• 締切済み
  • 困ってます

オペアンプのDC出力をDC0V~10Vかさ上げ

DCの信号をオペアンプで増幅して出てきた出力信号を、可変電圧DC0V~10Vかさ上げしたいのですがどのようにしたらよいですか? かさ上げしたい電圧が10Vだとすると、OPアンプの出力が1Vの場合、最終的な出力電圧は11V。 また、OPアンプの出力がー2Vの場合は、最終的な出力は8V。 のようなかんじです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1409
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.7

OPAを何使うにによりますが非反転増幅なら画像のような回路が使えると思います。 この回路ではダイオードのVfぶん(例えば0.7V)かさ増しされると思います(実際に回路を組んだわけではないので、問題が起こる場合があるかもです)。 ある程度正確な電圧でかさ上げしたい/かさ上げ分を可変にしたいという場合に、ツェナーダイオード(シャントレギュレータも使えるかも)を使った回路も考えてみました(こちらも実験はしてないので、実際に使う場合はそちらで検証お願いします)。この場合、0Vからツェナー電圧までの幅でかさ上げできます。コンデンサでかさ上げ分の安定した電圧を確保しているので、ある程度大きくないと出力が乱れると思われます(使用する抵抗/可変抵抗が数10-100kΩであれば100-2000μFあれば十分でしょう)。こちらの回路の場合、コンデンサの両端に掛かる電圧分かさ上げされて出力されると思います。ただし、(かさ上げされたあとの出力電圧)-(ツェナー電圧)が、-電圧(あるいはGND)より低い場合は、より低い-電圧を供給する必要があるかもしれません。 とりあえず、既存のOPAの出力に、かさ増し回路を付加した1倍アンプを繋げばなんとかなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • オペアンプについて

    現在、オペアンプの選定で困っております。 内容は、オペアンプを差動増幅で使用したいのですが、仮に2つの入力信号が 0Vの時に0V、または2つの信号が10Vで出力が0Vになるようにしたいのです。理想は0Vになるといいのですが、実際はならないので、限りなく0Vに近い出力をする部品を探しております。OPアンプの規格表をにらんでいますが、よく分からず、CMRRがその性能を表していると思うのですがよくわかりません。CMRR数値が多きければ限りなく0に近い出力をするのか、CMRR数値が小さければ0に近いのか、このCMRRのこともよく分かりません。 どなたか、ご教授して頂けませんでしょうか?自分はまだまだ勉強不足で、周りに聞ける人がおらず、手の打ちようが有りません。本など紹介して頂けると さらに助かります。宜しくお願い致します。

  • DC12VをDC0~10Vの範囲で可変させる回路

    当方素人で初めてご質問させて頂きます。 DC24VをDCコンバータを使用してDC12Vに降圧し、そのDC12Vを粗調整用と微調整用の可変抵抗でDC0~12V(厳密にはDC0~11V程度)の範囲で可変させPLCのアナログユニットに入力し色々と実験を行いたいのですが正直電気は素人の為分かりません。ある程度の回路は自分なりに調べて考えてはいるのですが正直間違っていないのか心配です。回路図、選定(抵抗値、W数)など詳しい方おられましたら教えて頂きたいのですが宜しくお願いします。 (1)調整する可変抵抗器は入力側に付けるのでしょうかそれとも出力側に付けるのでしょうか? (2)出力側の電圧を可変しても問題がない場合、自分なりに計算した可変抵抗器で問題ないのでしょうか?   ※10mAで10V発生     11V/10mA=1.1KΩ(2個の可変抵抗の合計抵抗値)     VR1:2W 1KΩx1(頻繁に可変するため2Wが必要?)     VR2:2W 500Ωx1(微調整にある程度幅を持たせる為)   ※12Vを11Vに降圧     (12V-11V)/10mA=100Ω(固定抵抗)     R1:1/2W 100Ω   ※回路図(回路図かけないので言葉で申し訳ありません)     1.+側に固定抵抗を取り付る     2.VR1の1に(-) 2にVR2の(3) 3に(+) 固定抵抗側       VR2の1に(-) 2を出力(+) (3)DCコンバータはキット品を使用する予定です(メーカは不確定)    以上、素人で説明がうまく出来ず申し訳ありませんが宜しくお願いします。  追伸)入力側を可変させる必要があるのであれば詳細教えてください。

  • オペアンプを使用し80V出力するには?

