• 締切済み
  • 暇なときにでも

ターンAガンダムの中で……

記憶があいまいなのであってるかどうかわかりませんがラストのほうの話で過去の戦いの映像として歴代のガンダムの映像が出てくるシーンがありました{あったはず?}そのなかでWなどの作品の映像もあったの{はず?}ですがWGXは確かガンダムではあるけれど他のガンダムの歴史の中には無いパラレルワールドのはずだと思いましたが……知っている人いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数598
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.7
  • rgzss
  • ベストアンサー率0% (0/0)

どこかのサイトで見たのですがこう考えている人がいるそうです。 初代からVまで~X~G~Wという流れと考えているそうですが 実際のところ僕にもわかりません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • KNT1
  • ベストアンサー率0% (0/5)

WとXに付いては知りませんが GはターンAと同じ世界での話ですよ 初代ガンダムより前の世界がGにあたります ターンAの世界で出てくるMSには ターンA独自の製造番号がふられたものはありません ボルジャーノンはザクの製造番号ですしね なので、MSの製造番号を見れば一目でわかります ネオオランダが製造したMAで月から地球に来てますし 他にもGで使用された国の系統を示すMSが多数 WとXは系統を示す特徴を知らないので確認できません それと、月のだったか地球のだったか忘れましたが グエンと誰だかがコンピューターの内容を調べてたとき ネオオランダの風車型ガンダムと 東方不敗の愛馬が使ってたウマ型MAの設計図が モニターに表示されてます で、ギンガナムのセリフについてですが 「ターンA=デビルガンダム」 「ターンX=ゴットガンダム」 だからギンガナムは 「これがゴットフィンガーというものか・・・」と 本当なら言うべきだったわけです(笑

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

 これはあくまでも、俺的解釈なのですが、  ターンAの時代はこれまでのガンダムワールドの遠い未来の世界の話であると言うことは間違いなく、今までのガンダムワールドは黒歴史と呼ばれその記憶がひどくあいまいなものになっているということに注目してください。  一年戦争時のRX-78の活躍が目覚ましく、それゆえに以後「ガンダム」と言う名前が、政治的・軍事的に利用されることが多くなったのは周知の事実です。ゆえに当時の風俗・文化にも多大な影響を与えたであろうことが推し量れます。   ですから当時の大衆娯楽として、また政治的プロパガンタとして「ガンダム」の名のつくモビルスーツ(モビルファイター)の活躍する映画や、TV番組が量産されたであろうと推理するのもそれほど大胆ではないでしょう。  つまり、報道としてのノンフィクションである映像と、娯楽としてのフィクションの映像が、ターンAの時代にごっちゃになって黒歴史にあった事実として、伝承されのではないでしょうか?  今よりも数段進んだCGと特撮を駆使した映像です。どれがホントでどれが虚像なのか、19世紀的牧歌的な時代に生きる人には到底区別がつきますまい。  私的には、1年戦争から直接つながるVまでがノンフィクションで、その他のアナザーワールドであるガンダムはフィクションとして扱われているように思えます。  ギンガナムのシャイニングフィンガーは、彼がたまたまGガンダムの1シーンを見た記憶があり(きっと強烈な印象だったのでしょう)、これもまた、たまたまターンXに似たような機能があったため、思わず口を出た言葉だったんでしょう。  もし彼がマジンガーZを見ていたら、あのセリフは「これがロケットパンチというものか・・・」になっていたはずです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#5751
noname#5751

富野監督は主題歌の歌詞に番組テーマを隠すのが好きなようなので・・・ 歌い出しにありますが、時代が一直線に未来方向に進むわけでなくmiskaさんのかかれたように「文明の崩壊と進歩」を繰り返してきたという設定にすれば、すべてのガンダムシリーズを∀の前史に組み込む事ができます。 「∀」というタイトルには「はじめをひっくり返す」つまり、「宇宙世紀云々・・」というガンダム世代の前提としている歴史設定をいったん消して歴史設定を書き直すという意味が込められているんじゃないでしょうか。 主題歌の2フレーズ目が語っているように・・・ ちなみに「歴史を書き直す「命」」とは、富野監督が「オレはまだ終わってないぞ~」という宣言だとか・・・(これは深読みしすぎか(*^_^*)) そんなことよりも「めぐり会い・宇宙」のソロモン戦で1カットだけ登場した「鉄人28号」をどうやって説明するかの方が大変だと思うのですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • xeno-ex
  • ベストアンサー率44% (76/171)

