• 締切済み
  • すぐに回答を!

自然対数のLn

パソコンでグラフを作り、計算式を求めたところ、「Ln」というのが出てきました。 全く意味がわからず、困ってます。 決まった数字なのでしょうか?Lnの意味がわからないので、数式が解けません!わかる方!よろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数42317
  • ありがとう数434

みんなの回答

  • 回答No.7

lnは数ではなくて、演算記号です。 No.1さんの所の補足を拝見しました。もしかしたら、対数というもの自体をご存じないのかもしれないと思いました。そこで、対数とは何ぞや?ということからお話してみます。 (もしご存じだったら、ごめんなさい。) y = a^x (y = aのx乗、^xは上付きのxです)   (1) の形の関数を指数関数と言います。 これはaをx回掛けたものがyになるという意味です。 直感的にはxは整数ですが、√aがaの(1/2)乗、つまり0.5乗であることからもわかるように、整数でない値をとることもできます。 (1)を見方を変えて、aを何回掛けたらyになるか?を表わすとき、 x = log (a)y     (2) ((a)は本当は下付きのaですが、ここでは(a)と書きます。) と表現します。 aを何回掛けたらyになるか? その数がxである、という意味です。 (2)は表現が違うだけで、(1)と全く同じです。 ここでxとyを入れ換えて y = log (a)x     (3) とすると、(2)の逆関数になります。 (3)の形の関数を対数関数と言います。つまり指数関数(1)と対数関数(3)は互いに逆関数となっています。 指数関数でも対数関数でも、aのことを底(てい)と言います。aは正であって1以外の値を取ります。 ところで、関数(1)のグラフを描くと、右上がり(単調増加)の曲線になりますが、その増加がaの値が大きいほど急激になります。 (試しに、a =2、a = 3などとして、x = 1、x = 2、x = 3、・・・(とりあえず整数値だけで結構です)としてグラフを描いて見て下さい。なおx = 0のときは、aの値が何であってもy = 1となります。) そこで、x = 0の点での(1)のグラフの傾き(このグラフは曲線なので、厳密に言えば、「接線の傾き」ですが)が1になるようなaの値があるはずです。それをeとします。 そのeの値が既に前の回答者の方々がおっしゃっているように、2.718・・・となります。 eを底とする対数関数 y = log (e)x を自然対数(natural logarithm)と言って、これを普通eを省略して、 y = ln x と書きます。 このように定義した対数関数(自然対数)は、No.6さんのおっしゃるように、特別な性質をもち、微積分などで便利なので、自然科学で対数と言えば、自然対数を意味するといってもよいくらいです。 自然対数に対して、底が10である対数を「常用対数」と言います。自然対数をlnの記号で表わすのに対し、logは常用対数を表わすことが多いようです。その場合底の10は省略されることが多いです。 ごちゃごちゃした説明になってしまいましたが、お解かりになったでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な説明ありがとうございました^^

関連するQ&A

  • 自然対数Ln(x)からxを求める方法について

    エクセル2007を使用し、あるグラフの近似曲線(対数近似)を描き、y=0.394Ln(x)+0.88という式を得ました。 y=2.041の時のxの値を求めたいのですが, 自然対数Ln(x)からxを求める方法があるでしょうか? よろしくお願いします。

  • どうして ln1 は 0なのか?(自然対数)

    L(z)= ln |z| + iarg(z)  (arg(z)は 0~2πの範囲)  この式のzに、それぞれ  L(-1) L(1-i) L(-1+i) ・・・を当てはめて計算せよという問題があります。 答えは、添付画像の通りで、ほぼ納得できたのですが、 【どうしてln1が、消えているのか】が 理解できずに困っています。 数学の基礎知識が足らずにすみませんが、私の理解は「lnとは自然対数のことである」といったレベルです。対数については、大体知っていますが、 自然対数となると何か特別なことをするのかどうか? わからなくなってしまいます。 私の今の予想は、 ln1とは、 log1^1 = 0 となるような、何らかのことが起こっている・・・というものです。  自然対数をネットでいろいろ調べたのですが、このあたりの計算方法についての解説を独学することができませんでした。 アドバイスをお願いします。 

  • 自然対数を含んだ計算

    自然対数を含んだ計算ですが、下記もとめ方は正しいでしょうか。 宜しくお願いします。 0.111=1/2π・1/2・ln5/X 0.111・2π・2=ln5+ln1/X (π=3.14) 1.39=1.61+ln1/X -0.22=ln1/X 1/X=e^-0.22 1/X=0.80 X=1.25

