• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

日本国債暴落時の対策について

日本国債が暴落する可能性について、一年ほど前からいろいろ話がでていますが、この暴落を株式でヘッジするなら、どういう株を買う、あるいは売ればよいでしょうか? ぜひ、アドバイス願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2024
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • human21
  • ベストアンサー率37% (871/2334)

日本国債が暴落したときに、自分の資産を守りたい という事であれば、日本株でのヘッジを考え直された方が 良い気がします。 暴落時のヘッジとして最も有効で安全なのはゴールドです。 このことは歴史が証明しています。 ドイツのハイパーインフレの時、80年ほど前の大恐慌の時も ゴールドを持っていた人たちは資産を守れました。 日本国債が暴落すると、全ての日本株も問答無用で暴落する 可能性があります。 また、空売りは禁止になる可能性があります。 町全体が火事のときに、その町の中で安全地帯を探すより 別の町で探したほうが良いのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き、ありがとうございます。 また、貴重なご意見をありがとうございます。 ゴールドですか・・・。 以前から新聞に載ってはいますが、もうかなりな高値で、果たしてヘッジの役割を果たせるかと思っています。 昔、金を一番安いころに勧められて、金の加工工芸品(当時150万円くらい)を買いましたが、これは工芸品なので目方だけの値打ちでもあり、購入価格から比べると価格がさがりますが、大きな資産になりました。 それだけに、4500円から上がどれだけ望めるかと心配してしまいます。 もし、ヨーロッパのユーロ他が安定して、日本だけが消費税増税による一時的に評価は上がっても、その後起こるひどい不況は、果たして海外がどうみるか、このときにヘッジファンドに食いつかれるのではないかと心配しています。 日本は、不況ではなく取り返しのつかない「恐慌」になるのではないかと思っています。 私は事業として、それなりの不動産を所有していますので、地価は上がるか、下がるかなど毎日悩みはつきません。 「空売りは禁止になる可能性があります」 なるほど、思いもしないご意見でした。そうかもしれませんね。 「町全体が火事のときに、その町の中で安全地帯を探すより 別の町で探したほうが良いのではないでしょうか。」 そうすればどこの別の町がよいのでしょうか。 大変参考になりました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 日本国債暴落について

    海外勢が日本国債の投げ売りをしてきた時、日銀が日本国債を大量に買い続ければ、日本国債の暴落は防げますか? また、日銀が大量の日本国債を買い続けた時の副作用はありますか?教えてください。よろしくお願いします。

  • 日本国債暴落の対策

    日本国債暴落の対策について現実的に出来る事を教えて下さい。

  • 日本国債暴落は現実化しますか?

    ここのサイトで,「日本国債暴落の対策」に対して,「役に立った」が11件もありました。 以前,国債暴落云々をサイトで書き込んだら,随分と叩かれたものですが,国債暴落は現実のものとなりつつあるのではないでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

国債が暴落するって事は金利負担が急上昇するし、そもそも金融不安に陥るので、日本株式ではヘッジできない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 私は#1の方が言われたことにはヒントがあって、やはり、ヘッジできるというのが私見です。 だけど、「どうするのが一番ヘッジになるか」というのはわからないので、質問しました。

質問者からの補足

すみません、今気付いたのですが、#2補足で「通過」は「通貨」のタイプミスです。 訂正する場所がありませんので、こちらをお借りします。 失礼。

  • 回答No.1

 日本国債暴落⇒金利があがる⇒インフレ⇒円安  したがって経営としては有利子負債のある会社は金利負担が大ききなります。無借金経営などで投資している会社は損失を被るおそれが有ります。  インフレ、円安になれば輸出企業が有利なり輸入企業はコストが増えます。  投資をするならな世界比率が高い企業、他に変える会社が無い企業に投資が基本と成ります。海外で稼ぎが少ない会社は売ることと成ります。また海外に依存する会社は売りに成ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き、ありがとうございます。 う~む、はっきりわからんなあ・・・。

関連するQ&A

  • 暴落を狙っての国債買い?

    外国人が日本国債の暴落を狙って国債買いが増えてるって聞きますけど、暴落を狙うのにどうして買うのでしょうか?そのシナリオがわかりません、お教えていただければ幸いです

  • 外債にヘッジをかけると日本国債と同じになる?

    外債にヘッジをかけると結局、金利差分ヘッジコストがかかるので、日本国債と同じような動きになって意味がないとよく聞きますが、本当でしょうか。だとしたらヘッジ外債に投資する意味って何でしょうか。 昔、日本国債の動きとヘッジ済外債の動きを比べた表をみたことあるのですが、収益率はそんなに違いないけど、結構動きはばらばらだったような気がします。違うとしたら理由はなんでしょうか。

  • 中国や韓国より下の日本国債はもうヤバイんですか?

