• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ラジエターの保管方法

3000ccのセダンのラジエターを、交換します(DIY) 交換した古いラジエターをしばらく(半年か1年程度)保管しておきます。  →一応交換した新品に漏れがないか確認できるまで。    半年で確認はできそうなのですが、乗らない時期が2ヶ月くらいは結構あるので。 「LLCを入れておく」、以外での保管方法があれば教えてください。 →ホース穴などを完全に塞ぐのができない、&手間なので。 (1)乾燥させてそのままビニールにでも入れて、室内倉庫に置いておけば問題ない?     (2) (1)の場合 半年まで? 1年でも?  「乾燥」は風通しの良い日陰でどのくらいでする? (3)他に何か良い方法ありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ラジエターの保存ですが、 1.液を抜いた後、水道水で綺麗に内部を洗って、クーラントを洗浄して下さい。  水を切った後、内部を乾燥させて下さい。(数日間、天日干しで良いと思います) 2.フィン部分の異物を取り除いて下さい。+フィンが曲がらない程度に水を掛けて洗う。  (虫の死骸等に含まれている酸で腐食する可能性があるので、それを取り除く)  これも綺麗に乾燥させて下さい。  →両方が終わると、IN側,OUT側の口をビニール+輪ゴムなどで塞いで、虫などが入らない処置をして下さい。   その後は、箱等に入れて、保管。  で良いと思います。あとは、周辺が乾燥している場所で保管すれば、問題ないでしょう。  (湿気が高いと、カビが生えたり腐食が進みます)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくありがとうございます。 虫の死骸も影響するのですね、勉強になります。 やってみます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#211894
noname#211894

>ガムテープでLLCを塞げるのですか?! 空での話だと。 じゃぁ、ラジエーターが入る耐水容器を準備して、丸ごと浸けておくってのは? 開口部をビニール袋とガムテープで塞げば蒸発はかなり防げると思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「LLCを入れておくほどの塞ぎは手間でできない」 に対して 「ガムテープが手間なのか?」 とのことなので、当然LLCを入れての回答と受取りました。

  • 回答No.4
  • ka2_abe
  • ベストアンサー率41% (1219/2923)

>もちろんこれがやれれば一番いいのはわかっています。敢えて避けています。 >質問にも書いたように、ではどのように口を塞げば良いのでしょうか? >半年程度 漏れずに塞ぐには結構な手間(もしくは費用)がかかりそうなので避けています。 ・・・じゃああくまで保険保管ですから 別にそのままで良いでしょう? はっきり言えば、本当に(コアもタンクも)新品であれば 漏れなど生じません。 >ラジは新品です。ホースは今回交換しません。(既に交換済み) いつのホース交換ですか? 1年以内であればまあ漏れの原因になることはありませんが 交換時にはホースにストレスがかかりますので そこが漏れの原因になることがあります。 痛みやすいアッパー側だけでも換えておけば、 その古いホースを切って使って上下に栓をすることができますよね? また、工夫すれば、 ホースが無くても、3cm厚みくらいのゴム栓くらい 簡単に作れますよ?カッターでゴム板切るだけ。 =回りに水道用のシーリングテープでも貼ってふたしておいておけば良いだけ。 >過去、新品に換えて、それが不良で大変な思い(原因究明が他を疑うので)をしたので >どんな部品でも交換したら保管してしばらくは様子見をするようになりました。  >万一の新品交換はできません(それができれば苦労はないですが、説明長いので省きます) ・・・肝心な部分をはぐらかされていますね? 新品ラジエターの漏れを心配するくせに 保証の付かない?新品部品を購入する??? 訳わかんないです。 ブロアなどで乾燥させても、 内部金属素地が空気に触れていることになりますので そんな保管の仕方を半年もした中古ラジエターは 「ゴミ」です。 =空気中の水分あるいは結露で内部が腐食しまくります。 =室内の冷暗所においておけば少しはましですが、かなり進みます。 どうしても保管する 新品保証が効かない代物であるなら 旧品に中身を入れて置くしかないです。 その際は、ごく薄いクーラント30パーセント程度で良いと思いますので お金もそんなにかかりません。 ・・・手間で面倒くさいとは思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ありがとうございます。 >交換時にはホースにストレスがかかりますので 交換したのは1年半前ですが、単なるホース+クランプタイプではなく、ロック付きの専用ワンタッチホースなので、ストレス(抜き差し)はほとんどかかりません。 なので今回の交換は予定していません。 >保証の付かない?新品部品を購入する??? 私の質問(疑問)に既に関係無いのと、またこの部分の説明は長いので省いたのですが、再度回答いただいたので説明します。 私の車のラジは国内では手に入りません。なのでドイツから個人輸入になります。 いくつか当たって、やっと売ってくれる(日本へ送ってくれる)お店から買うことになりました。 この間2ヶ月、英語とドイツ語で四苦八苦しました。 保証はあるでしょう。(保証が無い、とは私は言っていませんが) しかし、万一トラブルがあっても、それを 交渉できる語学力がありませんし、果たして代品を簡単に送るとも思えません(送料だけで300ユーロかかります=3万円) また、それが作業ミスかの判断も入るでしょうね。 なので、万一があっても、ダメモトで言いますが、タブンダメと考えています。 そこで、交換したラジをとっておいて、場合に寄っては2個1まで視野に入れて修理するつもりです。 もちろんどこにでもあるパーツレベル(アッパー、ロアのパッキン程度)ならラジ屋で治してもらいますが。 なお、仲間ウチでも 新品のラジのプラが欠けていた(取り付け直後からダダ漏れ)ことがありました。 以上です、他のアドバイス ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • ka2_abe
  • ベストアンサー率41% (1219/2923)

