• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

境界確定(承諾)

自己所有地と隣接地との境界(民民の境界)が不明であれば筆界特定制度で確定させることが可能ですが、公共事業による測量で隣接者が所在不明等で境界の承諾がもらえない場合は、法的に隣接を確定させる方法があるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1034
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

あります。 隣地の所有者は利害関係人ですから、家庭裁判所に「不在者管理人の選任申請」します。 普通は弁護士が選任されますので、その弁護士に立ち会ったもらい境界確定すればいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました

質問者からの補足

遅くなりましたが回答ありがとうございます。境界承諾でも不在者財産管理人が使えるとは知りませんでした。 申し訳ありませんが補足で質問させていただきますので、ご存知あれば再度ご回答ください。 財産管理人の経費については不在者の財産から充当することになり、売買であればその代金から充当すると聞きますが、境界承諾の場合にその費用をどこから捻出するのでしょうか?

関連するQ&A

  • 隣接者が境界立会い拒否で土地が売れません

    所有地の一部を売却する目的で分筆をしたいのですが、 隣接者が立会いをしてくれません。 境界を決めないと分筆ができないということで困っています。 筆界特定制度、境界確定訴訟があるとの事ですが、多大な費用が かかってしまいます。 分筆だけでも、予算いっぱいなのにそんな余分な費用を予定していませんでした。 国民に多大な負担をさせる法律っておかしいと思います。 他に方法があれば(費用のかからない)教えて下さい。

  • 隣地所有者が境界を越えて埋立し境界が分からない

    私の土地と隣地の間に赤道がありますが、隣地所有者はその道を越して埋立てし、私の土地も大分埋められてる、そして境界が分からなくなってしまった。  埋立てした人は死亡し土地は新しく買受けた所有者になってる。この所有者に境界を確定すべく話をしたが応じてくれない。 筆界特定制度を活用するとよいと聞きましたが、隣接地の測量費等の費用は申立人の負担で大分掛る(百万円位は掛るだろう)とのことで諦めました。 ここは、市街化調整区域で売買事例も余りなく土地の価額は非常に安い、よつて、争って取戻してもその価値が費用に満たないからです。 それでも残念なのです。戦国時代ならともかく、今の時代やった者が勝ちのような事が罷り通ることが。 赤道の管理者である市、又は国に対して筆界特定を申出ても費用は申出人の負担と成るのか。  この様なことの弱者を救済し復元する法方はないのでしょうか。 何か良い方法があれば教えて下さい。

  • 隣家が立ち会いを拒否ても境界を決められますか?

    土地を分筆したいのですが境界線を測量により確定する事が必須と聞きました。しかし隣家とは先代からのトラブルで境界確定の測量には立ち会って貰えません。その対処法として筆界特定制度があるそうですが、かなり法律に詳しい人にアドバイスを受けましたが、「立会いを拒否されたらダメ」「拒否されてもかまわない」と意見は真っ二つです。過去に同じケースを経験された方がおられましたらアドバイスをお願い致します。

  • 境界の目印は自分で打つのでしょうか

    筆界特定制度で、地面に筆界の目印がほしいのですが、 確定の書類が法務局に保存されるそれ以外に 確定の場で土地家屋調査士さんなどが目印を付けてくれるのでしょうか。 書面だけですと後で塀を作る時に、書面に従って再び測量をしなければなりません。 目印はその場で、または後日、当方が自分で打つのでしょうか。

  • 隣地との境界確定後に隣地所有者が変わった場合

    以前に隣地所有者と民々境界確定書を交わしました。土地家屋調査士作成の測量図面と印鑑証明も添付しています。 その土地は現在空き地になっているのですが、最近隣地の所有者が変わったらしく、境界を確定したいので立ち会いにきてほしいとの連絡がありました。 話を聞くと私が境界確定書を交わした時から何度も所有権移転があったらしく、今の所有者は境界確定書があることは知らなかったとのことです。 このような場合、以前の所有者と交わした民々境界確定書の法的効力はあるのでしょうか? 長文になりましたがご教示頂ければ幸いです。

  • 土地境界/公簿値に近づける境界確定は可能?

    (長文で申し訳ありません。) 通常の地積更正では現状の境界点での測量で公簿値を差異修正でしょうし、 筆界特定精度により筆界を復元しても、公簿の面積数値は関連しないようですが、 相手方を公簿値に近づける方法は何がありますでしょうか? (筆界特定や地積更正等の詳しい説明は不要です。手段について専門家様の良い案をお教え頂きたいです。) 具体的に書きますと、 公簿値より大きく所有権界をとっている隣家の筆番を5番とします。 当方は西側に隣接する6番を所有です。 (5番の西辺以外の他3辺は確定してますのでここでは省きます。) まず、明治の地租改正の登記時点で、 公図では5番がそもそも公簿値より相当面積大きくとってあり、 反対に6番は公簿値の方が大変大きくなっています。 その当時は元々5.6番とも同じ所有者であり、すぐに6番を売買し、 残す5番の地租を減らす為に作為的にそうした感があります。 のち、結局5番も6番も所有権者が変わり、 いつ誰の時に多少正されたかは明白ではないのですが、 現状では、6番は公簿値より少し小さい程度(正確な地積測量はしていない)、 5番はまだまだ公簿値より6倍位大きい面積、で境界確認ができています。 (この時の境界確認は、17年前父が確認印を押してしまったようなのです....) (別問題で、公図は変わっていない為地図訂正も必要ですが、ここでは省きます) そこで本題です。 5番の一部を当方が長年ずっと占有してます。 5番所有者が前所有者より購入したのが平成6年です。 (その売買前までに当方は占有で30年以上経っていましたので、 取得時効していれば良かったのですが、父は知識が無く後の祭りです) そのとき実は6番の一部を5番所有者に占有させてしまいました。 つまり、お互いに使い合いましょう..てなもんです。 これがなければ、あと3年待って取得時効にするだけの話ですが.... (こちらも分筆~移転登記にとなりリスクが大きいので..) そこで考えるに 元々の5番所有界は公簿値より面積大きく、6番は小さいという事です。 5番の現所有者はある意味善意の第三者でありますが、 購入時に公簿値と実測値が大きく違う事を認識しているはずです。 境界確認の立ち会いもさせ、測量もしていますから。 しかしながら、地積更正がされていない、という事は 単に所有権移転のみで、地積測量図は法務局に提出されていない。 (さすがに公簿値と大きく違う測量図は出せないでしょうから..) なので、そのときに行った境界確認は効力がない、と思うのです。 つまり、 当方が占有している部分を6番に加え、5番から減らすという 境界(筆界も所有権界も)移動が公然化とできないか?ということです。 すれば5番6番とも公簿値により近くなるのです。 が、それを実行する為のリスクの少ない手段はいかようにかと...... 筆界特定?では公図が違いすぎて....やはり取得時効か? 地積更正の逆打ちか...?訴訟しか手がないか? (長々と申し訳ありません。) ご教授よろしくお願い申し上げます。

