• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

隣家との間の土地を、隣家と分け合いたい

我が家の隣に更地の土地が宅地として売りに出されています (建築条件付きではありません) ここに家が建ってしまうと窮屈ですし、どんな人が来るかも全くわからないので買ってしまおうかと思っています ただ、丸ごと買うにはちょっと価格が高いのと、広すぎです ほぼ同じことをその更地を挟んだ隣家も考えていて、半分ずつ購入してしまおうか?という案が出ています 一区画の土地を半々で購入するには、どうすれば良いのでしょうか? 半分に分筆(言葉合っていますか?)できるのでしょうか? その半分を現在の自分の土地にくっつけた形で一区画にして、将来建て替えの際に、その半分をくっつけた面積で建蔽率など各種規制を申請できるのでしょうか? 購入資金は隣家共々現金決済のつもりです 以上、よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数320
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

仲介業者を通して、売主に分筆をさせて 直接半分ずつ購入というのは 前回書いたように、売主にとってはリスクが大きくなります。 そういう交渉をすればいいという書込みもありましたが それは現場を知らない現実的ではない考えだと思います。 もしあと4000万円用立てたとしても、購入して分筆している間に 裏切られたりしてしまったら困ってしまいます。 ですから、どちらにもリスクがないように 下記の方法でいかがでしょうか? 単純に4000万円ずつとして 質問者がAさん、反対隣がBさんとします。 BさんはAさんに4000万円融資します。 Aさんはそのお金と自己資金で購入します。 決済して所有権移転によりAさん名義の土地になります。 その際に、Bさんは自分の出した4000万円の保全のために その土地に抵当権を設定します。 同時にAB間の売買契約も締結します。 そして分筆を行い、その後半分の土地の決済・所有権移転をします。 売主さんから購入する時点で決済条件として 境界確定済みの実測図の添付を条件としておけば (というか、通常は売買契約に際して境界確定済実測図は必須です) 買った土地の分筆は問題なくできます。 仮に当該土地を中心に 南が道路、東はAさん、西がBさん、北側が第三者の所有として 売主さんからAさんへの売買の時点でその土地の境界確定については 北側の第三者以外は同意が取れるわけですから、その第三者との 境界確定は、売主さんが責任を持って行うことになります。 その上で、購入後に行う当該地の分筆については、 その内側だけの問題なのでAさんの申請のみで行えます。 あとは、AB間での金銭貸借契約書、覚書などをしっかり 交わしておけばいいと思います。 金銭貸借については無利息とし、残り半分の引き渡し時に返済 (実際は売買代金に充当になりますね) 分筆については、面積は2等分し接道部分の長さを同一とする、など 諸費用分の扱いは考慮してませんが、おおざっぱには こんな感じでいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど! その方法であれば、A,B,売主全てのリスクを低くできるので、事がスムーズに運べそうですね ご回答文をプリントアウトして、隣人に見せてみようと思います 素晴らしいご回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • 名目的に貸した土地

    20年程前、隣家が建築する時に、建蔽率不足をカバーするため、頼まれて名目だけ土地を貸しました。実際の境界の塀などは動かしてありません。 今回当家が建て替えをするにあたり、その貸した土地も含めて当家の建蔽率を計算できるのでしょうか。

  • 土地の固定資産税

    2区画の宅地の片方を購入して、現在建築中です もう片方はまだ売れていないので、この土地も購入してしまおうかという案が浮上中です でも、宅地を買っても家を建てなければ、建てたよりは固定資産税が多くなるという話を聞きました 後から隣接する宅地を購入して、既に購入・建築中の宅地と合わせて、一区画として、まとめて家を建てた状態での固定資産税を課税してもらうことは可能でしょうか?

  • 都内 隣の土地の購入方法

    まだ人が住んでいる隣の土地を購入したい場合、まずはどこのだれに相談をすればよいのか教えてください。 国道沿いが立ち退きで半分更地となっており、隣家を挟んで我が家です。 この際に、国道沿いの土地も購入しまして、建て替えを検討しております。 国道沿いの土地のオーナーと隣家のオーナーは別です。 国道沿いのオーナーに隣家を買われてしまう前に、手をうちたいと考えております。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

