彼らに睨まれた者は必ず死ぬ 例外なき殺人

アメリカに批判的だった国の君主が殺される、あるいは突如倒れるというあたりであれば、理解しやすいのですが、音楽などの世界で...

noname#146820 さんからの 回答

  • 2011/12/21 14:29
  • 回答No.6
こんな考えもあります。

有名人が反体制的な事を口にするだけで、反体制側の人達との接点が出来やすくなります。
ここの利点を利用し、会合するなどで交流している最中に、付き人である工作員らが現地で活動する。
反体制側は、「あいつ」が入国した後に事態が急変したと気付き、有名人が不慮の事故で死して行く。
お礼コメント
angel25gt

お礼率 100% (12359/12358)

ご回答ありがとうございます。その方法を用いた場合、体制側はノーリスクで悪さが出来ますね。
投稿日時:2011/12/23 00:00
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 彼らに睨まれたら必ず死ぬ そんなゲームがあった場合 ニュース・時事問題

    むかつくことは誰にもあるでしょう。ココロ穏やかなる私とて例外ではなく、4年に一度くらいは、むかついたりもしています。 ところで、アメリカに批判的だった国の君主が殺される、あるいは突如倒れるというあたりであれば、理解しやすく、サダム・フセイン、カダフィー、ビンラディン、金正日、アドルフ・ヒトラー、ムッソリーニ、大戦に倒れた多くの日本人・・・と枚挙にいとまがなくなりますが、芸能・音楽などの世界でも露骨に死人が出ています。 70年代を代表するドラッグ系フォーク歌手のジョン・デンバーは、自らが操縦していた飛行機が墜落して死んでいますし、反戦運動をしたビートルズのジョン・レノンは、熱狂的なファンの手によって射殺されております。 英語圏以外の国の歌手がアメリカ国内、いわゆる全米ヒットチャート1位になったケースは2例だけありましたが、いずれも自然死とはならず、その一人である(上を向いて歩こう)の坂本九は、旅客機が墜落して死んでいますし、もう一人の、オーストリアのファルコは、自動車事故に遭って死んでいます。 アメリカ社会にたてをついた俳優ジェームス・ディーンもポルシェに乗っていて事故に遭って死んでいますし、大統領スキャンダルの相手マリリン・モンローやアジア台頭の象徴ブルース・リーなどといった者も不審な死に方で死をとげています。 ジョンFケネディといった権力者でさえ殺されていますし、近年においてもマイケル・ジャクソンやホイットニー・ヒューストンといったあたりの超ビッグネームな黒人が不審死しています。 これら微妙に類似点のある人々が、次々と死んでゆくのがアメリカにまつわる宿命であるかのようで、ポピュラーになるための関門が、そのあたりにあるようにも思えます。これらの現象は、今のところ日本では起きていませんが、もし起きた場合、その犯人像はどのような者となるのでしょうか。教える気持ちのある方がいましたら、どなたか教えてください。...

  • レノン-マッカートニー表記についてお尋ねです。 海外アーティスト

    レノン-マッカートニー表記についてお尋ねです。 ビートルズ結成当時、ジョンレノンとポールマッカートニーはそれぞれの作品でもすべて「レノン-マッカートニー」表記にする約束をしたらしいのですね。 日本では楽曲の作者を「作詞・・・作曲・・・」と表示することが多いので、レノン-マッカートニー表示の曲を譜面にした時に「作詞ジョンレノン、作曲ポールマッカートニー」と表示していることが多いのです。「プリーズプリーズミー」も「ヘルプ」も「ストロベリーフィールズ」も「カムトゥゲザー」もポールが作曲したと勘違いしています(自分も初めてビートルズのレコードを購入したときそう思っていました)。日本ではこの点でジョンが持つ作曲の才能が過小評価されていると思いますが、本国イギリスやアメリカではどうなんでしょうか?...

  • 韓流ブーム捏造から思う 「上を向いて歩こう」って、 政治

    坂本九さんの大ヒット曲、「上を向いて歩こう」って、本当にアメリカで大ヒットしたのでしょうか? 上を向いて歩こうは、「SUKIYAKI」というタイトルで、1963年にビルボード週間ランキングで第一位を獲得しています。 この当時のアメリカはケネディ大統領暗殺が起こり、ベトナム戦争が泥沼化していった頃です。 そして、日本では安保闘争などが激化していき反米的な空気が日本を覆っていました。 アメリカとしては、「このままでは日本の世論が左傾化し、日本も共産化してしまうかもしれない!?」と危惧したとしても不思議ではありません。 そこでアメリカは、当時、ヒットしていた坂本九さんの「上を向いて歩こう」に目を付け、メディアの影響力を利用し、ヒット捏造させたのではないでしょうか? そして、この頃、アメリカでは、日本映画なども注目を集め、ちょっとした日本ブームも起こっています。 戦後の日本人はアメリカにコンプレックスを持ち、アメリカに対して屈折した感情を抱いていたと思います。 それが、日本の歌がアメリカを席巻し、映画が評価され、アメリカで日本のカルチャーが認められたとなると、日本人のアメリカに対する感情も好転する事だと思います。 その後、日本の芸能界では、ジャクソン5を模倣した「フィンガー5」やアメリカの星条旗をデザインした衣装を着て歌った西城秀樹の「YOUNGMAN」が大人気になっています。 この頃(70年代)では、すでに日本人はアメリカ大好きになっていたのです。 当時の日本人は、ちょうど現在の韓流ブームが日本で起こり、ご機嫌になっている"韓国人"のようなものだと思います。 私は現在の韓流ブーム捏造を見ていて、「60年代のアメリカでも現在の日本と同じような事が行われていたのではないか?」と思えて仕方がありません。 みなさんはどう思いますか?  ...

  • ジョンレノンが殺されたとき その他(社会問題・時事)

    ジョンレノンが殺された頃のアメリカと世界はどんな社会情勢だったのですか? また、20世紀の音楽の歴史の中で、ビートルズとジョン・レノンの果たした役割はどのようなものがあったのでしょう?...

  • ビートルズのジョンレノンとチェゲラバは友達だったみ 歴史

    ビートルズのジョンレノンとチェゲラバは友達だったみたいですけどどういう関係だったんでしょうか?...

ページ先頭へ