解決済み

本を読んでいてわからないところがありました。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7315039
  • 閲覧数53
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (24/24)

ある詩を読んでいてわからないところがありました。引用します。 「わが歌は石の刀ぞおの肝を抉り道岐(ちまた)の神に饗(あへ)せん」とあったのですが、「おの肝」の「おの」とは「己」のことでしょうか?でも、もしそうならば、「おのが」と「己」に「が」を伴うべきだと思うのですが、これは単なる作者の言葉遊びでしょうか? もう一つ質問があります。「息の緒はひそに竟(おわ)らむ蜜蜂ら水場に群がるるこの真昼にも」という詩があるのですが、「ひそに竟らむ」の「ひそ」とは「ひそかに」の意でしょうか?それとも、何か別の意味があるのでしょうか?


質問が下手で申し訳ありませんが、回答して頂けたら嬉しいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 48% (3403/6990)

> おの肝を

 漢字で表記すれば 「己の肝を」 で、「己」 を 「お」 と読んで、それをかな書きで表記したものです。なぜわざわざそのような表記にしたかというと、想像ですが、「お」 は 「男」 を表す 「お」 でもあるという意識もあったのではないでしょうか (だから 「己」 という漢字を用いずにかな書きにしたという解釈です)。「言葉遊び」 というより、文語文ではそういう書き方も珍しくないのではないでしょうか。

> ひそに竟らむ

 これも似たようなものです。「密かに」 は 「密に」 とも書き表せますから (もちろん、戦後の文部省が定めた決まりごとは無視しての話です)、その 「密」 は 「ひそ」 と読みますから、それにいきなり助詞 「に」 を接続させたものです。
お礼コメント
addressan

お礼率 100% (24/24)

回答して頂き本当にありがとうございます。
投稿日時 - 2012-02-19 20:27:57
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (727/3013)

詳しい物ではありませんが、、、、

日本の文章は
七、五調を好む傾向がありますよね。

声に出して読んでみると、そのリズムを感じられるようです。
言葉遊びの要素とリズムを重んじているのではないでしょうか。
お礼コメント
addressan

お礼率 100% (24/24)

早々の回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2012-02-19 20:09:04
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