売主に、先に分筆させて半分ずつ売買契約を行うというのは 質問者にとっては都合がいいですが、売主にはリスクばかりとなります。 同時契約・同時決済などかなり特約を付ける必要があります。 自分が売主だったらお受けしません。 万が一、半分だけ売り渡して半分だけ残ってしまったら その分が永遠に売れない可能性すらあります。 そんなことはしない、と口でいくら言ったところで 意味がありません。悪意はなくとも順番に契約しようとしたら 買主の一人が急死してしまったとか絶対にないとは言えませんから。 ですから買う方でまず、まとめて買ってしまって それから分筆をして半分を売買するほうがいいでしょう。 幸い、というかそうでないと無理ですが両家ともに現金決済とのことですから こういう方法はどうでしょうか? 買主Aがまず全部買う、買主Bは最終的に自分が買う分の金額を買主Aに融資して 購入する土地に融資分の抵当権設定を行う。 購入後、分筆と並行してAB間の売買契約を進める。 最終的な決済と抵当権解除や分筆費用精算を行う。 あとAB間は直接契約するとしても、最初の売買は 仲介手数料が発生しますから、その按分精算も必要ですね。 このような方法であれば、売主にはリスクがありません。 自分は完全に手放した後に分筆でも何でも、もう 関係のない話になりますから・・・ 購入後のことになりますから、分割の売買については 売主の仲介業者に相談するよりも 司法書士に相談してみたらいかがでしょうか? 契約書の作成とかにも相談に乗ってくれると思います。 半分を購入後であれば、元々の土地に合筆することもできますし 再建築等の際には合わせた面積で申請できるはずです。 地域により、最低敷地面積の規制がある場合がありますが (住宅地のレベルを保つために一区画を一定の面積以上にさせる) 更地で売買するのであれば制約は受けないと思います。 念のため、該当の役所へ事前に相談ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます 私の方で一旦まとめて買って、その後に半分を隣人に売るという流れはわかりやすくていいとは思いますが、 土地価格が8千万円なので、私には全額用立てられません 他に上手い方法はないものでしょうか

  • 回答No.3

*一区画の土地を半々で購入するには、 お隣の方としっかり意見(購入の総予算)を摺合せしてから、不動産屋に相談する。 *半分に分筆(言葉合っていますか?)できるのでしょうか? 可能です。今回検討中の土地について、境界確定はできているのか?などを不動産屋に確認してください。基本的に分筆にはその土地に隣接する土地との境界確定が必要ですが、左右は質問者さんとお隣さんなので問題なく進むはずですから、前の道と裏の境界がポイントとなりますね。 また、検討中の土地が測量済み(古いのはダメですが)の場合、分筆の際の測量費用が不要な場合もあります。 その半分を現在の自分の土地にくっつけた形で一区画にして、将来建て替えの際に、その半分をくっつけた面積で建蔽率など各種規制を申請できるのでしょうか? 購入後、土地は2筆になりますが、それを合筆してもしなくても、合わせた面積で建築確認申請可能です。 以上を踏まえて、購入にかかわる諸経費、分筆の費用など、すべて含めた予算をお隣を相談してから 「両家で出せる金額はこんだけです。分筆後の決済を希望します。この条件で買えるように売主と交渉してください。」と、不動産屋に言ってみて下さい。 「分筆後の決済」もポイントだと思います。万一分筆(そのための境界確定)ができなければ困りますから、購入後に分筆手続するのは(一旦一つの土地を他人同士で共有する事にもなり)お勧めできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

買ってから、登記の際に分筆すればOKです その土地の測量が必要になりますから、有権移転登記と併せて2軒で100万近くかかるでしょう 売買契約と買取後の分筆について詳しく取り決め契約書かわしておくことです 土地家屋調査士に相談することも必要です 分筆分を今の敷地と合筆することも出来ます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • usami33
  • ベストアンサー率36% (808/2209)

登記の際に分割の手続きをすればOK ただし、境界をはっきりさせる必要があるので、測量士に測量を依頼して書類を作成してもらわなくてはなりません。 自分でやるのは難しいです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • かなり分筆されている土地が物語るもの

    古い宅地ですが大小9つも分筆されています。家の建っている地番の回りはたぶん田畑だったと思いますがそこが細かく分筆されている意味は先祖が買い集めたということですか。ですが総面積120坪のうちの家の建っているところ以外ですので広さから考えて以前そんなに多数の所有者がいたとも思えません。そうなると以前はまとまっていた土地を少しずつ分筆しては買って行ったということですか。それとも自分の土地をなんらかの理由で分筆したということもあるのですか。所有者は一人なので地番をまとめることは出来ませんか。

  • 隣家との境界線に関して・・・

    土地があり、そこに家を建てようと考えています。 そこは現在、旧家あります。 両側にも家があり、家と家の間に隙間がなく、壁がひっついてる感じです。 見た目は長屋みたいな感じですが、それぞれの家に壁はちゃんとあります。 そこを更地にしてから建てようと思うのですが、 両側の隣家の境界線から50cmあけて建てないといけないのですか? 間口が3.8mしかないので、両側を50mづつあけると 間口が2.8mになり今よりさらに狭くなるのですが・・・汗 土地の詳細↓ 土地面積 70.24m2 有効宅地面積:57m2(17.2坪)←セットバック後 用途地域:第二種住居地域 建ぺい率:80% 容積率:300% 間口:3.8m 奥行:15.0m です。

  • 一戸建て、隣家との間の幅って狭いといけない?

