• ベストアンサー
  • 困ってます

電気設備関係で必要な工具

  • 質問No.7257467
  • 閲覧数722
  • ありがとう数1
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 53% (17/32)

 はじめまして。新規設備の電気担当です。
以前は加工工場の電気設備担当で、主に低圧の動力200Vまで見ていました。

計測器関係、電気工具関係をそろえなければならなりません。
(設備仕様は完成図書を見ていないので分かりませんが主に電圧はAC200Vの動力になるかと思います。)
知識不足で言葉足らずかと思いますが、アドバイスお願いします。



・一般工具
工具箱一式(ドライバー、プライヤー、半田ごてなど)
通線用のワイヤ
ビニルテープ


・計測器関係
絶縁抵抗計(アナログ式で電圧レンジが3つで1000Vくらいまでのもの)
電流クランプメータ(アナログ式とデジタル式)
テスター(デジタルテスターとポケット式のもの)

・盤内シーケンサ関係(パソコン、通信ケーブル、ソフト、USBメモリ)

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 59% (147/248)

電気設備といっても範囲は広いですよ。
受電から末端まで全てとなると、それぞれ必要な道具は変わってきます。

漏電などを調べる場合に電源を遮断して調べる事が出来るなら「絶縁抵抗測定器」で出来ますが、
電源を遮断できない場合は「クランプ漏れ電流計」を使用する事になります。

一般工具と呼ばれているものは総称みたいなもので、
現場によって一般工具の解釈が変わります。
電気業界ではドライバーやニッパーは必須ですが、
テスターも持つのであれば「デジタル」と「アナログ」両方あるほうが便利です。
「ビニルテープ」なんて道具に含みません。

シーケンサもメーカや機種によって通信ケーブルが変わります。
もちろん、サポートソフトもメーカや機種によって変わる場合があります。
まぁ、パソコンなどは普通に販売されていますから何を使っても大丈夫でしょう。
USBメモリなどは必要になったら購入すればいいだけです。
別のパソコンにコピーするなどはメールを使えるなら転送すればいいだけです。
シーケンサやタッチパネルのデータサイズなんてたかが知れていますから。

>通線用のワイヤ
多分「メッセンジャーワイヤー」の事だと思いますが、
これって電気設備担当者が使いますか?
新規や追加工事の場合、普通は電気工事業者が行いますので、
工場の電気設備担当者がメッセンジャーワイヤーを使っているなんて見た事がありません。
(工場によるでしょうけど)

どの範囲まで担当なのか分かりませんが、
計測器や道具は言いだしたらきりがありません。
入手しずらいものは別として、基本的な道具(まさにドライバーなど)を揃え、
足りないものを都度揃えていくという考えで良いのではないでしょうか。

道具は必要最小限で済むよう考える事も大事たと思います。
お礼コメント
yuttarimottari

お礼率 53% (17/32)

 丁寧な回答ありがとうございます。
意見を参考にさせていただきます。

 シーケンサソフト等は一応おおよそ何を使うかは把握しているつもりです。 
 
 メッセンジャワイヤは1箇所だけ使用頻度が多そうな重量物ホイストが故障して入れ替えするときに必要かと思い、リストに入れました。


 
投稿日時:2012/01/22 10:58
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