• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

別表について

別表の本を読んでいます。 そこで質問なんですが、その本で 「商法決算を締めた後で、売上の計上もれに気づいた場合などは、別表4で、当期利益に売上もれを加算し、留保として、別表5(1)に情報を流します。  翌期に、この売上が商法会計で計上されますので、翌期に別表4で当期利益を減算(留保)します」 とありました。 そこで、素朴な疑問なんですが、 (1)売上の計上もれがあるのなら、会社の(商法上の)数字も直すべきではないでしょうか?締めてしまったらそんなに簡単に修正できないもんなんでしょうか? (2)別表で修正するということは、利害関係者に報告する資料は計上もれの数字なんでしょうか? (3)商法会計で修正する場合と別表で修正する場合の基準はなんなんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1212
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • yamakin
  • ベストアンサー率33% (45/135)

確定申告で、売上計上もれに気がついたら、普通は、決算書を直すのが常識です。  商法決算を締めた後で、売上の計上もれに気づいた場合などは、別表4で、当期利益に売上もれを加算し、留保として、別表5(1)に情報を流します。  翌期に、この売上が商法会計で計上されますので、翌期に別表4で当期利益を減算(留保)します」  この文は、修正申告のときのことを書いた文章ですよ。  確定申告と思っていたら、おかしいですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

yamakinさん本当にありがとうございました。修正申告なら話は分かりますね。私は確定申告を前提として考えていたのでトンチンカンな質問になってしまったようですね。 すっきりしました。本当にありがとうございました。

質問者からの補足

新しい質問をさせていただきます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 法人税(別表4、別表5の作成手順)

    法人税申告書作成の初心者です。 別表4の大まかな作成手順ですが、 (1)別表4で当期利益(留保・社外流出)を基に加算・減算を行う。 (2)確定した確定した法人税・住民税・事業税を別表5の2「損金の額に参入した納税充当金」へ入れる。 (3) (2)を別表4へ転記する。 (3) 別表4の当期利益の金額を修正する。 で正しいのでしょうか? ここで疑問なのは A (1)の段階で利益処分項目(配当金・役員賞与)を入れても問題はないか。 B 税金確定後、事業税の内、外形標準課税分は販管費の租税公課に振替しますが、振替後に税前当期利益が変わってしまうので、どのように調整すればいいのか。 ということです。 長くなってしまい恐縮です。

  • 事業税の還付請求時の別表4の書き方について

    中間期に支払った事業税が確定額よりも多くて、期末に未収計上しました。 この場合、未収計上した金額は別表4の減算欄で仮払税金認定損として減算しますが、 なぜ減算するのでしょうか? 例えば中間期に100支払い、確定額が50だった場合、当期の事業税は50で、還付の50 を未収計上します。 別表4の一番上の「当期利益又は当期欠損の額」はPLの当期純利益であり、この時点で損金 算入されているのは中間期に支払った100ではなく、当期の事業税である50であり、また加算欄の 「損金に算入した納税充当金」も還付なので事業税部分は0になると思います。 なので、未収計上分の50を減算する理由がよくわかりません。 おそらく何か基本的なところでつまづいているのだと思います。 お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

  • 別表七について教えて下さい

    「法人税申告書作成ゼミナール」という本を 参考にして、申告書を書いています。 前期(第1期)が赤字、 当期利益が黒字、 トータルの当期未処分利益がまだ赤字、 といった状況です。 この状態で、 別表七は書く必要はあるのでしょうか? 本では別表七についてまったく触れておらず、 税務署から送付された別表セットにも別表七は 入っていませんでしたが、 別表四の37に数字が入ってきていて、 この行タイトルに『別表七「2の計」』と 書かれているので、気になります。 過半数の法人が赤字という状況で 別表セットに含んでいないというところから、 書かなくてもいいような気もしますが… どうなのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • yamakin
  • ベストアンサー率33% (45/135)

修正申告の別表の件ですね。 (1)売上計上漏れは、翌期の仕訳で「前期損益修正益」または「雑収入」で利益を計上し、その分、別表四で減算すれば、帳尻は合いますよ。 (2)利害関係者には、二期(一期の計上漏れなら)の決算書を見せれば、何の問題もありません。 (3)同じことだと思ってください。もう少しよく読めば、内容がわかってきます。 結論から言えば、利益と所得が違うものだと理解しておいてください。慣れれば、わかってきます。頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

修正申告とは考えていませんでした。僕がひいた文章は修正申告に関するものなんでしょうか(汗)(特に修正申告とは書いてなかったもので)? 修正申告ということは、いったん確定申告をして確定したものに間違いがあって自主的に直すことですよね。 僕はそういうのは頭になかったんです(汗)。確定申告の場合は考えられないのでしょうか?今回の申告が確定申告の場合は商法上の数字も直すことになるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 法人税の別表四について

