• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

省エネ等級4の断熱材について

地域がIVで省エネ4等級で新築を考えていますが公庫のH22.9の技術基準を見るとウレタンフォームA種3のだと断熱材最低厚さ早見表だと外部に接する床とか土間部分が斜線で数値が入ってないのですがそういった場合は、断熱ナシでもいいのでしょうか???きっと断熱しないとまずいような気がするのですが…どうでしょう?教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1399
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tel0463
  • ベストアンサー率45% (64/142)

外気に接する床(オーバーハングしているところ。駐車場の天井など) は在来工法だと充填断熱で熱抵抗値3.3必要です ウレタンフォームA種3だと区分Eだと思うので、 3.3×0.028=0.0924 で93ミリ以上の断熱材厚さが必要です。 その他の床は一階の床下ですね。 その他は2.2必要なので、同じざいりょうなら62ミリ以上の厚さが必要です。 土間床部について、必要なところは 仕様書解説付きのP253の図だと 左側が外、右側が室内のユニットバスですが、 基礎に有る断熱材の外部側が熱抵抗値1.7必要で 反対側の室内側は熱抵抗値0.5必要です。 ただし、ユニットバス(浴槽と洗い場)の底に断熱材が施工して有ると その部分の基礎断熱は無くてもよいです。(P252の下の図) 玄関の土間床は小規模であれば施工しなくても良くなりました。 これは、土間床部分は施工が難しいことから(入れにくいケースが多い) 平成21年に規定が緩和されたと思います。 ですが、出来るだけ入れたほうがいいですね。 それ以外は土間になるケースがほとんどないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。計算式まで乗せて頂いて…参考になりました。

関連するQ&A

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 家の断熱材について

    初めての相談で、よろしければお知恵をお貸し下さい。 新築を現在建てているのですが、断熱材は、グラスウールかウレタンフォームかで 迷っています。 建築の方は、床は、ウレタンフォームで天井、壁は、グラスウールでグレードをあげるべきと 言われましたが、個人的にはウレタンフォームで全てやる方がいいのではないかと 思うのですが、どうでしょうか? よろしくお願いします。 ちなみに家は、在来工法で、今時めずらしく 生木使用です。

  • 断熱材の厚さについて

    今新築打ち合わせ中なのですが 我が家はIV地域断熱材はグラスウールになります。 最近断熱材を100mm以上にしてる方を多く見かけ 少し不安になってきました。 天井は夏の暑さによって 新築後自分で厚さを足してもよいかなと思ってましたが 壁と床が後から調整は出来ませんから悩むところです。 やはり厚さを足した方が良いでしょうか? ちなみに気密住宅ではない在来工法です。

  • 断熱材について

    断熱材についてお聞きします。 私の契約している住宅メーカの断熱材は、カタログには壁:発泡ウレタン55mm、 床:スタイロエース55mmの断熱処理を行うと書いてありますが、実際に住宅メーカからきた仕様書には壁:吹き付け硬質ウレタンフォーム55mm、床:押出法ポリスチレンフォーム3種55mmと書いてありました。これはメーカのカタログと同じ意味なのでしょうか?それともカタログとは異なる事なのでしょうか?

  • 断熱材について

    現在、新築を検討しております 断熱材について、吹付け発泡ウレタン か ロックウールで悩んでおります 聞くところによると、吹付け発泡ウレタンは木材の変形によりウレタンが裂けることがあり、ロックウールは湿潤によりずり落ちがあるとのことですが、実際はいかがでしょうか 寒冷地(長野県)で、かつ、吹き抜けのため、断熱はしっかりしたいと思ってます どちらがよいでしょうか? どなたかご意見お願いします

  • 断熱材の厚みについて

    現在、埼玉県内で次世代省エネ仕様で新築住宅を 住宅メーカーにお願いして建てていただいておりますが、 壁の断熱材の厚みが違うような気がしたので、質問してみました。 使用されている断熱材は、マットエースプラスと書かれており、 ネットで調べたところ、厚みが85mmで、高性能 グラスウール16K、熱抵抗2.2m2・K/Wでした。 一方、次世代省エネ基準というのをネットで調べたところ、 IV地域で、充填断熱工法の場合、高性能グラスウール16Kだと 壁の断熱材の厚みは、90mmとなっていました。 わずか5mmですが、足りないように思いますが、 基準をクリアしているのでしょうか? それとも、熱抵抗だけクリアしていれば、次世代省エネ基準 と言えるのでしょうか? 以上、参考になるご意見等いただければ助かります。 (参考)当方の住宅条件は、下記のとおりです。 木造軸組工法 IV地域

  • 断熱材について

    いま新築を建ててもらっています。 現在日本中が、グラスウール不足で工務店さんに別の断熱材を提案されました。 吹付け断熱材か羊毛断熱材です。 まず吹付け断熱材は(アクアフォーム)か(フォームライト)の2種類が出来ると言われました。 調べてみたら、アクアフォームの評判があまりよくないようで…。 フォームライトの方が良いみたいです。 そこで、フォームライトと羊毛断熱材では、どちらの方が良いのでしょうか?? ネットの口コミを見ているかぎり、全く分からなくなってしまいました…。 メーカーさんに直接聞いても、良いことしか言われないので…。 コスト的には、両方とも同じくらいだと聞いています。 皆様、よろしくお願い致します。

  • 省エネ等級4を満たす開口部

    省エネ等級4にするための窓について質問します。 現在 地域IV の地区で新築住宅を検討中で、 断熱材や玄関は、省エネ等級4の基準のを満たす仕様のものを使います。 窓は、当初 空気層12mのペアガラス(トステム製デュオPG)でした。 それを変更する必要があると言われ、下記選択を迫られています。  (1)low-eガラス  (2)当初予定通りの窓 + 遮光等級1のカーテンまたは障子 住宅すべての窓(トイレや浴室や明り取りのFIX窓等すべて)を いずれかに変更する必要がありとのことですが、本当に必要ですか? 必要以上に高性能のような気がしますが・・・・素人なのでそう感じるのかも知れません。 よろしくお願いします。

  • 輻射断熱材について

    教えてください。 お気に入りの工務店の断熱材は 「断熱材は基本的にはポリスチレンフォーム系の物(30mm)と表面をアルミ箔でコートした輻射断熱材を併用しています。輻射断熱材は6mmあり外部を全て覆い外断熱を行います。 厚みは薄いですが宇宙服とおなじで輻射熱線を反射するため断熱効果は大きく、また重量が軽い為外断熱を行う際外壁面軸組に与える負担が少ないものと考えています。」 との事。気密測定とかしてなく、どれだけの性能がでるかわかりません。 これとよく似た断熱材を使用されていて住んでいる方の意見などを聞きたいのですが・・ 輻射断熱を使用する工務店は少ないかと思います。 ここは北陸です。北海道ほど寒くないですが、私はとても寒がりです(^^;) もうひとつお気に入りの工務店は水発泡ウレタンで気密性を保ち、2重通気層です。どちらにしようか悩むとこです・・

  • 建具枠周囲の断熱材について

    設計図書で、建具枠廻りに断熱材(ウレタンフォーム等)を吹付する。または充填するとの記載が よくありますが、断熱材の吹付と充填の違いを教えて頂けませんでしょうか。

専門家に質問してみよう