• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

猥褻事件でいつも男性は悪者?

猥褻事件ではほとんど男性が悪者にされ、男性側を支持する意見はほとんど無視されているという報道を耳にしますが、 裁判官も偏見を持つものなのでしょうか? また、この手の事件は物的証拠は上がるものなのでしょうか? また、その信用性は一般的に高いものなのでしょうか? よろしくお願い致します。

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数174
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • 00qok
  • ベストアンサー率14% (7/47)

基本的に裁判においては、証拠は必要です。 ただ、その証拠の真実性を確信を持てるものにするための動作、つまり証明が必要とされるかどうかということで、そもそも一般人の知識などを基準にしてどう考えてもおかしい場合に、それに沿わない判決が下ることはないです。 (たとえば、5mも離れているのに、触られたと訴えたところで、話にならないのです。この場合で考えると、女性がそれでも動いてきて触った、と主張した場合に、男性側がそこから動かないで電車を降りたことを証明すればよい、という流れになると思います。ここで、朝のラッシュ時であれば実質動いてきて、というのは不可能なので、女性の主張に問題が残りますが、これがすいている電車であれば、男性がその証明の責任を負うということです。こういった場合に確信を持たせるだけの証明を男性側ができない場合に、不当な判決が下ってしまうという事態になるわけです。もっとも、あとは弁護士の手腕次第でどうとでも覆せるような問題でもあるのですが、こういった刑事事件に国選のやる気のない弁護士がついた場合はあきらめるしかないのかもしれません。) では、不当な判決を受け、それが後に覆った場合はどうなるか?ここで誣告罪や名誉毀損罪などを問題にして逆に訴えるということになるわけで、その権利が保障されているわけです。 ところがこれは法律上の権利に過ぎず、実際にはあらためてお金がかかったり時間も取られるし、現実的ではないわけです。 いずれにしても法律自体もそれを扱う人間も現実から離れすぎているのが問題ですが… とこんなところだとは思いますが、間違っていたらどなたか指摘してください。

参考URL:
http://00q.virtualave.net

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。弁護士の手腕って重要なんですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 下関の女の子殺人事件ですけど、

    女の子の着衣から、逮捕された容疑者の体液が検出されたと言うことですけど、 以前、九州の強盗殺人事件で、指紋やDNAが検出されたのに、 「警察が証拠をねつ造した」 とか言って裁判員や裁判官をだまして無罪になったケースがありましたけど、 あんな風にはならないですかね。 指紋とかDNAって物的証拠としては最高のものだと思うんですけど、 それでだめならたぶんほとんどの事件は無罪だと思うんですけど。 どうですかね。 今回の事件。 無罪の確率どのくらいですかね。 実際どの裁判官に当たるかでも変わってきちゃうんですけどね。 どう思いますか。無罪になりますかね。

  • 冤罪事件について

    大変まれな出来事ですが、決してあってはならない「冤罪事件」。 この冤罪事件が発生する過程には、様々な観点からの「誤・偽」が存在しています。 この場合、問題となるのは 警察・検察の見込み捜査や拷問による取調べ・無理やりな証拠収集。 被疑者が最後まで「無実」を主張しないこと。 又、「無実」を主張し続けられない環境。 弁護士の不十分な弁護。 真実性にかける証拠・証言・調書をうのみにした裁判官の有罪判決。 これらの1つでも欠けていれば、「冤罪」は生まれないのではないでしょうか。 これらが積み重なった場合に「冤罪」という事件が発生すると思っています。 ★皆さんは、「冤罪事件」についてどのようにお考えでしょうか? 又、このような「冤罪事件」について報道等された場合どう感じますか? ※不真面目な回答等をされる方は回答をご遠慮願います。 ※裁判官・検察官・弁護士・警察官など警察関係者の方も御覧になられていましたら、是非ご意見をお願いいたします。

  • 自殺した少年が高専殺人事件の犯人と断定される証拠があるのですか?

