• 締切済み
  • 困ってます

幻聴、癲癇とマイクロ波送信装置 長文です

1.情報公開  2006年12月13日に、米国陸軍省情報公開プライバシー局(日本の防衛省情報公開室に対応する)スーザン J.バターフィールド局長は、極秘事項を機密解除し、カリフォルニア州ナッパに住んでいるドナルド・フリードマン氏に対して、マイクロ波を用いて幻聴を発生させる装置が実用化されている事実を情報公開しました。情報公開された文献は、下記サイトで閲覧できます。 http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf マイクロ波は、電波の一種です。 手紙  この文献の始めの2ページは、スーザン J.バターフィールド局長が署名をした手紙であり、この手紙には、ドナルド・フリードマン氏がマイクロ波聴覚効果、フレイ効果などに関して情報公開を申請したので、その返事である旨が記載されています。  マイクロ波聴覚効果、フレイ効果は同じ意味であり、多数のマイクロ波パルスを照射することにより、人間の脳が音声を認識する現象をいいます。 文献  この手紙には、非殺傷性兵器の選択的な生体効果という文献が添付されています。 マイクロ波聴覚効果 フレイ効果  この文献の6ページから8ページに、マイクロ波聴覚効果、フレイ効果について説明されています。  8ページの第1段落には、マイクロ波の照射の結果、頭の中で声が聞こえる現象が起きる旨が記載されています。  8ページの第2段落に、数百メートル離れた距離からターゲットに選択的にマイクロ波を照射して、一人の人質のみに音声を認識させることができる旨が公開されています。 癲癇  10~11ページには、マイクロ波を照射して、癲癇の起こし方が記載されています。 2.MEDUSA  上記の情報公開後、米国ネバダ州に本社があり、軍用通信システムを製造、販売するシエラ・ネバダ・コーポレーションがMEDUSAという商品名でマイクロ波を用いて脳内に音を発生させる装置を公表しました。日本語では、米軍の軍事技術を始めとして技術関連に強いwired.jpのサイトのアーカイブにMEDUSAの記事が掲載されています。urlが長くなるので、省略しています。 3.米国特許 (1) 米国特許第4,858,612号は、マイクロ波を大脳の聴覚野に照射して、脳内で音声を認識させる装置について記載されています。米国特許商標庁の審査官が、このような装置を製造することができると認定して、特許されています。 (2) 米国特許6470214号は、米国空軍大臣が特許権者であり、ラジオ波聴覚効果を応用した装置について特許を受けています。ラジオ波聴覚効果とは、マイクロ波聴覚効果と同じ意味であり、多数のマイクロ波パルスを照射することにより、人間の脳内で音声を認識させる技術です。 これ以外にも幻聴を発生させる装置について米国特許が取得されています。 米国特許商標庁のサイトでこれらの米国特許は確認できます。 4.高周波電磁気学の論文  モトローラ・フロリダ研究所がマイクロ波聴覚効果について論文発表しています。 http://grouper.ieee.org/groups/scc28/sc4/Auditory%20effects.pdf 電気電子技術者協会(ieee)は、米国で最も権威ある電気電子技術分野の団体であり、その団体のホームページに掲載されています。  マイクロ波聴覚効果が発生する電波の条件が明記されています。 5.質問 これらの技術を悪用すると、幻聴を発生させ、人為的に統合失調症を引き起こせます。 米国では、陸軍が情報公開しており、空軍が関連特許を取得していることから、 米国防衛総省の関与が明らかになっています。 また、2006年12月まで軍事技術として幻聴発生装置が秘匿されていたに過ぎません。 皆様は、どのようにお考えでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数742
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
  • suzuko
  • ベストアンサー率38% (1112/2922)

>幻聴を発生させ、人為的に統合失調症を引き起こせます。 で、そのメリットは? 国家にとって危険な人物を統合失調症にしても、その人物の重要性はなんら損なわれません。 ましてその人物の思想が「幻聴から来る」と国家が宣伝しても、その思想に人々にとって重要な真理が含まれているのならば、幻聴であろうと独自の考えであろうと人々は従い、国家にとってその人物の危険性は減りません。 つまり無意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 国家にとって危険な人物を統合失調症にしているのですかね? あるいは、国家が隠れて思想統制をしたり、思想調査をする手段なのかもしれません。 戦前は治安維持法があり、思想犯、宗教犯、政治犯を取り締まっていました。 これに対して、戦後はこれらを犯罪として取り締まることができないので、その代わりに人為的に統合失調症にしているのですかね?