話の設定に関しては既に他の方が答えられている通りだと思います。 確かターンAガンダムのコンセプトとして「新世紀、全てのガンダム否定し肯定する」といった言葉が使われていた気がします。 その肯定に当たるのが、本来パラレルワールドであるG、W、Xのファーストガンダム世界への組み込みなのだと思って私は見ていましたが・・・。 否定に関しては・・・主に、監督のテーマやストーリーに関しての考え方に対する部分が主ではないかと思いました。 何だか質問の主旨と違う上に不確かな答えですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • miska
  • ベストアンサー率30% (18/60)

∀の設定では、作中の文明が栄えるより以前の文明として旧シリーズが扱われています。 つまり、 現代(に似た時代)~宇宙世紀(初代~Vの時代)~文明崩壊~ 現代に似た時代~未来世紀(G)~文明崩壊~ 現代に似た時代~アフターコロニー(W)~文明崩壊~ 現代に似た時代~アフターウォー(X)~文明崩壊~ 正暦(∀)~ という長い長い歴史があった、と。 # それぞれは少なく見積もっても千年単位の間隔が開いているでしょう ## 順番はこのとおりとは限りません。GよりWのほうが前にあったほうが少しでも矛盾が減らせますし(火星開発についてなど) ただこれは、"∀においての設定"で、GWXが実際に同じ世界の話だったと言う訳じゃないのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

確かにそうです。 一年戦争から続く「宇宙世紀」はVガンダムのときに途絶えてしまいました。 その為そのあとやっていたG、W、Xはアナザワールドとして扱われました。 実質、G、W、Xそれぞれに使われている歴史年号はばらばらだったような気がします。 このような謎はほかの部分にも見られます。 何話か忘れましたが、ギムギンガナムがターンXに乗ったとき、右腕を使って「これがシャイニングフィンガーというものか」とせりふをはいたシーンもあります。 実際ターンXの右腕は少し形状が違うんですよね。 でもターンXは異星人がターンAを倒すために作ったという設定ですから仕方ないか(それではGガンダムの舞台は地球じゃなくなってしまう!) まあ黒歴史は何年まで続いたか書いてないし、おそらく今までのガンダムの総決算として(時代は関係なく)ターンAガンダムを作ったと考えれば良いのではないでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ∀ガンダムの第49話(月光蝶)について質問です。

    ∀ガンダムの第49話(月光蝶)の中でコレン・ナンダー軍曹が『ガ、ガ、ガンダムー!』と叫んだ時に一瞬、ガンダムの顔だけが 見えますが、あれは一体何ガンダムなのでしょうか? 私が思うにあれはウイングガンダム0(ゼロ)か、ウイングガンダム01ではないかと思います。 ハッキリと分かる方、何ガンダムなのか教えて下さい。 また、仮にウイングガンダムであった場合、作品中にコレン・ナンダー軍曹はどこかに出てたでしょうか? 私はガンダムウイングに限らず、どの作品にも出てなかったように思うのですが・・・。 また、黒歴史の映像データの中に、何ガンダムが出てきましたか? 私が確認出来たのは、ファーストガンダム、ZZガンダム、ガンダムXだけです。 余談ですが、∀ガンダムはファーストガンダムの何千年後の未来を描いた作品なので、ファーストガンダムやZZが出てくるのは 分かりますが、ガンダムXが出て来てるのが引っ掛かりますね、ガンダムXは別次元の話だったと思うのですが・・・。 質問をまとめます 質問(1)コレン・ナンダー軍曹が『ガ、ガ、ガンダムー!』と叫んだ時に一瞬、出てきたガンダムは何ガンダムでしょうか? 質問(2)ガンダムの作品中にコレン・ナンダー軍曹はどこかに出ていたでしょうか? 質問(3)∀ガンダムの作品中、黒歴史の映像データの中に、何ガンダムが出てきましたか? 以上、分かる範囲で結構ですので、教えて下さい。よろしくお願いします。