    戸建て住宅購入を検討しております。 「隣家との間(もしくは土地の境界線?)から何メートルか離して住宅を建てなければならない」というような決まりはあるのでしょうか?? 例えば中古住宅で、今は隣家とギリギリに建っているけれども、 建て替えなどをする場合は、この取り決めにより、何メートルか離して建て替えないといけない(すなはち住宅が前より狭くなってしまう) という事って起こるんでしょうか?? ちなみに前方道路のセットバックの知識は知っております。

  • 土地を分筆して

    このたび、25坪弱の土地を購入しました。建築条件付ではないです。この土地はもともと50坪弱の土地だったのですが、同時に買い手がついたので土地を分筆して購入可能とのことで契約しました。土地の決済は7月末になっています。不動産会社からは、「土地の決済」をするためには「土地を分筆」しなければならず、「土地を分筆」するためには「建物の確認申請」がおりていないといけないのでと、間取りの決定を急かされています。しかし、知り合いの、あるハウスメーカーに聞いたところ、土地は土地で決済して、建物は建物で進めても大丈夫のはずだとの事でした。込み入ってしまっていますが、なんとか教えていただけると助かります。また、そういったことはどこで調べられるのでしょうか?

  • 宅地面積について・・。

    母の生まれ育った家を最近取り壊し、更地にしました。名義は母です。 登記書による宅地広さの表記が40坪とあります。しかし、実際にはどうみてももう少しある様な気がします。何十年前かに計ったであろうと思われる宅地面積は正確でしょうか?40年位前に一度土地の半分を売っていることもあり、又いなかのため、隣家との境界もはっきりせず、疑問が残ります。 近い将来この更地を貸す方向で考えているので、その前にはっきりさせたいと思うのですが・・。 何か確認する良い方法はありますでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 私の所有地に隣家が無断で品物を搬入

    8年ほど前に競売で土地付の工場兼家屋を購入(購入というのかな?)しましたが、工場が老朽化のため取り壊し、整地いたしましたところ、隣家が突然そこに土砂の入った大きな袋(1t袋)を搬入し、占拠されてしまいました。 事情をお聞きしたところ『前所有者からこの部分も購入したが、工場が有ったから使えなかった。取り返したまでだ!』と言い捨てて自宅に入り、話し合いをする気も無いようです。 私の登記上の土地には、解体直前まで前所有者が私から賃貸し工場として使用していました。 いろいろ調べますと、隣家も、私の前所有者から、23年ほど前に購入したのですが、地番は隣家の地籍から私の土地を分筆し、残った部分が隣家の土地になっています。 しかし、元の公簿上の土地面積から徐々に文筆したため、隣家の公簿上の面積と残された面積が合致せずに少ないのが原因のようです。 以前は、元の面積から文筆等によって減少しても、元の面積を調査しなかった様で、このような問題が出てくるようです。 また、文筆登記した土地家屋調査士が曖昧な登記手続きだったのかも知れません。 隣家の土砂袋を撤去させ、境界をはっきりと確定する方法を御教授願えませんでしょうか? 不法占有されているのですが、刑事事件では無く、民事事件で警察は関係ないねでしょうか? 法的手段とも考えましたが、費用も大きくなりそうですし思案しております。