  • 回答No.1
  • alwen25
  • ベストアンサー率21% (272/1253)

カオスヘッドというゲームをご存知ですか。 貴方の主張していることは、 人に何かを強制させる目的でも 効率が悪すぎます。 以前、似たような回答をした人が いましたが、私はその人とは 別人です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

カオスヘッドというゲームと質問との関連性が分かり兼ねます。

関連するQ&A

  • 眼に見えない電磁波を悪用する完全犯罪

    1.概要 防衛省情報本部及び自衛隊の工作員が、 電磁波が人体に作用することを悪用して、完全犯罪を行っています。 マイクロ波を用いる通信設備からマイクロ波を人体に照射して、 人の頭の中に声を聞かせています。 マイクロ波パルスが直接、人の脳で認識されるマイクロ波聴覚効果(フレイ効果)は 一般に知られていないので、簡単に完全犯罪を達成できます。 マイクロ波は、300メガヘルツから3000メガヘルツの電波です。 2.情報公開  2006年12月13日に、米国陸軍省 情報保全隊 情報公開プライバシー室(日本の防衛省情報公開室に対応する)スーザン J.バターフィールド室長は、極秘事項を機密解除し、カリフォルニア州ナッパに住んでいるドナルド・フリードマン氏に対して、「非殺傷性兵器の選択的な生体効果」という表題の文献を開示しました。  この文献には、遠距離からマイクロ波パルスを照射することにより、人間の脳が音を認識する現象(マイクロ波聴覚効果、フレイ効果)を応用した非殺傷性兵器が記載されています(6~8ページ)。これは幻聴発生装置そのものです。この文献は下記サイトで確認できます。 http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavef …  マイクロ波パルスとは、1~30マイクロ秒(1秒の百万分の1秒~1秒の百万分の30秒)の時間だけマイクロ波を照射するパルスです。マイクロ波パルスの間隔を変化させながら、1秒に100回~1000回程度、マイクロ波パルスを照射します(パルス間隔は、下記のモトローラ・フロリダ研究所の文献)。 3.MEDUSA  上記の情報公開後、米国ネバダ州に本社があり、軍用通信システムを製造、販売するシエラ・ネバダ・コーポレーションがMEDUSAという商品名でマイクロ波を用いて脳内に音を発生させる装置を公表しました。日本語では、米軍の軍事技術を始めとして技術関連に強いwired.jpのサイトのアーカイブにMEDUSAの記事が掲載されています。urlが長くなるので、省略しています。 4.米国特許 (1) 米国特許第4,858,612号は、マイクロ波を大脳の聴覚野に照射して、脳内で音声を認識させる装置について記載されています。米国特許商標庁の審査官が、このような装置を製造することができると認定して、特許されています。 (2) 米国特許6470214号は、米国空軍大臣が特許権者であり、ラジオ波聴覚効果を応用した装置について特許を受けています。ラジオ波聴覚効果とは、マイクロ波聴覚効果と同じ意味であり、多数のマイクロ波パルスを照射することにより、人間の脳内で音声を認識させる技術です。 (3) 日本ソニーと米国ソニー電子は、幻視発生装置について米国特許を取得しています。発明者は、トーマス・ドーソン氏(Thomas Dawson)です。 5.高周波電磁気学の論文  モトローラ・フロリダ研究所がマイクロ波聴覚効果について論文発表しています。 http://grouper.ieee.org/groups/scc28/sc4/Auditor … モトローラは、米国の通信大手企業です。この論文には、マイクロ波聴覚効果が発生する電波(マイクロ波)の波長、パルス条件、パルスの繰り返し頻度、電波強度などが明記されています。 6.結論  米国では、陸軍情報保全隊(情報保全隊はスパイ組織です)が情報公開しており、海軍がMEDUSAの開発に資金提供し、空軍が関連特許を取得していることから、米国防衛総省の関与が明らかになっています。 7.質問 日本の自衛隊にも情報保全隊が設けられています。情報保全隊が、特殊な無線設備からマイクロ波パルスを人に照射して、幻聴を引き起こし、癲癇も引き起こしています。 皆さまはどう思いますか?

