• ベストアンサー
  • 困ってます

外国人の遺族基礎年金について

外国人のアラフィフの夫がいます。 20代で来日しました。 永住する気はなかったのか国民年金などには入っておりませんでしたが、 このたび永住権も取り、 今年に入って自分の会社を設立し厚生年金にも入り年金手帳が送られてきました。 子供がまだすごく小さいし、私自身30歳代なので 今生命保険を検討していますが、 こういうケースは遺族基礎年金は出ないでしょうか? 社会保険庁の受給資格をみると 被保険者または老齢基礎年金の資格期間を満たした者が死亡したとき。(ただし、死亡した者について、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が加入期間の3分の2以上あること。) ※ ただし平成28年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば、死亡月の含する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。 とあります。※印のただし…の部分がよくわかりません。 遺族基礎年金の有無によって生命保険の保障額も変わってくるので、 分かるかた、教えてください。 65歳からもらえる老齢年金は今年から入っても受給資格の要件である25年には到底届かないので そちらはあきらめております。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数292
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • srafp
  • ベストアンサー率56% (2185/3855)

> ※ ただし平成28年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば、死亡月の含する月の > 前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、 > 保険料の滞納がなければ受けられます。  これは何回も期間延長がなされた「保険料納付要件に対する『特例』」です。  遺族基礎年金(国民年金法)と遺族厚生年金(厚生年金保険法)の両方に適用されます。保険料納付要件を考える際に片側[例えば遺族厚生年金]にしか適用されないと言う訳ではありません。  他にも縷々説明したいのですが、それは辞めます。そして判りやすくする為に1つの例を書きます。 ※設例  ○次のような年金記録を持つ男性(日本在住)が運悪く、平成22年11月2日に死亡した。   ・平成11年4月に20歳になったが、平成21年3月まで国民年金の保険料を納めていなかった   ・平成21年4月に会社に就職して、厚生年金に加入した  1 『死亡月の含する月の前々月までの』の前々月は、「平成22年9月」  2 『1年間の保険料を納付しなければならない期間』は、上記1から「平成21年10月から平成22年9月」  3 『保険料の滞納がなければ』の要件は、20歳以上65歳で厚生年金に加入している者は、同時に国民年金の保険料を納めていることになる  §結論として、保険料納付要件(特例)に該当している。後は、受給権利者が存在するのかどうかを確認する事となる。 では、ご質問者様たちに遺族基礎年金及び遺族厚生年金は支給されるのか? これは、死亡時点での状態に左右されるので断言できませんが 1 厚生年金に1年以上加入した後に夫が死亡しないと特例には該当しないので無理。 2 子供が18歳を超えたら後に夫が死亡すると、遺族基礎年金は支給されない。   ⇒これを理由に遺族厚生年金が支給されなくなると言う事は無い。 最後に、年金の加入期間の計算には『合算対象期間』と言う制度が御座います。  http://www.office-onoduka.com/nenkinblog/2007/04/post_7.html  http://www.nona.dti.ne.jp/~nenkin/kiso/gassan.htm 多分、今回は『合算対象期間』は関係しないと思いますが・・・『合算対象期間』が認められた場合の効果は ・保険料納付要件を見る場合には、実際には保険料を納めていないが納めた月として取扱う。 ・老齢基礎年金の金額計算の際に限っては、保険料滞納月とする。   ⇒保険料納付月は「480月」としてくれたとしても、    老齢基礎年金の額は満額支給ではないと言う事。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 1 厚生年金に1年以上加入した後に夫が死亡しないと特例には該当しないので無理。 2 子供が18歳を超えたら後に夫が死亡すると、遺族基礎年金は支給されない。 こどもはとても小さいので2は大丈夫かと思いますが、 1については、厚生年金に入って間もないので特例にならないですね。 保険を考える上で、 公的なものに頼らずにプランをたてていこうと思います。

関連するQ&A

  • 老齢基礎年金の受給権者とは?

    国民年金の遺族基礎年金についておたずねします。 死亡した者の要件として、以下のものがあります。 1.被保険者が、死亡したとき 2.被保険者であった者で、日本国内に住居を有し、かつ、60歳以上65歳未満であるものが、死亡したとき 3.老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき 4.老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者が死亡したとき 3の『老齢基礎年金の受給権者』とは、具体的にどのような人が該当するのでしょうか? 保険料納付済期間や年齢によって判断されるのでしょうか? (保険料納付済期間が40年であり、かつ、65歳以上の人? 老齢基礎年金の支給を受けていない人?) また、既に老齢基礎年金の支給を受けている人については、この死亡した者の要件に該当するのでしょうか? (老齢基礎年金の支給を受けている人が死亡しても、遺族基礎年金は支給されない?) よろしくお願いいたします。