アルミなどの「金属素地」が内部にあるのがラジエターですので 基本空気遮断=LLC充填で保管がもっとも良いです。 穴が狭いのでエアなどをかけないと内部のコア完全乾燥は難しいです。 三日位天日で干しても抜けません。 完全乾燥には、エアブロー+天日乾燥~エアブローと 四日くらい行えばたぶん抜けるでしょうが、 それで素地の腐食が防げるものではありません。 であればいっそ酸素遮断=充填状態保管が良いです。 あと・・・ ラジエター交換するのに、なぜそんな手間が必要なのかな???? 新品ではなく中古?ってことかな? 新品であれば、漏れ確認など徒労ですし、 漏れがあれば新品交換してもらえます。 また。 中古で交換したようですが コア交換というのができることをご存じないでしょうか? =ラジエターというのは、 上下タンク+センターコアが タンクの端を折り曲げてくっつけてあるだけのものですので 根性とパッキンが手に入れば自分でセンターコア交換はできますし ラジエター屋で交換もしてくれます=新品コアにね。 ラジエター交換の際には 上下ホースおよびクランプも当然交換しますので ホースにちょうどはまるサイズの丸い棒 そうですね・・・テーパーのかかっている木製すりこぎなんかが向いているでしょう。 =100均で売っています。 それを刺して、ホースクランプで閉め込んでおいて 新しい調合済みLLCを入れて保管・・・が 一番ベストです。 ホース交換しないとか、 サーモ交換しないとかは 漏れ確認以前の問題ですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

LLC充填で保管 もちろんこれがやれれば一番いいのはわかっています。敢えて避けています。 質問にも書いたように、ではどのように口を塞げば良いのでしょうか? 半年程度 漏れずに塞ぐには結構な手間(もしくは費用)がかかりそうなので避けています。 ラジは新品です。ホースは今回交換しません。(既に交換済み) 交換は他車で何度もやっています。パーツ交換も承知しています。 過去、新品に換えて、それが不良で大変な思い(原因究明が他を疑うので)をしたのでどんな部品でも交換したら保管してしばらくは様子見をするようになりました。 万一の新品交換はできません(それができれば苦労はないですが、説明長いので省きます)

