• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ResearchGateという研究者のSNS

ResearchGateという研究者のSNSがありますが、 ここで自分の論文をアップローすると、他の研究者が無料で論文を入手できるようになるようです。 そうすると、論文を掲載されているジャーナルの出版社との間で「著作権の問題」が 生じてくることはないだろうか、と思うのですが、いかがでしょうか? (論文の著作権は、ジャーナルの出版社に譲渡済みです。)

noname#190122

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数13691
  • ありがとう数40

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

弁理士です。 ResearchGateの運営者が各出版社と包括的なライセンス契約などをしている場合は別ですが、 著作権者からの許諾がまったくない場合は、著作権の問題が発生する可能性が高いと思います。 学術論文であることは、著作権侵害から免れる根拠になりませんので、例えば、漫画好きの人のSNSで、自分の好きな漫画をアップロードしたら、他人がアップロードをした漫画をダウンロードできるというサービスと実質的に同じようなものです。 他人の著作物のアップロードは、「公衆送信権」侵害になります。 他人の著作物のダウンロードは、私的利用でない限りは、複製権侵害になります。研究者が論文をダウンロードする行為は、私的利用とは呼べない場合が多いと思います。 運営者は、SNSという閉じた世界でやり取りを適法性の根拠にしているかも知れませんが、不特定の多数が加入できるサービスである以上、適法性の根拠になりません。 そうすると、このサービスにおいて論文をアップロードする行為は、ネットにマンガや音楽をアップロードする行為と実質的に同じだといえるので、危険な行為だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

専門の方から丁寧に回答いただきまして、ありがとうございます。 やはり、問題があるかもしれないことが理解できました。 ResearchGateが各出版社と契約しているか、すぐ確認するのも 大変なので、論文のアップロードはやめておきます。

関連するQ&A

  • 学会発表で、別の研究者の論文の写真を引用したいのですが.

    学会発表(ポスター)で、別の研究者の論文の顕微鏡写真を引用したいのですが、著者名など出典を明確にすれば著者および雑誌の出版社の著作権に関して問題ないでしょうか?

  • 研究者の業績を表す指標としてどのようなものがあるか

    研究者の業績を表す指標としてどのようなものがあるでしょうか? 私が考えた中では ・採択論文数 ・学会発表数 ・採択特許数 ・一般書出版数 ・勉強会やセミナー開催数 ・研究者育成業績(講義など) が思いついたのですが、これ以外で何かありますか? また研究者の業績を表す指標を解説した文献、サイトなどがあれば教えてください。 以上、よろしくお願いします。

  • 国家試験の著作権

    著作権についてお伺い致します。よく国家試験の問題集に、国家試験そのものの問題を掲載して出版している出版社がありますが、これは著作権に引っかからないのでしょうか? というのは、国家試験の問題にも著作権が発生する、と昔に聞いたことがあるからです。また、その出版社とは異なる後発の出版社がその本試験の情報を入手して出版した場合、先発の出版社から「真似をした」と言ってクレームがくることなんてあるのでしょうか?ちなみに、後発の出版社は、あくまでも本試験を“真似”して作成したのであり、結果的に先発の出版社の問題とかぶってしまった、というケースです。いかがでしょうか?

  • 雑誌掲載文章の著作権は著者・出版社のいずれに帰属?

    過去にも同様の質問で確認した処、以下まではわかりましたが、まだはっきりしないので質問します。 1.文芸作品の著作権は、著者に帰属するが、当初掲載の出版社が、以後の掲載権を主張することはある。 2.雑誌などに投稿された文章については、予め、投稿者(執筆者)と出版社の間で、著作権や使用許諾権が出版社に帰属する旨、申し合わせをしていることがある。 (質問)著者・出版社のいずれに著作権が帰属するかは、ケースバイケースなのでしょうか?明確に定めるためには、都度、著者・出版社の間で合意を取っておくべきなのでしょうか? もし、そのような話し合いをしていない場合は、原則どちらに帰属するべきものなのでしょうか? 又、掲載権ないし使用許諾権というのは著作権とは別のものと解釈されるものなのでしょうか? 著作権法などに、本件関連の条項があれば、それもお示し頂けると有難いです。

  • 自分の論文の複写物販売

    今度、講演会を開く予定で、その時に会場で自分の論文をコピーしたものを販売したいと考えています。これは可能なことなのでしょうか。 なお、それぞれの論文はずいぶん前に書いたものも含まれ、執筆時に「著作物の著作権を出版社に譲渡する」といった約束があったかどうかわからないものがほとんどですが、おそらくこうした約束のあったものも含まれると思います。

  • 古い論文を編集し直した本を翻訳・雑誌掲載するのに著作権料は必要ですか?

