろうかと考えました。著者死後50年以上たっており著作権は切れていると思うのですが何か法律上の問題があるでしょうか。よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ichien2
  • ベストアンサー率77% (447/577)

 今晩は。  すばらしい。srxmk3proさん、よくぞ究明してくれました。  「私はそんな本はどこにも無い。私家版か?」といった辺りで放擲しました。この執筆者に付いては当人が書いている文章をある程度読むと判るのですが、かなり・・・です(敢えて伏せておきます)。また本は昨年の震災後に、それとは別個に発生した火災によりすべて失われたと有ります。  こんな状況からも、私はこれらの本は過去にも現在にも実在していない、と判断します。  実はウィキペディアのこのような危険性については以前から指摘されていました。ですが、その実例に直接逢着したのはこれが初めてのことです。  この人が日本語で書いた記事のある程度は英文の翻訳のようです。ですからそういった犬種が全く存在しない、というわけではなさそうです。  しかしこれは犬の希少性やその価額に密接に関わる問題でもあります。これもあまり感心する背景ではありません。英語版、日本語版を問わず、かなり頻繁に改変の試みが行われているのも、その辺と関ってのことかもしれません。ただしそれらはほぼすべてが拒絶されています。  興味深い点に付いて知らせてくれることになった優れた回答と、それを導いた質問に感謝します。ありがとう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございます。 認定はされてないとしてもウィキの記事になった犬種は確かに存在していたようです。ウィキの記事をすべてチェックは出来ませんでしたが、サファイア・アイズ・ピュアスノーも確か「デズモンド・モリスの犬種事典」にも載ってました。ただし「デズモンド~」ではほんとに数平方センチの記事のみ。ウィキで書かれているエピソードは無し。 その他のウィキ記事でも断片的ではありますが具体的なエピソードがちらほら、やはり投稿者はなんらかの資料をもとに書いていたのでしょう。投稿者のブログも見ましたが相当な犬好きさんですよ。 一方的にこんな意見をお礼で書いてはいけないかな。 つまり、やっぱり、まだ私も本を諦められないこと。相当幻なのはわかったので無理に探さないですが。

関連するQ&A

  • 絵本の絶版を探しています。

    こんにちは。 ドイツの絵本で、「ぼうぼうあたま」(教育出版センター)という本を 探していますが、絶版になっていることが分かりました。 別の出版社以外から出ているものもあるのですが、この出版社の版が 欲しいので、古書を探すほかは無いのかな、と思っています。 そこで質問ですが、絵本が充実している古書店はありますか? 神田神保町が近いので、神保町界隈でお勧めの古書店があれば 教えていただきたいと思います。 いくつかの古書サーチで検索してみたのですが、ヒットしませんでした。 その他に手に入れる方法等が有りましたら併せて教えていただけると ありがたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 私は長年、ある1冊の本を探していますが、なかなか見つかりません。在庫の

    私は長年、ある1冊の本を探していますが、なかなか見つかりません。在庫のある古書店などありましたら教えてください。皆様のご協力をお願い致します。 書籍名:エレファントマン-その真実と記録 出版社:角川文庫 表紙:映画の「エレファントマン」のシーンが印刷されています 分かっている事はこれだけです。 是非、協力をお願い致します。

  • 英語の文献の出版社地名の訳し方

    英語の本や論文で、参考文献には、かならず出版社と並んで地名が記されていますが、これはなぜでしょうか? 絶対に必要なのでしょうか? そして、日本語訳するとはどう訳すのでしょうか? たとえば、 Arthur Koestler, The Sleepwalkers. Macmillan, New York, 1959 という注がある本にありますが、これは Arthur Koestler, The Sleepwalkers. Macmillan, 1959 では何がまずいのでしょうか? たとえば英米二国で同じ本が同じ出版社から微妙な異同を伴って出版されることが多いために、どちらの版を用いたかを明記しているということなのでしょうか。 そしてこの注を日本語訳するときは、一般的には、 「アーサー・ケストラー著『スリープウォーカー』マクミラン出版社、ニューヨーク、1959年」と訳すのでしょうか。

  • 古書店を開きたい

    実際開くとすると何年も先になるとは思うんですが、 古書店を開きたいと思っておりまして、 その勉強のためにも神保町の古書店でアルバイトをしたいと思ったのですが、 店主のみという店が多く、スタッフの募集をしている所が全然ないようでした。 実際に古書店を開くには、どういう所で修行すればいいのでしょうか?バイト募集してる所が実はけっこうあったりしますかね?あるいは、古書のバイヤーになる人は出版社で働いてたりするんですかね? 業界に詳しい人がいましたら、アドバイスお願いしたいです。

  • 本屋さんや図書館が舞台の小説

    『配達あかずきん』や『図書館戦争』のように、本に携わる仕事を垣間見れる小説を探しています。できるだけリアルで、なおかつ読んで面白い物がいいです。書店や本屋だけでなく、作家とか出版社でもいいです。 古書店は独特なので、除いてください。