    高専の女子学生殺害事件の指名手配の19才の少年が結局は自殺で見つかりましたが、この事件は当初は目撃者もいなくて、鍵のかかった密室での殺人事件としてセンセーショナルに報道されていました。 おそらく被害者の交友関係を当っていくうちに問題の少年の所在が不明だったので手配したのかと思うのですが、この少年が犯人に間違い無いという明確な証拠(物的証拠、状況証拠)でもあるのでしょうか? それともあくまでも疑わしい容疑者という立場のままなのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • 00qok
  • ベストアンサー率14% (7/47)

偏見がない公平な裁判、というのは当然に建前に過ぎませんよね。 判例に従った判決をださない場合は、それなりの覚悟が必要とされるわけで。現実の問題として、やったかどうかは、やられたと主張する側が証明を要求されない場合、訴えられた側にそれを否定する主張がなければならないわけですが、たとえば女性が川のスカートなどをはいていて、諮問が残りやすいのであればある程度は緩和もされるでしょうが、やはりMOMIMOMIさんのいうように、やってないことの証明はかなり困難です。 私は個人的には、身分犯の存在(ある人にしかその犯罪を犯せない場合)も大きいのではないかと思いますが、どうでしょうか。 *性犯罪の加害者に女性はなりえないとするものがあります。ただし、間接的に加害者として認められることはある。 (ある女性に被害を負わせるために、知り合いの男性を利用するなど)

参考URL:
http://00q.virtualave.net

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

加害者がもしやってないことの証明ができなかった場合、被害者側の証明はなくても犯罪が成立するのでしょうか。

  • 回答No.3
noname#1986
noname#1986

ppooooさんの疑問はおそらく、最近社会的地位のある人が、本人は否認しているのに電車等で痴漢行為を行ったとして懲戒免職になったり、会社をクビになったりした云々という報道があったからだと思うのでそれを前提に… まず、裁判は、検察・被告双方から提出され採用された証拠のみによって裁かれます。物、取調調書、法廷での証言などがそれにあたります。裁判官はそれらの証拠によってのみ有罪か無罪かを判断し、刑の軽重を決めます。偏見の入り込む余地は有りません。一説では裁判官の着る黒い法服は性別・年齢・個人的感情を超越する象徴であるとか。 では、わいせつ事件となるとどうなるか。電車の中での痴漢行為で物的証拠がないとします。そうすると、女性の証言がおのずと重視されるわけです。男性はそれに反論しなければなりません。理由を述べて具体的に証明し、裁判官を納得させなければなりません。これってすごい不利ですよね、目撃者もそう簡単に見つかるわけないし。それゆえ男性側の主張はほとんど無視される結果になる…ということで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Pinga
  • ベストアンサー率39% (331/835)

裁判官に限っていえば、ほとんどが男性です。検察官も。先日の横山ノック事件の被害者の女性は「検察官や裁判官は男性ばかりでつらかった」というようなコメントをしていました。 したがって偏見を持つとすれば、女性側の立場ではなく男性側の立場に基づくものになるのではないでしょうか? もっとも、日本の司法制度は「判例主義」といって、過去に起きた似たような事件の判例に沿ってすすめられることが多いため、偏見が反映される余地は少ないかと思いますが・・・。 物的証拠があがるケースは少ないと思いますが、kawakawaさんも書かれたように例えば被害者の持ち物に指紋や体液がついていれば、証拠になりうるのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

強制ワイセツというのは親告罪です。ですから、「被害者」が「加害者」を訴えない限り、立件できないものです。ということは、事件になった時点で加害者側は自らの潔白を証明しなければダメなんですネ。 物的証拠はケースバイケースですネ。着衣や所持品などについた体液や指紋といった物証があることも珍しくはありません。しかし、そういう物証がないことも多いのが事実です。そういった場合は、いわゆる「再現」のときに告発内容の矛盾を指摘する、つまり、例えば、ケーキとカバンで両手がふさがっていたので、触ることは不可能であった等を申し立てるわけです。 ただ、注意しないといけないのは、被害者側の女性は大きな決心をし、何度もいろんな人に対して被害内容を克明に話し、本当の被害者の場合は、非常に傷ついているということです。「女性1人で行ったのが悪い」「そんな挑発的な服装が悪い」「本当は誘ったのだろう」などという屈辱的な質問を浴びせられ、さらには、どういう風に触られてどう感じて‥といったことまで事細かに述べさせられます。いわゆるセカンド・レイプということが行われるのです(日本だけではなく、欧米でも同様です)。 そういったことを考えると、男性に不利であるとはいえないのではないでしょうか? kawakawaでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なにぶん私は素人なので 反論等はご容赦下さい。

関連するQ&A

  • 個人的猥褻図画が流出してしまったら、誰の責任?