     法人税の別表四には一番上に「当期利益」を記入する欄があります。これは会計上計算した利益を記入しますが、私は「税引前当期利益」を記入するものだと誤解しておりましたが、税引き後の当期利益を記入するそうですね。恥ずかしながら、最近知りました。  さて、そこで質問ですが、課税所得金額を計算するはずの別表四ではなぜ税引き後の当期利益が一番上に記入されることになるのでしょうか。  私は税引き後の当期利益を計算するには「法人税、住民税及び事業税額」が決まらないと計算できない、その「法人税、住民税及び事業税額」は課税所得が分からないと税額は分からない、その課税所得金額は税引前の当期利益が分からないと計算できない、と考えていたので、この疑問を理論的に解決してください。

  • 別表四の記載について

    初心者でよく分かりません、お願いします。 経理処理を税込みでしています。消費税は支払ったときに租税公課にしています。(未払い計上はしていません) この場合に、別表四(簡易様式)の当期利益(1)に消費税を含めた当期利益を記入して別表四を完成させてよいのでしょうか? 最終の所得金額が消費税を含んだ金額になり法人税が正しく出ないと思うのですが?きっと私は何か間違っていると思うのですがよく分かりません。よろしくお願いします。

  • 昨年に・・・

    昨年会社で、租税公課/未払金  の過大計上(翌期の経費)がありました。前期に別表4で加算留保し、5-1で未払金を当期増と翌期期首にしました。 今期は別表4で租税公課減算留保 5-1で未払金期首と当期減にしましたが、これでよいのでしょうか?頭がパニックになってしまいました。教えていただけないでしょうか?

  • 別表4について

    こんにちは 別表4の当期利益の(3)社外流出の欄に配当とその他とありますがその他の欄はどのようなときに記載するのでしょうか? よろしくお願い致します

  • 申告→別表4の1 について

    頭がこんがらがってきたので教えて下さい!! タイトル通りなのですが別表4の1(当期利益又は当期欠損の額)についてです。 この金額は法人税充当金などの確定がまだされていない為、計算の途中と最終的な金額は変わりますが、実際に最終的にここに記載する場合、充当金計上後の金額が正解なのでしょうか? それとも計上前の利益でも税務署からは指摘はないのでしょうか? また、会計ソフトを使用した場合はすべて計算した後、この部分が自動で変更されるのでしょうか? ご存知の方、よろしくお願い致します。

  • 別表について(2)

    先ほど別表について質問したものです。 もう1つ質問させていただきます。 僕が見てた本で「流出」について 「利益に関する商法会計と税務の永久的なズレで、永久に解消しません。例えば、交際費がその典型です。~」 とありました。 この文章の意味なんですが、 「B/S上の当期未処分利益と税務B/S上の利益積立金(別表5(1)の一番右下の金額のことだとおもうのですが)はズレたまま永久に一致しないということなんでしょうか?」 本を見る限りズレはないようなんですが。 とすると上の文章の意味はどういう意味なんでしょうか? 償却費の超過額がある場合の処理の例があって、その場合一時的にB/S上の利益と税務B/S上の利益積立金が一致しないのは見ました(結局は何期か後には一致してましたが)がそれは、計上する時期が違うだけの話ですよね?でも、交際費は一部損金にならずじまいですから、どう違ってくるのかなとこんがらがってきました。 質問の意味がちゃんと伝わっているといいのですが、よろしくお願いいたします。

  • 別表四

    所得金額をもとめる時に税引前当期利益から考える時 中間納付分の事業税を減算するのはなぜですか? ご回答お待ちしております。

  • 農業経営基盤強化準備金

    小さな農業法人を経営するものです。申告を自分でやってきましたが、今回表題の準備金(以下準備金とします)を積立方式で積立てることになり苦戦しています。アドバイスお願いいたします。 別表4の減算に準備金積立額として損金算入しましたが、留保と社外流出のどちらになるのでしょうか。仮に留保とすれば別表5の1の減少とどう結びつけるのでしょうか。また、社外流出であれば、外書きするのでしょうか。 また、今後取崩をした場合別表5の1で準備金の減少をしなければなりませんが、別表4の減算とどう結びつけるのでしょうか。また、この場合固定資産圧縮損は計上しないのでしょうか。 準備金を費用に計上する方式はほぼ理解できるのですが、その方式では当期利益が少なくなります。近いうちに融資を受ける予定があり決算書を良くしておきたいので、積立金方式をとりたいと思っています。よろしくお願いします。

  • 別表4でのこと

    赤字が数年続いている会社があり、昨年の国税還付金と地方税の利子割の還付金があります。 当期も利子税があります。 当期の分は、利子税の地方税の部分も、国税の部分も、別表4で当期損失金の 金額に加算する欄があります。しかし国税還付金に対する減算の欄はありますが、 地方税の利子割の還付金に対する減算の欄が無いと思います。 これは、地方税の利子割の還付金が法人税の課税対象になるのではないでしょうか。(当期損失金でなく、当期利益出た場合ですが) 上手い文章がかけないのですが、分かってもらえるでしょうか?

  • 別表の記載について

    『別表4』の加算・減算欄の記入の用語について   認容 否認 などが出てきますが 税務調査により、修正申告した『計上漏れ雑収入』の当期決算申告時 の減算の場合、どのような語句で表現したらよいのでしょうか。 これまでは必要ではなかったので。 勉強不足です。お教えください。

専門家に質問してみよう