  • 最先端技術による幻聴発生装置は信憑性ありますか?

    1.質問 マイクロ波聴覚効果を利用した最先端技術を駆使すると、 幻聴を発生させることができます。 ところで、このような主張は信憑性あるでしょうか? 2.マイクロ波聴覚効果 1999年6月に世界保健機構(WHO)が、 「レーダーと人の健康」という下記の報告書を作成しました。 http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf この報告書の4ページの「パルス化されたRF界」という項目に、 「普通の聴覚を持つ人は 200 MHz から6.5 GHzまでの周波数のRF界パルスを聴くことができました。 これをマイクロ波聴覚効果といいます。RFパルスの特性によって、 ザーザー、カチカチ、シューシュー、ポンポンなどそれは様々な音に説明されています。」 という記載があります。 「200 MHz から6.5 GHzまでの周波数のRF界パルス」の典型例は、 レーダーが照射するパルスです。 RFとは、radiofrequency の略語であり、ラジオ周波数を意味します。 出力が大きいマイクロ波がパルスで照射されることにより、 パルスの衝撃により、 骨伝導と近似する機構により音が認識されます。 「パルス化されたラジオ周波数(RF)エネルギーによる聴覚応答」という論文には、 マイクロ波聴覚効果が発生する電磁波パルスの条件が詳細に報告されています。 http://www.freedomfchs.com/auditoryresponsetopulsedrf.pdf 3.マイクロ波聴覚効果を利用した音声送信システム (1)概要 上述のマイクロ波聴覚効果を応用すると、 人間の脳に音声を直接、送信することができます。 レーダーは第二次世界大戦中に最初に軍隊が利用したこともあり、 マイクロ波聴覚効果を利用した音声送信システムも軍隊が報告しています。 (2)米国陸軍の報告書 2006年12月に、米国陸軍が、 「非殺傷性兵器の一部の生体効果」という報告書を 情報公開しました。 http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf このサイトでは、 始めの2ページが、フリードマン氏に対して情報公開したという書簡であり、 この書簡に上記の報告書が添付されています。 報告書の6~8ページには、マイクロ波聴覚効果を利用した兵器が開示されています。 (3)MEDUSA 米国に本社があり、軍用通信システムを製造、販売しているシエラ・ネバダ社が、 米国海軍から資金提供を受けて、マイクロ波聴覚効果を利用した 音声送信システム、MEDUSAを開発しました。 「マイクロ波 脳内 兵器」で検索すると、MEDUSAの記事がヒットします。 米国海軍のサイトには、マイクロ波聴覚効果を利用したシステムの開発に資金提供をした旨が 明記されています。 (4)米国特許 これらの最先端技術は、多数の米国特許で保護されています。 例えば、米国特許4877027号は聴覚システムに関し、 1989年10月31日に特許されています。 100メガヘルツから1万メガヘルツの電磁波を使い、 1つのバーストが、10~20のパルスから構成されています。 これらのバーストないしパルスが マイクロ波聴覚効果で音声を認識させます。 例えば、米国特許6587729号は、 マイクロ波聴覚効果を使って 会話を通信する装置について特許しています。 特許権者は、米国空軍大臣です。 2003年7月1日に特許権が発生しています。 4.質問 繰り返しになりますが、幻聴発生装置があるという主張は 信憑性があるでしょうか?

  • 情報公開とMEDUSA

     2006年12月13日に、米国陸軍省情報公開プライバシー局(日本の防衛省情報公開室に対応する)スーザン J.バターフィールド局長は、極秘事項を機密解除し、カリフォルニア州ナッパに住んでいるドナルド・フリードマン氏に対して、マイクロ波を用いて幻聴を発生させる装置が実用化されている事実を情報公開しました。情報公開された文献は、下記サイトで閲覧できます。 http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf  上記の情報公開後、米国ネバダ州に本社があり、軍用通信システムを製造、販売するシエラ・ネバダ・コーポレーションがMEDUSAという商品名でマイクロ波を用いて幻聴を発生させる装置を公表しました。日本語では、米軍の軍事技術を始めとして技術関連に強いwired.jpのサイトのアーカイブにMEDUSAの記事が掲載されています。  ところで、日本の防衛省情報公開室が、マイクロ波を用いて幻聴を発生させる装置が実用化されている事実について機密解除して、情報公開するのはいつになると予想しますか?