    変な質問で恐縮です。 法律に詳しくないので、お詳しい方に教えていただけますと幸いです。 数年前、インターネットにおいて、 いわゆる「ケツ毛バーガー事件」がありました。 ご存知の方は多いと思われます。 概要は、あるカップルの猥褻画像が、 本人が望んでいないのに、本人のミスにより、 インターネット上に流出してしまった事件です。 このケースは確か、 カップルの男性側が流出させてしまったと記憶しています。 流出させてしまったのは男性ですが、 男女2人の裸が流出してしまったにしても、 一般通念として、被害として甚大なのは男性より女性といえます。 となると、2人の責任とはいえ、ある意味では、 男性が加害者であり、女性が被害者であるとも感じられます。 この場合、 2人で合意の上で撮影した画像とはいえ、 女性が、流出させてしまった男性に対して、 何か法的な対応(民事・刑事)を取ることは可能なのでしょうか。 もちろん、民事で訴えることは可能ではあると思いますが、 民事の場合、男性だけの過失を問うことができうるかどうかの 印象論でかまいませんので、ご意見をいただけますと幸いです。 そして刑事の場合、刑事罰が与えられる可能性はあるでしょうか。 あるとしたら、どんな罪状でしょうか。 前提として、あくまで「過失による意図しない流出」であり、 猥褻図画を販売するなど、意図した配布ではありません。 法律にお詳しい方、教えてくださいますと幸いです。

  • 続発する性犯罪で男性不信になりません?

    毎日のように報道される猥褻事件・性犯罪。 ネットに溢れるエロサイトの数々。 こんな現状ですが、女性の皆さんは、男性不信になったりしませんか? それでも目の前にいる家族・友人・恋人は別なんだと信じきれまますか? それとも、これが男性の本性だとあきらめてますか? 最近の男性についてどう思います? 女性の皆さん!!

  • 韓国の哨戒艇沈没事件について

    韓国の哨戒艇沈没事件について 韓国では北朝鮮の犯行だという物的証拠が無いのに、北朝鮮以外に考えられないから北朝鮮だ、というような話になっていると聞きますが、たとえば戦争が起これば大儲けができるようなどこかの組織がやったとは考えられないでしょうか?  沈没当時、北朝鮮の魚雷を発射した船がレーダに映っていなかったという報道を見た記憶がありますが、北朝鮮は長距離の誘導魚雷とか潜水艦を持っているのですか?

  • お金持ちで条件もいいのに結婚しない(できない)男性

     タイトルのような男性は、やはり一般的に「何かある」のでしょうか?    偏見でしたらすみません。  身近な例を教えてください。  

  • カレー事件判決を批判してる人達

    前置きが長くなりそうなので結論から言いますが、カレー事件判決を批判してる人達がどういう意味で「物的証拠(物証)」とか「状況証拠」といった言葉を使っているわからないので教えてください。 私がなぜこの疑問を持ったかというと、この判決に対して「状況証拠だけで物証もなしに犯罪認定するのはおかしい」という趣旨の批判が、検索したところ少なからず出てきたからです(メディア・ブログ・質問サイト含めて)。 法律論上証拠は、犯罪を直接証明するか否かによって直接証拠と間接証拠=状況(情況)証拠に分かれ、人の供述や身体なのかそれ以外の物なのかから人的証拠と物的証拠に分けられます。つまり、物的証拠と状況証拠は分類の観点が異なる違う次元のもので、排斥しあう関係にはありません。だから、場合によって物的証拠が直接証拠になったり(犯行を捉えた監視カメラ映像等)、状況証拠(凶器についた指紋等)になったりするのです。 当初私は一般の人はこうした分類を知らないだろうから、状況証拠を物証を含まない狭いものと理解して両者を対置してるんだろうと思いました。しかし、本当に裁判所が直接証拠も上記狭い意味での物証もなしに犯罪認定をしたのか疑問に思い調べたところ、鍋のヒ素と同一のものが被告人の自宅と頭髪から発見されたとありました。これは明らかに物証ですよね。こうなると、法学上の定義からも、私が推測した一般人の定義からも物証があることになってしまいます。これを物証といわないなら、何を物証といえばよいのでしょうか。 検察の挙げる証拠は不十分だとか裁判所の証拠認定がずさんだとかいった批判は理解できます。しかし、状況証拠だけで物証もなしに犯罪認定するのはおかしいという批判は述べてきたように私には理解困難です。