  • 出版社が書店への営業について

    出版社が書店への営業について こんにちは。現在小規模というか専門書を発行している出版社に勤めている者です。 最近までは特定の取引先のみに書籍を卸していましたが、ある書籍(資格取得の参考書)を発行するにあたって、取次さん(地方・小出版流通センター)と契約を結びました。 やはり、取次さんをとおすとそれなりに流通はするのですが、出先などで書店さん(それなりに大きな書店さん)に立ち寄ってみると本棚には弊社の書籍が置いていない状態になっています。 このような状態を打破したいため、書店へ弊社の本を1冊でも棚に置いて欲しく直接営業を行いたく思うのですが、いままで取次さんと契約をしていなかったため、どのように書店さんへ営業すれば手探り状態になっています。 出版社が書店への営業はどのような感じで行えばよいものなのでしょうか。 具体的に、 1.書店さんへの直接営業を行う場合には、取次さんに一言断った方がよいのでしょうか。 2.書店さんへはアポなしで営業してもよいのでしょうか。 3.書店さんから了承をもらった場合、取次さんから注文を取って下さいでよいのでしょうか。 以上3点になりますが、教えて頂けないでしょうか。 また、アドバイスなどがございましたら、宜しくお願いいたします。

  • アニメ雑誌の古本店

    探しています。 同人誌ではなく出版社発行のもの。「ニュータイプ」を置いてある古書店、無いでしょうか?」ご存知の方、ご一報下さい。

  • 中国史に詳しい人、古書について教えて下さい

    中国の二十四史の本を探しています。 伯父に頼まれて二十四史の本を探しているのですが、私は全く中国史が分かりません。 古書店に問い合わせても無知な私には何を言っているのか分からず困っています。 二十四史の邦訳が良いのですが、出版社や著者名等を御存じの方が居られましたらどうかお教え頂けないでしょうか。 出来ましたら、詳しくお教え頂けたら幸いです。

  • 中古市場の拡大による経済への影響について

    こんにちは。いつもお世話になっています。 昔から疑問を感じておりましたが、例えば最近の古書店には、新刊書店に並んでいてもおかしくない商品が陳列されています。これは、誰かが新刊書店で購入して(あるいは不良在庫が)古書店に持ち込むのだと思いますが、これは明らかに新刊書店及び出版社の収益を圧迫していることになると思います。 しかしながら、古書店が某チェーン店のように、全国拡大を推進し続けると、古書店の進出による出版業界の圧迫→出版物への悪影響→古書店に持ち込まれる書籍の減少(もしくは質の低下)を招くような気がします(かなり長期的なスパンかもしれませんが)。つまりこのチェーン古書店は自らの拡大による自滅の道をたどるのではないでしょうか。 これは古書に限らずCDでもゲームソフトでも、あるいは生活用品のリサイクルでも同様のことが言えるような気がしてなりません。経済についてはど素人なので、これを考えはじめめると気になって気になって。 これらの関係について、私のような素人でもわかるように教えていただけないでしょうか。これについて書かれた書籍やサイトでももちろんかまいません。 長文ついでに。 古書の再販制度や、社会的なリサイクル活動の推進などという観点ではなく、純粋に経済活動的な観点からの疑問ですのでよろしくお願いいたします。

  • 特殊な条件のいらない本のリサイクル方法

    引っ越しを機会に、必要のない本を処分しようと思っていますが、捨てるのは忍びない。 なにか良い方法がないかアドバイスをいただきたいと思い質問させていただきました。  カバーもついていてきれいな本は古書店に売れば良いのですが、カバーが無い本、読めるもののかなり汚い本、洋書(マイナー言語含む)、参考書、紀要など古書店(新古書店)が扱ってくれない条件のものがかなりあります。これらをリサイクルする方法はありますか?  例えばブックオフは持ち込みならカバーなしも受け取ってくれると聞きました。これは、処分するだけということなのでしょうか。それとも、値段は付かないが商品として流通する可能性はあるということなのでしょうか。後者ならばそれで構わないのですが。  図書館への寄贈も、結局捨てられるのではないかと思ってしまうのですが、どうなのでしょうか(参考書などは受け取ってもらえなさそうですが)。昔電車の駅にあった本棚のように、自由に置いていけるような場所があれば良いのですが。  裁断して、電子書籍にできたら便利なのでしょうが、私はおそらくもう読まないのでそれらの機器を買ったり、お金をかけて依頼したりするのは気がひけます。しかし、電子書籍化すれば線を消したり、日焼けも修正できると聞きました。そのような技術を持っている人と、本を無料で提供したい私がマッチする場などがあれば良いのですが。中にはある程度貴重な本(古書で手に入るが値段がするもの)もあるので、捨ててしまうのは…。かといって、オークション等で売るのも面倒です。  だらだらと書いてしまいましたが、要するに古書店で扱ってもらえない本をリサイクルするにはどうすればよいか、アドバイスをいただきたいです。 よろしくおねがいします。