  • 回答No.6
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

何で「円周率」πというものがあるんだろう? πの意味は?...なんていう疑問は、ふつう、あんまり持たないですよね。 だって、円周の長さや円の面積の計算に使うとか、目で見て簡単にπの意味やその存在意義がイメージできますよね。 ところが、「自然対数の底」eとなると、その存在の意味を知らない人って、理工系じゃない人だったら多数派なんじゃないでしょうか? 私なりの解釈ではありますが、これで正解だと思うeの存在意義の考え方を書きます。 まず、「Y=ある数のエックス乗」という指数関数を考えます。 ふつう、関数というものは、微分とか積分とかすると、違う形の関数に変身するもんじゃないですか。 ところが、前記の「ある数」をeにすると、あら不思議。この指数関数を微分しても積分(←+CONSTは、この際おいといて)しても、元の指数関数とそっくりそのまま同じ関数になるんですね。 逆に、そういう不思議な現象が起きるように決められた、便利な定数がeなのです。 こんな説明でどうでしょうか? まー、eって純然たる数学だけに使われるだけでなく、金利の計算をする時なんかにも応用されてるって聞きますから、実用面でも便利な定数なんでしょうね。 lnは、eのエックス乗の逆関数ですね。 (逆関数とは...xとyの立場を入れ替えた関数。  例で示すと  y=2(x+1) の逆関数が y=x÷2-1  ) なお、普通、数学の教科書で「log」と書くと、自然対数ですね。 ところが、理科とか工学だと底が10の対数のことを同じく「log」と書いて「常用対数」とか呼ぶ習慣のある人々がいるので、これと紛らわしくないように、自然対数の頭文字nをつけて「ln」って書くんですよね。 ところで、eの値ってどうやって求めるんだろう?と思う人もいると思うんですが、詳細はここに書きません。しかし、πと同様に、コンピュータを使って、無限級数の和として求めることができますよね。むしろ、πよりも計算しやすいぐらいでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます^^

  • 回答No.5

tanitarakoさん、こんにちは。 #4さんのご説明で大丈夫かと思うんですが、 logについて説明しておきますね。 logはログっていうんですが、ログって何だろう?って思いますよね。 たとえば log[2]8 というのは、[ ]の中が、底っていうんですが、 底を何乗すれば、8になるのか?ということです。 log[2]8=log[2]2^3=3 8は2の3乗ですから、log[2]8=3となります。 底が10のlogをとったものを、常用対数といいます。 log[10]100 は、いくらでしょうか? 底の10を2乗すれば、100になりますから、 log[10]100=2 ですね。 これと同じように考えて、底がeであるものを log[e]をLnと書きます。 eなんていうと、なんだか分かりにくいですが eは定数で、e=2.718281828・・・という数なんですね。 たとえば、Ln=2とあると log[e]xのxには、x=e^2≒(2.718281828・・・)^2 が入ります。 log(対数)の意味からまず理解してみてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます^^

  • 回答No.4

おそらくこういえば大丈夫では? e=2.718281828・・・・・・・ という定数があります。そしてLn1000とあったなら、 eを何乗したら1000になるかという数の事です。 eがややこしい数字なので例が出しにくいですが、e=3と仮定(あくまで仮定です。)すればLn243とあったなら、 3*3*3*3*3=243なのでLn243=5になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます^^

  • 回答No.3

>log(e):底がeの対数関数 のことを「自然対数」というのですが...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます^^

  • 回答No.2

logは底が10で、常用対数と呼ばれています。 底をe(2.7182818)としたものは自然対数と呼ばれ、「log_e」ではなく「ln」と表記されます。

参考URL:
http://www.nn.iij4u.or.jp/~therans/JouyouTaisuu.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます^^

  • 回答No.1

log(e):底がeの対数関数 のことを「ln」と記述することがあります。 お答えはそのことでよいのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます^^

質問者からの補足

log(e):底がeの対数関数というのは、どういう意味なのかも、わからないんです・・・。 すいませんが、もっと詳しくお願いします。

関連するQ&A

  • 自然対数と常用対数の関係

    式では、ln(x)を用いているのに、グラフにプロットする時に、ln(x)ではなくlog(x)を用いる原理を教えてくださいm(__)m

  • 自然対数計算について

    自然対数計算に関して   (0.1143+Y)ln((0.1143+Y)/0.1143)=0.25456     からYの値を求めたいのですが、どのように解いていけばよいでしょうか ln((0.1143+Y)/0.1143)=0.25456/(0.1143+Y)   まではわかるのですが以降が解りません   ご教示お願いします。可能であればExcel関数を使用した式を教示ください。   

  • 自然対数変換について

    Pm=Pm''(1+t) という式を自然対数変換を加えることで、 lnPm=lnPm''+ln(1+t) となるとありました。 このときのlnってなんでしょうか? わたしはlogと同じものだと考えていたのですが、もしlogなら、上記の式は、 logPm’’=logPm-log(1+t)となり、式中に出てくる記号はマイナスになります。 ということは、logとは違うもので、計算方法もちがうのかな・・?と思いました。 ではいったいlnってなんなんですか!?