  • 飯塚事件を徹底捜査させるにはどうしたらいいのしょうか。

    飯塚事件は、冤罪性が極めて高い人を処刑してしまったという戦後の司法史上由々しき事態であるにもかかわらずなぜマスコミや法曹界でもっと積極的に法務当局や執行を命じた法務大臣を追及しないのですか。 事件の詳細は省きますが、全面否認の上、物的証拠が一切ないKさんを起訴、当時の鑑定方法では精度が低いとされ信用性に問題のあったDNA鑑定法の結果を採用し、死刑が確定、執行してしまったのです、一方同じ方法を用いた足利事件では、当時のDNA鑑定法の結果は信用できないとして、無罪の確定が見えています。 これほど冤罪性の高い事件にもかかわらず、処刑してしまっているのです、もう取り返しがつかないのです、もし無罪と分かったらだれがどうやって責任をとるのでしょうか。フランスで死刑を廃止した理由の一つは冤罪の人を処刑してしまった可能性が高まったことにあると聞いています。この事件も、日本の司法を揺るがしかねない重大性を含んでいると思われるにもかかわらず、もっと大きく積極的にマスコミや法曹界で取り上げないのか不思議です、人の命を奪ってしまったのです、徹底した責任追及を求めるべきであると思うのですが。

  • 殺人事件のニュース

    「女子アナがタレント化したり、芸能ゴシップネタばかりやったり。最近のニュースなんて観ていられない!」 「妙な演出や偏見抜きで、淡々と事実を伝えるまともなニュース番組を作れ!」 ……というような意見を、ネット上でも身の回りでもよく耳にします。 そこで「『まともなニュース』というと、どんなものになるのかな」と想像してみたところ、ふと一つの疑問が浮かびました。 ・殺人事件のニュースを、ただ「事実」として受け取る事に、果たしてどれだけの意味があるのだろう? 政治関連や経済関連のニュースであれば、その「事実」を受け取る事には大いに意味があるでしょう。生活に関わりますしね。 ところが、殺人事件のニュースとなると、せいぜい「まあ、物騒な世の中ね」というような感想を抱くくらいじゃありませんか? 加害者の痛い卒業文集やら、被害者の立派な将来の夢やら、事件に直接関係ないことは報道しない「まともな」ニュースならなおさら、一つ一つの事件に対する(語弊がありますが)興味は湧きにくいでしょう。 逆に言えば、私達は「人が殺された事」よりも、「どんな人が、どうして殺した(された)か」に興味を持ちやすいのではないでしょうか? 長い長い前振りになりましたが、まとめると「あれ?殺人事件のニュースってまともなようで、実は野次馬根性をくすぐる、芸能ゴシップネタと大差ないものなんじゃね?」ということです。 自分なりに殺人事件を報道する理由を考えてみましたが、「人を殺すと全国に顔と名前を晒される」という犯罪抑止面での利点くらいしか思いつきませんでした。 そこで、教えてgoo!に知恵を借りようと思い立った次第です。 というわけで、「殺人事件をニュースにする事にはこんな意味があるぞ!」という意見、お待ちしてます!

  • 「痴漢でっち上げ事件」の報道が、控えめな理由は?