    オペアンプを使用し80V出力するには? 入力が0~27Vで、出力がDC0~+80Vまで可変できるオペアンプを作りたいのですが、 どのような回路にしたら良いのでしょうか? ちなみに出力電流はMAX±0.5A程度欲しいのです。 (0V出力の際に、-0.5A程度) いろいろ回路を組んでみてシミュレーションを行ってみましたが なかなかうまくいきません。 どなたか、分かる方がいたらご教授のほどよろしくお願い致します。 参考サイトや図書等ありましたら教えて頂けると幸いです。

  • 回答No.6
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

かさ上げ電圧を連続的に変えるのなら、添付図のように、R5 と R6 のところを可変抵抗(VR)で置き換えるといです。このようにすると、かさ上げ電圧を 0V から 電源電圧(Vcc)-1V の範囲で連続的に変えることができます。Vin が交流であっても 500kHz くらいまでは動作します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

かさ上げする電圧の式を間違えました。 画像を添付し直します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回路図までつけていただきありがとうございます。 参考にさせていただきます。

  • 回答No.4
  • inara1
  • ベストアンサー率78% (652/834)

10Vかさ上げする回路を添付します。 オペアンプの入力(Vin)が 1V のときオペアンプの出力(Vout)は 11V、Vin = -2V のとき Vout = 8V になります(添付図のグラフは回路シミュレータによる結果)。 かさ上げの電圧は、電源電圧(Vcc)を R5 と R6 の分圧回路で作っているので、R6 の抵抗を変えれば、かさ上げ電圧を変えることができます。 この回路は、「Vin + かさ上げ電圧」が 0V から「電源電圧 - 1V」の範囲で動作します。

この投稿のマルチメディアは削除されているためご覧いただけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • se223
  • ベストアンサー率49% (49/100)

反転増幅でしょうか?非反転増幅でしょうか? 反転増幅なら、マイナスの入力に電圧を抵抗を通して加えます。その場合出力の電圧は帰還抵抗と電圧を加えた入力抵抗の比率になります。但し、反転しますのでマイナスを加えるとプラス側に動きます。 また、プラスピンに直接電圧を加えれば出力はその印加電圧で平行移動します。 非反転増幅の場合、マイナスに加えるなら最初の方法で可能です。プラスに加えるのなら抵抗を介して電圧を加え、さらに抵抗を介して信号を同じプラスに加えることも可能です出力は動きますが、初心者の方であれば思ったとおりの出力電圧にならないかもしれません。 あと、オペアンプの電源電圧までは出力はでませんので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非反転増幅です。アドバイスを参考にさせていただきます。

  • 回答No.2
  • P0O9I
  • ベストアンサー率32% (692/2145)

加算回路を組めばよいだけ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございました

  • 回答No.1
  • sailor
  • ベストアンサー率46% (1879/4025)

入力す信号煮たいしてバイアス与えたということですよね。最も簡単なのはカップリングコンデンサーを挟んで必要な電圧を供給してやることですが、この方法はオペアンプの出力が非常に低い周波数である場合や周波数の範囲が有る程度異常広い範囲である場合は誤差が多くなるなどの理由で使えませんね。実際に扱う周波数はどの低でしょうか?それによって回路の構成が顔となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

さっそくありがとうございます。 OPAからの出力は一度ある電圧を出力するとそのままをしばらく保ち、OPAの入力が変わったら出力が変化し、一定を保つ、というような回路です。 ですので、周波数でみると1Hz以下(こう表現していいのかわかりませんが)です。 ですのでカップリングコンデンサーは難しいと考えています。

関連するQ&A

  • DC 0V~10Vのアナログ信号2分割IC(回路)

    DC 0~10Vのアナログ信号1入力をDC 0~10Vのアナログ信号2出力にしたいのですが、既製品での1入力2出力ではなく、ICを使用しての回路をご存じの方、ご教授をお願いします。

  • オペアンプの回路について。

    使用環境は、車のセンサーです。 0V~0.8Vで変動する電圧を、0V~1.2V程度に増幅したいのです。 幾度かHPを見て作成したのですが、上手くいきません。 RC4558P(#)というオペアンプを使いました。 計算ができないので、可変抵抗を使用しました。 ど素人なもので、どうかよろしくお願いします。

  • オペアンプを高電圧出力にするには?