  • 国家テロと秘密兵器

    1.概要  人間の脳神経系を攻撃する電磁波兵器が実用化されており、秘密裡に国家テロに用いられています。  この電磁波兵器には様々な種類があり、幻聴を発生させる幻聴兵器、癲癇を引き起こす癲癇兵器、秘密裡に暗殺する心臓発作兵器などがあります。これらの兵器は、マイクロ波が人間の脳神経系に作用する原理を応用しています。 2.情報公開  幻聴兵器及び癲癇兵器は、米国陸軍省情報保全隊が情報公開しています。 具体的には、2006年12月13日に、米国陸軍省 情報保全隊 情報公開プライバシー室(日本の防衛省情報公開室に対応する)スーザン J.バターフィールド室長は、極秘事項を機密解除し、カリフォルニア州ナッパに住んでいるドナルド・フリードマン氏に対して、「非殺傷性兵器の選択的な生体効果」という表題の文献を開示しました。  この文献には、遠距離からマイクロ波パルスを照射することにより、人間の脳が音を認識する現象(マイクロ波聴覚効果、フレイ効果)を応用した非殺傷性兵器が記載されています(6~8ページ)。これは幻聴発生装置そのものです。この文献は下記サイトで確認できます。 http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavef …  マイクロ波は、300キロヘルツから3000キロヘルツ(3000キロヘルツは3メガヘルツと同じ)の電波です。マイクロ波パルスとは、1~30マイクロ秒(1秒の百万分の1秒~1秒の百万分の30秒)の時間だけマイクロ波を照射するパルスです。マイクロ波パルスで音声を伝達するときには、マイクロ波パルスの間隔を変化させながら、1秒に100回~1000回程度、マイクロ波パルスを照射します。  幻聴兵器が実用化されていることは、米国通信システム会社のシエラ・ネバダ・コーポレーションが米国海軍の資金提供で開発したMEDUSAという幻聴兵器(命令電波兵器、神の声兵器とも呼ばれる)を公表していること、米国特許が取得されていることなどからも確認しています。 3.心臓発作兵器  米国の軍隊はまだ情報公開していませんが、心臓発作兵器について米国特許が取得されています。この特許は電磁波で心臓の鼓動を攪乱する方法に関します。北朝鮮の最高指導者も、この心臓発作兵器で暗殺されたかもしれません。 4.推測  日本の防衛省、自衛隊も、電磁波兵器を秘密兵器に用いて、国家テロなどに暗躍しているようです。国家がテロに関与していることを認めるわけにはいかないので、眼に見えない電磁波を凶器として証拠を残さずに病死を偽装して暗殺しているようです。 5.質問  上記のことについて、皆さまはどう思いますか?

