締切済み

海外旅行の一部不履行による費用請求の可否

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7338609
  • 閲覧数320
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

  南米絶景三つの観光ツアーの内一つが航空機の欠航により実現できませんでしたが、諸費用の三分の一の返還はできないでしようか。

回答 (全7件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 32% (150/457)

 
なんだか脅迫めいたことが書かれてますね
ちょっと気になったので大手旅行業者の旅行条件をググッてみました

まず旅行代金の変更で
当該契約内容の変更のためにその提供を受けなかった旅行サービスに対して
取消料、違約料その他既に支払い、又はこれから支払わなければならない費用~
という記載があります
まず実費ぶんは請求できるのではないでしょうか

それと変更補償金については、
契約書面のツアー・タイトル中に記載があった事項の変更について
KNTは代金の5%とありますが、現金ではなく物品やサービスとあります
JTBはこの5%の項目そのものを削除してしまってますね
どちらも免責があるので、この辺はどうなるか不明な部分も大きいかな

払わなくて済んだ実費についてさえ業者側から何も言ってこないのでしたら
ひどい話ですね
お礼コメント
noname#150108

ありがとうございました。 返還請求は無理だと分かっているのですが、募集時の旅程と決定旅程等に私にとっては大きな隔たりがあり、かつ、添乗員の対応に今でも腸が煮えくり返るほどの怒りがあるためです。 世界三大瀑布観光を目指し、今回イグアスの滝、翌年はビクトリアの滝観光を予定しこれを最後に海外旅行を終了と決めていたのですが金銭的に不可能で残念です。
投稿日時 - 2012-03-05 12:22:07
感謝経済
  • 回答No.6

ベストアンサー率 30% (135/449)

旅行業法に基づく 標準約款では タイトルに記載された観光目的地の変更による変更補償金は 出発後の場合は旅行総費用の5%となっており、60万のツアーでも3万円です。そして、旅行業者の責任によらない欠航については 免責される場合もあります。
これらのことは、旅行条件書に書いてあり 小さな字で書いてあろうとも そして殆どの人は読みもしませんが 法律的には読んで了承したうえで契約を締結したことになっています。
それを踏まえて、裁判に訴えるかは 質問者様の自由です
お礼コメント
noname#150108

ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-05 12:22:53
  • 回答No.5

ベストアンサー率 0% (0/1)

旅行会社のパンフレットに「南米絶景三つ」と謳ってあるのにもかかわらず、
「二つ」しか観光できなかったのであれば、
旅行代金の全額返還の請求が可能で、こういったケースでは判例でも旅行会社に全額返還支払を命じてます。
ただしいろんな事情もあるでしょうし、それぞれのケースでいろんな違いもあるので
単純に全額返還になるかどうかわかりません。
少額裁判になるので、この手の専門家に問い合わせすればいいと思います。

特に現地ツアーなどでは、移動の際時間が足りなくなることがよくありますが、駆け足でもパンフレットに謳った観光地には必ず立ち寄ります。
そうしないと代金を全額返還する義務生じるからです。
参加者全員が早くホテルに戻りたいから最後の観光地にはいかなくてもいいよ
といったケースでも全員に同意書をとってまで最後の観光地をパスするということはよくあります。

旅行会社のパンフレットをもう一度確認して、そこに免責事項が書いてなければ勝訴でしょう。
お礼コメント
noname#150108

ありがとうごさ゜いました。がんばります、
投稿日時 - 2012-03-03 17:39:17
  • 回答No.4

ベストアンサー率 39% (661/1677)

以前、イギリスで参加した現地日帰りツアーでバスの故障のために数時間足止めとなり、午後の観光予定がほとんどキャンセルとなった経験がありますが、さすがにそのときは半額近い返金(8000円ほど)がありました。
質問の場合は、キャンセルとなった観光以外の旅程は実施されたのでしょうから、その分を含めたような三分の一の返還要求は無茶でしょう。「諸費用」の意味が、宿泊や往復の旅程にかかる費用を除いた、観光に要したであろう費用のみを指すなら意味はわからないではないですが、実際に個別費用の単なる積算ではないでしょうから、現実的に対応してもらえるとは思えないですね。
主催会社と交渉すると、おそらく数千円から1-2万円程度の返金や、次回旅行に補助的に使える商品券の提供あたりで手を打つことになるのではないでしょうか。
お礼コメント
noname#150108

  ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-03 17:41:36
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (150/457)

 
返還されるのって欠航になった航空券代金とか払わずに済んだバス代とか
行かなくなったため買わずに済んだ入場券とかの実費ぐらいじゃないですか
その実費合計がツアー代金の3分の1に等しいかどうか
ここでは確認できません

パックツアーであろうと何だろうと
旅行業者は客に代わって旅行を計画し、飛行機や宿の手配をするだけで
極論すれば、あなたの代わりに予約の電話をしてあげてるだけですよ
という立場なんだと思います
つまり計画や手配はするが旅程に対して責任は負いません、ということです
申し込み時は大した説明もないと思いますけど

もともとそういうスタンスだから、客との間にはその捉え方に温度差がある
客にすれば、あんたら自身でツアーを計画して商品として売ってるんだから
あんたらにも責任があるだろうと思いますが、旅行業者はそうではないし
「実は何かあっても責任取りません」とか言ってたら買ってもらえないから
保険とか住宅の契約みたいに申込書の裏とかに小さくびっしり書いておいて
実際に問題が起こったら「ここに書いてあるじゃないですか」となる

海外旅行もできるだけ自分で手配した方がスッキリするんじゃないですか
いまやネットの時代ですからね
お礼コメント
noname#150108

  ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-03 17:44:53
  • 回答No.2

ベストアンサー率 17% (30/167)

旅行会社ないしはその手配代行者のに責任がある場合以外は、旅程保証の対象になりません。欠航は、対象外です。もし返金されるとしても、現地観光に対し旅行会社が支払わなくて良かった代金から 現地に行かなかったことにより元の町で滞在する経費を差し引いた額で せいぜい数千円というところでしょうか。
お礼コメント
noname#150108

  ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-03 17:46:04
  • 回答No.1

ベストアンサー率 10% (725/7148)

一度スタートすれば、旅行会社の不手際理由以外で返還できないことは規約にあると思うよ。
お礼コメント
noname#150108

  ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-03-03 17:48:25
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