  • ln(15k+2) = 2ln(k) + ln 8

    問題) ln(15k+2) = 2ln(k) + ln 8 答え) k=2 私の答え)k= 2, -1/8   質問)何故-1/8 が答えにならないのかわかりません。何度も計算してやってみたのですが ln[(15x -1/8)+2] = 2 ln (-1/8) +ln8 ln(1/8) = ln (1/8) と合うのですが。。。 本の答えが間違っていますか?

  • 自然対数の計算方法

    自然対数の計算方法 物理化学の計算式において ln(Vf/Vi) (※Vf:変化後の体積 Vi:変化前の体積) という式が出るのですが、 Vf=1.0L Vi=10L なので Vf/Vi=0.1より ln0.1 となるのですが これを計算機でやれば-2.3025…と瞬時に答えが出るのですが 計算機を使わずに答えを求めることは可能なのでしょうか? もしそういったやり方があれば教えて頂けると嬉しいです。 試験では計算機は持ち込めないので・・・。

  • VBA 自然対数

    今,マクロを組み上げており計算上自然対数が必要なのですが,自然対数関数LNを 使用すると, 「コンパイルエラー subまたはfunctionが定義されておりません」 いうエラーが出て困っています. このエラーを解消する方法,または,自然対数を算出できる別の方法があれば ご教授願えないでしょうか? 今組んでいる該当部分を下記に転記いたします y = Ln(Pw / 611.213) よろしくお願いいたします。

  • 自然対数e

    昔から気になっていたのですが、自然対数eってどういう意味をもっているのでしょう。高校とかで習った、y=e^xを微分しても変わらない、とかいうような性質は知っているのですが。 この2.7ぐらいの数字の意味は何なのでしょうか?

  • f(x) = ln x - 0.5 x +1 

    f(x) = ln x - 0.5 x +1 x=2 の時の計算の仕方がわかりません。(とても簡単なんでしょうが。。。) f(2) = ln 2 - 0.5(2) + 1 = ln 2 ln 2 は e を何乗かしたものですがその計算の仕方がわかりません。 教えて頂けますか?

  • 自然対数の式を表から求める問題で

    年  石油 1960 61.09 1970 176.85 1990 321.93 上のグラフから自然対数の式を求める問題なのですが、 どうにもやり方が思いつかないことから回答を見ると、y=-2539.852+636.896ln(x)とだけ書かれていました。 yに石油の値を当てはめて逆算したところ、どうやらxの値は、1960年なら60,1970年なら70というようになっていることだけは分かりました。 しかし、どのようにしてこの値がはじき出されたかがどれだけ考えても分かりません。 どなたかアドバイスお願いします。

  • 自然対数の経済学的な意味に関して

    自然対数の経済学的な意味に関して、若干理解できない部分があるので、よろしくご教示ください。 まず、以下のサイトで http://www2.kumagaku.ac.jp/teacher/~sasayama/macroecon/mailmagalogarithm.html > 一般に、A 円を年利 r の複利で預金した場合、t年後には元利合計は > A e^(rt) > で増加していきます。複利の金利を経済成長率とみなせば、上の式はGDPの成長率を表していると読み替えることができます。 という記述があります。これがいまいち納得できないのは、そもそもこの公式は n の値を無限大に、つまり「t 年に無限回利息を元金に組み入れる」という、ありえない想定のもとで生まれたもので、それがなんで、複利預金の元利合計の計算式として一般化できるのか、いまいちわからないのです。 また、ポール・クルーグマンという経済学者の論文で、やはり自然対数を使った効用関数の式が出てくるのですが、上記サイトで学んだ自然対数の用法とはなんか違うような使われ方をしていて、解釈に悩んでいます。 http://cruel.org/krugman/japtrapj.html > U = ln(c1) + D ln(c2) + D^2 ln(c3) + ... 最初の ln(c1) というのは、e を何乗すると1時間の消費額になるのか、という意味ですか? すみません、そうだとしても意味わからんです。さらに割引率が絡んできたりしてるのでお手上げです。なぜ効用と元利合計、割引率が結びつくのかがそもそもわかりません。これの意味も教えていただけませんでしょうか。