  • 有形力の行使と、立証及び因果関係

    1.マイクロ波聴覚効果 高周波電磁気学の世界では、マイクロ波聴覚効果という 一般には知られていない現象があります。 第二次世界大戦中にレーダー施設に所属する米国兵士が、 レーダーのパルスをガリッなどの音として聞こえるという現象を観察しました。 これがマイクロ波聴覚効果です。 1961年に米国のコーネル大学のフレイ教授が 応用生理学ジャーナルという学術論文にマイクロ波聴覚効果を最初に報告しました。 世界保健機構(WHO)は、1999年6月にレーダー施設に勤務する人達の 健康被害という観点から、マイクロ波聴覚効果について下記の文献で言及しています。 http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf マイクロ波聴覚効果が発生する電磁波のパルスの条件については、 下記のモトローラフロリダ研究所の英語文献が詳細に記述しています。 http://grouper.ieee.org/groups/scc28/sc4/Auditory%20effects.pdf マイクロ波聴覚効果については、下記の英語文献でも報告されています。 http://www.inchem.org/documents/ehc/ehc/ehc137.htm#SubSectionNumber:8.1.3 2.マイクロ波聴覚効果を応用した兵器 2006年12月に、米国陸軍は、マイクロ波聴覚効果を利用した兵器について 情報公開しました。 「非殺傷性兵器の一部についての生体効果」 "Bioeffects of Selected Nonlethal Weapons"という英語文献で、 下記のサイトにアップロードされています。 http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf この英語文献6~8ページには、幻聴を発生させる兵器について 情報公開しています。 さらに、米国海軍は、 米国ネバダ州に本社があるシエラ・ネバダ社に資金を提供して、 MEDUSAという名称の マイクロ波で脳内に音声を発生させる兵器を開発しました。 「マイクロ波 脳内 音声 兵器」で検索すると、 技術に強いインターネット雑誌、wired がMEDUSAについて記事 にしていることが分かります。 「神の声兵器」で検索しても、マイクロ波で脳内に音声を送信する兵器の 別箇の記事がヒットします。 3.マイクロ波パルスの照射の立証 マイクロ波パルスを人に照射しても、 電磁波は、眼に見えないので、 マイクロ波パルスが照射されたことを立証することが困難です。 電磁波を人に照射することは、有形力の行使と評価することができるでしょうが、 どのように立証すればよいでしょうか? 医者も電磁波の照射により、健康被害が生じても、 健康被害の原因が電磁波の照射という趣旨の診断書までは記載しません。 健康被害が電磁波の照射と、どのように立証すればよいでしょうか? 防衛省、自衛隊も、米国陸軍、米国海軍と同様に、 マイクロ波パルスを照射して、幻聴を発生させる兵器を所持していると推測します。 原理がレーダーと共通しているので、 レーダー設備の一種として所持していると推測します。 4.因果関係 人体にマイクロ波パルスが照射されている事実と、 このマイクロ波パルスが防衛省、自衛隊の兵器が照射したものであるという 因果関係は、どのように立証すればよいでしょうか? 人体に照射されているマイクロ波パルスの波長を測定し、 このマイクロ波の波長が、総務省が防衛省、自衛隊に割り当てている波長と 一致すれば、因果関係の立証としては十分でしょうか?

  • 軍隊による反体制派の弾圧と電磁波兵器

    シリアなどでは、軍隊が国民を銃殺して、反体制派を弾圧しています。 米国、日本などの先進国では、軍隊は銃弾の代わりに、 秘密裏にマイクロ波パルスを国民に発射し、 証拠を残すことなく、幻聴で苦しめたり、失神させたり、 ヤケドさせたりして、弾圧しています。 2006年12月13日に、米国陸軍省情報公開プライバシー局 (日本の防衛省情報公開室に対応する)スーザン J.バターフィールド局長は、 極秘事項を機密解除し、「非殺傷性兵器の一部の生体効果」という文献を公表しました。 この文献は、"Bioeffects of Selected Non-Lethal Weapons"で検索するとヒットします。  この文献の6ページから8ページに、マイクロ波聴覚効果及びこの現象を利用した兵器について説明されています。  8ページの第1段落には、マイクロ波の照射の結果、頭の中で声が聞こえる現象が起きる旨が記載されています。  8ページの第2段落に、数百メートル離れた距離からターゲットに選択的にマイクロ波を照射して、一人の人質のみに音声を認識させることができる旨が公開されています。 この文献では電磁波を使って、被害者を失神させる兵器、要するに、癲癇を起こす兵器も公開されています。 上記の情報公開後、米国ネバダ州に本社があり、軍用通信システムを製造、販売するシエラ・ネバダ・コーポレーションがMEDUSAという商品名でマイクロ波を用いて脳内に音を発生させる装置を公表しました。日本語では、米軍の軍事技術を始めとして技術関連に強いwired.jpのサイトのアーカイブにMEDUSAの記事が掲載されています。「マイクロ波 脳内 音 兵器」で検索すると、この記事がヒットします。 マイクロ波聴覚効果は、世界保健機構(WHO)がレーダーの健康リスクについて概説している 『電磁界と公衆衛生:「レーダーと人の健康」』という文献にも記載されています。 下記サイトですが、who.intの内部のサイトを対象として検索するとヒットします。 http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf (1) 防衛省、自衛隊が、マイクロ波聴覚効果を悪用する秘密兵器を使って、 国民を弾圧している事実をどう思いますか? (2) 銃弾の代わりに、証拠が残らないマイクロ波パルスを発射する という弾圧の手段について、どう思いますか? (3) 防衛省、自衛隊による国民の弾圧を放置してよいと思いますか?