  • 国民年金の遺族基礎年金支給要件について

    1)国民年金の被保険者 2)国民年金の被保険者であった者で、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者。 3)老齢基礎年金の受給権者。 4)老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者。 死亡日の前日に於いて、死亡日の属する月の前々月までに国民年金の被保険者期間がある場合、その被保険者期間のうち保険料納付済期間と保険料免除期間と納付特例期間とを合算した期間が3分の2以上あること。 上記まで、調べました。 (1)この支給要件は、妻ではなく本人のことでよいでしょうか? (2)2)国民年金の被保険者であった者で、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者とは、60歳未満で65歳以上の者は、遺族基礎年金の支給対象外でしょうか?

  • 遺族基礎年金の受給資格?

    遺族基礎年金の受給資格についての教えてください。死亡した月の前々月までの1年間に1ヶ月でも未納(免除をしていない)であれば、3分の2以上の納付(免除を含む)があっても年金はもらえないのですか? <受給資格の詳細> (1) 死亡した月の前々月までの国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間が、保険料を納めなければならない期間の3分の2以上あること。 (2) 死亡日が65歳未満で、平成28年4月1日以前の場合は、上記の要件を満たさなくても、死亡した月の被保険者期間の前々月までの直近1年間の保険料を納めなければならない。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • KEN_2
  • ベストアンサー率59% (930/1576)

年金の仕組みは複雑で分かり難いですよね。 夫の来日した年齢と厚生年金に入った年齢が不明ですが、推定と仮定を加えて疑問点に回答します。 *夫の来日が25歳・・・5年間のカラ期間あり *厚生年金の加入が35歳・・・とし現在6ヶ月加入とします >※ ただし平成28年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば、死亡月の含する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。  被保険者が死亡した時点で、『死亡月の含する月の前々月までの1年間の保険料を納付』があれば遺族(厚生)年金が支給されます。遺族(基礎)年金ではありません。 つまり後8ヶ月年金に加入して保険料を納付していれば受給資格の要件を満たす条件となります。 ただし、平成28年4月1日前までの特例条項となり未納期間のある被保険者の救済事項となるのです。 >65歳からもらえる老齢年金は今年から入っても受給資格の要件である25年には到底届かないので >そちらはあきらめております。  あきらめないでください。 遺族厚生年金と遺族基礎年金とは加入期間や条件が異なり、厚生年金は最長70歳まで加入でき、(18歳到達年度の)子のいない妻にも受給資格がありますので、夫の来日までのカラ期間と今後の加入期間を考慮して判断してください。 詳しくは下記の「厚生年金保険(遺族厚生年金)」を参照ください。 http://www.nenkin.go.jp/main/individual_02/index5-1.html  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 年金も生命保険も仕組みが難しいです。 老齢年金の方も、今48歳なので 70歳としても22年・・・ カラ期間は来日したのが25歳くらいなので ぎりぎり大丈夫でしょうか。

関連するQ&A

  • 老齢、遺族基礎年金について教えて下さい。

    細かい質問ですが次の点を教えて下さい。 (1)老齢基礎年金は480月で79.45万円ですが、480か月以上の保険料納付は老齢基礎年金についてはメリットがないのか?(480月以上収めても老齢基礎年金は増えないのか)(2)遺族基礎年金と寡婦年金及び遺族基礎年金と死亡一時金の併給は可能か?(3)定額部分の繰上げ調整は老齢基礎年金の一部繰上げのの場合のみセットで適用されるか。以上宜しくお願いします。

  • 遺族基礎年金について。

    遺族基礎年金、遺族厚生年金についてお伺いします。たとえば夫が3年くらい老齢基礎年金を受けて死亡すれば、どうなるのですか?それっきりで終わりですか?老齢基礎年金の受給用件を満たし、実際に支給される前に死亡すれば、遺族基礎年金が支給されるということですか?よくわからないので教えてください。遺族厚生年金についてよろしくお願いいたします。

  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について

    遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について 質問です。 まず、遺族基礎年金の死亡者の支給要件からです。 「老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき」と 死亡者の支給要件の1つとして書いてあります。 何故かと申すと、25年の支給要件を満たして65歳(繰上げ除く) でもらえると明確だからです。 そこで疑問に思うのは「障害基礎年金の受給権者が満たした時」とは書いてありません。 何故でしょうか。そこで自分なりに考えました。 まず、保険料を支払った時期か明確ではないからでしょうか。 次に遺族厚生年金の死亡者の支給要件についてです。 「障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金のもらえる人」と 書いてあります。勿論、保険料を払っていたから。初診日に厚生年金の被保険者であったから ですが、特に引っかかるのは「3級」がないことでしょうか。 個人的には基礎年金と整合性を図るためであり、3級は国民年金の法廷免除にならないからでしょうか。 以上自分なりに考えてみましたが自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