  • ∀ガンダムの黒歴史について教えてください

    ・黒歴史で語られた過去のガンダム世界は、パラレルワールドなのか、一応連続した時系列の世界にあるのか? ・黒歴史で語られたガンダムにはなにがあるのか?(ウイングとかGとか?) ・具体的に黒歴史という設定を使って、∀ではどんなエピソードが作られたのか? 以上、お教えいただきたくお願い申し上げます。

  • パラレルワールドの定義について

    最近、やたらと特撮作品でパラレルワールドという言葉を聞きますが、仮面ライダーディケイドがパラレルワールド扱いにされるのは解りますが、ゴーカイジャーはパラレルワールドという事になるんですか? ディケイドの場合、ご丁寧に、9つの地球が重なっていくイメージビジュアルまで映され、実に解りやすく表現されているし、実際それぞれのライダーの世界があるし、五代雄介が小野寺ユウスケになっていたり、パラレルワールド的扱いなのが解ります。 でも、ゴーカイジャーは初代ゴレンジャーからずっと歴代の戦隊ヒーローが地球を守り続けてきたという設定で、それに登場する歴代の戦士もオリジナルですし、何でもかんでもパラレル、パラレルというには、ちょっと違うんじゃないかと思いますが… 。 できればパラレルワールドの定義について、詳しく理解してらっしゃる方からのご回答を願います。

  • 昔読んだ児童書を探しています

    小学生低学年の頃に図書館で読んだ本(もしくは絵本)を探しています。 30年近く昔の事なので記憶が定かではありませんが、 ・日本の昔話風だった ・強大な鬼(もしくは化物)と男の子が戦う ・鬼に勝つ為に修行を積む (竹の子を毎日何回も飛び越えて、少しずつ高く飛べるようになっていくシーンを覚えています) ・壮絶な戦いの果てに勝利を収めるが、男の子は片足と片目を失う(片目を失うのは曖昧な記憶なので違うかもしれません) ・ラスト「その山には片足の天狗が出ると噂が」みたいな話で締め括られる 覚えているのは以上になります。 とにかく壮絶で幼心に強烈な印象を残した作品です。 何かご存知の方がいらっしゃったら情報を頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 小さい頃に見た映像作品

    20年前くらいの話です。 テレビでホラーの短編映像作品をやっていた記憶があり、洋画だったのを覚えています。 当時幼稚園児から小学生で怖かったわけではなかったですが、その映像が頭をついて離れません。 自分の人脈内で聞いてもよくわからないと言われてしまい、話しているうちに本当にテレビでやっていたのか自信が持てなくなってしまいました。  もう一度見たいと思いましたが題名が全くわからず、どなたか以下の内容の話をご存知ではないでしょうか? (内容も一部間違っているかもしれません) ・狭い?天井の低い?部屋に(多分中年)男性が2人鎖に繋がれている ・部屋の真ん中には刃物?糸鋸 ・部屋の真ん中に死体はない ・多分天井がじわじわ降りてきてて時間経過で潰れる ・糸鋸で2人のうちどちらかの足を切断したら逃げられる?みたいなデスゲーム ・紆余曲折あって1人のおじさんは死んでしまう ・やっと脱出できると思ったらもう横にならなきゃ潰されてしまうほど天井が迫っている ・焦って横を見ると隣の部屋?が見えてそこにいるブロンドの女性と目が合う ・驚きつつも女性は部屋にある穴か何かに降りて避難 ・実は2部屋連動型であり、女性が助かったのはおじさんたちの戦いのおかげ? ・その様子を見ていると生きてたおじさんは天井に潰されてしまうエンド ・SAWではない ・SAWではない そして不思議なことに似たようなストーリーの漫画を読んだ記憶もあります。 と言ってもラスト部分の女性が助かっておじさんが助からないシーンだけなのですが、その漫画の題名も思い出せないです。 リアル調の絵で、デスゲームをしているのは日本人でしたが「あ!このシーン、昔見た映像作品と似てる!」となりました。 映像作品のことでも、漫画のことでも、お心当たりのある方がいらっしゃいましたらぜひとも情報をいただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 記号的?で強烈な作品が見たいです(デビルマン等)