  • 回答No.2
noname#211894
noname#211894

よく洗って、乾燥させ、ビニール袋で空気を遮断する。基本は良いと思います。 >ホース穴などを完全に塞ぐのができない、&手間なので。 ガムテープで塞ぐのがそんなに手間かな? 1 全く問題ないと思います。 2 シリカゲルなどと一緒に入れておけば何年でも大丈夫 3 段ボールなどで挟んでおかないとフィンが曲がったり、落下させたり落下物で変形する可能性がある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>ガムテープで塞ぐのがそんなに手間かな? ガムテープでLLCを塞げるのですか?! 一瞬なら可能性はありますが、半年、1年は無理でしょう。 漏れたらそれこそ倉庫が水浸しです。 何も入れずにの場合乾燥剤は入れたいと思います。

関連するQ&A

  • ラジエターの修理

    10年経ったセダン(3000cc)のラジエターから極わずかですが漏れが確認できます。 完全に場所が特定はできていませんが、ラジエターが間違いないとして。 →事故はなく、あくまで経年での漏れです。ホースのつなぎ目などは全てチェックして問題はない。  タブンアッパーかロアのつなぎ目だと想定しています。 外して(外すのは問題なくできます)、どこかに持ち込んで、漏れ確認&修理して欲しいのですが。 どこ(何屋?)へ持ち込めば良いでしょうか? 大体どのくらいの費用がかかるのでしょうか? (新品を検索するとセカンドソースで3万程度で売っている) 今時治すのは時代遅れかな? わかる方、経験ある方お願いします。

  • ラジエタ-ホースとラジエタ-の接続

    アッパーのラジエターホースとラジエターの接続が相性が悪くお尋ねします。24万kmのトヨタセレスです。1年以内に廃車の予定です。 ラジエターの取り付け口(樹脂です)が割れて半分以上欠損しています。運転後ボンネットを開けるとつなぎ目からLLCがぽたぽたもれている状況でした。液体パッキンでシールして、バンドをねじ込み式のものをホームセンターで買って取り替えましたが逆効果。 割れのせいでラジエター接続部の奥のほうが手前側より細くなっていて圧力により簡単にホースが抜けるようです。。今日走り始めて30分ほどでホースが抜けてしまい、応急処置としてホースバンドを針金でボディにくくりつけてSSに駆け込みました。その後200kmほど走りましたが今のところ大丈夫です。 自己融着テープを巻いて先っぽを太くするなどしてホースを挿しなおすなど考えています。 ぎりぎり締め上げると口が細くなってかえって抜けやすくなるようです。中古部品で交換すると部品代で15千ほどのようです。かねかけたくありません。

  • LLCの無いラジエターなどの錆発生

    メットインフリーウェイ(水冷)です。 水回りの交換作業をしていたのですが、分解(LLCを抜いて一部ホースなどを外してある)してから、一部部品不良を発見しました。 部品を調達している間(1週間くらい?)、LLCを抜いた状態で、ラジエターや配管、エンジン内などはどのくらいで錆びるのでしょうか? 空気に触れた状態だと1-2日くらいでも サビサビ状態になるのでしょうか?

  • ラジエター内のクーラントが減る(リザーブは適量)

     嫁車がオーバーヒートしてディーラーに車を持ち込んだのですが、ラジエターファン交換一式の見積もりをほ持って帰ってきました。  翌朝、どんな具合なんだ?と現車を確認したのですが ・リザーバータンク内は規定量(MIN~MAXの間)のLLCが入ってた ・ラジエターキャップを外したら液面みえず ・ドレインを緩めてみたらLLCが落ちてきたので空っぽではないぽい(すぐに締めた) ・液面が見えるまで補充してみたら 1.8L も入ってしまった  (前日ディーラーで適量を補充してるはずなのに) ・エンジンかけてみたら、回転数が既定かは分からないもののファンは回った  こんな具合です。  個人的にはウォーターポンプかサーモスタットだと思っていたのですが、ディーラーの初期診断はラジエターファンと  補充せずに走り続ければリザーバーの方も減っていたのかもしれませんが、ラジエターの中のLLCのみが減る(ラジエターの中のLLCが先に減る)という状態はどんなことが予想されますか?