  • 遺族基礎年金の支給要件

    国民年金(遺族基礎年金)の支給要件についてご質問させていただきます。 日本年金機構ホームページに「被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき。」と記載されています。 http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150401-04.html 被保険者の受給資格期間が20年の場合、支給されないのか電話で問い合わせたところ、「この25年以上とは老齢基礎年金の事です。」と回答されました。 しかし、文面を読むかぎり「被保険者または老齢基礎年金の」と書かれているので、被保険者も25年以上必要だと、認識してしまいました。 私の読み方がおかしいのでしょうか?

  • 国民年金の老齢基礎年金の受給権者について

    国民年金の老齢基礎年金の受給権者について 国民年金の老齢基礎年金の ・受給権者 ・受給資格期間を満たした者 とでは、どう違うのでしょうか? どちらも、「保険料納付済期間、保険料免除期間、合算対象期間を合わせて25年以上ある人」だと思うのですが、これ以外に両者の間で違いは何かあるのでしょうか?(何か違いがあるらしいのですが、その違いが分かりません) よろしくお願いします。

  • 遺族基礎年金の支給用件について

    遺族基礎年金の支給用件に被保険者が死亡した時 (ただし、死亡した者について、保険料納付済期間が 加入期間の3分の2以上あること。) とはどうゆうことですか?教えて下さい。 (1)40年×2/3=約27年以上 (2)25年×2/3=約17年以上 (1)と(2)のどちらでしょうか? ちなみに私は、現在厚生年金に18年加入して今も継続中です。私が死亡したら遺族年金は給付されるのでしょうか。

  • 遺族厚生年金、寡婦年金などについて

    遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 老齢基礎年金は遺族年金受給中でももらえる?

    義理の姉のことですが、お教えください。夫(公務員)が57歳で死亡。本人(公務員の妻)の子供は独立しており、現在、一人暮らしの無職で、遺族年金(約10万円)を受給中です。将来、本人が65歳になった時には老齢基礎年金を受給できるようになると思うのですが、その時、遺族年金は無くなくなるのでしょうか。国民年金の老齢年金だけとなるのでしょうか。また国民年金を60歳から繰上げて受給するとどのような影響がでるのでしょうか。よろしくご教示ください。

  • 遺族基礎年金について質問です。

    夫は現在無職で国民年金に加入しています。 子供は一人で今年産まれたばかりです。 ちなみに私(妻)は厚生年金に加入しています。 もし夫が無職の状態で死亡した場合、遺族基礎年金は支給されるのでしょうか? (保険料納付済期間は満たしており、今のところ滞納もありません。私(妻)の年収は850万以下です。) 「受給対象者」の要件に「死亡した者によって生計を維持されていた(1)子のある妻 (2)子」とあるのでふと疑問に思いました。 現在は私の方が給料があり夫は無職なので「生計を維持されていた」と言えるのかなと。この状態でも私に遺族年金は支給されますか? 現在、子供が産まれたのを機に生命保険等の加入を検討しています。 そこで遺族年金制度を調べていてちょっと不安になってしまい質問させて頂きました。 夫は事情がありしばらくの間無職です。 ご回答よろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金について教えて頂けますか?

    私の父と母なのですが、10年前に離婚しています。 父は現在65歳で、老齢厚生年金を年額180万、 老齢基礎年金を年額50万受給しています。 母は現在60歳ですが、現時点で、基礎年金のカラ期間が 20年分あるのみです。 保険料を納めた実績は全くありません。 よって基礎年金の受給権はありません。 今から65歳までの5年間、13300円を払い続けたとしても、 加入年数は一応25年には達しますが、 受給年金額は月7000円位にしかならないそうです。 なので支払う気はもう無いようです。 最近、介護の問題などで諸事情があり、 父と母が復縁する事になったのですが、 そうなると、父に万が一の事があった場合、 現在父が受給している半分の額を遺族年金として母が受給できる、 と社会保険事務所の方がおっしゃっていました。 普通の人の場合、「自分自身の基礎年金+夫が受給していた年金の半分の額」を受給できるんでしょうが、 母の場合、自身の基礎年金は全く無いわけですから、 父が受給している年金の半分の額が 遺族年金として受給されるわけですか? ちなみに、この「半分」というのは、「厚生年金の半分」を指すのですよね?「基礎年金もひっくるめた額の半分」ではないですよね? あるHPには「遺族厚生年金は、夫がもらえるはずだった 老齢厚生年金の3/4を受給する事ができます」と書いてあったのですが、これはどちらが正しいのでしょうか?

専門家に質問してみよう