    先日、示談金目当てで、交際していた女に、 無実の男性を痴漢容疑で警察に突き出させたとして、 大学生の男が「虚偽告訴」容疑で逮捕されました。 女についても、立件を視野に入れているそうです。 しかし、事件の重大性と、大衆の関心の大きさの割には、 マスメディアの報道が、異様に『消極的』な気がします。 私は『不自然さ』を感じずにいられませんでした。 これには、何か隠された理由があるのでしょうか? (1) 最近、世間で痴漢冤罪が話題になっております。 ついこの前も、映画「それでも僕はやっていない」が、 テレビで放映されたばかりでした。 世間では、痴漢冤罪に関する関心が高まっており、 世の男性も冤罪対策に悩む人が増えていると同時に、 司法への不信感を口にする人も多くなっています。 (2) 今回、濡れ衣で逮捕された男性は、本名を明かして、 警察が「女性の一方的な主張を鵜呑みにした」ことを、 インタビューで訴えておりました。 この事件を通して、女性が関わる性的犯罪では、 警察が、男性側の言い分や説明を全く耳に入れず、 女性の一方的な主張を鵜呑みにするという問題点が、 明確な形で浮き彫りになりました。 このような社会的条件が揃っているにも関わらず、 今回の事件については、報道はされてはいるものの、 割かれているのは、新聞でもわずかなスペース、 テレビでも他のニュースの間のわずかな時間に過ぎず、 かなり控えめな報道だったように感じます。 報道統制が敷かれているような社会ならまだしも、 言論の自由が保障されている社会においては、 マスメディア、とりわけ、営利目的の民間報道機関は、 大衆が関心を持ちそうな話題であればあるほど、 積極的に取り上げて報道する、と考えるのが自然です。 然るに、今回の事件についてのメディア報道については、 一市民として違和感を感じずにはいられませんでした。 “司法が女性の一方的な主張を鵜呑みにする”という、 現在の仕組みの問題点について、 この事件の報道を通じて、大衆がより関心を持てばいいと、 私はある種の期待すら持っておりました。 ところが、事件を知らない人すらいて衝撃的でした。 ここまで報道が控えめなのは、一体なぜなのでしょうか? 何か裏事情でもあるのでしょうか? 国内メディア事情に詳しい方、ご回答をお願い致します。

  • 泥酔で記憶がない場合の暴行・・・民事訴訟

    Aは、酒癖が悪く、泥酔時に自分のしたことを覚えていないことがままあります。 Aは、泥酔した上で職場で強制猥褻事件を起こし被害者から職場に訴えられました。Aはクビになりましたが、自分が覚えていないからといって「事実無根」と主張し、被害者が自分を恨んで嘘を申し立てているのだと言っています。そして、自分をクビにした職場を不当であると訴えました。 これから裁判が進んでいく中で、本当に強制猥褻行為があったのか、が問われることになると思いますが、その当時の物的証拠はないので、被害者の証言だけが証拠となるでしょう。Aが泥酔の程度は、この時他にも問題行為を起こしたので目撃者や被害者がいて明らかです。 被害者は猥褻行為をされたことを具体的に会社に証言し、それを調査した会社が解雇処分を下したのですが、裁判でAが「自分はやってない」ことを主張し続けると、事実認定は不可能になるのでしょうか? 泥酔だと責任能力は問えない、となってしまうのでしょうか? 刑事ではなく、民事になります。 類似したケースをご存じの方、助言よろしくおねがいします。

  • 川崎事件

    川崎の事件、ネット上に、 犯人とされる少年の個人情報や、 家族の情報が垂れ流されています。 あと、 また週刊新潮が、 実名報道に踏み切りました。 少年法に関しては、 反対とする人たちも多く、 こういう行動はある程度予測がついていましたが、 こういった、個人情報を垂れ流した人たちは、 どういう処分を食うのでしょうか。 殺害予告を書き込んだ人たちみたいに、 逮捕されちゃうのですかね。 ところで今回の情報垂れ流し事件を見ていて、 一つ思い出したことがあります。 警察による個人情報垂れ流し事件が過去に結構あったということです。 たとえば僕が思いつくだけでも、 島田紳助さんの情報リーク事件、 これは島田紳助さんが職を追われるという形でリークが成功しました。 それから大相撲の八百長事件。 これは携帯電話のメール記録をリークして、 八百長が実際に行われていることをばらし、 相撲協会は大変な損害を受ける形でリークが成功しました。 それとオウム真理教事件。 国松元警察庁長官狙撃事件の犯人はオウム真理教、 このような情報をリークし、 また、記者会見まで開いて、 犯人はオウム真理教で、組織的な犯罪だと断言しました。 これは、 逆に現アレフに民事訴訟を起こされて、 証拠もないのに公の場でこんなこと言っちゃ遺憾と裁判官から怒られて、 リーク失敗しました。 まあ、この事件は真犯人は判明してるんですが、 オウム犯人説を採っていた警察が、 引くに引けなくて真犯人を検挙しなかった事実があり、 知ってる人は知ってるんですけどね。 まあ、こういった情報リークで、 個人情報を垂れ流すっていうのは、 警察のお手の物なんですけど、 そうするってえと、 やっぱり今回、 情報をネット上に垂れ流した人たちを逮捕することはやっぱり無理ということですよね。