  • 最先端技術を駆使した完全犯罪

    1.まえがき テレビ、ラジオ、携帯電話などの電波は人間に聞こえないので、 一般には、全ての電波が聞こえないとされています。 しかし、高出力のレーダーが発射するパルスのように、 例外的に、人間は特殊な条件の電波を直接、聞くことができます。 これをマイクロ波聴覚効果といいます。 2.マイクロ波聴覚効果 1999年6月に世界保健機構(WHO)が、 電磁界と公衆衛生「レーダーと人の健康」という下記の報告書を作成しました。 http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf この報告書の4ページの「パルス化されたRF界」という項目に、 「普通の聴覚を持つ人は 200 MHz から6.5 GHzまでの周波数のRF界パルスを聴くことができました。 これをマイクロ波聴覚効果といいます。RFパルスの特性によって、 ザーザー、カチカチ、シューシュー、ポンポンなどそれは様々な音に説明されています。」 という記載があります。 「200 MHz から6.5 GHzまでの周波数のRF界パルス」の典型例は、 レーダーが発射するパルスです。 RFとは、radiofrequency の略語であり、ラジオ周波数を意味し、 RF界パルスとは、パルス波形のマイクロ波を意味します。 通常、レーダーは、パルス波形のマイクロ波を発射します。 出力が大きいマイクロ波がパルスで照射されることにより、 パルスが脳に衝撃を与え、 骨伝導と近似する機構により音が認識されます。 「パルス化されたラジオ周波数(RF)エネルギーによる聴覚応答」という下記の論文には、 マイクロ波聴覚効果が発生する電磁波パルスの条件が詳細に報告されています。 http://www.freedomfchs.com/auditoryresponsetopulsedrf.pdf 3.マイクロ波聴覚効果を応用した音声送信システム (1)概要 上述のマイクロ波聴覚効果を応用した装置では、 人間の脳に音声を直接、送信することができます。 この装置では、まず、マイクで、音声を電気信号に変換します。 これは、電話をかけるときに、音声を電気信号を変換するのと同様です。 そして、この電気信号に基づいて、 高出力のレーダーのパルスを発射するタイミングを制御します。 すると、不思議なことに、人間の脳に音声が認識されます。 レーダーが発射する電波は、ビームのように直線的に伝搬します。 特定の人物のみをビームで狙い撃ちできます。 テレビ放送、ラジオ放送では、 放送局から360度、どの方向にも電波が伝搬しますが、 レーダーの電波は特定の方向のみに直進します。 (2)米国陸軍の報告書 2006年12月に、米国陸軍が、 「非殺傷性兵器の一部の生体効果」という報告書を 情報公開しました。 http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf このサイトでは、 始めの2ページが、フリードマン氏に対して情報公開したという書簡であり、 この書簡に上記の報告書が添付されています。 報告書の6~8ページには、マイクロ波聴覚効果を利用した兵器が開示されています。 (3)MEDUSA 米国に本社があり、軍用通信システムを製造、販売しているシエラ・ネバダ社が、 米国海軍から資金提供を受けて、マイクロ波聴覚効果を利用した 音声送信システム、MEDUSAを開発しました。 「マイクロ波 脳内 兵器」で検索すると、MEDUSAの記事がヒットします。 米国海軍のサイトには、マイクロ波聴覚効果を利用したシステムの開発に資金提供をした旨が 明記されています。 (4)米国特許 これらの最先端技術は、多数の米国特許で保護されています。 例えば、米国特許4877027号は聴覚システムに関し、 1989年10月31日に特許されています。 100メガヘルツから1万メガヘルツの電磁波を使い、 1つのバーストが、10~20のパルスから構成されています。 これらのバーストないしパルスが マイクロ波聴覚効果で音声を認識させます。 例えば、米国特許6587729号は、 マイクロ波聴覚効果を使って 会話を通信する装置について特許しています。 特許権者は、米国空軍大臣です。 2003年7月1日に特許権が発生しています。 4.日本の自衛隊 日本では、自衛隊がマイクロ波聴覚効果を応用した特殊なレーダーから マイクロ波パルスを個人に発射して、精神疾患を惹起させ、 傷害罪、ないし、公務員職権濫用罪を組織的に行っています。 しかし、レーダーから照射された電磁波パルスは、眼に見えず、 測定も難しく、証拠を保全しずらいものがあります。 しかも、どの方向から電磁波パルスが照射されているか 測定しずらいものがあります。 5.質問 皆さんは、上述した特殊なレーダーを用いた、 証拠が残らない完全犯罪をどう思いますか?

  • マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器

    マイクロ波で脳内に音を発生させるMEDUSAという兵器が 実用化されています。 http://wired.jp/wv/2008/07/08/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E6%B3%A2%E3%81%A7%E8%84%B3%E5%86%85%E3%81%AB%E9%9F%B3%E3%82%92%E7%99%BA%E7%94%9F%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E5%85%B5%E5%99%A8%E3%80%8Emedusa%E3%80%8F%EF%BC%9A/ この兵器は、マイクロ波を人間の脳に照射して、人間の脳に音声を認識させるものです。 沈黙の音(silenet audio)とも呼ばれ、空気を伝搬する音でなく、 マイクロ波を人間に照射することにより、音を認識します。 このような兵器はMEDUSAが最初ではなく、 その原理及び原型となる兵器は1974年に既に実現化されており、 マインド・コントロールに使用されています。 その証拠は下記の英語の動画です。 http://www.youtube.com/watch?v=egUqBH2V4rI 米国陸軍が、マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器を マインド・コントロールに使用していたことは、 2006年12月に「非致死性兵器の一部の生体効果」という 下記の報告書を機密解除したことから、 明らかにされています。 http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器は、レーダー技術の応用でもあります。 レーダーは飛行機、ミサイルの位置を把握し、その移動を追跡できる能力があります。 MEDUSAでも、同様に、人の位置を把握し、その移動を追跡する能力があります。 MEDUSAがマイクロ波を人に照射し、マイクロ波が人に反射し、 その反射したマイクロ波がMEDUSAに届くまでの時間を計測することにより、 位置を把握することができます。これはレーダーの原理と同様です。 さて、自衛隊がMEDUSAを配備し、秘密裏に非合法に国民に使用していますが、 皆さんはどう思いますか?

  • 特殊な電波が脳で認識される機構は何?

    マイクロ波(300メガヘルツから1万メガヘルツ前後)の電波を パルス波形(例えば、パルス幅0.5マイクロ秒~32マイクロ秒)で、 人間の脳に発射した場合、 マイクロ波が一定以上の強度のときには、 音として聞こえる現象(マイクロ波聴覚効果)が知られています。 マイクロ波聴覚効果は、コーネル大学のアラン・フレイ教授が、 応用生理学ジャーナル(1962年)に掲載した論文により、最初に報告されました。 http://www.raven1.net/frey.htm 2006年12月に米国陸軍が情報公開した 「非致死性兵器の一部の生体効果」という報告書、6ページの最終段落では、 マイクロ波聴覚効果が発生する機構は、 マイクロ波パルスが脳組織を熱膨張させることに起因する熱弾性波とされています。 余談ですが、マイクロ波聴覚効果を応用した兵器で、 幻聴を発生させることができることは、 この報告書、8ページに記載されています。 そこで、米国内では、米国陸軍が、 この兵器で統合失調症ないし精神分裂病の患者を 作出したと疑われています。 同様に、日本国内では自衛隊、特に情報保全隊の関与が疑われています。 しかし、マイクロ波聴覚効果が生じる機構が、 熱弾性波という説明には疑問があります。 米国ソニーのトーマス・ドーソンが2種類の超音波を脳に発射することにより、 幻視などの五感の幻覚を脳に発生させることに成功し、 米国特許6729337号を取得しました。 http://www.google.co.jp/patents?id=kXgQAAAAEBAJ&printsec=frontcover&dq=6729337&hl=en この米国特許では、超音波の刺激により、 大脳皮質のニューロンが神経伝達物質を放出することにより、 幻視などの幻覚が発生すると記述されています。 マイクロ波パルスで脳を刺激した場合と、 超音波で脳を刺激した場合では、 幻覚が発生する機構が異なることに違和感を覚えます。 皆さまは、マイクロ波パルス、超音波などにより、 幻聴などの幻覚が発生する生理的機構は何だと考えますか?

