解決済み

先日、ステント手術の事でお尋ねしたものです。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7336769
  • 閲覧数756
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

先日は、いろいろ教えていただき、又、励ましてくださり、ありがとうございました。

私も、大匙小匙を台所のフックにつるし、塩分表を冷蔵庫に張り付けてなんとかおいしく食べられるものを作れるようになりました。主人も、1日6グラムの塩分になれてきたようで、「ん、うまいね。」と時々言ってくれるようになりました。私は、食事つくりは苦にならないほうなので、なんとかやってゆけそうです。

さて、シロウトの単純な疑問にお答えいただきたく書き込ませていただきます。

ステントは主人の場合、4本入っています。ステントがは動脈にささってしまうことなどないのでしょうか。
ステントがずれてしまうことなどないのでしょうか。

まもなく、ステントを入れてから2か月になりますが、おかげさまで主人は元気に暮らしています。
まだ、毎日寒いですし、(北関東在住です。)卵のアレルギーがありますので、インフルエンザの予防注射も受けていないので、外出はあまりしませんが、それ以外は以前と変わらない日常を送っています。

暖かくなったら、旅行(出来たら海外に)いけたら、と思っています。主人の何よりの楽しみですし、励みになると思うのです。もちろん無理のなさそうなツァー参加にするつもりです。数年前まで、働くばかりの毎日でしたから、ここで、人生を楽しまなければ、と私は思ってしまうのです。

長々と書いてしまいました。

お答えをいただければ幸いです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 49% (129/263)

ご心配されている合併症が起こる可能性は0とは言えません。
が、ステントが動脈を傷つける可能性が一番高いのは
ステントを動脈に入れる時です。
また、ステントがずれると言う事はあまり聞いた事がありません。
代わりにステントを入れた部分がもう一度狭くなる
再狭窄と言う事が起こる事があります。
人間の体の反応で、怪我をした時に治そうとする肉芽と言う組織が
ステントの中に出来てしまう事が原因のようです。

これらの合併症は確実に起こるとも、起こらないとも言えません。
交通事故の発生を完璧に予測できないのと同じです。
起こるかも知れない合併症に怯えるよりも、
おっしゃる通り、沢山楽しい事をなさった方が良いと思いますよ。
食事の管理をするのって毎日の事で大変だと思いますが、陰ながら応援していますv
ご参考までに
お礼コメント
noname#168362

親切なRES有難うをございました。

前回の狭心症の発症の時は1年間海外出張はしませんでしたので、1月にステントを入れ7月に海外旅行とはどうかなとおもったのです。前回の発作は20年ほど前です。狭心症であるとがわかっただけで、薬の治療のみでした。ただ、仕事は休めなかったし、タバコもこっそり吸っていましたし、接待の宴会はしょっちゅうでした。

それから、20年、やっと好きなことをしながら生きてゆけると思っていたら、2度目の発作が昨年暮れ起きてしまい、相当ショックだったようです。今年の夏のスイス行きを目標に、体を少しづつならし、楽しい人生を2人で生きてゆこうと話しあいました。

塩分の制限にはすっかり慣れてしまい、理科の実験よろしく楽しんでおります。

他に、何か注意しなければならないことがございましたら、教えていただければ幸いでございます。
投稿日時 - 2012-03-03 21:01:37
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