    日本国債のランクは既に中国や韓国よりも下で、現日銀総裁でさえオフレコで日本国債はヤバイよヤバイよと言い出しているとか。日本国債の暴落は時間の問題ですか?(´・ω・`)日本国債の売りが始まるのですか?

  • 日本国債の暴落について

    日本の国債が暴落して、国債の金利が急上昇するような場合、どのような金融商品が利益を上げられるでしょうか?

  • 株高、誰が買っている? 日本国債、誰が買っている?

    これまでは市場が不安定化すると国債が買われ、市場が安定的成長的となると国債は売られ株が買われて株高になっていました。しかし昨今株高でありながら国債も買われて長期金利は低下し続けています。 これまで20年近く日本国債が売られると、その売った資金の多くは株へ流れて株価上昇になるという傾向にありました。 現在、株価を大幅に押し上げ、国債も上昇させるとなるとかなりの資金がどこかからか流れてきているはずです。大きなお金の流れとして現在の日本国債の資金はどこから来ているのでしょうか?あるいは株高の資金はどこから来ているのでしゅか?

  • 日本国債先物のショートの出来るネット証券会社は?

    日本国債の暴落(?)が間近のようですが、日本国債ショートのできるネット証券会社教えて

  • 日本国債はどうやって返すのでしょうか?

    日本国債はどうやって返すのでしょうか? コツコツ返済する場合は、およそどのくらいの年負担と返済期間、負担者は誰でしょうか? 日本円の暴落など急激な変化が起きた場合は、どのような推移を辿るでしょうか? 私は個人的には、国債残高が限界を迎えた場合、大幅増税、預金封鎖、社会保障の緊縮、財産税などで国民の財産を奪うしか返済方法は無いと考えています。

  • 日本の金融機関が日本国債を売るリスク

    日本国債は、約9割が日本の金融機関が持っているので、暴落することはないという意見が多いです。ふと思ったのですが、日本の金融機関は日本国債を投げ売りしないという前提があるようですが、日本の将来に危機を覚え、日本の金融機関が自分の銀行を守るために、日本国債を投げ売りすることはあるでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

  • 将来の日本国債価格

    本日日本国債の格付けがスロベニアと同じになったというニュースがありました。 本日時点のレートは知りませんが、スロベニアは昨年1時期利回り7%を超えていました。これに対し日本国債の利回りは1%。 もし格付けが危険度を表すものなら、同じ格付けの国債は同じ程度の利回り(価格)にならないといけないと思います。 という事は日本国債も、いずれ日本人以外が買う時には7%の利回りになるわけで、これは銀行破たん初め、日本沈没のシナリオになると思います。 という訳で、恐らく政府は国債を日銀買い取りにするのではないかと考えましたが、この他に方法があるでしょうか? 又、その場合どこかでハイパーインフレが来るという可能性が高いのでしょうか?

  • 日本国債の流通規模、大暴落の可能性について

    国債初心者です。日本国債の流通市場・流通規模などについて、日本国債大暴落の可能性について教えて下さい。 1:新発国債と流通国債の市場規模。何年物の国債がどれくらいの規模で発行されたり、流通したりしているのでしょうか? アベノミクスでの異次元金融緩和以前と以降の変化なども教えて頂けると有り難いです。 2:国債先物市場の規模と参加者の種類、現物国債市場の価格形成へのインパクト、国債市場における日銀の存在感についても教えて下さい。 3:国債先物市場の仕組みについてですが、先物市場はネイキッドセリングが可能なのか? それとも、貸し株のように現物の国債を借りた範囲での売りとなるのか、について教えて下さい。 4:国債を長期保有している金融機関・機関投資家の投資行動。会計基準(損益計算の方法)、含み損が出た場合の行動や、これらの機関が国債の現物を一斉に売りに出したり、先物でヘッジ売りをする可能性などについて教えて下さい。 5:日本国債は、日本の金融機関の保有割合比率が高く、また、日銀によって7割近くが吸収されるようになるとのことで、日本国債の暴落はありえないという説がある一方で、流通国債の市場は、先物市場に左右されつつあり、ヘッジファンドによるの先物も売り崩しにあうと、一瞬で崩壊する可能性もあるという説もあり… 5・23の株式市場の大暴落を見ていると、国債市場もヘッジファンドのオモチャになってしまうことがあるように思えたのですが、その可能性についてコメント頂けると有り難いです。 日銀やGPIF、郵貯などで、国債先物を買い支えることは出来るのでしょうか?(資金の規模、どれくらいのレバレッジをかけられるのかなど、ヘッジファンドとの対比や、具体的な数字を示して頂けると有り難いです) 例 GPIF:資金規模113兆円。法律で運用が決まっており、機動的な運用は出来ない。 ソロスファンド:資金規模300億ドル(3兆円)。先物市場ではレバレッジ効果で300兆円以上の資金が余裕で動かせる。