  • レーダーを応用した驚異の通信技術!

    1.まえがき 軍事レーダーは、マイクロ波パルスを発射し、 ターゲットで反射したマイクロ波を観察します。 そして、驚くことに、軍事レーダーのパルスは、耳を経由することなく、 知覚することができます。これをマイクロ波聴覚効果といいます。 そして、マイクロ波聴覚効果を応用すると、 驚異の通信技術が実現します。 2.マイクロ波聴覚効果 1999年6月に世界保健機構(WHO)が、 電磁界と公衆衛生「レーダーと人の健康」という下記の報告書を作成しました。 http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf この報告書の4ページの「パルス化されたRF界」という項目に、 「普通の聴覚を持つ人は 200 MHz から6.5 GHzまでの周波数のRF界パルスを聴くことができました。 これをマイクロ波聴覚効果といいます。RFパルスの特性によって、 ザーザー、カチカチ、シューシュー、ポンポンなどそれは様々な音に説明されています。」 という記載があります。 「200 MHz から6.5 GHzまでの周波数のRF界パルス」の典型例は、 レーダーが発射するパルスです。 RFとは、radiofrequency の略語であり、ラジオ周波数を意味し、 RF界パルスとは、パルス波形のマイクロ波を意味します。 通常、レーダーは、パルス波形のマイクロ波を発射します。 出力が大きいマイクロ波がパルスで照射されることにより、 パルスが脳に衝撃を与え、 骨伝導と近似する機構により音が認識されます。 「パルス化されたラジオ周波数(RF)エネルギーによる聴覚応答」という下記の論文には、 マイクロ波聴覚効果が発生する電磁波パルスの条件が詳細に報告されています。 http://www.freedomfchs.com/auditoryresponsetopulsedrf.pdf 3.マイクロ波聴覚効果を応用した驚異の通信システム (1)概要 マイクロ波聴覚効果を応用した通信システムでは、 まず、マイクで、音声を電気信号に変換します。 これは、電話をかけるときに、音声を電気信号に変換するのと同様です。 そして、この電気信号に基づいて、 高出力のレーダーのパルスを発射するタイミングを制御します。 この制御にはノウハウがあります。 すると、不思議なことに、人間の脳が音声を認識します。 レーダーが発射するマイクロ波は、ビームのように直線的に伝搬します。 特定の人物のみをビームで狙い撃ちできます。 要するに、特定の人物のみに音声を伝達することができる。 (2)米国陸軍の報告書 2006年12月に、米国陸軍が、 「非致死性兵器の一部の生体効果」という報告書を “Bioeffects of Non Lethal Weapons” 情報公開しました。 http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf この報告書の6~8ページには、マイクロ波聴覚効果を利用した 音声を伝達する通信システムについて記載しています。 この報告書は、通信システムという観点ではなく、 この通信システムを悪用し、 ターゲットの戦闘能力を奪う観点で記載されています。 (3)MEDUSA 米国に本社があり、軍用通信システムを製造、販売している シエラ・ネバダ・コーポレーション(SNC)が、 米国海軍から資金提供を受けて、マイクロ波聴覚効果を利用した 音声送信システム、MEDUSAを開発しました。 http://japanese.engadget.com/2008/07/08/medusa/ 米国海軍のサイトには、マイクロ波聴覚効果を利用したシステムの開発に 資金提供をした旨が明記されています。 (4)米国特許 これらの最先端技術は、多数の米国特許で保護されています。 例えば、米国特許4877027号は聴覚システムに関し、 1989年10月31日に特許されています。 このシステムは、100メガヘルツから1万メガヘルツの電磁波を 10~20のパルスから構成されているバーストとして発射します。 これらのバーストないしパルスが マイクロ波聴覚効果で人間の脳に音声を認識させます。 例えば、米国特許6587729号は、 マイクロ波聴覚効果を使って 会話を通信する装置について特許しています。 特許権者は、米国空軍大臣です。 2003年7月1日に特許権が発生しています。 4.質問 マイクロ波聴覚効果を応用した驚異の音声伝達システムについて、 どう思いますか?