• ベストアンサー
  • 困ってます

マンションの費用・耐用年数について

  • 質問No.7133253
  • 閲覧数1086
  • ありがとう数4
  • 回答数3

お礼率 100% (3/3)

将来に向けて生活設計をしています。
現在、私32歳、妻28歳、子0歳です。
将来的にかかる住宅関連費用についてお聞きしたくて、書き込みました。

少し調べたところ、マンションの耐用年数はざっくり30年、戸建ては35年というような情報を得たのですが、これを過ぎると老朽化で住めなくなる可能性が高くなるのでしょうか。
戸建てであればリフォームや立替は可能と思いますが、マンションでもリフォームすれば住み続けられるのでしょうか。
マンションの購入を前提に考えていたのですが、仮に今、マンション又は戸建ての家を購入したとして、この家に老後もずっと住み続けるという考えは現実的かどうかというところで引っかかっています。
子供が大きくなるまで賃貸マンションに住んでそれから住宅を購入するとか、、、どういう選択をすれば一番安くすむのか、お知恵を拝借できればと思います。

また、「こういう風に比較検討すると良いよ」というのがあれば、教えていただけたらうれしいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 48% (4105/8467)

>マンションの耐用年数はざっくり30年、戸建ては35年というような情報を得たのですが

どこで、お聞きになったのでしようか?
会計の世界では「木造30年。鉄骨60年」です。
この基準で、毎年減価償却を行ないます。
まぁ、マンションの耐用年数が30年だと立派な手抜き工事物件ですね。
質問者さまが聞いた耐用年数だと、新築マンションをローンで購入した人は悲惨です。
「住宅ローン完済日=耐用年数完了」ですから、新たなマンションを購入しなければなりません。

>マンションでもリフォームすれば住み続けられるのでしょうか。

マンションの場合は、管理組合(マンションオーナー会議)で協議して棟単位でリフォーム・建て替えを行ないます。
当然、質問者さまはご存知だと思いますが・・・。
で、リフォームをすれば住み続ける事が出来るのか? 当然、可能です。
バブル期に建った多くのマンションは、リフォームが重要な課題になっていますよ。
管理組合としても、棟全体でのリフォームですから所有者に対して合意を得る為に説明をしている最中でしよう。
姉歯建築士事件などの設計図・建築に偽造・手抜きがあれば、リフォームよりも建て替えが必要です。

>マンション又は戸建ての家を購入したとして、この家に老後もずっと住み続けるという考えは現実的かどうかというところで引っかかっています。

私は、一戸建てとマンションを持っています。
終の棲家を考えているのなら、一戸建ての方が後々都合が良いですよ。
マンションだと、リフォームも建て替えも「管理組合での議決」が無ければ自由に出来ません。
自分の部屋内(持分)だけのリフォームなら、自由に出来ますが・・・。
例えば、棟の外装が劣化しているので「タイルのはり直し」を質問者さまが思ったとしますよね。
工事を行なうには、管理組合に提案。そのマンション所有者(入居者でない)で総会を開いて「賛成の議決」が必要なんです。
外装なんか、人の好み・判断でどうにでも判断できますよね。
リフォーム工事費は、全所有者で支払います。
建て替えを総会で決議した場合は、数億円を皆で分担して借金する事になりますよ。
建て替え反対が極めて少数なら、建て替え前の評価額で管理組合に売却する事になります。
老後に、住処を失うのです。年金制度は崩壊していますから、年金を充てにした賃借は難しいでしよう。
(質問者さまが公務員・公務員に準じる身分(農協など)だと、1円単位で管理している共済は安心ですよ)
Aさんは、未だ問題ない!と判断するかも知れません。
一戸建てだと、自分の判断でリフォーム・建て替えが出来ます。
誰にも同意を求める必要はありませんし、自分の好みの外装にする事が出来ます。
「古くなったので、建て替えるか!」の場合も、土地を提供するから子供に「お前が、建て替えろ」と言う事も出来ます。
今流行の「子供に面倒を見てもらわない」と言う場合は、「土地・建物を信託銀行に預託」して、毎月銀行から融資を受ける事も出来ます。
この融資は、預託者が死亡するまで実質返済の必要はありません。預託者が死亡した時点で、土地・建物を銀行が処分。融資元本と利息を清算します。あまったカネは、預託者との契約に従います。
(以上は、簡単な説明です。実際は、各金融機関で若干異なります)

>子供が大きくなるまで賃貸マンションに住んでそれから住宅を購入するとか

経験上、家賃を払うのなら一戸建てを購入した方が良いです。
家賃ほど、(質問者さまの年齢的にも)無駄なものはありません。
毎月の家賃で、マンションが買えますからね。
実は私。一戸建ての住宅ローンを払っていた時、転勤になりました。
総務が引っ越し先を探しましたが、家賃相場が高かったので購入したのが今持っているマンションなんです。
当時は、住宅ローンを二つも抱えていましたよ。^^;
が、若かったので(一戸建て建設が20代後半。マンション購入が30代前半)何とかなりました。
今は、一戸建てに住んで+マンションから家賃収入を得ています。
借り換え+繰上げ返済多用で、双方ともローンは完済してます。

まぁ、結局は「質問者さまの、資金計画次第」ですがね。
60歳定年まで(残り32年)を、どのように計画しているのかですね。
極端に、住宅ローン30年を組むには「今が、判断の時」です。
お礼コメント
nurupon003

お礼率 100% (3/3)

私が調べた耐用年数の情報の出所はちょっと忘れてしまったのですが、少し安心しました。
マンションだと、自分の意思とは無関係に、価値が大きく下がってしまった状態で売却されてしまうこともなくはないということですね。

ありがとうございました。
投稿日時:2011/11/15 18:41

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
資金が5000万ー7000万、今すぐ用意できるなら話は別ですが
お子さんが独立し夫婦2人になってから、即金で中古マンション買うのが最も出費が少なくて済みます
恐らく今ローンを組んで20年30年支払う利息の総額よりも少ない出費で、中古マンション買えますよ
お子さんがいれば広い家も必要だと思いますが、2人ならそんなに広い家はいりません
50・60歳になれば転勤も無いと思います
その時までガッチリ現金を作っておけば利息も生まれます
そして万が一の災害に合ったとき、ローンを抱えていると再出発が困難になります
高額商品ほど即金の強みを生かし、叩いて叩いて買いましょう
それが一番お得です
お礼コメント
nurupon003

お礼率 100% (3/3)

2~30年分のローンの金利はそんなになるんですか。
子供が大きくなって出て行くと、広い家が必要なくなりますから、ちょうどいい広さの家に住めますね。
一括購入でいけるほど資金が確保できそうかどうか、検討してみようと思います。
投稿日時:2011/11/15 18:36
  • 回答No.1

ベストアンサー率 27% (1730/6405)

下記をご参照ください。


http://allabout.co.jp/gm/gc/46803/2/
お礼コメント
nurupon003

お礼率 100% (3/3)

早速のご回答ありがとうございました。
よく読んで勉強してみます。
投稿日時:2011/11/15 18:32
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