    古い論文を編集し直した本を翻訳・雑誌掲載するのに著作権料は必要ですか? 120年ほど前に没したイギリスの学者の論文を、翻訳して雑誌に掲載する予定です。 その学者の論文は、20年ほど前に日本の出版社から抜粋・編集した英語版(anthology)が出版されていて、それを翻訳して、雑誌に掲載したいと思います。 このような場合、著作権料は発生するのでしょうか? なお、20年前に編集を手がけた先生からは、すでに掲載OKをもらっています。 あとは、出版社になんらかの対応が必要なのか、それが知りたいのです。 著作権や出版業界に詳しい方、ぜひ教えてくださいますよう、よろしくお願いします。

  • 定期刊行物の著作権について

    定期刊行物の著作権について 定期刊行物(論文集)掲載の個々の論文の著作権は、執筆者にあるのでしょうか?それとも出版社にあるのでしょうか?それとも両方でしょうか? 「定期刊行物」・「著作権」などで検索しましたが、該当の回答が得られません。著作権法は長すぎるので今読んでいられません。お手数ですが、教えて下さい。

  • 院生、研究者の方のアドバイスをください。

    理系学部3年生の者です。 私は研究会を開きたいので準備をしています。 「大会発表」と「査読論文」の間に位置づけて、若手研究者の「論文投稿」を奨励し、学会の研究活動を活性化させるために研究会を開きたいと決めました。 物理学、化学、哲学、計算機科学。。。など分野を超えた議論を行いたいです。 [若手研究者のための公開研究会] 委員長(私) 発表(質疑応答含む):一人30分 参加費(懇親会費含む):一般2000円、学生1000円 この研究会を開くためにスポンサーや研究者、院生の方の参加が必要です。 私は全国の数十名の方にメールを送りましたが、3名しか返信がありませんでした。3名とも断わりのメールでした。。。 自分の大学の教員にも話も聞いてもらえませんでした。。。 15分で良いので研究会について話を聞いてほしいのですが、全国の研究者、院生の方とどうしたら会えるのでしょうか? 私の研究会のどこに不備があるのかアドバイスを頂けませんか? 若手を盛り上げていきたいので力を貸してください。

  • 研究者から見た研究者の評価

    理工系の大学教員をしています。 研究者が他の研究者を評価するときの観点はいくつかあると思うのですが、回答者さまの重視するポイントはどこ(何)でしょうか? また、自分が研究者になろうと思った動機は何でしょうか? 私は、研究業績、すなわち、査読のある論文誌に掲載された論文の数(Impact Factorも考慮)、研究テーマ、獲得している外部研究費、参加していている研究プロジェクト、所属学会、学会活動(どれくらい活発に発表したり、委員などをやっているか)などを見て、どういう研究者なのか判断していますが、一番重視しているのは、査読付き論文数と研究テーマです。論文数だけだと数が稼ぎやすいテーマがあるので、研究テーマこみで考えています。理工系なので、研究テーマや研究手法の流行り廃りはありますが、その研究テーマが流行っているかどうかはあまり重視していません。 ですので、結構有名な先生でも研究者としては特に評価はできないなぁと思うこともあれば、この人は若いけどバリバリ研究してるすごい人だ、と思うこともあります。 私自身が研究者になろうと思った動機は、単に、研究が面白かったので、ずっと研究がしていたかったからです。(大学教員としては、教育にも力を尽くすことを要求されているので、今、思ったとおりの研究ができているかどうかは別ですが。) 先日、他大学の博士課程の学生と話をしていて、その学生が、研究者を、論文数や研究テーマよりも、その研究者がどの大学や研究所に所属しているか、どれくらいマスコミに出演したり、一般向けの本(例えば、若者向けの新書など)を書いているか、有名人や有名な大学の先生と個人的に仲良くしているかどうか(研究者としてつきあいがあるかどうかではなく、個人的にお酒を飲んだり、遊びに行ったりしているか)などで評価しているらしい、ということがわかって、かなりびっくりし、学部生ではなく院生もそういう価値基準で研究者を見ていることがあるのかと思いました。そのときは、「それは研究者としてではなく、一般的な有名人としての評価なのでは?」と言いかけて、それは自分の考えの押し付けだろうかと考え、言うのをやめました。そういう動機(社会的な有名人になりたい)で研究者を目指す人も最近は多いのかもしれない、と思ったからです。 それで、他の研究者の方は、どういう観点で周りの研究者を評価しているのだろうか、また、なぜ研究者になったのだろうか、という疑問を持ちました。研究者あるいは研究者予備軍(大学院生以上)の方にご回答いただければ幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • コミック研究本

    データハウスのフットワーク出版社などの いわゆるコミック研究本、謎本ですが 著作権者に連絡、また許可などはとっているのでしょうか? ま、明らかにとってないんでしょうが、 であればなぜこの2社だけが突出して このジャンルを出し続けているのか? それを知りたいです。