  • 購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上

    購入を考えている土地の隣家の外壁が境界線上 新築予定で土地を探している者です。最近、非常に気に入った土地を見つけました。ところが、1つ気になることがあり相談します。 土地は更地で、長く駐車場として貸されていたようです。持主は少し遠くに住んでおられ、実際にこの土地に居住したことはないそうです。数年前に隣家が家を建てたようですが、隣家との境界線上にある低いブロック塀の一部が数メートル取り崩され、その部分には隣家の外壁が境界線上まで来ています。つまり、民法234条では隣地境界線から50cm離して家を建てるように規定されていると思うのですが、50cmどころか0mmです。隣家はこちらの土地に入らなければ外壁のメンテナンスすらできないということです。 持主はこの土地に居住していなかったため、売りに出すまでこの事実を知らなかったようで、もちろん承認もしていないそうです。それでも「完成まで異議申し立てをしなかった」ということで黙認=承認したということになってしまうのでしょうか? 周辺の家を見てみても、このように敷地ギリギリに建てている家などありませんので、この地域の慣例と言うわけでもなさそうです。 第2種住居地域ですから、おそらく防災・準防災地域ということもありません(これは不動産業者に調査依頼中)。 比較的、間口が狭くて奥行きのある土地なので、もしこの土地に家を建てるとすると、隣家との間にこちらが随分後退して家を建てる必要があり、間取りも制限されてしまいます。 まだ私が購入している訳ではありませんが、もし購入して住むとなるとずっとモヤモヤした気持ちを隣家に対してずっと抱き続けることになるのかと思うと気が重いです。 また、私は実際にその隣家の住人と接したことはありませんが、「自分の家さえ良ければ隣が迷惑しようが知ったこっちゃない。気付かれる前にさっさとギリギリまで建ててしまえ!!」とばかりにこのような暴挙(?)をやってのける住人が隣に住んでいるというのもリスクが高いと考えたほうがよいのでしょうか? 御回答宜しくお願いいたします。

  • 建蔽率を満たすために隣家に貸した土地の地代について

    隣家に名目上ながら貸した土地の地代の件で困惑しています。 ご教示頂ければ幸甚に存じます。 父が存命していた12年前のことですが、隣家は建築基準法上の建蔽率を3割ほど超える住居を建造中である事を知り、完成すれば我が家に少なからず影響の出ることを感じて先方に抗議したところ、先方は土地面積不足を隠蔽するためとして、父に土地賃借契約書を締結して欲しい旨の要請をしてきました。当時、私は海外駐在中であり、その間の事情等について何もしりませんでした。 最近、私は自分の健康に不安を感じ父の書類等を整理していたところ、父と先方との間で「土地賃貸借契約書」及び、この契約を結ぶに至った上記の事情を含んだ先方の「念書」を発見しました。 契約によれば1,000円/坪/月の地代を当家に支払うこと、3ヶ月間滞納した場合には本契約は失効し、隣家は旧状に復する等の内容であり、相互に署名捺印しています。 そこで、隣家に地代の請求をしたところ、そんな契約は知らないと言い張り、その後、弁護士から実質的な土地占有、使用の事実はなく、土地賃貸借契約書は実体のないものである旨の内容証明郵便が送られて来ました。 果たして、先方の言っていることが正しいのか、或いは、当方も弁護士を立てて争えば勝訴する可能性があるのか、お教え頂きたく存じます。

  • この土地に家を建てる場合

    家族内で今の家が狭いので売って新しいところに引っ越すかを悩んでます。 今候補としてあがっている土地が土地面積が約100坪です。建ぺい率は60%の容積200%です。 その他には地目が宅地・用途地域は準工業地域・都市計画が市街化区域です。接道状況は南西側約5m公道に約10.7m接道するだそうです。 備考欄に分筆売買、分筆費用は売主負担とありました。 この土地を購入した場合は家は最大どのくらいの大きさになるのでしょうか? 建てれるのは約60坪の中に家を建てるって事ですよね、残りの40坪は庭や駐車場に出来るんでしょうか? あと分筆売買とはどういうことでしょうか?

  • 接道に関する不適格と、土地の分筆・敷地分割について教えて頂けますでしょ

    接道に関する不適格と、土地の分筆・敷地分割について教えて頂けますでしょうか。 一方が道路に面している土地に両親が住んでいます。 この土地にもう一棟建てたいと考え、分筆を計画しています。 ところが、既に建っている建物をA、新たな建物をBとした場合に、Aが建っている土地が全く道路に接しないような形になってしまいそうなのです。 というのは、建蔽率が低いために、Bを建てるために必要な土地面積を確保しようとすると、道路に対する接地面をめいっぱい使ってしまうという状況なのです。 上記のように分筆しますと、既に建っているAが不適格になってしまうとは思いますが、この場合でも、分筆自体は出来るのでしょうか。 それとも、全く接道していない土地を作り出してしまうような分筆は不可能なのでしょうか。 あるいは、そもそも分筆など必要無く、Bを建てる際に敷地分割で申請すればよいのでしょうか。 (兄弟がいるため、分筆するとしても、A、Bともに父の名義のままにする予定です) ちょっとズルい気もしますが、こんなやり方もあるようなことを過去に聞いたような薄い記憶がありまして、お知恵を拝借させていただければと思います。