  • ヒーターホース内部の清掃方法

    メットインフリーウェイをメンテしています。(20年物) うかつにもLLCの交換忘れで錆を発生させてLLCが茶色になりました。 ラジエターも外し、太い(内径2cmくらい)のホース類は交換しました。(古いホースを裂いてみると、茶色い錆がびっしり付いていました。LLCを抜く前に錆落とし液を入れましたが、やはり液では限界がありますね) お金もかかるので、太いホースの交換までにしたのですが、細いホース(バイパスやサイホンチューブなど)は未交換です。 ホースに弾力もあり、ひび割れもないので、ホース内部を少し清掃して使いたいのですが、うまい方法が見当たりません。 (太い/内径2cm の方であればブラシのような物が売っているのでそちらを清掃すべきでした!) 内径は6-8mmくらいで、ホース長さは4-50cm(双方の端からなら25cm)くらいです。外した状態で清掃可能です。 良い方法ご存知の方お願いします。

  • タイヤの保管について

    いつも車のタイヤは車屋さんから貰ったビニール袋に入れて物置に保管してますが、父が車屋さんに聞いたのかラジオで聞いたのか知りませんが「ビニール袋に入れて保管したらタイヤが劣化するそうだよ」と言うのでビニール袋に入れずタイヤそのまま物置に入れてました、が昨日彼氏に夏タイヤに交換してもらった時に「タイヤは乾燥したら劣化するからビニール袋に入れた方がいいよ」と言ってました。タイヤはビニールに入れた方がいい?入れない方がいい?どちらが正解なのしょうか?

  • 衣類の長期保管、シーラーによる完全密閉はだめ?

    ビニールのシーラーなる物(熱で溶かしてくっ付ける)を最近知り、礼服やオフシーズンの衣料を保管するのに、防虫剤や乾燥剤と一緒に大きなビニール袋に入れて、シーラーで完全密閉して保管することを思いつきました。こうすれば理屈的には防虫剤を毎年交換することなく永久に保管可能!♪ 一度やれば後は手間いらず! あったまいい♪♪♪ しかし知人は 「完全密閉はだめ。衣類が傷む。テレビでやってた。」 と言うのです。理由はわからず(テレビでやってなかった?)、なんでも 「密閉性は高めたほうが良いが、ある程度は空気が入れ替わるようにしないと衣類が傷む」 らしいのです。 本当なのでしょうか? また、どのような保管方法が良いのでしょうか? なるべく手間なく効果的な方法があれば教えて下さい。 (毎年の防虫剤交換がわずらわしいです。涙) よろしくお願いします。

  • LLC交換時の「エア抜き」について教えて下さい。

    友人の車(マークIIワゴン)のラジエターにひび割れがあったため、 ソフト99のねんどパテで補修し、漏れを直しました。 漏れに気付いた時にはリザーバタンクのLLCは空だったため、 エアが結構入り込んでいると思われます。 私は自分でLLCを交換したのは初めてなのですが、 エア抜きがイマイチ出来ていないようで不安なので、質問させて下さい。 エンジンが冷えた状態で、リザーバタンクのFULL辺りまでLLCを入れ、 ラジエターキャップのところにも、溢れる手前ぐらいまでLLCを入れました。 次に、キャップを外したままエンジンを掛け、温まるまで(10分程)掛けっぱなしにしておいたのですが、 キャップ部分からエアが出る様子はなく、LLCがドンドン溢れてきていました。 調べた範囲では、温まるとブクブクとエアが抜けてくるハズだと思ったのですが・・・。 メーター内の水温計は真ん中まできていて、十分温まっているのに、 LLCが溢れるのが止まりそうもなかったので、エンジンを切りました。 キャップが締めれるぐらい水面が下がった時に、キャップを締めました。 この時、リザーバタンクのLLCの量はFULL付近のままでした。 これで合っているのかどうか、心配で仕方ありません。 友人は車に関しては全く無知なので、オーバーヒートしても気付かずに走っていそうで怖いです。 下手な説明で申し訳ありませんが、上記の方法でエア抜きはOKなのでしょうか? 間違っているところ等、ご指摘がありましたらよろしくお願いします。

  • シリンダーヘッドガスケットのゆがみ?抜け?