    先日、1stガンダムでララァが死ぬ話を見て、 かなりショックでしたが、演出がすごく強烈というか、 抽象的だけれども、有無を言わさぬような、 記号的なのにすごく真に迫るような表現というか、 とにかく圧倒されました。 こういったシーンは文庫本でデビルマンのラストを読んだ時以来久しぶりで、 他にこんな演出のシーンのある作品があれば見てみたいと思いました。 エヴァ(ラスト)、寄生獣(田村玲子)、スラムダンク(山王戦)、 ベルセルク(蝕)、BECK(ライブ)などは、 圧倒されましたが、今回求めている圧倒とは違うのです。 あまり上手く言えないのですが、 セカイがすごいとか感動がすごいというより、 個人を記号で描写するところの圧倒というか、 富野監督の言われるテーマの「主体」の描写なのかわからないのですが、 そんな圧倒をされる作品が他にあれば、ぜひ見てみたいのです。 もしお心当たりがあれば、漫画でも、アニメでも、何でも、ぜひご紹介ください。 よろしくお願いします。

  • 映画 セブンのラストシーンについて

    初めて質問します。映画セブンのラストシーン、 私が昔、テレビで観たラストでは、ミルズ演じるブラピが廃人のように街を歩いているシーンなのですが、ブルーレイで久しぶりに観たら、そのシーンが特典映像にも入っておらず、ネットにも記載がないのです。記憶違いとは考えにくいくらい衝撃的なシーンだったので、他にも同じように記憶している方はいませんか?

  • ガンダムF91

    最近DVDでガンダムF91を観ました。 楽しかった。とても古い作品なのに余り映像も設定とかも古く感じなかったです。 でもこれって終わり方が中途半端ですよね。この続きってないんですか? ガンダムはこれが初めてですが、他にお勧めのガンダムはどれですか?ニュータイプの話、面白かったけどイマイチよくわからなかった、ニュータイプって超能力みたいなものですか? でもシーブック格好良かったです。一応、アムロも知ってるけど自分はシーブックがいいと思った。 なんか続きが気になるんですけど シーブックは他のガンダム作品にでてきますか?それはどのガンダムですか? 取り留めのない文章、ごめんなさい

  • 老人のアムロ・・・?

    以前から気になってた事があるんですが、ガンダム作品の中に歳を取ったアムロがいた様な気がするんです。 話の流れはこんな感じです その作品の主人公が、とある場所にガンダムに乗って降りて来ます(多分、敵兵を追っかけて来たんでしょう)。それを一人の老人が見ていました。その後で、主人公はその老人に何かを尋ねてその場を去るんですが、主人公が去った後でその老人が「ガンダムか・・懐かしいな・・・」と、こんなセリフを残したんです。 その後で、この老人がアムロ・レイだと確信できるシーンがあったはずなんですが思い出せません。私の記憶では、アクシズでの決戦後、アムロとシャアは生死不明になっていたはずなんですが、この作品ではアムロが出ていました。友人の誰に聞いても知らないと言うのですが、この作品は存在するんでしょうか? 私自身、夢でも見ていたのかと思うほど自信がありません。存在しないならしないで結構なんですが、どなたか教えて下さい。

  • ファーストコンタクトもの映画でタイトルが分からない

    表題の通りです。 ラスト近くで、『コンタクト』や『2001年~』の様に、 光り輝く場所で何か崇高な存在と出会い、 宇宙服を着た主人公(男)が感動しつつ何かを悟る、というシーンだけ記憶しています。 CGバリバリだったので、それほど古い作品ではないと思います。 映画かどうかも確実ではありませんが、 この記憶の片隅にあるシーンはいったい何の作品のものなのか、 あれこれ調べ続けていますが一向に分かりません。 何かヒントをいただければと思います。 宜しくお願いします。