• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

変数係数線形微分方程式

変数係数線形微分方程式の問題です。 与えられた特殊解を利用してこれに独立な他の特殊解を求める 一つの解は「t」 回答のほうよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数679
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • okormazd
  • ベストアンサー率50% (1224/2411)

これは、オイラーの微分方程式で、定数係数にできるけど、 質問に従って、階数低下法で求める。 x''+px'+qx=0 この1つの特殊解x1がわかれば、もう1つの特殊解x2は、 x2=x1∫(t1→t)x1(s)^(-2)exp(-∫(t0→s)p(σ)dσ)ds で、求められるというのが階数低下法です。 t1、t0は、積分が収束するように適当にとる。 これは、適当なテキストで、勉強してください。 で、 質問の場合、 t^2で割ると、 y''+4/t・y'-4/t^2・y=0 で、 y1=t、p=4/t、q=-4/t^2 になる。したがって、 y2=t∫(0→t)s^(-2)exp(-∫(1→s)4/σ・dσ)ds =t∫(0→t)s^(-2)exp(-4log s)ds =t∫(0→t)s^(-2)exp(log s^(-4)))ds =t∫(0→t)s^(-2)・s^(-4)ds =t∫(0→t)s^(-6)ds =t・t^(-5)/5=-t^(-4)/5 これが、解になっているか確かめてください。 また、オイラー微分方程式の解き方で解くと、 y=c1t+c2t^(-4) となるでしょう。 間違っていたら、ごめんなさいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 すごく役に立ちました!!!

関連するQ&A

  • 変数係数2階線形微分方程式

    変数係数2階線形微分方程式の問題です。 x^2*y(x)''+2x*y(x)'-iαy(x)=0 i:複素数,α:定数 この微分方程式はどのようにして解けばよろしいでしょうか? できるだけ計算過程を詳しくお願いします。 解にはベッセル関数が用いられるみたいです。 自分でベッセルの微分方程式と同様にして解いていっても途中でつまずいてしまいます。 お手数ですがよろしくお願いしたします。

  • 未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 

    未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? 一階の線形微分方程式の解き方は dy/dt + p(t)y = g(t) のとき e^∫p(t)dt を両辺にかけて そのあとで両辺を積分してyについて解く と習いました。 そして、未定係数法は2階の線形微分方程式を解く方法の一つとして、 習いました。 ここで疑問に思ったのが、 この未定係数法は一階の線形微分方程式にも使えるのでしょうか? だとしたら下のような手順でよいのでしょうか? 同次式: dy/dt + p(t)y = 0 の一般解を求める (積分定数が残る) 非同次式: dy/dt + p(t)y = g(t) の特殊解を求める (積分定数はない) yの一般解 = 同次式の一般解 + 特殊解 よろしくお願いします。

  • 変数係数の微分方程式の解き方

    変数係数斉次線形微分方程式y''+P(x)y'+Q(x)y=0の特殊解または、基本解系はどのように求めることができるのでしょうか。

  • 2階変数係数線形微分方程式

     (x^2)*y"-3xy'+5y=4/x    この問題はオイラー型の2階変数係数線形微分方程式というようです。 この問題の解法を教えてください。お願いします。 とりあえず左辺=0と置いたときの一般解として   y=(x^2)*{A*cos(log x)+B*sin(log x)} (A,Bは任意定数) までは出したのですが、特殊解の求め方が分かりません。

  • 解けませんこの微分方程式

    いつもお世話になっています。 独学でなんとか線形微分方程式や同次型まで理解しています。今 y'+(1/x)y+y^2-1/x^2=0 という方程式を解こうとしています。特殊解はとりあえず1/xが見つかりました。問題は一般解を求めるのですが、試しに最終的に求めたい 線形結合の解yをy=k+1/xとおいて(kが一般解です)代入し、 kとxの微分方程式を作りました。 果たしてここまであっているのかわからないのですが、ここから手が止まっています。また変数変換したりするのでしょうか。 わかる方詳しく教えていただけないでしょうか。お願いします。

  • 非同次線形微分方程式の解

    非同次線形微分方程式の解は、 「同次線形微分方程式の一般解+特殊解」 だと思うのですが、このとき、 「【同次線形微分方程式の一般解】は、非同次線形微分方程式の解である。」と言えるのでしょうか?

  • n階線形微分方程式

    こんな問題です。 定数係数n階線形微分方程式 y^(n) + p1y^(n-1) + p2y^(n-2) + … + pny = 0 (ただしp1,p2…pnは定数)の解y1,y2…ynの線形和 y =ΣCiyi(Ciは定数) が再び解になることを証明せよ。 これってどうすればいいのでしょうか?

  • 線形微分方程式の一般解

    定係数の線形微分方程式の解は経験的にexpの累乗の形になる。 とあるのですが、どうしてそういえるのですか? 噛み砕いて説明していただくと嬉しいです。 よろしくお願いいたします。 例えば以下のような文です(累乗がかけずに見ずらいですが・・・) 次のd2X(x)/dx2+β2X(x)=0 という 経験的に定係数の線形微分方程式の解はX(x)=eαxである。

  • 線形微分方程式の線形とは?

    線形微分方程式の線形の定義がわかりません. 何を基準に線形,非線形と定義しているのでしょうか? 微分方程式に,線形代数で扱う線形性があれば, 線形微分方程式と考えていいのでしょうか?

  • 微分方程式に関する問題です。

     dy/dx = (a+by)(c(x)+d(x)y) ここで、a,bは定数、c(x),d(x)はxの区間Iで連続とする。 (1)この微分方程式は、変数変換y = 1/b(1/z - a)により次の線形微分方程式に変換されるという。 dz/dx = f(x)z + g(x) をf(x),g(x)をa,b,c(x),d(x)を用いて表せ。 (2)a = b = 1,c(x) = x + 2/x , d(x) = xとするとき、微分方程式の一般解を求めよ。 途中の計算などもできれば詳しくお願いします。