    先日、ラジエター交換をして、LLCを補充、さらにエアー抜きをと思い、ラジエター口にペットボトルを逆さにして固定、そこにLLC入れてエンジン回してました。 で、早くエアーが抜けるかな、と思ってその状態でアクセルを踏んで2500-3000回転ぐらいにすると、ラジエター内のLLCがペットボトル内まであふれてきました。アクセルを話すとまた水位は下がり落ち着くのですが。。 そこで一つの不安がよぎったのは、シリンダーヘッドガスケットというものがゆがんだりすると、冷却水がシリンダー内に進入し、最悪はオイルと混じってしまうということです。アクセル踏んだ際に冷却水が戻ってきたということは、シリンダー内からの圧力をそこに少し進入した冷却水が受けたということでしょうか。 それと、気泡がなくならないのも、抜けを疑ったほうがいいとネットで調べました。うーん、、気泡までは確認してませんでした。。 交換3日目ですが、現在は水温も安定、エンジンかけていても、マフラーからLLCのにおいなどしません。オイルもクーラントが混じったような形跡は見られません。LLC量も継ぎ足す必要がないほど減っていません。 しかし、どうも不安です。 ヘッドガスケット抜けの疑いがあるとしましたら、やはり乗り続けるのは、、エンジンブローの危険大ですか。 また、ガスケットの交換には15万くらいかかりますし、手軽にガスケット抜けてるか見て?とは言えません(^^;)。 シリンダーヘッドが曲がっていた場合、研磨をするのですか? そもそも、シリンダーヘッドが何で、曲がるってどういうことかイメージがわきませんので、図などのあるサイトなど紹介してくださるとありがたいです。 古い車(R31)なのでちょっと心配です。 いつも皆様にはこちらのサイトでお世話になって感謝しています。 今回もどうぞよろしくお願いいたします。

  • LLCのエア抜き直後

    LLCの交換でエア抜き(私の車にはエア抜きバルブなどはないので、一般的なアイドリングをしてラジエータキャップの所からエアを抜く方法です)を終了しエンジンを切ったら、ラジエータキャップの所の液面がギリギリの位置から4cm程度低下しました。なので、LLCを再度補充しギリギリにしました。しかし、20秒ぐらいで、また液面が低下したので、またLLCを補充しました。この様なことを10回ぐらい繰り返したのですが20秒ぐらいでLLCがどうしても減るので、そのままラジエータキャップをしました。これは、普通の現象なのでしょうか?今になって考えると、エンジンを切った直後なので、当然LLCは熱くなってます。そのため(原理は分かりませんが)、上記のようなことが起こったのかなと思ったりもしました。もしそうなら、LLCが冷えてから、LLCを補充すれば、液面が低下しないのでしょうか? それか、そもそもLLCは液面がギリギリ(厳密にはギリギリより1cmほど下)の位置を維持しないもの、つまり液面ギリギリまで入れたら液面が低下するものなのでしょうか? もしくは、そう言うのではなく、何か問題(例えば、エア抜き不足など)が生じているのでしょうか?ドレンプラグからの漏れや、その他の部分(目に見える部分だけですが)からの漏れはありませんでした。 あと、エア抜きの最初(エンジン始動直後)やエア抜きの過程(ファンが回る直前)で、LLCが結構こぼれてしまい、各部品(金属のホースやゴムのホースやラジエータ本体やプラスチック部品やエキマニ)に付着してしまったのですが、そのまま放置はまずいでしょうか?一応、地面には、ビニール袋を敷いたり、たらいを置いていたので、地面には付着していないので、環境面は大丈夫です。