    DC-100~+100Vまで可変できるオペアンプを作りたいのですが、 どのようにしたら良いのでしょうか? 参考になる図書などありましたら教えてください。 ちなみに出力電流は0.5A程度欲しいです。 電源電圧±50Vのオペアンプがあるので、 それの出力段にプッシュプルのTr回路を取り付けて、 ±40V/1A程度のオペアンプは工作したことがあるのですが、 ±100Vとなると想像も付きません。 どなたか、分かる方がいたら回答をお願い致します。 また勉強をしたいので、 参考になる図書などありましたがご紹介ください。

  • 電圧DC 0-10VをPWMに変換する回路について

    電圧DC 0-10VをPWMに変換する回路を作りたいと思っています。 入力 DC 0V-10V 出力 DC 10V 1kHz PWM 0-10Vを分圧で0-5Vに変えてPICにアナログ入力し、PICで1kHz PWMを作りトランジスタで10Vに変える回路は出来ました。 しかし、もう少しシンプルな物が作れないかと考えています。 タイマーIC555でPWMを作る回路のボリューム部分を0-10V入力に変えればいいのか等思っていますが、具体的な回路がわかりません。 出来れば、DC0-10Vを1kHz PWMに変えるIC等あればいいのですが。 アドバイスをお願いします。

  • オペアンプの入出力特性。

    電圧利得3倍のオペアンプを作り(オペアンプを±15Vで作動) 非反転増幅回路の直流電圧入出力特性をとったのですが、 飽和時の出力電圧はマイナス側が-13.8V、プラス側が14.2V でした。 理論としては出力は最大(低)で+(-)15Vでるはずです。 実際にオペアンプ内(また、その他)の何が原因で出力電圧が15Vを下回ってしまうのでしょうか? また、どの測定でもマイナス側の飽和出力電圧の値(絶対値)の方がプラス側の飽和出力電圧よりも低くなっています。 このことはオペアンプの初段トランジスタのミスマッチにより入力電圧0Vでも出力電圧が0Vとならないこととは関係はあるでしょうか? 考えうる原因を教えてください。

  • PWM出力(0~5V)をバイポーラ出力(±10V…

    PWM出力(0~5V)をバイポーラ出力(±10V)に変換したい いつも大変お世話になっております。 下記内容につきまして御教示くださいますよう宜しくお願いいたします。 目的) ・SH2マイコンのPWM出力(0~+5V)をDA出力として利用したい。 ・DA出力の範囲として-10V~+10V。 不明点) ・ユニポーラ出力(0~5V)をパイポーラ出力(-10V~+10V)に変換する回路(及び構成部品) OPアンプ等の各種書籍の閲覧およびネットのキーワード検索をやりましたが,適当な参考回路が見当たりませんでした。アドバイス宜しくお願いいたします。

  • アダプターのDC**Vについて

    こんにちは、教えてください。 アダプターのDC**Vってありますよね? 例えばDC10V必要だった場合、もちろんDC10Vまでのアダプターで それ以上になると本体が壊れてしまうと思います。 (昔ファミコンに誤って電子ピアノのアダプターを接続して、 ファミコンがぶっ壊れたことがあります) 9Vとか8Vのアダプターでも使えるようなのですが、使用可能なVが10なのに 8Vとか9Vで使えてしまうのは大丈夫のでしょうか? また極端な話、10Vに対して1Vのアダプター(仮に接続出来たとして)を 接続したりするのは問題ないのでしょうか? やはり決められているV数のアダプタを接続する事が一番望ましいと 思いますが、どなたか詳しい方、ご教授願います!

  • DC-DC可変コンバータ

    以下のようなDC-DC可変コンバータを作りたいのですが、 どうゆう回路にすればいいですか教えて下さい。 ・入力電圧12V ・入力電流10A~100A ・出力電圧1V~12V ・出力電流100mA~10A 主にカーバッテリーを使って、消費電力の少ない電化製品を使おうと思っています。 (例)ウォークマンなど できれば簡単に設計できるものがいいです。

  • オペアンプの役割について

    オペアンプの非反転増幅回路を用いて、0V~5Vの入力アナログ信号を上限電圧4.5Vと下限電圧0.5Vの出力電圧を得るためには、どのように考えればよいのですか?入力でいきなり6Vのアナログ信号が入ってきた場合に、上限電圧4.5Vの安定した出力を得るためには、非反転増幅回路を用いてどのように回路を構成すればよいかを教えてください。今大変困っていますので、よろしくお願いします。

  • オペアンプを用いた反転増幅回路について。

    オペアンプを用いた反転増幅回路に関する実験を行ったところ、周波数を大きくすると電圧の出力波形がオシロスコープのGNDより下部に映るようになりました。 具体的には、低周波数では出力波が8Vと-8Vのあいだを波打っていたのが、高周波数では1Vと-6Vのあいだを波打つようになりました。 高周波数にすると負帰還がかかることで出力電圧の振幅が小さくなることは分かるのですが、このように波が全体的にマイナス側に移行する理由がわかりません。これについてお教えいただけると助かります。 また、このような場合出力波形の振幅はどう読み取ったらいいでしょうか。1Vでいいのか、それとも3.5Vにしたほうがいいのでしょうか。 自分で調べてみたのですが、どうしても分からなかったので質問させていただきました。お願いします。