  • 境界杭(コンクリート製)が設置されているにも関わらず、隣家住人は境界線

    境界杭(コンクリート製)が設置されているにも関わらず、隣家住人は境界線の確定を拒否しています。土地家屋調査士に任せてはありますが進展しません。筆界特定制度も強制力はないように聞いています。杭があっても隣家住人が拒否し続けた場合、訴訟ということになるのでしょうか。

  • 境界確定を隣人が拒否している土地の購入

    数年かけて、やっと気に入った土地物件に出会いました。 ところが、隣の家との境界確定ができていない状態だそうです。 境界確定をするということで、その隣人宅に入れてもらったが、境界を確かめる杭?がその庭に埋まっているので、掘って確認しようとしたところ、怒ってしまい、それから全く応じてくれない状態だそうです。 こういう場合は以下のどの方法が良いのでしょうか? (1)売主の責任において、境界確定(筆界特定制度などを利用してもらい)してもらってから買う。→ただし、隣人は激怒しているため、かなり困難と思われる。 (2)境界確定できていないが売ると言っているので、今後かかると思われる最大限の費用を値引きしてもらう。 →この場合、費用面以外でこちら(買主側)が不利になると思われる事態はどのようなものが予想されますか? (3)買わない…手っ取り早いですが、なかなか希望の物件が出ないため、後悔しそうです。

  • 土地境界の立会い承諾書について

    土地境界の立会い承諾書について質問ですが、隣接者から立会い承諾書を 貰いたいのですが、その隣接者から「前所有者の承諾書があるから必要ないだろ」 と言われ、承諾書を貰えません。 こういう場合は、法的に「立会い承諾書は現在の所有者に限る。」とか縛りがあるので しょうか? 専門的なご意見を、お願いします。

  • 土地 境界 問題

    はじめまして 土地に関しての 複合質問です。 一つ目は 現在貸し駐車場として 利用している土地(亡父名義)があるのですが 平成5年に 土地家屋調査士の方に測量してもらいました。 隣接する土地の所有者と役所に 立会いの下 境界の確認もし 印鑑証明のついた 確認書もあります。 が 登記されていないようなのです。 私は登記が済んでいると思っていたのですが 法務局関係の書類がないのです。 冊子として ひとまとめにしてある書類には ○ 丈量図 ○ 立会証明書 筆界確認書 隣接する土地の所有者(2名)               の印および 印鑑証明書                亡父の印 印鑑証明書  ○ 役所からの境界確定通知 と 境界確定書 現況平面図 以上の書類があります。 この平成5年の測量は法的に有効なのでしょうか? このまま(上記の書類で)登記することは可能でしょうか? 二つ目は 上記の駐車場利用している土地の隣接した土地の持ち主の一人が その土地を売却することになったらしく 不動産会社から 亡父名義の土地との境界点を越えて 駐車場が 作られている との指摘があったと 土地の持ち主から聞かされました。 (土地の持ち主は平成5年に筆界立会した方(他界されてます)の息子さん) そのときには 平成5年の測量のことは すっかり忘れており 売却する土地の 丈量図を見せられたので 亡父が立会いした証明に なるものを見せてもらえば 納得すると言い  不動産会社の担当者にも 同じように伝えましたが その図面は立会いの下でなければ 作成できないものなので と言われました。 その後 測量して(登記したと勘違いしていた)ことを思い出し 書類を捜したところ 測量等の書類が家に保管されていたのです。 隣接するとちの所有者から見せられた土地の丈量図は 昭和61年と記載がありましたから こちらが平成5年に測量したときには 隣接する土地に関しての 境界を調べてのことでしょうから 境界点は同じはずですよね・・・? 仮に違うことがあったとしたら 平成5年にこちらが測量したときの 物のほうが 有効であると思うのですが どうでしょう? 売却されるかたは 家も土地も売却して 他県に住まいを移されるようで こちらとしても 円満に解決を図りたいので しかし よく考えてみると その境界点をきっちりこちらに確かめもせずに 売却されるかたは あと10日ほどで引っ越されるとのこと 不動産会社の担当者は 今頃 重要な問題を言い出すなんて・・・ とりあえずは その担当者に こちらの書類を見せようと思っているのですが なにか アドバイスをよろしくお願いします。