解決済み

積分の計算

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7335371
  • 閲覧数75
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 39% (22/56)

積分I=∫[-∞→∞]exp(-ax^2)dx
の計算を極座標を用いて計算するらしいのですが、

I^2=∬exp{-a(x^2+y^2)}dxdy
=exp(-ar^2)rdrdθ

とするまでは分かったのですが、積分範囲がわかりません。
どのようにして考えるのでしょうか。よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 67% (2650/3922)

>I^2=∬exp{-a(x^2+y^2)}dxdy
>=exp(-ar^2)rdrdθ

積分記号抜けてませんか?
I^2=∬[D] exp(-ar^2)rdrdθ

a>0の条件ついていませんか?
a≦0であればI^2は+∞に発散してしまいます。

a>0であるとすれば
D:{(r,θ)|0≦r<∞,0≦θ≦2π}とすれば良いでしょう。
逐次積分で表せば
I^2=∫[0,2π]dθ∫[0,∞]r*exp(-ar^2)dr
=2π∫[0,∞]r*exp(-ar^2)dr

ar^2=uとおけば 2ardr=du
r*exp(-ar^2)dr=(1/(2a))exp(-u)du
より

I^2=(π/a)∫[0,∞] exp(-u)du
この定積分ならできますね!

I^2の定積分の値の正の平方根から最初の積分Iが求まります!
 
お礼コメント
hukurousann

お礼率 39% (22/56)

大変助かりました。質問に足りない部分があったのにも関わらず丁寧な解説ありがとうございます!
投稿日時 - 2012-03-01 03:19:12
感謝経済

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 44% (2109/4758)

x = r cosθ, y = r sinθ と極座標変換したのなら、
(-∞<x<∞)∧(-∞<y<∞) に対応する r, θ の範囲は何さ?
座標平面の絵を描いて考えてごらん。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 23% (3656/15482)

どのような思考過程をへて
「I^2=∬exp{-a(x^2+y^2)}dxdy
=exp(-ar^2)rdrdθ

とするまでは分かった」
のですか? 特に, 上では x, y で積分しているはずなのになぜ下では r, θ の積分にかわっているのですか?

積分記号はたらんけど.
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